評判が最悪?プラチナ光(テレマーカー)の賢い解約方法と違約金詳細

最終更新日: 2017年11月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プラチナ光画像

「知らない間にインターネット回線の契約先が変わってしまった!」「一体どうすればいいのか?」

そんな状況にあったらとても困りますよね!?

実はインターネット回線の勧誘による被害は、巧みな営業トークだけではなく、業者が営業相手のパソコンを遠隔操作し、勝手に自社回線に切り替えてしまう悪質なものがあるんです。

さて、今回は勧誘電話や訪問販売を中心に集客を行っており、ネット上でのネガティブな評判が多数あるプラチナ光というインターネット回線についてお話しようと思います。

知らない間にインターネット回線の契約先が変わってしまって困っている方には必見ですよ。

1.プラチナ光(テレマーカー)とは

プラチナ光は、(株)テレマーカーという会社が運営しているインターネット回線です。回線はフレッツ光を使用している光コラボです。

提供しているプランは、回線のみのプランとプロバイダがセットになっているプラン、そして、回線と「カタログギフトポイント会員」というものがセットになっているプランがあります。

この「カタログギフトポイント会員」とは、1ヶ月に300ポイントがもらえ、このポイントを1年間貯めて3,600ポイントになったら、北海道産の食品などが掲載されているカタログから商品がもらえるというサービスです。

 1−1.気になる!テレマーカーとは一体どんな会社?

プラチナ光を運営している(株)テレマーカーは、本社が北海道札幌市にあり、本部を東京に置いているITコンサルティング会社です。平成5年に設立、資本金約9億円で子会社を8社持っています。

事業内容は、次のとおりです

  • 情報機器事業(ビジネス用の電話機など)
  • モバイルソリューション事業(携帯電話販売、モバイルソリューションの提供)
  • 光コラボレーション事業(プラチナ光)
  • ビジネスソリューションサービス事業(プロバイダTMT-NET)
  • 環境ソリューション事業(LEDや節水システムの販売)
  • 不動産ソリューション事業(不動産業・建築業・工務店への
  • 地盤補償サービス・融資の紹介)
  • ネット広告事業(販売促進・集客・インターネット広告のサポート)
  • パートナー事業(会社設立サポート)

なお、プラチナ光を運営している光コラボレーション事業部内にコールセンターがあり、ここから勧誘電話を行っているようですね。大きな会社ということで信頼性はありそうかなといった印象です。

2.プラチナ光の料金詳細まとめ

プラチナ光の公式サイトには、各プランの月額料金の記載がありませんでした。

(参考URL https://www.platinum-hikari.net/course.html

プラチナ光の月額料金については、プラチナ光の公式サイトではなく、運営会社である(株)テレマーカーの公式サイト内の「各種ダウンロード」から重要事項説明書のダウンロードが可能となっており、コレに料金が記載されています。

コレは大変わかりづらい表示方法で、利用者にとって不親切ですね。

月額料金

 

(参考URL1 https://www.telemarker.co.jp/download.html

(参考URL2 https://www.telemarker.co.jp/file/juuyoujikousetsumeisho_platinum-hikari.pdf

<プラチナ光の料金>
プラン名 戸建て マンション 備考
スタンダード※1

(2段階定額プラン)

2,600円~

上限額不明

不明 回線のみの提供で

プロバイダは別契約

スタンダード※1

(定額プラン)

4,000円 3,000円 回線のみの提供で

プロバイダは別契約

カタログギフトセット※2 4,000円 3,000円 回線+カタログギフトポイント会員
プラチナネットプラン 4,800円 3,800円 回線+プロバイダ

※1スタンダートプランに関しては、プロバイダから既にインターネット接続サービスの提供を受けている方に限り選択できます。(フレッツ光から転用するユーザーのみが対象)

※2カタログギフトセットプランの方がプロバイダサービスの提供も必要とする場合には、本サービスとは別にプロバイダサービスを契約する必要があります。

各プランの最低利用期間は2年間で、最低利用期間中で解約する場合は20,000円の解約手数料がかかります。また、この契約に係る自動更新契約の有無については、重要事項説明書に記載がありませんでした。

3.評判が最悪!?プラチナ光の評判とは

さてここからはプラチナ光の評判についてみていこうと思います。

3−1.sns等の評判と口コミがヤバイ!?

プラチナ光は、マイナーな光コラボですので、Twitterの情報はないのですが、運営会社のテレマーカーについての評判がありました。

やはり、電話勧誘や訪問販売(飛び込み営業)について、ネガティブな評判が多いですね。

1口コミ

口コミ2

3−2.実際の利用者の声はどう?

プラチナ光はマイナーなので、利用者も少ないせいか、情報は少なかったのですが、ヤフー知恵袋にこんな利用者の声が上がっていました。

内容を要約すると次のとおりです。

<内容>

自宅ファクスに「プラチナ光お申し込みありがとうございました」という表題の文書が届く。

文書の内容は、

  • 既に利用者と話をしてあること
  • プラチナ光のサービスは2年契約で、期間内に解約した場合9,500年を請求すること
  • 後日テレマーカーから利用者へ、登録証、プラチナ光ID、パスワードを送ること

実際には、家族のだれ一人として、この会社の人と電話でも口頭でも話したことがなく、当然、契約の申し込みもしていないので、公的窓口に相談しようか悩んでいる。

(参考URL https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12159967962

この内容を見る限り、テレマーカー社はかなり悪質な営業をしているようですね。

3−3.評判や口コミからプラチナ光はあり?無し?

プラチナ光と運営会社の(株)テレマーカーについての評判や口コミでポジティブなものは見つかりませんでした。

逆に、勧誘や営業の方法についてのネガティブな評判と、契約した覚えもないのに、知らない間に契約されたことになってしまったという利用者の声もありました。

また、プラチナ光の公式サイトに具体的な料金の記載がなく、ただ「プラチナ光なら、月々の料金が従来よりもお安くなります!」では、あまりにも不親切です。

プラチナ光の公式サイト

(参考URL  https://www.platinum-hikari.net/about.html#melit01

結論として、これらのことからプラチナ光は個人的には無しかなという結論になりますよね。

やはり大手コラボがおすすめだと思います。

4.契約してしまった時の賢い解約方法と違約金詳細

プラチナ光の違約金は20,000円と高額です。

もし、契約した覚えもないのに契約しているような状況になってしまった場合や、十分な説明受けられずに契約してしまった場合、20,000円の高額な違約金を払って解約する方法もありますが、契約初期の段階だった場合、次の方法により違約金を払わずに契約解除できる可能性があります。

インターネット回線には、初期契約解除制度というクーリングオフ制度に似た消費者保護の制度があります。

この初期契約解除制度とは、契約書面の受領日を初日とする8日間が経過するまでは、事業者の合意なく利用者の都合のみにより契約を解除できる制度で、契約解除する旨の書面を利用者から事業者に対して送付することによって契約解除ができます。

なお、書面の送付方法については、普通郵便ではなく、書面が相手に到着したか確認できる「特定記録郵便」や「配達証明郵便」で送りましょう。

また、1人で契約解除の手続きを行うことが不安な場合は、決して1人で悩まずに相談することをお奨めします。

無料の相談窓口については次のとおりです。

◇無料のインターネット相談窓口にお問い合わせ

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715 (通話料無料)
【受付時間】10:00~20:00

5.今後インターネット契約をする際の注意点

インターネット契約をする際の注意点は次のとおりです。

  • その場ですぐ契約(申込み)せずに、分かるまで説明を聞いたり、家族に相談したりして決める
  • 契約する意思がない場合は、はっきりと意思表示する
  • 見た目の安さで判断せず、利用目的に合った料金プランを選択する
  • 事前にサービス内容の説明を受けたり、カタログやホームページで十分に確認・情報収集したりする

 

6. まとめ

インターネット回線の勧誘電話や訪問販売での契約はトラブルが起こる可能性が高く、実際のトラブル件数も大変多く、国民生活センターでも「光回線サービスの卸売に関する勧誘トラブルにご注意!」という注意勧告を行っている状況です。

(参考URL  http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20160212_2.html

このように、勧誘電話や訪問販売での契約は危険ですので、基本的に断りましょう。

インターネット回線は事前に、料金プラン・サービス内容・契約期間・違約金・ネット上の評判や口コミなどの情報収集を行い、納得した上で相手からの勧誘ではなく自分の方から申し込みましょう。

そして、自分に最適な光回線を納得して契約し、快適なインターネットライフを満喫しましょうね!

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。