jcom光(ネット)の評判が気になる!速度や料金詳細まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
jcom光

JCOMの契約に対応しているマンションなどの建物に引っ越した際は、JCOMを契約するべきか迷ってしまうでしょう。JCOMはauスマホとのセット割に対応していて、戸建住宅でのみ契約できる光サービスなら上り・下りともに最大1Gbpsの高速通信ができるのが特徴です。

この記事では、JCOMのサービス内容や評判について解説します。注意点についても紹介するので、契約を検討している方は参考にしてください。

1. Jcomとは

JCOMは日本各地で展開されているサービスです。インターネットやケーブルテレビ、そして電話サービスの3つを中心に展開されています。まずはJCOMのサービス内容について解説するので、参考にしてください。

1−1.jcomの料金とエリア詳細

JCOMでは、速度が異なる5つのコースが展開されています。以下の表に、料金と速度をまとめました。

料金と速度をまとめました。

最大速度 月額料金税(税抜)
光1Gコースonauひかり(戸建住宅限定) 上下最大1Gbps 6,500円
320Mコース 上り10Mbps・下り320Mbps 6,000円
120Mコース 上り10Mbps・下り120Mbps 5,500円
12Mコース 上り2Mbps・下り12Mbps 3,980円
1Mコース 上り512Kbps・下り1Mbps 2,980円

そしてJCOMは北海道から九州まで幅広く展開されていますが、契約できる都道府県は限られます。

  •  北海道
  •  宮城県
  •  東京都
  •  神奈川県
  •  千葉県
  •  埼玉県
  •  群馬県
  •  茨城県
  •  大阪府
  •  京都府
  •  和歌山県
  •  兵庫県
  •  福岡県
  •  熊本県
  •  大分県
  •  山口県

以上の地域における対応する物件でのみJCOMを契約できるので、事前に自宅が対応エリア内か確認しておきましょう。

1−2.jcomは遅い!?速度検証まとめ

JCOMは戸建住宅だと上下最大1Gbpsのプランを選べますが、マンションの場合は下り320Mbps・上り10Mbps(320Mコース)が上限になることに注意しましょう。また最大1Gbps対応の光1Gコースは、関西では提供されていません。

関西に住んでいる人は、戸建住宅でも下り320Mbps・上り10Mbpsの320Mコースが最高速コースになります。

他社光回線とJCOMの速度を比較した表をご覧ください。

最大速度
JCOM 光1Gコース:上下1Gbps

320Mコース:下り320Mbps・上り10Mbps

フレッツ光 上下1Gbps
auひかり 通常コース:上下最大1Gbps

一部地域で上下5Gbpsコース、上下10Gbpsコース提供あり

NURO光 通常コース:上り1Gbps・下り2Gbps

一部地域で上下6Gbpsコース、上下10Gbpsコース提供あり

他社と比較してみると、JCOMの320Mコースは下り速度・上り速度ともに最大速度が遅めです。例えばフレッツ光の上下1GbpsとJCOMの320Mコースを比べると、JCOMの上り速度はフレッツ光の100分の1、下り速度は3分の1程度です。

高画質な動画の再生やPS4のゲームソフトのダウンロードなど、速度を必要とする作業を頻繁に行う場合は、通信速度の速さが重要です。戸建住宅ならJCOMの光1Gコースの最大速度がフレッツ光やauひかりと同等なので十分おすすめできます。

しかしマンションなどの集合住宅や関西エリアに住んでいる人の場合は320Mコースが最速になってしまうので、JCOMよりも他社の上下最大1Gbpsやそれ以上に対応する光回線を契約したほうが満足できるでしょう。

1−3.スマホやsimなどの割引詳細

JCOMは、

  • ネット
  • テレビ
  •  電話(固定電話サービス)

以上3つのうち2つ以上のサービスを契約している場合に、auのセット割「auスマートバリュー」を適用できます。

auスマートバリューでは、au回線最大10回線までに毎月最大2,000円(税抜)の割引を適用できるしくみです。auひかりでも同じauスマートバリューを適用できるので、auユーザーはサービス内容を比較つつどちらかを契約して割引を利用し、スマホ代を節約しましょう。

ドコモやソフトバンクユーザーは、JCOMだとセット割を適用できません。ドコモユーザーはドコモ光、ソフトバンクユーザーはソフトバンク光やNURO光といったセット割対応の光回線を検討しましょう。

1−4.解約金やサポート関係は!?

JCOM解約時にかかる撤去費用は以下のとおりです。

料金(税抜)
戸建住宅 部分解約:2,000円

全解約:6,000円

電波障害一戸建て 部分解約:2,000円

全解約:6,000円

集合住宅 部分解約:2,000円

全解約:6,000円

集合住宅 直接配線方式 全解約:6,000円

そしてJCOMのサポートは、公式サイトでよくある質問を確認したり、通信障害の情報を確認できたりします。さらに電話やLINEでの質問も可能です。電話の際は朝9時から午後6時までに、以下の番号へ問い合わせましょう。

一般的な問い合わせ:0120-999-000
技術的な問い合わせ:0120-99-3652

2. Jcomの評判や口コミ

続いて、JCOMに関する評判・口コミをチェックしてみましょう。JCOMは日本各地にたくさんの利用者がいるため、SNS等においてたくさんの評判を見つけることができました。

2−1.sns等ツイッターの口コミ

SNS等で口コミ情報を調べてみると、JCOMの速度が遅いという声が複数見受けられました。

JCOMの通常回線サービスは320Mコースでも上り速度が最大10Mbpsであるため、写真などのデータを送信する際は時間がかかります。上記の口コミでも、アップが遅いとされていました。

上記の口コミではインターネットが快適に使えていないことがつぶやかれています。

他社回線と速度を比較して、JCOMの速度が遅いと不満を述べている人の声もありました。

一方JCOMの光回線サービスは、速度が好評な意見が見つかりました。関西以外で戸建住宅に住んでいるなら、光1Gコースを選べば快適な速度で通信できる可能性があります。

2−2.実際の利用者の評判は?!
SNS等で利用者の声を調べた結果をまとめると、

  •  料金が高い
  •  速度が遅い、インターネットに繋がらなくなることがある
  •  サポートセンターに繋がらない、対応が悪い
  •  インターネットに繋がらなくなることがある

といった声が見受けられました。全体的に、利用者からは不評な意見が多く見られました。

3.jcomのメリット・デメリット

最後に、JCOMのメリットとデメリットをそれぞれ解説します。どちらもしっかりチェックして、JCOMを契約するかどうか検討しましょう。

3−1. jcomのメリットとは

JCOMのメリットは、ケーブルテレビサービスをセットで契約できることとauスマートバリューに対応していることです。映画やスポーツ番組などを楽しめる専門チャンネルを楽しみつつ合わせてインターネットも契約したい人は、JCOMを検討しましょう。

auユーザーなら、スマホとのセット割も適用できます。

3−2.こんなあなたはやめた方がいい!デメリットがこちら

JCOMのデメリットは、通信速度に関する評判が悪い=快適にサービスを利用できない可能性が高いことです。また通信できなくなったという評判が複数見受けられるので、回線の安定性もイマイチです。

通信速度や通信の安定性を重視するなら、auひかりやNURO光などの他社回線を検討したほうが良いでしょう。またサポートも評判が良くないので、要注意です。

4. まとめ

JCOMの通常コースは最大速度が遅く、利用者からの速度に関する評判もいまいちでした。インターネットの速度を重視する方は注意しましょう。ただし戸建住宅限定・関西以外で契約できる光1Gコースは、利用者からの好評な声も聞こえました。

速度重視でJCOMを契約したい場合は、戸建住宅で光1Gコースを選びましょう。マンションや関西に住む人は光1Gコースを選べないので、NTTのフレッツ光やauひかり、NURO光などの他社回線を契約しましょう。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

光回線スタイル