swift光の評判、口コミが気になる!NUROとの違いから契約すべきか検証

最終更新日: 2018年4月5日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
swift光画像

やっぱり、インターネットを快適に使うために、通信速度はとても重要ですよね。NTTのフレッツ光で最高1Gbps。そしてNTTが卸売しているフレッツ光を買って、独自サービスや割引を行っている光コラボも最高1Gbpsです。

しかし、残念ながら、信号の減衰や回線の混雑などが原因で、実測では論理上の最高速値である1Gbpsは出ません。では、最高2Gbpsの回線ならば、最高1Gbpsの回線より、1Gbps分の余裕があるので、フレッツ光の実測値を超えるのではないかと考えるのは当たり前なことです。

規格上の最高通信速度が上がれば、実測値も上がる。これは、ごく自然な考え方ですよね。さて今回は、下り最高2Gbps、上り最高1Gbpsとフレッツ光より高速なswift光についてお話していこうと思います。

通信速度重視の方にとっては必読ですよ。

インターネットの勧誘や光コラボの転用でお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

1.swift光とは

swift光 Invincible

swift光とは、(株)Invincible(インヴィンシブル)が展開する光回線です。

使用回線は、So-netを展開しているソニーネットワークコミュニケーションズ(株)が卸売しているNURO光回線を買って、独自サービスなどを行っているNURO光版の光コラボで、通信速度もNURO光同様に、下り最高2Gbpsで上り最高1Gbpsと高速な光回線です。

運営会社の(株)Invincible(インヴィンシブル)は、ネット上でも情報が殆どない会社ですので、少々不安ではありますね。

1−1.Swift光の料金詳細やまとめ

swift光では、今のところ戸建てプランしかありませんので、戸建てプランでの料金は次のとおりです。※2017年現在

<swift光の料金・戸建てプランのみ>
プラン swift光
月額基本料 4,980円
基本工事費 40,000円(キャンペーンにより実質0円)
契約事務手数料 3,000円
契約期間 2年契約・自動更新契約あり
契約解除料 9,500円
公式キャンペーン 新規開局エリア※限定として、最大50,000円の違約金補填キャッシュバック

キャンペーン期間

2017年11月20日(月)~2018年1月31日(水)

※新規開局エリア:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県

1−2.下り2Gbpsは本当?実際はどうなの?

swift光は、NURO光の回線を使っていますので、NURO光と通信速度は変わりません。ですので、通信速度測定サイト「Radish Network Speed Testing」からNURO光の測定結果についてみていこうと思います。

(参考URL  http://netspeed.studio-radish.com/index.html)

<回線速度実測値>

回線速度実測値

このように、下り回線で、400Mbps~850Mbps程度は出ていて、大変高速な回線なのですが、規格上の最速値となっている2Gbpsまでは出ていません。

理由として考えられるのは、次のとおりです。

  • パソコン側のLANポートが1Gbpsまで対応しており、このLANポートの性能が回線速度を活かしきれていないこと。
  • 有線ではなく、Wi-Fiで測定してしまった場合、swift光からのレンタルWi-Fiルーターでは、最大450Mbpsまでしか出ませんので、このWi-Fi速度がボトルネックとなって、回線速度を活かしきれていないこと。

なお、改善策としては、パソコン側の有線LANカードとLANケーブルを10Gbps対応のものに変更することにより、速度改善となる可能性があります。

<(例示)10Gbps対応のLANカード>

LANカード

<(例示)10Gbps対応のLANケーブル(CAT7)>

LANケーブル

 

2.NURO光との違いが話題!

swift光は、NURO光の回線を使っていますので、回線速度などはNURO光と同じなのですが、料金やオプションなどが少し異なります。そこで、swift光とNURO光を比較してみようと思います。

2−1.料金を比較

swift光とNURO光の料金を比較してみましょう。

<swift光とNURO光の料金比較・戸建てプラン>
比較項目  swift光の料金  NURO光の料金
swift光 NURO光
月額料金 4,980円 1年間 2,980円

2年目以降 4,743円

基本工事費 40,000円

キャンペーンにより実質0円

40,000円

キャンペーンにより実質0円

契約事務

手数料

3,000円 3,000円
契約期間 2年契約・自動更新契約あり 2年契約・自動更新契約あり
契約

解除料

9,500円 9,500円
セキュリティ カスペルスキー

月額500円

カスペルスキー

月額0円(標準装備)

光電話 関東:月額500円

関西・東海:月額300円

関東:月額500円

関西・東海:月額300円

スマホ

との

セット割

ソフトバンクスマホ

(おうち割光セット)

ソフトバンクスマホ

(おうち割光セット)

公式キャンペーン 新規開局エリア※限定として、最大50,000円の違約金補填キャッシュバック

キャンペーン期間

2017年11月20日(月)~2018年1月31日(水)

30,000円

キャッシュバック

※新規開局エリア:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県

このように、月額料金とセキュリティのオプション料金、キャンペーンに違いがあるようですね。

2−2.NUROと比べてエリアはどうなの!?

swift光もNURO光の回線を使用しているため、サービス提供エリアはNURO光と同じです。

なお、サービス提供エリアは次のとおりです。

<swift光とNURO光のサービス提供エリア>
既に提供中のエリア

(関東エリア)

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県
拡大エリア

(東海・関西エリア)

愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、

大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県

サービス提供エリア

2−3.その他の違いとは?

その他の違いとしては、やはり運営会社の違いがあるかと思います。NURO光は、「世界のSONY」のグループ会社ソニーネットワークコニュニケーションズ(株)が運営しています。

このソニーネットワークコミュニケーションズ(株)は、NURO光の他にも、プロバイダのSo-netやNTTフレッツ光の光コラボSo-net光も運営しており、実績と信頼性があります。

一方、swift光の運営会社となっている(株)Invincible(インヴィンシブル)には、ネット上でも情報がほとんどありません。インターネットは長期間使うものですので、運営会社の情報がしっかりしていないと、利用者としては少々不安になるかもしれませんね。

3.swift光の評判と口コミが気になる

swift光の評判と口コミについて、sns、ネット情報、利用者様の声からみていきましょう。

3−1.snsやネット情報から探ってみた!

このswift光は、電話勧誘を行って集客をしているようで、勧誘電話についてのネガティブな情報がありました。

なお、通信速度などについての情報はみつかりませんでした。

情報1

情報2

3−2.実際の利用者様の声

swift光は、2017年3月から提供を開始した新しいサービスのためか、実際の利用者についての情報はありませんでした。しかし、ネット上に通信速度についてのネガティブな情報もないことから、利用者はあまり不満をもっていないという可能性もありますね。

4.料金詳細、評判や口コミ契約すべきか検証!

まず、料金面では、NURO光のほうが安いですね。そして、セキュリティサービスのカスペルスキーについて、NURO光では0円(標準装備)となっているのに対し、swift光では月額500円の有料オプションとなっています。

評判や口コミでは、swift光の場合、勧誘電話によるネガティブ評判があり、また、運営会社の情報が殆どないというのも不安です。これらの検証結果から、現段階では、NURO光に軍配が上がる結果となります。

現段階では、swift光よりも、料金が安く、セキュリティも標準装備で、運営会社も安心なNURO光と契約したほうが良さそうです。

4−1.swift光をおすすめ出来る人はこんな人

別の光回線からswift光に乗り換える場合、以前加入していた光回線の違約金と工事費残債金額を最大50,000まで補填されるSwift光のりかえキャンペーンを実施しています。キャンペーン期間は、2017年11月20日(月)~2018年1月31日(水)です。

キャンペーン対象は、新規開局エリア※限定ではありますが、対象地域にお住まいの方なら、乗り換えにかかる旧事業者の解約コストが抑えることができます。

※新規開局エリア:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県

(参考URL  http://hikarisvc.jp/swift/pdf/press_release_area.pdf

また、swift光はNURO光と同様に工事費が実質無料となっていますので、導入コストも少なくて済みます。

一方、NURO光では、公式キャッシュバックキャンペーンとして、30,000円がもらえるのですが、もし、乗り換え前の旧事業者の解約コストが、30,000円を超える場合は、swift光を導入するメリットはあるかと思います。

(参考URL  https://www.nuro.jp/hikari/pr/)

しかし、NURO光よりswift光の月額料金が少々高額ですので、注意が必要ですね。

5. まとめ

NTTのフレッツ光が回線の卸売を始めて、数多くの光コラボが誕生しました。このため、光回線の料金がとてもリーズナブルになったことと、各社独自のサービス、特に、ケータイ大手3者のスマホとのセット割は、割引額も大きく、大変好評を得ています。

また、格安SIMなどとのセット割も人気があり、フレッツ光の光コラボは大盛況です。NURO光にも光コラボができたことは大変良いことです。

ただ、今のところは、NURO光自体の料金が安いため、swift光に大きな魅力は感じられないのですが、今後のサービス展開で、swift光独自の得意分野を取り入れて、より良いサービスに進化するとユーザー側としてはとても嬉しいですね。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

光回線スタイル