ヘーベル光の評判と口コミ!遅い、繋がらない原因と対策まとめ

ヘーベル光評判画像

へーベルハウス(旭化成ホームズ)が提供する「へーベル光」は、へーベルハウスオーナー(入居者)限定で申し込みができる光回線です。

ハウスメーカーであるヘーベルハウスが提供するサービスなので、新居を建てるのと同時に依頼ができるので、入居後「インターネット回線の申し込みをするのを忘れていた!」というトラブルを避けることができ、手軽です。

一方でヘーベル光は料金が割高、通信速度が遅いと言った評判も見受けられます。

果たして、ヘーベル光はお得なサービスなのでしょうか?

結論から言うとスマホセット割がなく、工事費も有料であるため、万人におすすめできるサービスとは言い難いです。

本記事ではヘーベル光のサービス詳細や評判からメリット・デメリットを整理し、おすすめできる人の特徴を解説します。

尚、すでに契約してしまって不安を感じている場合は、それがメリットのある契約であったのか下記の相談窓口で無料相談を受けてみるのもよいでしょう。

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

インターネットの勧誘や光コラボの転用でお困りではありませんか?
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」

などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。

もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、契約をしてしまい解約金に困っているなどのお悩みがあれば下記の相談窓口がおすすめです。

無料でインターネットに関する電話相談が受けられます。
下記のフリーダイヤルまでお電話してみてください。

【電話番号】
0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

1. へーベル光とは

ヘーベル光

引用:ヘーベル光

ヘーベル光とは、ハウスメーカーのヘーベルハウス(旭化成ホームズ)が提供する光回線サービスで、ヘーベルハウスオーナー(ヘーベルハウスの戸建て・注文住宅を建てた方)限定で契約できるサービスです。

設備はNTT東西のフレッツ光回線を用いているため、へーベル光は「光コラボレーションサービス」(以下光コラボ)に当たります。

フレッツ光や他社光コラボからの乗り換えは工事不要で手軽に切り替えができます。

2. へーベル光のサービス詳細

では早速ヘーベル光のサービス詳細について見てみましょう。

通常、光コラボには「戸建てタイプ」と「マンションタイプ」がありますが、へーベル光はヘーベルハウスオーナー(ヘーベルハウスの戸建て・注文住宅を建てた方)限定で契約できるサービスのため、集合住宅向けの「マンションタイプ」がありません。

では月額料金から順に見ていきましょう。

2-1. へーベル光の料金詳細

プロバイダ有無プロバイダ付プロバイダ無(※)
月額料金5,258円4,763円

※別途自身でプロバイダ契約が必要

まずへーベル光にはプロバイダがセットになっているプランと、セットになっていないプランがあります。

プロバイダ付プランよりプロバイダ無プランが495円安いので、実質へーベル光のプロバイダ料金は495円ということになります。

単体でプロバイダ契約する場合、495円というのは破格の安さなので、こだわりがなければプロバイダ付プランを契約するのが無難でしょう。

2-2. へーベル光の初期費用と解約金

次にヘーベル光の初期費用と解約金について解説します。

契約事務手数料0円
基本工事費12,100円
契約期間なし
違約金0円

多くの光回線は契約時に事務手数料が3,300円程かかりますが、へーベル光は事務手数料がかかりません。

しかし、他社でよくあるような工事費実質無料になるキャンペーンをヘーベル光は行っておらず、実費になります。

ただし、フレッツ光からの乗り換え(転用)や他社光コラボからの乗り換え(事業者変更)の場合同じ設備を使うため、工事が不要で工事費もかかりません。

もう少しわかりやすく説明するために他社光コラボである「ドコモ光」を引き合いに出してみましょう。

ドコモ光の初期費用
契約事務手数料3,300円
基本工事費キャンペーンにて0円

工事を伴う申し込み(新規)と転用・事業者変更における初期費用は以下のようになります。

申込種別初期費用ヘーベル光ドコモ光
新規契約事務手数料0円3,300円
基本工事費12,100円0円
合計12,100円3,300円
転用・事業者変更契約事務手数料0円3,300円
基本工事費0円0円
合計0円3,300円

つまり、ヘーベル光は工事が必要な申し込みであればお得ではありませんが、転用・事業者変更においてはお得に申し込みができるということです。

また、へーベル光は契約期間を設けていないため、違約金がかからないということもメリットと言えるでしょう。

2-3. へーベル光のオプションサービス

次に、へーベル光のオプションについて解説します。

オプション名月額料金備考
セキュリティサービスeseT330円端末計5台分のセキュリティサービス
(1台分無料)
プレミアムサポート495円電話による相談・リモートサポート

「セキュリティサービスeseT」は1台分であれば無料で使えます。

台数を増やしたい場合は月額330円で5台まで利用できます。

「プレミアムサポート」は他社でいうところのリモートサポートです。

出張の場合は別途作業費用がかかりますが、基本出張料の8,800円がプレミアムサポートに加入していれば無料になります。

2-4. へーベル光のキャンペーン

へーベル光では工事費実質無料のキャンペーンを実施していませんが、何か独自のキャンペーンを実施しているのでしょうか?

ヘーベル電気とのセット加入でさらにお得!

ヘーベル電気セット

引用:へーベル光

へーベル光と合わせて、自宅の電力をヘーベル電気でセット契約をすると、プレミアムサポート(月額495円)とESET5台分(月額330円)が無料になります。

いずれもオプションサービスなので、不要な人にとっては無理に加入する必要ありませんが、必要な方にとってはメリットでしょう。

本や雑誌の購入で通信費が安くなる!

へーベル光ブック

引用:へーベル光

ヘーベル光加入者がヘーベル光Book Storeを通して書籍を購入すると、購入金額の最大10%相当額がヘーベル光の利用料金から割引されます。

本や雑誌をよく購入する人にとっては魅力的です。

3. へーベル光と他社料金比較

ここまでへーベル光のサービス内容について解説しましたが、果たして他社と比較してお得なのでしょうか?

利用者の多い大手他社光回線と料金比較をしてみます。

サービス名月額料金スマホセット割
へーベル光5,258円なし
ドコモ光5,720円ドコモ
ソフトバンク光5,720円Softbank/Y!mobile
auひかり1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
au/UQmobile
ビッグローブ光5,478円au/UQmobile
NURO光5,200円Softbank

比較した結果、へーベル光の月額料金は安い部類にあることがわかります。

ただしへーベル光にはスマホセット割がない為、大手キャリアのスマホを持っている場合はそれに通ずるインターネット回線を契約した方がお得になる場合が多いです。

ただスマホの契約プランによっては割引額が少なかったり、割引対象外だったりするので、判断に悩む場合は下記の無料相談窓口に問い合わせてみるのもよいでしょう。

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

4. へーベル光のユーザー評価や評判

次にヘーベル光のユーザーからの評価や評判を見ていきます。

光回線をヘーベル光とニューロ光で迷ってます。どちらがいいでしょうか?
ちなみに地域は10Gニューロ光は非対応エリアです。
なので選ぶのは通常プランのnuro光とヘーベル光ハイスピードプランです。
速度的に全然違うならnuroを選ぶし、大差ないのならまとめてヘーベルにやってもらえて楽ちんなヘーベル光を選ぶかなって感じです。
ご意見お聞かせ下さい。
→V6プラス使えるみたいだからヘーベル光で良いんじゃないでしょうか。
Nuroは最近やらかしてるので微妙ですね。工事も遅いですし。

引用:ヤフー知恵袋

こちらはヘーベルハウスの戸建を建築中で、へーベル光の検討相談と回答です。

後程解説しますが、ヘーベル光は次世代高速通信方式である「v6プラス」が標準搭載されているので、速度が出やすい傾向にあります。


こちらはヘーベル光ユーザーからの投稿です。

「思考停止でめんどくさくてヘーベル光」とありますが、やはり新築を建てるとなるとインターネット回線以外にも考えなければならないことがたくさんあるので、ハウスメーカーにそのまま申し込みできる点は大きなメリットでしょう。

速度も問題なく満足しているようですね。


こちらはヘーベル光とNURO光の速度をそれぞれ比較した投稿です。

画像を見ると、ヘーベル光の上りの速度があまり出ていないことがわかります。

一方NURO光は下り最大2Gbpsの高速回線を売りにしているだけあって、実測値が優秀です。


こちらはヘーベル光の通信速度に関する投稿です。

通信速度については満足している口コミが多い一方、このような不満の声も多数ありました。


こちらはヘーベル光の評判という訳ではありませんが、気になる投稿だったので解説します。

まず、事業者変更とは光コラボ同士の切り替えを工事不要で簡単にできる手続きのことをいいます。

なぜそれができるかというと、光コラボはNTT東西のフレッツ光回線を使っているため、同じ設備を使うならわざわざ工事する必要ないよね。という仕組みから成り立っています。

この投稿のケースだと、引越し前住所にドコモ光を使っていて、新居でヘーベル光を契約するということでしょう。

これではフレッツ光回線を利用している場所が違うので事業者変更できません。

このケースだと引越し前住所でドコモ光からヘーベル光に事業者変更してから、ヘーベル光を移設工事する方法か、引越し前住所のドコモ光を解約し、新居でヘーベル光を新規工事にて契約するという方法になります。

ただ通常の光コラボと違い、ヘーベル光は、ヘーベルハウスオーナー限定で契約できるサービスなので、引越し前のヘーベルハウスでない物件で契約できない可能性が高いので、後者の「新居でヘーベル光を新規工事にて契約するという方法」が現実的でしょう。

工事費もかかってしまうので、あまりお勧めの方法ではありません。

ヘーベル光はハウスメーカーに申し込みできるので、サービスを選ぶ手間が省けることはメリットですが、引越し先では工事費が実質無料で、お得なサービスを契約する方がおすすめです。

インターネットの勧誘や光コラボの転用でお困りではありませんか?
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」

などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。

もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、契約をしてしまい解約金に困っているなどのお悩みがあれば下記の相談窓口がおすすめです。

無料でインターネットに関する電話相談が受けられます。
下記のフリーダイヤルまでお電話してみてください。

【電話番号】
0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

5. へーベル光の通信速度検証

ヘーベル光のユーザー評価を調査する中で、通信速度について賛否両論だったため、さらに深堀してみます。

5-1. ヘーベル光の通信速度の仕組み

ヘーベル光はプロバイダ付プランとプロバイダが無いプランがありますが、ここでは契約割合が圧倒的に多いプロバイダ付プランについて解説します。

ヘーベル光のプロバイダは独自のものではなく、「GMOインターネット」のものを使用しています。

つまりヘーベル光の回線はNTT、プロバイダはGMO、契約先やサポートはヘーベルハウスということです。

GMOインターネットのプロバイダは通信速度に関する評判が良く、通信方式も最新の「v6プラス」を用いています。

v6プラスを別のものに例えると、高速道路が分かりやすいでしょう。

旧式の接続方式であるIPv4を高速道路に置き換えると、車線数が少なく、料金所にETCも無いと考えることができるので、混雑する時間帯では渋滞が起こりやすいですよね。

v6プラスを高速道路に置き換えると、車線数が多く、料金所もETCで通過できると考えられるので、混雑する時間帯でも比較的渋滞が起こりにくいという仕組みです。

今後もインターネットは衰退することなく、どんどん普及していくでしょうから、最新の接続方式であるv6プラスはマストになっていくでしょう。

5-2. ヘーベル光利用者の実測値は?

先にヘーベル光の通信の仕組みについて解説しましたが、実際の利用者はどの程度実測値が出ているのでしょうか?

数多のインターネット回線の通信速度の実測値統計と測っている「みんなのネット回線速度」にて寄せられた測定結果の平均値を紹介します。

下記の値は2023年12月7日時点の3カ月平均です。

時間帯Ping下り上り
8.0ms144.41Mbps316.31Mbps
9.9ms241.7Mbps329.06Mbps
夕方12.83ms327.59Mbps279.91Mbps
8.62ms309.22Mbps461.79Mbps
深夜17.0ms321.58Mbps143.66Mbps

夜の混み合いやすい時間帯でも速度が落ちることなく非常に優秀な値が出ています。

尚、Pingというのはインターネットの反応速度を示す値のことで、数値が小さいほど優秀と言えます。

概ね15ms以下だとそこそこ優秀といえますが、ヘーベル光のPing値は10msを下回る時間帯が多く、オンラインゲームもストレスフリーで楽しめるのではないでしょうか。

5-3. ヘーベル光と他社の速度比較

ヘーベル光の実測値が優秀だと解説しましたが、他社と比較してどうなのでしょうか?

実際に比較してみます。

こちらの値も2023年12月7日時点の3カ月平均です。

サービス名Ping下り上り
ヘーベル光8.44ms296.48Mbps300.86Mbps
ドコモ光19.32ms250.43Mbps268.35Mbps
ソフトバンク光15.93ms287.99Mbps307.87Mbps
auひかり15.13ms502.81Mbps515.31Mbps
ビッグローブ光18.32ms230.44Mbps247.11Mbps
NURO光11.9ms585.5Mbps594.38Mbps

独自回線であるauひかりとNURO光の通信速度が頭抜けている結果となりましたが、光コラボの中ではヘーベル光が最も優秀な結果となりました。

Pingについてはヘーベル光が全体の中で最も優秀であったため、オンラインゲームに向いている印象です。

6. ヘーベル光が遅い、つながらない時の対処法

ヘーベル光の通信速度が優秀といってもあくまで平均です。

どうしても遅い、つながらないという人もいるでしょう。

その際に対処法について解説します。

6-1. HGWや無線ルーターの再起動

まず、すぐに試せる対処法として、まずはHGW(ホームゲートウェイ)や無線ルーターの再起動を試してみてください。

方法は機器の電源を切り、30分程時間を空けて電源を入れ直します。

インターネットが不調な際の一般的な応急処置になりますので、これだけで解決する可能性があります。

6-2. LANケーブルや無線ルーターの見直し

LANケーブルにはカテゴリーがあり、対応できる最大通信速度が異なります。

LANケーブル

引用:PANDUIT

LANケーブルのカテゴリーですが、上記の画像のようにLANケーブルに直接記載されているので、今使っているLANケーブルのカテゴリーを確認してみてください。

一般的に理想とされているカテゴリーは「CAT6A」とされています。

最新のCAT7やCAT8の場合、シールド内部に電気が溜まることから、ノイズの原因となり、過剰性能で通信に悪影響を及ぼすと言われています。

LANケーブルのカテゴリーによる対応速度は以下の通りです。

カテゴリー対応速度適正度
CAT5100Mbps
CAT5e1Gbps★★
CAT61Gbps★★
CAT6A10Gbps★★★
CAT710Gbps
(過剰性能)
CAT7A10Gbps
(過剰性能)
CAT840Gbps
(過剰性能)

また、無線ルーターの規格も確認してみてください。

無線ルーターの規格にはa、b、g、n、ac、ad、axがあります。

市場に多く出回っている企画はacが現在は多いですが、混信が少なく速度が期待できるとされている規格がaxとなります。

もしLANケーブルも無線ルーターも適正なものを利用していて、それでも解決しない場合は一度下記の相談窓口で無料相談を受けてみるのもよいでしょう。

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

7. ホームルーター「へーベル5G」について

ヘーベル5G

引用:ヘーベル5G

ヘーベルハウスが提供するインターネット回線サービスとして、へーベル光の他に「ヘーベル5G」というものがあります。

へーベル光が光回線なのに対し、ヘーベル5Gはコンセントに差すだけで使えるホームルーターと手軽に持ち運べるモバイルルーターを選択して契約することができます。

ただしホームルーターもモバイルルーターも光回線より通信の安定感や速度は劣る傾向にあります。

また、もうひとつへーベル光との違いがあります。

それはスマホのセット割についてです。

ヘーベル5G セット割

引用:ヘーベル5G

au/UQmobileユーザーは、ヘーベル5Gを契約することで、スマホ1台当たり最大1,100円の月額料金割引を永年受けることができます。

契約者本人だけでなく、家族のスマホも割引対象な為、大変お得なサービスです。

ただし、この割引はヘーベル光の場合対象外です。

au/UQmobileユーザーはヘーベル5G、もしくは割引対象になる光回線を選ぶことをおすすめします。

尚、ヘーベル5Gサービス詳細は下記のとおりです。

月額料金4,378円
端末代金27,720円
(一括 or 36回分割)
申込手数料3,300円
契約期間なし
違約金0円

8. へーベル光のメリット・デメリット

ここまでへーベル光について解説してきました。

最後にメリットとデメリットを整理し、おすすめできる人の特徴を解説します。

8-1. へーベル光のメリット

まずはメリットからです。

・スマホセット割関係なければ月額料金が割安
・通信速度の実測値平均が優秀
・ハウスメーカー(ヘーベルハウス)にて手続きが可能
・契約期間の縛りがない

「ハウスメーカー(ヘーベルハウス)にて手続きが可能」というメリットについては、いろいろ調べたり手続きしたりするのが面倒に感じる人にとっては大きなメリットでしょう。

通信速度の実測値平均も優秀で、特にPing値が非常に優秀なので、オンラインゲームをする人にとって大きなメリットでしょう。

8-2. へーベル光のデメリット

次にデメリットです。

・工事費が有料
・スマホセット割がない
・ヘーベルハウスで建てた戸建でしか利用できない

へーベル光を契約する人の大半が新築を建てるのと同時に契約する人がほとんどでしょう。

そのため工事が伴う申し込みになり、他社では工事費が実質無料になるところへーベル光の場合は実費になります。

これは大きなデメリットになるでしょう。

また、へーベル光はヘーベルハウスで建てた戸建でしか利用できないので、集合住宅などに引っ越す際は移設できず、解約しなければなりません。

8-3. へーベル光がおすすめできる人の特徴

最後にメリット・デメリットからおすすめできる人の特徴を解説します。

・ヘーベルハウスの物件で既にフレッツ光か他社光コラボを契約している人
・格安スマホユーザー

まず、新規でヘーベル光を契約する場合工事費がかかってしまうので、フレッツ光からの乗り換え(転用)もしくは、他社光コラボからの乗り換え(事業者変更)ができる状況の人は工事費がかからないのでおすすめです。

へーベル光はスマホセット割がありませんが、格安スマホユーザーであれば関係ない話なのでおすすめです。

逆に大手キャリアのスマホを契約している人は、割引対象の光回線を契約した方がお得に使える場合が多いです。

9. まとめ

以上、ヘーベルハウス(旭化成ホームズ)が提供するヘーベル光について解説しました。

へーベル光はヘーベルハウスオーナー(ヘーベルハウスの戸建て・注文住宅を建てた方)限定で契約できるサービスで、契約できる人が限定されているために、回線の混雑が少なく、快適に使えている人が多い印象を受けました。

一方でスマホセット割がなく、工事費も有料というデメリットも持ち合わせているため、これらをよく考慮したうえで契約するか判断しましょう。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

光回線スタイルの関連記事

監修者:光回線スタイル編集部

光回線の業務に10年以上携わってきたプロが分かりやすくインターネット回線の仕組みを教えます。インターネット回線の比較やスマホ、格安SIMの選び方から勧誘情報等、インターネットに関する最新情報をまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA