評判はどうなの?プラチナ光(テレマーカー)の解約方法と違約金詳細

最終更新日: 2020年4月7日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プラチナ光画像

インターネット回線の勧誘による被害の多くは、巧みな営業トークとサービス内容や料金についての説明不足にあります。

また、勧誘電話の勧誘員に相槌のつもりで「はいはい」と受け流していると、相手が都合の良い解釈を行い、自分の意思に反してインターネット回線との契約が行われてしまうケースもあります。

そこで今回は、勧誘電話を中心に集客を行っており、ネット上でのネガティブな評判が多数あるプラチナ光というインターネット回線についてお話しようと思います。

知らない間にインターネット回線の契約先が変わってしまって困っている方には必見ですよ。

インターネットの勧誘や光コラボの転用でお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

1. プラチナ光(テレマーカー)とは

image3

プラチナ光は、(株)テレマーカーという会社が運営しているインターネット回線です。回線はフレッツ光を使用している光コラボで、通信速度は最大1Gbpsです。

運営会社のテレマーカーについては、次のとおりです。

1−1.気になる!テレマーカーとは一体どんな会社?

プラチナ光を運営している(株)テレマーカーは、本社を北海道札幌市に構え本部を東京都豊島区に置いているITコンサルティング会社です。

平成5年に設立、資本金8億7千万円で子会社を9社持っています。

事業内容は、次のとおりです。

  • 情報機器事業(ビジネス用の電話機などを提供)
  • 光コラボレーション事業(プラチナ光の運営)
  • ビジネスソリューションサービス事業(プロバイダTMT-NET)
  • 環境ソリューション事業(LEDや節水システムの販売)
  • 新電力事業(法人向け電力販売事業「ビジでん」)
  • ビジネスパートナー事業(会社設立サポート)

なお、テレマーカーの子会社(株)CSCソリューションズがコールセンターを運営しており、ここからプラチナ光の勧誘を行っているようです。

image5

(参考URL http://csc-s.jp/)

2.プラチナ光の料金詳細まとめ【最新】

次に、プラチナ光の料金などについて見て行きましょう!

2−1.プラチナ光の料金詳細

プラチナ光は、回線のみを提供する「プラチナ光単独プラン」とプロバイダがセットになった「プラチナ光 プラチナネットプラン」があり、それぞれに契約期間のないFプランと、3年間継続契約があるPプランがあります。

具体的には次のとおりです。(この他に2段階定額プランがありますが、ここでは省略します。)

<プラチナ光 単独プラン(回線のみ)>

プラン 戸建て マンション
プランF(東日本) 4,600円 3,600円
プランP(東日本) 4,000円 3,000円
プランF(西日本) 4,300円 3,300円
プランP(西日本) 3,700円 2,700円

<プラチナ光 プラチナネットプラン(回線+プロバイダ)>

プラン 戸建て マンション
プランF 5,400円 4,400円
プランP 4,800円 3,800円

<プラチナ光の初期費用・新規契約>

項目 金額
契約料 800円
工事費 18,000円
合計 18,800円

<プラチナ光の初期費用・転用>

項目 金額
転用手数料 3,000円

<プラチナ光の解約金>

プラン 解約金
プランF なし
プランP(3年間の継続契約) 20,000円

2−2.他社との比較

ここでは、プラチナ光と他社との料金を比較してみようと思います。なお、プラチナ光はPプラン(3年間の継続契約あり)で比較しようと思います。

まずは、回線のみを提供する「プラチナ光 単独プラン」とNTT東西の料金を比較してみます

<料金比較・回線のみ・NTT東日本エリア>

回線名 戸建て マンション
プラン2※ プラン1※ ミニ※
プラチナ光 4,000円 3,000円
フレッツ光 4,700円 3,050円 3,450円 4,050円

※プラン2=16戸以上、プラン1=8~15戸、ミニ=4~7戸

NTT東日本エリアの場合、戸建てプランではプラチナ光はNTT東日本エリアのフレッツ光よりお得ですね。マンションプランでもプラチナ光の方がお得です。

<料金比較・回線のみ・NTT西日本エリア>

回線名 戸建て マンション
プラン2※ プラン1※ ミニ※
プラチナ光 3,700円 2,700円
フレッツ光 4,730円 3,135円 3,575円 4,345円

※プラン2=16戸以上、プラン1=8~15戸、ミニ=6~7戸

NTT西日本エリアの場合、戸建てプランではプラチナ光はNTT西日本エリアのフレッツ光よりお得ですね。マンションプランでもプラチナ光の方がお得です。

次に、回線とプロバイダがセットになった「プラチナ光 プラチナネットプラン」と大手他社の料金を比較してみます。

<料金比較・プロバイダセット>

回線名 戸建て マンション
プラチナ光 4,800円 3,800円
OCN光 5,100円 3,600円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
nifty光 4,600円 3,480円
So-net光プラス 3,980円 2,980円
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
auひかり 5,100円 3,800円
NURO光 4,743円 1,900円~2,500円

回線+プロバイダのセットプランでは、戸建てプランではかなり割安感のある料金設定となっていますね。

また、マンションプランでは、一般的な料金設定ですね。

3.評判は!?プラチナ光の評判とは

ここでは、プラチナ光の評判についてネット上の情報を調査してみました。

3−1.sns等の評判と口コミがヤバイ!?

Twitterには次のような情報がアップされていました。

image4

(URL https://twitter.com/ruuuuuk1001/status/1075379214608523264)

これは怖いですね。適当に「ハイハイ」と言っていたら都合よく解釈されていつの間にか契約させられていたようです。勧誘電話への対応は、キッパリと「不要です!」と言った方が良さそうですね。

image7

(URL https://twitter.com/makopoon/status/1167081726373294092)

プラチナ光の運営会社テレマーカーの勧誘電話は毎日のように掛かってくるようなしつこい勧誘を行っているようですね。そして申し込んでもいないのに「光回線の申し込みがあった」と言い張っているようです。

image6

(URL https://twitter.com/nadenekoBW/status/1155486530636435456)

こちらもテレマーカーが「勧誘の際に明らかに嘘をつく」という情報が上がっていました。

全体的にプラチナ光の運営会社テレマーカーの勧誘方法についてネット上には多数のネガティブな情報がアップされていました。

3−2.実際の利用者の声はどう?

ネットを検索してもプラチナ光の利用者からの情報は上がっていませんでした。

しかし、通信速度測定サイト「みんなのネット回線速度(URL https://minsoku.net/)」に奇妙な測定結果が上がっていました。

まずこれはプラチナ光の通信速度だけを集計した測定結果です。

image9

この集計した平均速度では、171.51Mbpsと結構良い数値になっています。

しかし、1件ごとに測定結果を見てみると、このような奇妙な測定結果が出てきました。

まず1件目の測定結果

image8

このように598.08Mbpsと大変高速な測定結果がありました。

2件目からは次のような測定結果となっています。

image11

image10

image14

image12

image13

このように、1件目が598Mbpsと大変高速な測定結果で、2件目以降はかなり遅い測定結果があり、平均すると171Mbpsと比較的に悪くない速度になっているという状態でした。

つまり、1件目の高速な測定結果を除外するとプラチナ光の速度はかなり遅くなるようです。

1件目の測定結果だけ飛び抜けて高速なのは少々奇妙に感じました。

(参考URL https://minsoku.net/speeds/optical/services/platinum-hikari)

3−3.評判や口コミからプラチナ光はあり?無し?

これまで見てきたネット上の評判や口コミ情報からプラチナ光について判断すると、プラチナ光は「無し」と考えた方が良さそうです。

理由は、プラチナ光の勧誘方法についてネガティブな情報だらけだったためです。

インターネット回線は長く付き合うもので、しかも、現代社会ではライフラインの一つと言えるような生活に直結した身近で大切なものです。

このため、インターネット回線は自分自身が納得出来るものである必要があるのですが、プラチナ光の場合は勧誘電話という「インターネット回線の入り口」の段階で躓いているようです。

契約する時点で「何かおかしい」「説明された内容と違う」「いつの間にか契約されていた」などという情報が多数出ているインターネット回線と契約するのは不安ですよね。

4.プラチナ光をおすすめ出来る人、出来ない人

勧誘方法では難があるプラチナ光ですが、その他の検証結果も踏まえて考えた場合、次のような人にはおすすめ出来るかもしれません。

<プラチナ光をおすすめ出来る人>

フレッツ光のように「回線だけ」使いたい人

プラチナ光の料金設定を見てみると、NTT東西のフレッツ光より大幅にお得です。

しかも「回線のみ」なので通信速度に影響があるプロバイダを自由に選択出来るので、通信速度に悩む必要もありません。

勧誘電話での勧誘員の応対には難があるプラチナ光ですが「回線のみ」を提供する「プラチナ光 単独プラン」は悪くないと判断できるかもしれません。

一方、プラチナ光をおすすめ出来ない人は次のとおりです。

<プラチナ光をおすすめ出来ない人>

サービス内容や料金に納得した上でネットを使いたい人

プラチナ光の勧誘方法を考えると、契約相手にしっかりとした説明が行われていないように感じます。

そのような状況で契約させられてしまうと「こんなはずではなかった!」と感じる人が殆どでしょうから、「納得した上でネットを使いたい人」にはおすすめは出来そうにありません。

5.契約してしまった時の賢い解約方法と違約金詳細

プラチナ光の違約金は20,000円と高額です。

もし、契約した覚えもないのに契約しているような状況になってしまった場合や、十分な説明受けられずに契約してしまった場合、20,000円の高額な違約金を払って解約する方法もありますが、契約初期の段階だった場合、次の方法により違約金を払わずに契約解除出来る可能性があります。

インターネット回線には、初期契約解除制度というクーリングオフ制度に相当する消費者保護制度があります。

POINT
この初期契約解除制度とは、契約書面の受領日を初日とする8日間が経過するまでは、事業者の合意なく利用者の都合のみにより契約を解除出来る制度で、契約解除する旨の書面を利用者から事業者に対して送付することによって契約解除が出来ます。

 

書面の送付方法については、普通郵便ではなく、書面が相手に到着したか確認出来る「特定記録郵便」や「配達証明郵便」で送りましょう。

1人で契約解除の手続きを行うことが不安な場合は、決して1人で悩まずに、相談窓口に連絡することをおすすめします。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)※番号をタップするとすぐ相談出来ます
【受付時間】10:00~21:00

インターネット回線の初期契約解除制度について相談してみましょう。

もし、初期契約解除制度の有効期限になっている8日を経過してしまった場合は、違約金と工事費残債を還元してくれる回線や高額なキャッシュバックが貰える回線に乗り換えるという方法もあります。

乗り換え先として例をあげると次のとおりです。

<auひかり>

image16

auひかりの「auひかり 新スタートサポート」では最大30,000円まで違約金相当額を還元してくれます。

還元の対象は、違約金だけではなく工事費残債も対象になっていますので、auひかり乗り換え先として「アリ」ですね。

image17

(参考URL https://www.au.com/internet/campaign/startsupport-home-new/)

image18

(参考URL https://www.au.com/internet/campaign/startsupport-mansion-new/)

<ソフトバンク光>

image19

ソフトバンク光では、「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」を実施しており、違約金と撤去工事費を最大10万円までキャッシュバックしてくれます。

image20

(参考URL https://www.softbank.jp/ybb/campaigns/list/anshin-norikae01/)

ただしこのキャンペーンでは、工事費残債は対象となっていないのですが、「SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン」があり、こちらのキャンペーンでは24,000円のキャッシュバックを貰うことが出来ます。

<NURO光>

image22

現在、NURO光では、公式サイトからの申し込みで35,000円の高額なキャッシュバックを貰うことが出来る公式キャンペーンを実施しています。

この金額なら、プラチナ光の解約費用の全額は補うことは出来ないかもしれませんが、かなり軽減することが出来ますね。

image1

(申し込みサイト https://www.nuro.jp/hikari/pr/)

ただし、NURO光はサービス提供エリアが狭く、次の地域以外では利用出来ないのが残念ですね。

<NURO光のサービス提供エリア>
関東エリア:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海エリア:愛知、静岡、岐阜、三重
関西エリア:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
九州エリア:福岡、佐賀

6.今後インターネット契約をする際の注意点

インターネット契約をする際の注意点は次のとおりです。

  • その場ですぐに契約(申込み)しないことです。勧誘電話や訪問販売ではサービスや料金の内容についての説明がしっかりと行われずにトラブルを招いてしまうケースが多数ありますので、とにかく即決はしないようにしましょう。
  • 契約する意思がない場合は、はっきりと意思表示することが必要です。相槌のつもりで「はいはい」と受け流した場合、勧誘員が都合の良い解釈をして、いつの間にか契約されてしまうようなケースがありますので「必要ありません!」としっかり意思表示をすることが大切です。
  • 見た目の安さだけで判断せず、利用目的に合った料金プランを選択することが大切です。例えば、自分のスマホと同じ会社が運営するインターネット回線を選ぶと高額なスマホとのセット割を受けることが出来、単純に通常の月額料金で選ぶよりもお得にネットを使うことが出来ます。
  • 事前にサービス内容の説明を受けたり、カタログやホームページで十分に確認・情報収集したりすることも重要です。自分で調べて納得した上でインターネット回線を選択することで、自分にとって最適なインターネット環境を作ることが出来ます。

7. まとめ

インターネット回線の勧誘電話や訪問販売での契約はトラブルが起こる可能性が高く、実際のトラブル件数も大変多く、国民生活センターでも注意勧告を行っている状況です。

このように、勧誘電話や訪問販売での契約は危険ですので、即決は絶対に行わないようにしましょう

インターネット回線は事前に、料金プラン・サービス内容・契約期間・違約金・ネット上の評判や口コミなどの情報収集を行い、納得した上で相手からの勧誘ではなく自分の方から申し込みましょう。

そして、自分に最適な光回線を納得して契約し、快適なインターネットライフを満喫しましょうね!

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

光回線スタイルの関連記事

監修者:光回線スタイル編集部

光回線の業務に10年以上携わってきたプロが分かりやすくインターネット回線の仕組みを教えます。インターネット回線の比較やスマホ、格安SIMの選び方から勧誘情報等、インターネットに関する最新情報をまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。