ビビック光とフレッツ光徹底比較!どちらが良いか7つの注目ポイントから検証!

最終更新日: 2017年4月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ビビックとフレッツ光比較画像

日本全国どこでもインターネット事情が同じと言うことはありません。

東京など関東地方ではNURO光という日本最速回線があり、東北・北海道エリアではフレッツ光とauひかりが展開しています。中部・関西地方ではauひかりは使えず、代わりに電力系光回線のコミュファ光やeo光がauひかりの不在をカバーしていますので、電力系光回線とフレッツ光やその光コラボがライバル関係になります。

中国・四国地方では、auひかりと電力系光回線のメガエッグやピカラとフレッツ光の全てが利用可能となっています。さて、九州ではどうでしょう。今回は、九州の光回線を比較検討していこうと思います。

1.九州地方のインターネット回線事情

教える画像

まず、九州の回線事情についてお話ししようと思います。

1−1.どんな回線が主流?

九州地方の主流の光回線は次の3回線です。

  • 九州電力系光回線のビビック光
  • NTT西日本のフレッツ光(光コラボ含む)
  • KDDIのauひかり

1−2.価格帯はどう!?

九州地方の価格帯の特徴は、戸建プランが割安というところですね。料金は、戸建プランで4千円台後半ですので、光コラボ(5,200円程度)とauひかり(5,100円)は九州では割高となってしまいますね。このため、実際にはビビック光(4,700円)とフレッツ光(4,800円程度)との一騎打ちになりそうですね。

マンションプランでは、3千円台後半ですので、3,800円程度の光コラボや3,800円のauひかりと同価格帯になりますので選択肢も広がりますね。そこで、今回は九州地方の特徴である割安な戸建プランに絞り、ビビック光とフレッツ光を徹底比較していきましょう。

2.ビビックとフレッツ光徹底比較7つの注目ポイントから検証

それでは、料金・速度・評判・初期費用・サポート・解約費用・テレビサービスの7つの注目ポイントから検証してみましょう。

2−1.料金比較

料金を比較すると次のとおりです。

<料金比較>
項目 ビビック光(1ギガ) フレッツ光(1ギガ)
標準料金 5,500円 5,400円
5年契約プラン割引 -1,100円
Web光もっともっと割 -1,590円
1ギガオプション 300円
プロバイダ料金 0円(込み) 500円~1,200円程度
割引後月額料金 4,700円 4,310円から
5,010円程度まで

このように、ほぼ互角ですね。

なお、フレッツ光でプロバイダを

  • 激安のBBエキサイト(500円)にすると4,310円、
  • 割安で評判も悪くないAsahiNet(780円)にすると4,590円
  • 老舗のnifty(1,000円)にすると4,810円
  • 日本最大のプロバイダOCN(1,100円)にすると4,910円
  • 少々お高いですがソフトバンクのYahoo!BB(1,200円)にすると5,010円

となります。

2−2.速度比較

それでは、通信速度を比較してみましょう。比較条件は、どちらも、1ギガプランで比較。通信速度の実測値データは、速度測定サイト「Radish Network Speed Testing」から直近30件の測定結果を使用しましょう。

(参考URL  http://netspeed.studio-radish.com/

<ビビック光(月額4,700円)>

ビビック光1

ビビック光2

200Mbps~400Mbps程度の実測値がかなり番多いですね。また、21時~24時のコアタイムで少し速度低下が起きているようです。でも、全体的には速い回線ですね。

<フレッツ光+BBエキサイト(月額4,310円)>

フレッツ光+BBエキサイト1

フレッツ光+BBエキサイト2

直近30件のうち100Mbpsを超えるものは3件だけです。そして、ほぼ一日中速度が遅いですね。BBエキサイトのプロバイダ料は月額500円と激安ですが、速度重視の方にはおすすめできないですね。

<フレッツ光+AsahiNet(4,590円)>

フレッツ光+AsahiNet5

フレッツ光+AsahiNet2

19時~24時にかけて速度低下が起こっているようですね。そして、速度も全体的に20Mbps以下のものが多く、BBエキサイトよりは良いのですが、高速とは言いがたいですね。

<フレッツ光+nifty(4,810円)>

フレッツ光+nifty1

フレッツ光+nifty2

21時~24時の時間帯で速度低下が見られますね。速度は全体的に20Mbps~200Mbps程度出るようで速いとは言えませんが、十分実用的な速度ですね。

<フレッツ光+OCN(4,910円)>

フレッツ光+OCN1

フレッツ光+OCN2

20時~23時の時間帯で速度低下があり、20Mbpsを割る測定値もあるのですが、この時間帯でも30Mbps~400Mbpsまで出ている測定値も多いですね。こちらも、十分実用的な速度ですね。

<フレッツ光+Yahoo!BB(5,010円)>

フレッツ光+Yahoo!BB1

フレッツ光+Yahoo!BB2

これは速度低下も少なく、高速ですね。多くの測定値が100Mbpsを超えていて、300Mbps~500Mbpsの測定値が多くプロバイダ料金は1,200円と割高ですが、この通信速度でしたら、何をやっても快適ですね。

2−3.評判クチコミ比較

ネット上の評判やクチコミを比較してみましょう。

比較項目 ビビック光 フレッツ光
速度
  • 料金の割に速い
  • 450Mbpsも出た
  • 9Mbpsしか出ない
  • プロバイダにより速度が違う
  • 200Mbpsも出た
  • 夜になると遅くなる
料金
  • 1Gプランでも5,000円以下で、100メガプランだと4,400円と安い
  • プロバイダ込みでお得
  • 安いけど回線が安定しない
  • ADSLより安い
  • スマホと同じ会社の光コラボに転用するとセット割でお得
  • 料金的もまあまあだしエリアも広い
サポート
  • 応対が良くて嬉しい
  • 対応最悪で解約検討中
  • サポートがちょっと知識不足かもしれない
  • リモートサポートのおかげでネット接続できて嬉しい
  • 電話サポートの受付時間が短すぎる
  • サポート窓口に繋がるまで30分も待った

ビビック光は特に料金面で好評ですね。フレッツ光は、エリアの広さと、プロバイダにより速度が変わるという意見がありましたね。

2−4.工事費用、初期費用比較

初期費用を比較してみましょう。

項目 ビビック光 フレッツ光
契約金 800円 800円
工事費 3,000円 18,000円
合計 3,800円 18,800円
キャンペーン 有り・初期費用0円 なし

初期費用では、ビビック光がキャンペーンにより実質0円となりますので、大変お得ですね。

2−5.コンタクトサポートの充実

サポート体制については次のとおりです。

比較項目 ビビック光 フレッツ光
電話窓口 QTNetお客様センター
0120-86-3727
(一般電話から)
050-6620-3727
(ビビック光電話から)
お問い合わせ
0120-116116
受付時間 9:00~21:00
年中無休
9:00~17:00
年中無休(年末年始12/29~1/3を除く)
繋がりやすさ 曜日別・時間帯別の混雑状況を公式サイトで掲示している 内容によっては繋がりにくい場合がある
折り返し電話予約 あり なし
メールサポート あり あり
その他 プロバイダ一体型なので窓口が一本化されている フレッツ光とプロバイダのサポート窓口が2箇所あり、紛らわしい

フレッツ光では、光回線とプロバイダが別契約なので、サポート窓口が2箇所となるため、紛らわしいかもしれないですね。一方、ビビック光はプロバイダ一体型ですので、サポート窓口が1箇所ですのでシンプルです。

そして、ビビック光では受付時間が21:00まで対応してくれるのですが、フレッツ光では17:00までです。フレッツ光の場合、お勤めの方は、実質的に土日祝日だけしか電話サポートを利用できませんよね。サポート体制についてはビビック光の方が良さそうですね。

2−6.解約金、違約金、引っ越し費用等

解約金などの解約費用については次のとおりです。

<解約費用>
比較項目 ビビック光 フレッツ光
契約期間 5年間
自動更新あり
初回2年間
2回目以降3年間
自動更新あり
更新月以外での解約金 20,000円~30,000円 5,000円~30,000円
工事費残債が出る場合 31ヶ月以内で解約
初月3,000円
2~31ヶ月目500円
撤去工事費 5,000円
解約費用 25,000円~35,000円 5,000円~30,000円
<引っ越し費用>
比較項目 ビビック光 フレッツ光
手数料 2,000円
移転工事費 13,600円 18,000円
移転時工事費割引 -9,000円
キャンペーン -13,600円
引っ越し費用 2,000円 9,000円

解約費用については、ビビック光の方が割高に見えますが、フレッツ光の場合は、これにプロバイダの違約金が付く可能性がありますので注意が必要ですね。また、引っ越し費用については、ビビック光の方が割安ですね。ただし、ビビック光のサービス提供エリアは、九州7県のみですので、注意が必要です。

また、フレッツ光についても、NTT東日本エリアへ引っ越す場合は、解約扱いになりますので、こちらも注意が必要ですね。

2−7.テレビ比較

テレビサービスについては次のとおりです。

比較項目 ビビック光テレビ フレッツテレビ
サービス提供エリア ○:県内全て △一部地域 ×エリア外
福岡県
佐賀県 ×
長崎県 × ×
熊本県 ×
大分県 × ×
宮崎県 × ×
鹿児島県 ×
月額料金 1,100円(2年契約) 660円
受診ch数・地デジ 7ch 7ch
受診ch数・BS 11ch 11ch
110度CS 有料 有料

受信チャンネル数はどちらも同じで、月額料金は、フレッツテレビの方がお安いですね。しかし、どちらもサービス提供エリアが狭いので注意が必要です。

3.ビビック光の最大メリット!

ビビック光のメリットは次のとおりです。

  • 1ギガの戸建プランで月額4,700円と激安
  • 通信速度も実測レベルで高速
  • プロバイダ一体型なのでサポート窓口も一本化
  • 1ギガオプションを外せば100メガで4,400円と激安
  • サービス提供エリア内なら引っ越し費用がたった2,000円
  • auスマホとのセット割「auスマートバリュー」対応

と多くのメリットがありますが、最大のメリットは、料金と速度ですね。料金も4,700円と5,000円を割っており、通信速度も実測で200Mbps~400Mbpsも出ています。九州でビビック光は最強のコスパですね。

4.ビビックに向いている人

ビビック光に向いている人は次のとおりです。

  • 長期間使う人

→ビビック光は契約期間5年間で自動更新ありの契約となっています。

このため、解約金が無料となる更新月は、5年に1回しかきませんし、更新月以外での解約費用が高額なため、長期間使う人におすすめです。

  • 九州エリア内だけで転勤のある人

→ビビック光のサービス提供エリアは九州7県のみです。

そして、エリア内での引っ越し費用は、キャンペーンで工事費が無料となっているため、手数料の2,000円だけしかかかりませんので、九州エリア内だけで転勤のある人におすすめです。

  • auスマホを使っている人

→ビビック光は光電話の加入を条件に、ネットとauスマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用できます。

この「auスマートバリュー」はスマホの料金が月額最大2,000円割引となり、最大10回線まで適用できますので、家族の多い人や1人で複数台持ちをしている方にとっては大変お得です。

5.まさかのエリア外!そんな方は

ビビック光は九州7県がサービス提供エリアとなっていますが、山間地や離島など九州7県内であってもエリア外となる場合もあります。そんな方は、ビビック光以外の回線を選ぶことになります。

候補としては次の光回線がおすすめです。

  • フレッツ光(光コラボを含む)
  • auひかり

このどちらかの回線がおすすめです。どちらも1Gbpsと高速で、ビビック光ほどではないですが、料金もリーズナブルです。

6.まとめ

ビビック光は、

  • 価格.COMで2017の光ファイバー部門(九州エリア)で総合満足度No1
  • D. パワーの2017固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度(九州エリア)No1
  • オリコン日本顧客満足度2016(九州・沖縄)No1

と受賞歴も多く、大変地元九州から支持されている人気の光回線です。そして料金も戸建が特にお安く、1ギガコースが4,700円と大変お得です。さらに、auスマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用できますので、auスマホのユーザーにとっては大変お得です。

また、通信速度の実測値も概ね200Mbps~400Mbpsと大変高速な光回線ですね。信頼性、料金、速度の三拍子そろったビビック光を使って、安心で、お得で、快適なインターネットライフを送ってみましょう!

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。