電話番号変わるなんて聞いてない!光コラボに転用後フレッツ光に戻す裏技はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
聞いてない画像

「お得になる」と説明されて光コラボを契約してしたものの、やはり元のフレッツ光や他の光コラボを利用したくなった場合、契約をフレッツ光に戻すと電話番号が変わってしまうと聞いて困っている方もいるでしょう。

光電話の電話番号は、フレッツ光に戻すと電話番号が変わってしまうこともあります。しかし実は、番号を変えずに戻せる裏技もあります。 この記事では光コラボからフレッツ光に移行する際の電話番号の変化や、光コラボへの転用後にフレッツ光に戻す方法を解説します。

インターネットの勧誘や光コラボの転用でお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

  1.光コラボからフレッツ光に戻す際、電話番号が変わってしまう理由とは

光コラボからフレッツ光に契約を戻すと、電話番号が変わってしまう場合があります。まずは光コラボやフレッツ光における電話番号の注意点を解説するので、参考にしてください。

 1−1.固定電話の光発番とは

光発番とは、光電話用に新しく付与された電話番号のことです。 

アナログ回線で固定電話を使っていた場合は「番号ポータビリティ」というサービスを利用すれば同じ番号を光電話でもそのまま使うこともできますが、「番号ポータビリティ」を行わない場合は光発番の電話番号が付与されます。

例えば今まで加入電話を使っていなかった人がフレッツ光の新規契約時にひかり電話をセットで契約した場合は、現在光発番の番号を使っていることになりますね。

 1−2.電話番号が引き継ぎ出来るケースと出来ないケース

光コラボへの転用をやめて今まで契約していたフレッツ光に契約を戻す場合は、通常一度光コラボを解約してから新規でフレッツ光を契約することになります。光コラボを解約する際は基本的に光電話もセットで解約になるので、電話番号は変わってしまいます。

光コラボからフレッツ光に契約を戻しても電話番号をそのままにできるのは、使っている電話番号が光発番でなくNTTでアナログ回線向けに発行された加入電話の番号である場合です。

しかし実は、後ほど紹介する裏技を使えば解約をしなくても契約先を光コラボからフレッツ光に戻し、電話番号も変更されずに済みます。気になる方は、続きを読み進めてください。

  2.電話番号を変えずにフレッツ光に戻す方法は!?

「光コラボに乗り換えたもののフレッツ光に戻したい」

「フレッツ光に戻す際に電話番号が変わるのは嫌だ!」

そんな方のために、ここからは電話番号を変えずにフレッツ光に戻す方法・戻せる契約内容を3つ解説します。

 2−1.加入電話の番号なら、一度アナログ電話に戻す

現在自宅で使っている固定電話番号がフレッツ光契約時に発行された「光発番」でなくアナログのNTT加入電話のものなら、固定電話の契約先をアナログ電話に戻せます。 費用はアナログ回線がそのまま残っているなら2,000円程度、回線がない場合は工事の手間がかかるため1万円以上かかることもあります。

116へ電話をし、現在契約している光電話の番号をアナログ回線に戻したいと伝えると、工事をしてアナログ回線に電話番号を戻せます。

 2−2. 固定電話を光電話に変更していないなら、電話番号は変わらない

そもそも契約している固定電話が光電話でなくアナログのNTT加入電話のままなら、光コラボを解約したところで契約が別なので電話番号は変わらずに済みます。固定電話を光コラボやフレッツ光の光電話で契約していない方は、そのまま光コラボを解約してからフレッツ光に戻してしまっても電話番号はそのままです。

 2−3. 光コラボからフレッツ光に契約を戻す

電話番号はそのままで契約先をフレッツ光に戻す3つ目の方法は、文字通り光コラボからフレッツ光に契約を「戻す」方法です。光コラボからフレッツ光に戻る際は、本来は「一度光コラボを解約してからフレッツ光の新規契約を行う」必要があります。

しかしある裏技を使えば、実は転用した光コラボからフレッツ光に解約などを行わなくても契約を戻せます。手順について詳しくは次項で解説するので、気になる方はチェックしてください。

 3. 光コラボからフレッツ光に戻す手順をわかりやすく解説

ここからは、光コラボから今まで契約していたフレッツ光へ戻す手順を解説します。先に注意しておきますと、誰でも100%光コラボからフレッツ光に契約を戻せるとは限りません。条件に当てはまっている必要があります。

さらに戻せる条件すべてに当てはまっていたとしても確実に契約をフレッツ光に戻せるわけではないので、注意しましょう。さて、光コラボからフレッツ光に戻せる可能性が高い人は、

  • 電話などを経由し、代理店を通して転用した
  • フレッツ光から光コラボへの「転用承諾番号」をネットから取得した

以上の条件の両方に当てはまっている人です。片方だけでも戻せる場合はありますが、より確実に戻せるのは両方に当てはまっている人となります。

光コラボからフレッツ光へ契約を戻す手順は、以下の2段階に分かれています。

  • 光コラボのサポートセンターに「フレッツ光に契約を戻したい」と交渉する
  • NTT東日本にも、契約を戻すと連絡する

第1段階の光コラボにおけるサポートセンターとの交渉で、相手に光コラボから契約を戻すことを受け入れてもらったら、念のためNTTにも回線を戻す連絡をする、という流れです。

基本的に光コラボはフレッツ光に契約を戻すことを認めていませんが、

  • 代理店の強引な勧誘で、自分の意志とは別に契約を進められてしまった
  • 代理店から詳しい説明を受けていなかった

こういった説明をすると契約をフレッツ光に戻す手続きを行ってくれる場合があるみたいです。※確実性はないのでご注意ください。
ただしあくまでもひとつの可能性にすぎないということを心にとめて置く必要があります。

もしも自分からインターネットを利用して光コラボへ転用したなら、それは完全に公式サイト等の説明を読んだ前提で、自分の意志で転用手続きを行ったと受け取られてしまいます。結果、回線を戻したいと説明しても認められない可能性が高いことに注意しましょう。

転用承諾番号をネットから自分で取得した場合も同様で、代理店が強引に手続きを進めたのではなく自分の意志で転用手続きをしたことになり、回線を戻したくても認めてもらえない可能性が高くなります。

光コラボからフレッツ光に契約を戻せるのはほとんどの場合、「代理店等に強引に転用させられた場合」に限られる事を覚えておきましょう。

4. まとめ

光コラボに無理矢理転用させられてしまった場合は、光コラボのサポートセンターに問い合わせれば電話番号をそのままで契約をフレッツ光に戻せる可能性があります。しかし自分の意志で光コラボに転用した場合は一旦光コラボを解約してからフレッツ光を新規契約しなければいけません。

ただ、殆どの場合フレッツ光に戻すことが出来る労力と時間だけが取られる傾向が強いみたいです。

光コラボに契約する際はフレッツ光契約時に新たに発行された光発番の電話番号を使っていた場合は、光コラボを解約すると電話番号が失われてしまうことに注意しましょう。NTTの加入電話の番号なら、一度アナログ回線に戻せば同じ電話番号を引き続き使えます。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

光回線スタイル