メガエッグの解約手続き方法と4つのポイントで選ぶお勧めネット回線

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
パソコン画像

メガエッグは中国電力系のエネコムが展開する地域密着型の光回線で、フレッツ光ではなく中国電力の光回線を使用しています。サービス提供エリアは、「岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県」です。

地元の評価は高く、2015年ブロードバンドアワードで最優秀賞の受賞歴も多数あり、地元から愛されているといえる光回線です。しかし、料金や通信品質、サポート体制等で他社のサービスに魅力を感じて光回線を乗り換えたいという場合もありますよね。

そこで、今回はメガエッグの解約方法や解約コスト、そして、乗り換えの際におすすめの光回線についてお話しようと思います。

1.メガエッグの解約方法

それでは、メガエッグの解約方法についてお話しようと思います。

1−1. 解約手続きはこちら

メガエッグの解約手続きは電話窓口で行います。電話番号等は次のとおりです。

<メガエッグ解約手続き電話窓口>

  • 電話番号 0120-505-898
  • 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

(参考URL http://faq.megaegg.jp/faq_detail.html?id=440&category=85&page=1

1−2. 違約金はいくら?

一般的な3年契約の場合での解約時に発生する解約金等については次のとおりです。

<戸建プランの場合>

戸建プランの場合

※1 利用期間は、開通工事日の翌日を「1」として起算した利用日数で算定し、365日を1年とします。複数年契約を自動更新した場合は、変更時点から起算します。

※2 ハピ割プラスを申し込んでいない方は、10,000円(税込11,000円)となります。

<マンションプランの場合>

マンションプランの場合

※1 利用期間は、開通工事日の翌日を「1」として起算した利用日数で算定し、365日を1年とします。複数年契約を自動更新した場合は、変更時点から起算します。

※2 「ハピ割プラス」を申し込んでいない方は、3,000円(税込3,300円)(スタンダードは1,500円)となります。

(参考URL http://www.megaegg.jp/member/common/notes.html

この他に、35ヶ月以内での解約の場合、解約時に工事費残債が一括請求されますので注意が必要です。

<工事費残債額の算出方法>

月額1,000円(税込1,100円)×(35ヶ月-利用月数)

(参考URL http://www.megaegg.jp/service/fiber/kodate/index.html

2. メガエッグを解約したい訳とは?

メガエッグを解約したくなる理由は、概ね次のとおりです。

①メガエッグは2年目からハピ割の割引適用期間が終了して料金が上がってしまいます。戸建プランで4,000円が5,000円に、マンションプランで3,000円が4,000円になります。光コラボの格安事業者に比べると少々割高感があります。

②メガエッグはauスマホとのセット割「auスマートバリュー」が実施されていますが、ドコモやソフトバンクのスマホユーザーにとってはセット割がなく、他社に乗り換えた方がお得かもしれません。

③通信速度についても、一部地域では夜になると回線速度が低下するという情報がネット上の口コミサイトやSNSで報告されています。

④サポートについても、電話が繋がりにくかったり、応対が良くなかったりという情報がネット上の口コミサイトやSNSで報告されています。

こちらの記事も読まれています↓

※メガエッグについて
メガエッグの速度クチコミについての知識が知りたい方は
メガエッグのwi-fiが繋がらない!遅いと感じた時の3つの対処法!』を確認しよう。

3. 解約理由から次に選ぶべきインターネット回線

それでは、解約後に選ぶべきインターネット回線を解約理由別にまとめてみますね。

3−1. 料金に不満なら

料金に不満がある場合、光コラボ等の格安事業者をおすすめします。ただし、通信速度やサポート体制等はメガエッグより良くない可能性がありますので注意が必要です。

<光コラボの格安事業者>
光コラボ料金備考
戸建マンション
エキサイト光4,360円
(税込4,796円)
3,360円
(税込3,696円)
・最低利用期間と解約金なし
・サポート窓口が有料電話
DTI光4,800円
(税込5,280円)
3,600円
(税込3,960円)
・公式サイトで最大15,000円のキャッシュバックキャンペーンあり(2017年3月31日まで)
・地方で通信速度があまり速くないとの情報あり
(参考URL)
http://dream.jp/support/sensing/chugoku.html

また、フレッツ光も「Web光もっと2割」適用で割安に利用できますのでおすすめです。

<フレッツ光>
料金
戸建マンション
プラン1プラン2プランミニ
フレッツ光
(Web光もっと2割適用)
3,810円
(税込4,191円)
2,930円
(税込3,223円)
2,530円
(税込2,783円)
3,420円
(税込3,762円)
プロバイダ500円(税込550円)~
合計4,310円
(税込4,741円)~
3,430円
(税込3,773円)~
3,030円
(税込3,333円)~
3,920円
(税込4,312円)~

3−2. スマホとセットにしたいなら

ドコモスマホのユーザーの場合、スマホとのセット割があるドコモ光がおすすめです。割引額は、戸建プランで月額最大3,200円、マンションプランで月額最大3,000円がスマホの料金から割引されます。

<ドコモ光>
ドコモ光料金
戸建マンション
5,200円
(税込5,720円)
4,000円
(税込4,400円)

ソフトバンクスマホのユーザーの場合、スマホとのセット割「おうち割」があるソフトバンク光がおすすめです。

「おうち割」は、スマホ・タブレットの料金から1回線当たり月額最大2,000円割引となり、最大10回線まで割引対象となりますので、家族が多い方や端末を複数台お持ちの方ほどお得になっていきます。

<ソフトバンク光>
ソフトバンク光料金
戸建マンション
5,200円
(税込5,720円)
3,800円
(税込4,180円)

3−3. 速度を安定させたいなら

通信速度の安定性を重視するなら、全国規模で展開していて信頼性も高くプロバイダも複数選べるフレッツ光やauひかりがおすすめです。

フレッツ光
フレッツ光
(Web光もっと2割適用)
料金
戸建マンション
プラン1プラン2プランミニ
3,810円
(税込4,191円)
2,930円
(税込3,223円)
2,530円
(税込2,783円)
3,420円
(税込3,762円)
プロバイダ500円(税込550円)~
合計4,310円
(税込4,741円)~
3,430円
(税込3,773円)~
3,030円
(税込3,333円)~
3,920円
(税込4,312円)~
<auひかり>
auひかり料金
戸建マンション光電話
5,100円
(税込5,610円)
3,800円
(税込4,180円)
500円
(税込550円)

auスマホのユーザーの場合、光電話の申込を条件にauスマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用できますのでお得です。

「auスマートバリュー」は、スマホ・タブレットの料金から1回線当たり月額最大2,000円割引となり、最大10回線まで割引対象となりますので、家族が多い方や端末を複数台お持ちの方ほどお得になっていきます。

3−4. サポート体制を重視したいなら

サポート体制重視でしたら、先に紹介した「フレッツ光」や「auひかり」に加え、インターネットの老舗「BIGLOBE光」「nifty光」がおすすめです。

「BIGLOBE光」では、現在公式キャンペーンで「標準工事費相当額キャッシュバック」が実施されていますので、メガエッグからの乗り換えの場合、新規工事費がかかりませんので初期費用の節約ができます。さらに、「月額料金値引き特典」も実施されており24ヶ月間月額料金から480円が割引となり大変お得です。

「nifty光」でも新規申込で、24ヶ月の月額料金割引が実施されていますのでお得です。

<戸建プランでのBIGLOBE光とnifty光の料金>
通常料金割引額割引後料金割引適用期間
BIGLOBE光5,180円
(税込5,698円)
480円4,700円
(税込5,170円)
24ヶ月間
nifty光5,200円
(税込5,720円)
700円4,500円
(税込4,950円)
24ヶ月間
<マンションプランでのBIGLOBE光とnifty光の料金>
通常料金割引額割引後料金割引適用期間
BIGLOBE光4,080円
(税込4,488円)
480円3,600円
(税込3,960円)
24ヶ月間
nifty光3,980円
(税込4,378円)
580円3,400円
(税込3,740円)
24ヶ月間

こちらの記事も読まれています↓

※メガエッグについて
メガエッグの評判クチコミについての知識が知りたい方は
メガエッグの評判と口コミまとめ!中国地方の光回線はこれで決まり!』を確認しよう。

4.まとめ

以上見てきたとおり、メガエッグの解約費用や乗り換え時のおすすめ光回線についてお話ししてきました。インターネットは日々進化していき、コンテンツも高画質動画配信サービス等で大容量通信が不可欠になってきています。

これに応じて光回線の通信品質や料金・サービスも次々に進化しています。やはり、多少の解約金を支払ってでも乗り換えたくなるような魅力的な光回線が出てきてしまうのも必然ですよね。

今回は、料金、スマホとのセット割、速度、サポートの観点からおすすめの光回線について情報提供してきました。どの光回線も大規模展開をしている大手事業者で信頼性も高く安心して利用できますので、目的に合った光回線にスマートに乗り換えて、より快適なインターネットライフを満喫してください!

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

光回線スタイルの関連記事

監修者:光回線スタイル編集部

光回線の業務に10年以上携わってきたプロが分かりやすくインターネット回線の仕組みを教えます。インターネット回線の比較やスマホ、格安SIMの選び方から勧誘情報等、インターネットに関する最新情報をまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。