スタートネット(プロバイダ)の評判と口コミは?解約金や料金詳細を検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スタートネット画像

「NTTへ戻しましょう」「フレッツ光に戻せます」「お安くなります」などと電話営業をしてくるフレッツ光のプロバイダ「スタートネット」。

フレッツ光に戻せるならと契約してしまう場合もあるようですが、果たして本当にお得なのでしょうか?

結論から言うとスタートネットは決してお得ではありません。フレッツ光に戻すことは、スタートネットにお願いしなくてもできますし、月額料金は他のプロバイダでもっと安いところもあります。

ここではスタートネットの料金詳細や評判、メリット・デメリットと契約時・解約時の注意点を詳しく解説します。

これでスタートネットが自分に合うサービスか、合わない場合にはどうやって解約すればいいかが分かるようになりますよ。

光回線スタイル編集部
光回線スタイル編集部
今回はスタートネットというプロバイダの評判や料金サービスを解説します。本当に契約していいのか迷われている方も多いと思います。

勧誘にあったり検討されているあなた!ぜひ参考にしてくださいね。

 

インターネットの勧誘や光コラボの転用でお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

1. スタートネット(プロバイダ)とは

スタートネットは株式会社クライアンフという、北海道札幌市にある会社が提供するフレッツ光のプロバイダサービスです。

スタートネット画像

この会社は設立が2019年9月と新しく、スタートネットも比較的新しいサービスになります。

このような会社が提供するスタートネットですが、ここではまず料金や速度、セット割について確認します。

1−1. スタートネット(プロバイダ)の料金比較

まずはスタートネットの料金を代表的プロバイダー4社と比較してみます。

まずは戸建てタイプの場合からです。

プロバイダ名 月額料金
スタートネット 1,480円
OCN 1,200円
Nifty 1,000円
BIGLOBE 1,200円

比較の結果、スタートネットの月額料金が一番高いですね。

次にマンションタイプについてです。

 

 

プロバイダ名 月額料金
スタートネット 1,480円
OCN 950円
Nifty 950円
BIGLOBE 900円

マンションタイプでもスタートネットが一番高いです。そもそもマンションタイプだと一般的には戸建て向けの料金よりも安いことが多いですがスタートネットの場合、マンションも戸建てと同じ料金設定のようです。

以上の結果から、スタートネットは月額料金が比較的高いサービスと言えます。

1−2. スタートネット(プロバイダ)の速度調査とIPv6詳細

次にスタートネットの通信速度について見てみましょう。

まずスタートネットの実測値についてですが、調べる限り公表されているものはありませんでした。そもそも通信速度は「エリア内のユーザー数」と「プロバイダの持つ設備能力」に左右されます。

スタートネットはサービスが始まって長くはないのでユーザー数は多くはないでしょう。ただし設備能力は不明なので、やはりどの程度の通信速度が出るのかは推測困難です。

ただしスタートネットは他社に比べて通信速度においてマイナスポイントがあります。

それはIPv6サービスがないことで、通信速度の改善のため他社プロバイダではIPv6サービスを提供しているところが多くありますが、スタートネットではこのIPv6サービスが現在提供されていません。

つまりスタートネットではIPv6サービスでの通信速度向上も見込めないということで、この点では他社よりも劣ると言えます。

1−3. スタートネット(プロバイダ)の解約金や初期費用

続いてスタートネットの解約金や初期費用についてです。

まず解約金についてですが、スタートネットの契約期間は「2年」になっており、この期間中に解約すると15,000円の解約金が発生します。

違約金の金額としては他社よりも高額で、安いところだと2,000~3,000円、高くても10,000円といったところです。

ただし一つ良いのは「2年経過後はいつ解約しても解約金が発生しない」ところで、この点は他社よりも勝っています。

次に初期費用についてですが、スタートネットをプロバイダとして利用開始するには1,500円の登録料が掛かり、これは特に高くはありません。

このようにスタートネットは解約金が他社よりも高いのですが、2年経過後は掛からなくなっているのが特徴です。

これはかなり魅力的ですね!

1−4. スタートネット(プロバイダ) はセット割あり?

セット割とは、スマホと合わせて利用することでスマホの月額料金が安くなるサービスのことです。

例えばドコモ光やソフトバンク光、auひかりなどはセット割があり、電話1回線当たり毎月最大1,000円の割引を受けることができ、とてもお得です。

しかしスタートネットにはこのセット割がありません。

つまり、セット割が受けられるサービスに比べてスタートネットは料金が割高と言えます。

2. スタートネット(プロバイダ)の評判と口コミを検証

次にスタートネットの評判について、良いものと悪いものに分けて確認します。

2−1. スタートネットの良い評判と口コミ

まずはスタートネットの良い評判からです。

まずツイッターで調べたところ、スタートネットに関する良い書き込みはありませんでした。

また、運営元であるクライアンフについても調べてみましたが、良い評判は書き込まれていませんでした。

良い評判がない要因として考えられるのは「利用者が少ない」ことと「そもそも評判が悪い」ことです。

では、これを踏まえて悪い評判がないか見てみましょう。

2−2. スタートネットの悪い評判と口コミ

次にスタートネットの悪い評判についてです。

まずツイッターで調べたところ、スタートネットに関する悪い書き込みが1件ありました。

  • 下りが0.48Mbpsしか出ない

遅いしサポートへのメールも無視されるという書き込みです。

また、電話番号情報の検索ができるjpnumberでは、株式会社クライアンフの営業電話に関する苦情がたくさん書き込まれていました。

  • 掛けてこないでと言ったのにまた掛けてきた
  • 20時過ぎに掛けてくる
  • フレッツ光へ戻る提案をしてくる
  • しつこい
  • 逆切れされる
  • 失礼な態度

このように、クライアンフはかなり評判が悪いです。勧誘の評判が悪い運営元は長続きしない傾向があるので要注意です。

2−3. 評判と口コミまとめ

スタートネットの評判を確認してみましたが、良いものは一つも見つけられず、悪いものは「遅くて対応が悪い」、「営業電話がしつこい、態度が悪い」などたくさん見受けられました。

これらのことをまとめると、スタートネットやその運営元であるクライアンフは、あまり評判が良くないと言えるでしょう。

光回線スタイル編集部
光回線スタイル編集部
HSC(0120936635)というテレマーケティングを行っている会社も勧誘しているみたいですね。契約する際は十分に検討して上でしたほうがいいでしょう

3. スタートネットのメリットとデメリット

ここではこれまでに調べた結果を踏まえて、スタートネットのメリットとデメリットを見てみます。

3−1. メリット

まずスタートネットのメリットからです。

メリットは「2年経過後はいつ解約しても違約金が発生しない」点です。

他社では契約期間が更新され、契約更新月以外の解約では何年使っても違約金が発生するところが多いのですが、スタートネットは2年を経過すると違約金が発生しなくなります。

これは魅力的でしょう。

3−2. デメリット

次にスタートネットのデメリットについてです。

デメリットはまずは「料金が高い」ことが挙げられます。

そもそも月額料金が他社よりも高く、割引サービスもほとんどないので、結果優良他社よりも2年間の総費用で2万円以上掛かってしまいます。

次のデメリットは「評判が悪い」ことです。

特にクライアンフの電話営業に関しても評判が悪いので、万が一利用した時のサポート体制に不安があります。

三つ目は「速度測定実績がない」ことです。

これはユーザーが少ないからかもしれませんが、ほとんど見つけることができません。そしてツイッターで見つけたものでは下りの速度が1Mbpsいっていませんでした。

4. スタートネットの契約時の注意点

これまでのことを踏まえると、スタートネット契約時には次のことに注意が必要です。

4-1. 料金が他社よりも高いこと

料金の比較で分かる通り、スタートネットは他社よりも明らかに高額です

「光コラボからフレッツ光に戻せる」という営業文句も、仕組みを知ってしまえばスタートネットでなくても誰でも簡単に戻すことができます。

つまりスタートネットにするメリットはほとんどないのです。

ですからスタートネットにすることで料金が他社よりも高額になることが本当にいいのか、契約前にしっかりと考えるようにしましょう。

4-2. 電話営業には乗らない

ネットへの書き込みを見てみると、スタートネットの運営元であるクライアンフは、しつこい電話勧誘をしているようです。

そしてこの勧誘に乗ってスタートネットを使い始める人もいるようですが、インターネット回線の電話勧誘は、契約後のトラブルがとても多く、例えば「後でやっぱり止めたいと思って電話をしても出ない」、「解約したくても取り合ってくれない」といったことがあります。

5. スタートネットは解約出来る?無料で解約する方法

スタートネットを解約したいといった場合、解約の方法や無料で解約できないかが気になるところです。

そこで最後にスタートネット解約の手順と、無料で解約する方法を解説します。

5-1. スタートネット解約の手順

まずはスタートネット解約の手順からです。

スタートネットの解約は、電話または郵送で申し込むことができます。ただし郵送は書類を書く手間などがあるので、電話での申し込みが簡単でしょう

なお、プロバイダをスタートネットから別のところに変更したい場合には、先に乗り換え先への申し込みと接続設定の変更を行ってから解約すると、ネットが使えない期間がなくなっておすすめです。

5-2. スタートネットを無料で解約する方法

次にスタートネットを無料で解約する方法です。

スタートネットは利用開始から2年間の間に解約すると、15,000円の違約金が発生してしまいます。

2年経過後であれば、違約金の発生なく解約ができるのですが、もし2年経過前でもこの支払を無料にしたい場合には、他社の乗り換えキャンペーンやキャッシュバックを利用すればお得になります。

もし、あなたが解約を考えて不安に感じている場合、

インターネットの相談窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

無料の相談窓口については次のとおりです。

◇無料のインターネット相談窓口にお問い合わせ

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)※番号をタップするとすぐ相談出来ます
【受付時間】10:00~21:00

6. まとめ

以上スタートネットについて、料金詳細や通信速度、評判やメリット・デメリット、契約時の注意点や無料で乗り換える方法を解説しました。

スタートネットは料金的に他社よりもとても高く、利用するメリットはほとんどありません。

しかしいざ乗り換えるとなると、どうしたらいいのか、どこに乗り換えたら一番お得なのかを悩んでしまうと思います。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

光回線スタイルの関連記事

監修者:光回線スタイル編集部

光回線の業務に10年以上携わってきたプロが分かりやすくインターネット回線の仕組みを教えます。インターネット回線の比較やスマホ、格安SIMの選び方から勧誘情報等、インターネットに関する最新情報をまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*