ルース光(ライチェ)の評判と口コミはどう?契約すべきか検証!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ルース光

「インターネットの料金が今より1,000円以上安くなりますよ!」こう言われたら、思わず「そうか!安くなるのか!これはイイな!」と考えてしまうのが人間ですよね。もちろん、安くなるのは良いことですが、ココはちょっと待った!です。よく考えると素朴な疑問が湧いてきます。

「何を基準に【1,000以上安くなる】と言っているのだろう?」

「相手は私のインターネットの料金を知っているのだろうか?」

「そもそもインターネットの料金などは個人情報だよな?」

このような疑問を持つ時間を与えずに、「安い」「お得だ」とドンドン話を進め、訳の分からないうちに契約させられてしまうという営業スタイルがイマドキのインターネット回線(光コラボ)の勧誘電話です。

さて今回は、勧誘電話を中心に集客を行っている「ルース光(ライチェ)」という光コラボについてお話しようと思います。勧誘電話でのインターネット回線の契約について気になっている方にとっては、とてもオススメで役に立つ情報ですよ!

1. ルース光とは

ルース光とは画像

ルース光とは、(株)ライチェが運営する光コラボのインターネット回線です。通信速度はフレッツ光の回線を使用していますので、最高1Gbpsです。光回線と自社プロバイダをセットで提供するプランの他にも、光回線のみを提供するプランも用意されています。

このルース光の運営会社となっている(株)ライチェは、2008年に設立された会社で、本社は大阪市にあります。

(株)ライチェの事業内容は、中古パソコンなどの販売事業や生命保険の代理店事業、化粧品販売事業、サーフィン用ボートの貸し出し事業などを行っている会社です。色々な事業を展開しているので比較的安定した企業といえるでしょう。

(参考URL  https://www.licha.co.jp/index.html

1−1.ルース光の料金詳細を分かりやすく!

さて、ルース光の料金については、次のとおりです。

<ルース光の料金>

料金3

(参考URL  https://luz-hikari.com/price/

光コラボで一般的な光回線とプロバイダがセットとなっている「ルース光ISPセットプラン2」の月額料金を他社と比較してみると、次のとおりです。

<光コラボ月額料金比較>
光コラボ 月額料金 セット割
戸建て マンション
ルース光 5,280円 3,980円  

 

OCN光 5,100円 3,600円 自社格安SIMとのセット割
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 ソフトバンク・ワイモバイルとのセット割
ドコモ光 5,200円 4,000円 ドコモスマホとのセット割
auひかり 5,100円 3,800円 auスマホとのセット割
ビッグローブ光 4,980円 3,980円 auスマホ・自社格安SIMとのセット割
nifty光 5,200円 3,980円 auスマホ・自社格安SIMとのセット割

ルース光の料金は、他社と比較してみると、特に割安ということはなく、また、スマホなどとのセット割もないようですね。

1−2.回線スピードや実測はどう?

ルース光の回線スピードは、NTTのフレッツ光網を使っていますので、最大1Gbpsと高速です。しかし、通信速度測定サイト「Radish Network Speed Testing」での測定結果によると、あまりいい評価とはいえないですね。

この回線スピードでは、YouTubeなどの動画視聴だけではなく、Web閲覧だけでも厳しそうで、スマホの回線スピードよりも遅いかもしれません。

<ルース光 回線スピード【実測値】>

回線スピード4

(参考URL  http://netspeed.studio-radish.com/cgi-bin/netspeed/openresult/openresult.cgi?userid=467786

1−3.違約金や解約方法などは!?

ルース光の契約期間は3年で、自動更新契約があります。このため、更新月以外で解約する場合、違約金がかかってしまいます。違約金の金額は、3年以内の解約で30,000円、それ以降だと20,000円と高額です。

そして、初期工事費の残債がある場合、規約時に残債分を一括請求されますので、注意が必要です。なお、契約書面の受領日当日から8日以内の場合は、「初期契約解除制度」というクーリングオフ制度のような消費者保護制度を使って、違約金0円で契約を解除することができます。

この「初期契約解除制度」とは、契約書面の受領日を初日とする8日間が経過するまでは、相手事業者の合意なく利用者の都合のみにより契約を解除できる制度です。契約解除の方法も簡単で、「初期契約解除制度」により契約解除する旨の書面を事業者に対して送付するだけで契約の解除ができます。

なお、書面の発送方法は、相手先に確実に届いたことが確認できるようにするため、普通郵便ではなく特定記録郵便や配達証明郵便で送ることを強くおすすめします。

また、一人で手続きを行うのが不安な場合は、決して一人で悩まずに、相談窓口に電話して、専門家と相談しましょう。

◇無料のインターネット相談窓口にお問い合わせ

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715 (通話料無料)
【受付時間】10:00~20:00

2.ルース光の評判と口コミが気になる!!!

さてここからはルース光の評判や口コミについてもみていきましょう。

2−1.snsやネット情報から探ってみた!

Twitterでは、ポジティブな情報は見つからず、次のようなネガティブな情報がありました。

口コミ5

口コミ6

2−2.実際の利用者様の声

また、実際の利用者の声も、次のとおり通信速度についてのネガティブなものしかありませんでした。確かに、この通信速度で、大手他社より割高な料金を払っているのであれば、このような悲痛な声しか出ないのも不思議ではありませんよね。

ただ、勘違いしてはいけないのはネット上での評判や口コミは基本ネガティブな発言が目立ちます。ルース光の利用者様で何の問題もなくネットを楽しんでいる方が多いことも忘れてはいけませんね。

利用者様の声7

利用者様の声8

3.料金詳細や評判から契約すべきか検証!

ルース光の料金は大手他社に比べ、割安な料金設定ではありません。また、スマホなどのセット割もありません。そして、違約金の設定額も、大手他社では10,000円前後が相場なのですが、ルース光では30,000円と高額です。

そして、通信速度についての評判も非常に厳しい評価です。このような検証結果から判断すると、個人的には無しかなと思ってしまいますね。

4. まとめ

光コラボも何百事業者もあり、料金・通信速度ともに優れた事業者も多いのですが、悪質と言っても差し支えないような事業者も多数存在しています。悪質といえる光コラボ事業者の多くは、勧誘電話で集客を行っていますので、勧誘電話での契約の即決は絶対やめましょう。

実際に、光コラボの勧誘電話によるトラブル件数も数多く、国民生活センターでは「光回線サービスの卸売に関する勧誘トラブルにご注意!(2016年2月12日公表)」という注意喚起を公式サイト上で行っています。

(参考URL  http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20160212_2.html

そして、今回お話した「ルース光」の場合、勧誘電話の営業担当者が「簡単な手続きをするのでパソコンを開いて下さい。」と言ってNTTのホームページから「フレッツ光→コラボ光」へ転用するための「転用承諾番号」の取得まで操作誘導をさせられてしまったという恐ろしい情報もありました。

(参考URL1 http://nemoto-tiikiryoku.com/index.html

(参考URL2 http://nemoto-tiikiryoku.com/taikendan.pdf

このように、勧誘電話には様々な危険をはらんでいますので、勧誘による光回線の契約、特に契約の即決は絶対に避け、もし契約させられてしまった場合は、できるだけ早く「初期契約解除制度」により違約金0円で契約を解除してしまいましょう。

インターネと回線は長期間使うものですので、自分のライフスタイルに合った回線を自分自身で選んで、快適なインターネットライフを送りましょう!

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。