光コラボとは?パソコン初心者が5分で納得する知識まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

フレッツ光からの乗り換えでお得になるとよく聞く「光コラボ」。

でもそもそも光コラボとはなにか、フレッツ光とは何が違うのか、そして本当にお得になるのかって分かりづらいですよね。

結論から言うと、フレッツ光から光コラボへの乗り換えは、ほとんどのケースで料金が安くなったり問い合わせ先がまとまったりしてお得になりますが、デメリットも踏まえたうえで乗り換えることが大事です。

ここではそんな光コラボとフレッツ光との違いやよく聞くワード、転用や事業者変更の意味、メリット・デメリットや光コラボを契約する時の注意点について詳しく解説します。

読めば光コラボに乗り換えたほうがいいかが分かるようになりますよ。

1. 図解で簡単にわかる!光コラボレーションとは

始めに光コラボレーション(以下「光コラボ」)とはどのようなものか、図も見ながら確認してみましょう。

1−1. フレッツ光と何が違うの

まずはフレッツ光と光コラボの違いから見てみます。

1-1-1.契約の数が違う

フレッツ光と光コラボとの違いの一つ目は「契約の数」です。

そもそも光回線を利用するためには「回線サービス」と「プロバイダサービス」の契約を結ぶ必要があります。

フレッツ光を利用する場合には、回線サービスにNTT東西と「フレッツ光回線」を利用するための契約を結び、プロバイダサービスは提供している事業者の中からユーザーが任意に選んで契約します。

フレッツ光接続イメージ

つまり回線サービスとプロバイダサービスの契約はそれぞれ必要ということです。そして契約が別だと当然請求も分かれます。

対して光コラボを利用する場合には、光コラボ事業者がNTT東西から「フレッツ光回線」を借り受け、回線サービスとプロバイダサービスとセットにして提供しているため、契約先は光コラボ事業者1つで済みます。

光コラボ提供イメージ

そして請求ももちろん一つにまとまります。

このようにフレッツ光と光コラボは、利用開始するために必要な「契約の数」が違い、光コラボの方が手間などの面で便利です。

1-1-2.キャンペーン等のサービスが違う

フレッツ光と光コラボの違いの二つ目は「キャンペーン等のサービス」です。

フレッツ光にはNTTやプロバイダによる割引、キャッシュバックがありますが、その額は光コラボに比べると少額で種類も少なめです。

対して光コラボは事業者によって「独自のサービス」を付加しており、フレッツ光と比べて割引やキャッシュバックが多額になっている傾向があります。

例えばドコモ光やソフトバンク光などでは、スマホとセットで利用することでスマホの料金が割引される「セット割」があり、代理店からの申し込みでは高いところで数万円のキャッシュバックが貰えます。

このようにフレッツ光と比べて、光コラボは「キャンペーン等のサービス」を受けれるので一般的に光コラボの方がお得になっています。

1-1-3.フレッツ光との違いのまとめ

以上のように、フレッツ光と光コラボは「契約の数」、「キャンペーン等のサービス」が違い、どちらも光コラボの方が便利でお得になっています。

ただし乗り換えにはデメリットもあり、これは後で詳しく解説します。

1−2. よく聞くワード【転用】【事業者変更】とは

次によく聞くワードの「転用」と「事業者変更」について、意味を確認します。

1-2-1.転用

転用とは「フレッツ光から光コラボに乗り換えるための手続き」のことを言います。

フレッツ光も光コラボも「フレッツ光回線」を利用するので、「同じ回線を使って別のサービスを利用する」という意味で、「転用」と呼ばれているようです。

転用前、NTT東西および任意のプロバイダ事業者と結んでいた契約は解約され、転用後は乗り換え先に選んだ光コラボ事業者と契約することになります。

【転用前後の契約のイメージ】

転用前後の契約のイメージ

引用元:https://flets-w.com/collabo/tenyou/about/

転用は手続きが簡単で、「NTT東西から転用承諾番号」を取得し、それを乗り換え先の光コラボ事業者へ伝えるだけで完了します。

1-2-2.事業者変更

事業者変更とは「光コラボから他の光コラボに乗り換える、またはフレッツ光に戻るための手続き」のことを言います

この事業者変更は2019年7月1日から始まった新しい手続きで、以前はこれらの乗り換えをしたい場合「解約と新規契約」が必要でしたが、もっと簡単な手続きで済むようになり、工事費も掛からなくなりました。

契約のイメージは下図の通りで、事業者変更前の光コラボ事業者との契約は解約され、乗り換え先の光コラボ事業者またはNTT東西と契約を結ぶことになります。

【事業者変更前後の契約のイメージ】

事業者変更前後の契約のイメージ

引用元:https://flets-w.com/collabo/

事業者変更の手続きは転用と似ており、利用中の光コラボ事業者から「事業者変更承諾番号」を取得し、それを乗り換え先の光コラボ事業者またはNTT東西に伝えれば完了と、とても簡単になっています。

1-2-3.転用・事業者変更のまとめ

転用と事業者変更は、どちらも光回線の契約を別の事業者に変えるための手続きです。

違いは「どこからどこに乗り換えるか?」で、「フレッツ光からの乗り換え」だけが「転用」になり、呼び方が異なることを覚えておきましょう。

2. 光コラボレーションに切り替える4つのメリット

次に光コラボのメリットを4つ確認します。

2−1. 月額料金が安くなるケースが多い

メリットの一つ目は「月額料金が安くなるケースが多い」ことです。

「光コラボに乗り換えれば必ず」とまでは言えませんが、フレッツ光の月額料金と光コラボ大手5社のそれを比較すると、以下のように光コラボの方が安くなっています。

戸建て マンション 備 考
フレッツ光
(NTT西日本)
4,730円
+プロバイダ料550円~
3,575円(※2)
+プロバイダ料550円~
「光はじめ割」
適用の場合
ドコモ光 5,200円 4,000円 2年契約・タイプ
Aの場合
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
@nifty光 5,200円 3,980円

フレッツ光は回線利用料の他にプロバイダ料が掛かり、安いところで月々550円からとなっていますが、大手は1,000円前後になっています。

仮にプロバイダ料が仮に1,000円だとすると、フレッツ光の月額料金は戸建てが「5,730円」、マンションが「4,575円」となって、フレッツ光が一番高いのが分かります。

そのためフレッツ光から光コラボに乗り換えると、月額料金が安くなるケースが多くあるのです。

2−2. 割引・キャッシュバック等キャンペーンが充実している

メリットの二つ目は「キャンペーンが充実」していることです。

例えばスマホと合わせて利用することでスマホの月額料金が割引になる「セット割」は、ドコモ光やソフトバンク光、ビッグローブ光などの光コラボにはありますが、フレッツ光にはありません。

セット割は電話1回線当たり毎月最大1,000円が割引になり、家族にも適用できるため、とてもお得です。

また、光コラボへの申し込みではフレッツ光よりもキャッシュバックが多く貰えます。例えばドコモ光を新規で申し込むと今なら最大20,000円分dポイントを貰うことができます。

そのためフレッツ光から光コラボに乗り換えると、この分でもさらにお得になるのです。

2−3. 転用なら工事費やフレッツ光の違約金が掛からない

メリットの三つ目は「転用なら工事費やフレッツ光の違約金が掛からない」ことです。

転用は、前も後も同じ「フレッツ光回線」を使い回すので開通工事が必要なく、結果工事費が基本的に掛かりません。

またNTT東西では、にねん割などを契約期間中に解約すると違約金が発生しますが、転用であれば支払わなくていいとされています。

ただプロバイダの違約金は発生するので注意が必要ですが、新規契約よりも安く契約することができるので、これも光コラボのメリットです。

2−4. 窓口・請求が1本になり楽

メリットの四つ目は「窓口や請求が1本になり楽」なことです。

フレッツ光では回線サービスとプロバイダサービスで契約先が違うため、いざトラブルなどがあった時にどちらに問い合わせるべきか迷うなど、窓口が複数あると困ることが多くあります。

また、引っ越しなどの手続きもそれぞれに必要なので、面倒です。そして請求書も「回線利用料」と「プロバイダ料」で別々に来ると、分かりづらく確認などに手間もかかります。

光コラボでは窓口や請求が1本になるので問い合わせに迷うことなく、手続きも簡単になり、請求書もすっきりとするので、とても楽です。

3. 光コラボレーションに切り替えるデメリット

続いて光コラボのデメリットを3つ見てみましょう。

3−1. 月額料金が安くならない場合がある

メリットで「月額料金が安くなるケースが多い」と説明しましたが、光コラボにすれば必ず安くなるわけではありません。

フレッツ光のプロバイダの中には、「16ヶ月間無料」や「12ヶ月間無料+12ヶ月間500円」といったようにプロバイダ料を割引しているところがあるため、利用先によって一定期間だけではありますが、光コラボよりも安いことがあります。

このような場合には光コラボに乗り換えるとかえって月額料金が高くなってしまうので、デメリットになります。

3−2. 通信速度が遅くなることがある

光コラボに乗り換えることで通信速度が遅くなってしまうことがあります。

光回線の通信速度は「同一エリア内の利用者の数」と「プロバイダの設備能力」に左右されますが、例えば自分と同じエリアでの利用者が多い、選んだプロバイダの設備能力が低いといった場合には、通信速度は遅くなります。

速度は曜日や時間帯によっても変わってくるため使ってみないと分からない場合が多いですが、光コラボの中にはサイトに実測値を掲載したり、一定速度以下であればポイントをくれたりすることもあるので、この点は乗り換え前にチェックしましょう。

3−3. フレッツ光のポイントが消滅する

NTT東日本では「フレッツ光メンバーズクラブ」、NTT西日本では「CLUB NTT-West」というフレッツ光会員向けプログラムがありますが、転用後にはNTT東日本のポイントは「必ず消滅」し、NTT西日本のポイントは「条件次第で消滅」するので注意が必要です。

なお条件とは「NTT西日本の特定のサービスを利用する」、「メルマガを購読する」などになります。

いづれにしても転用前にポイントをすべて使ってしまったほうがよく、損をしないためにこちらも注意が必要です。

4. 光コラボレーションを契約する注意点

最後に光コラボ契約時の注意点を3つ見てみましょう。

4−1. 月額料金を必ず比較する

光コラボだからフレッツ光よりもお得と決めつけずに、月額料金の比較を行うようにしましょう。

多くの場合で光コラボの方がお得ですが、中にはこのままフレッツ光を使っていた方がお得なケースもあります。

また電話勧誘などで光コラボに乗り換えた場合などは、マイナーな事業者と契約を結ぶ場合があり、その時には光コラボであっても月額料金が安いとは限りません。

ですから契約前にはきちんと月額料金を比較するようにしましょう。

4−2. キャンペーンをチェックする

キャンペーンのチェックも忘れずに行いましょう。

キャンペーンには「割引」の他に「キャッシュバック」などがあります。割引では特にスマホとの「セット割」はぜひとも適用したいところです。

またキャッシュバックは、同じ光コラボへの申し込みでも「どこから申し込むか」によって額や受け取り時期が変わってくる場合があります。

候補をいくつか調べてみて、自分が一番得をできるキャンペーンをやっているところを探しましょう。

4−3. 光コラボの評判を調べる

そのサービスが優良かどうかは「使っている人の評価」で推測することができます。ですから光コラボ契約前には「ツイッターなどで光コラボの評判を調べる」こともしておきましょう。

悪い評判しか出てこないサービスであれば、契約を考え直したほうがいいですよ。

5. まとめ

以上光コラボとフレッツ光との違いやよく聞くワード、転用や事業者変更の意味、メリット・デメリットや光コラボを契約する時の注意点について解説しました。

光コラボはお得になるケースが多いですが、必ずお得ということにはなりません。

もしこの記事を読んでも自分はフレッツ光から乗り換えたほうがいいのか分からない、迷ってしまうといった場合には、インタネットの無料相談窓口に相談してみましょう。

無料なので費用は掛からず、一人一人にあった適切なアドバイスをしてくれます。

きっと相談してよかったと思えますよ。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

光回線スタイルの関連記事

監修者:光回線スタイル編集部

光回線の業務に10年以上携わってきたプロが分かりやすくインターネット回線の仕組みを教えます。インターネット回線の比較やスマホ、格安SIMの選び方から勧誘情報等、インターネットに関する最新情報をまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*