電話番号変わるなんて聞いてない!光コラボに転用後フレッツ光に戻す裏技はある?

最終更新日: 2019年11月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
聞いてない画像

今まで(2019年6月30日まで)は、フレッツ光から光コラボに転用した場合、フレッツ光に戻すと基本的に電話番号が変わってしまうという深刻な状態が続いていました。

実際このため、フレッツ光から光コラボに転用したユーザーは、同じ電話番号を使い続けるためには、フレッツ光に戻すことも他社光コラボに乗り換えることもできないという状況について、不便さを感じていましたよね。しかし、2019年7月1日から「事業者変更(再転用)」という画期的な制度がスタートしました。

そこで今回は、光電話の電話番号という面から「事業者変更(再転用)」についてお話しようと思います。「今の光コラボからフレッツ光に戻したい!他社光コラボに乗り換えたい!…でも電話番号が変わるなんて…」という人にとっては朗報です!

ぜひ本記事を読んでみてください!

1.光コラボからフレッツ光に戻す際、電話番号が変わってしまう!?

なぜ光コラボからフレッツ光に戻すと、電話番号が変わってしまうのか。その理由について見ていきましょう!

1−1.固定電話の光発番とは

加入電話(アナログ回線)でADSLなどのインターネットを利用する場合、NTTとの契約では、主契約が加入電話(アナログ回線)で、ADSLはオプションでした。しかし、フレッツ光になると、フレッツ光のインターネット回線が主契約で、光電話がオプションになってしまいました。

そして、光コラボに転用してもフレッツ光の回線自体がそのままになっているため、光電話オプションで発番した電話番号も同じ番号を引き継ぐことができました。2019年6月30日までは、光コラボからフレッツ光に戻そうとすると、現在使っている光コラボの回線を解約して廃止してしまうため、オプションとなっている光電話も回線と一緒に廃止となり、これに伴い電話番号も一緒に廃止・消滅してしまうという大変不便な状況になっていました。

1−2.電話番号が引き継ぎできるケースとできないケース

基本的に光回線が廃止となる場合、オプションの光電話の電話番号も一緒に廃止・消滅してしまうのですが、例外があります。加入電話(アナログ回線)で発番した電話番号の場合に限り、光コラボの回線を廃止しても、加入電話(アナログ回線)を新規申し込みすれば、光電話の電話番号を使い続けることができます。

そして、加入電話(アナログ回線)から再びフレッツ光に新規申し込みをすることにより、フレッツ光の光電話オプションでも同じ番号を使い続けることが可能です。しかしこの場合だと、

  • 今使っている光コラボの回線撤去工事・違約金
    → 工事費10,000円程度・違約金9,000円~30,000円程度
  • 加入電話(アナログ回線)の初期開通工事
    → 契約料800円+工事費2,000円+同番移行工事費2,000円=4,800円
  • フレッツ光の初期開通工事
    → 契約料800円+工事費15,000円~18,000円程度+同番移行工事費2,000円=17,800円~20,800円程度

と3回も工事を行う必要があり、工事費なども高額な負担をしなければなりませんでした。

32101

2. 電話番号を変えずにフレッツ光に戻す方法は!?2019年7月以降【最新】

2019年7月1日以降は、「事業者変更(再転用)」という制度がスタートしました。この制度は、今使っている回線は廃止せずそのまま使い続けながら、事業者だけ変更することができるという画期的な制度です。

回線を廃止せず使い続けるため、ひかり電話オプションも継続利用となり、電話番号も新しい事業者(例えばフレッツ光)でもそのまま使い続けることができます。ここからは、光コラボから電話番号を変えず、フレッツ光に「事業者変更(再転用)」で戻す手順について見ていきましょう!

2−1.利用中の光コラボから事業社変更承諾番号を取得

まず、利用中の光コラボのサポートセンターに電話して「事業社変更承諾番号」を取得したいと申し出ます。基本的にこれで事業社変更承諾番号は取得できるはずです。しかし、どの光コラボ事業者も、利用者が他社へ乗り換えることを喜びませんので、リテンション活動(ユーザーの引き止め)が行われる可能性があり、事業者によっては、熱心すぎるリテンション活動が行われ、なかなか事業社変更承諾番号を発行してもらえない場合があるかもしれません。

このような場合、利用者がリテンション活動の中止を求めれば、光コラボ側は事業社変更承諾番号を速やかに発行すべきなのですが、実際は簡単にサクッと発行してくれない場合もありそうですね。お一人で悩まずに、その道のプロが運営するインターネット専門の相談窓口を利用してみるのも良いかもしれません。

2−2.事業社変更でフレッツ光に申し込む

事業社変更承諾番号の取得ができれば、後は簡単です。早速フレッツ光に申し込みましょう。なお、事業社変更承諾番号には有効期限があります。有効期限は事業社変更承諾番号の発行日を初日として15日間ですので、できるだけ早めにフレッツ光に申し込みましょう。

申込み窓口などについては、次のとおりです。

32102

<NTT東日本>

  • 電話番号 0120-112335
  • 受付時間 9時~17時(土日・休日も受付)

32103

<NTT西日本>

  • 電話番号 0120-116116
  • 受付時間 午前9時~午後5時(土曜・日曜・祝日も受付、年末年始12/29~1/3を除く )

2−3.プロバイダに申し込んで開通

フレッツ光だけではインターネットに繋ぐことができませんので、併せてプロバイダの申込みも行いましょう。プロバイダの申込みについては、自分で直接プロバイダに申し込む方法もありますが、「with フレッツ」に対応したプロバイダならば、フレッツ光の申込時に一緒に申し込むことができて、「with フレッツ」独自の割引などもありますので、これを利用する方法もあります。

32104

これで、手続きは完了です。

3.事業者変更で何が変わった!?光コラボからフレッツ光に戻す手順をわかりやすく解説

事業者変更(再転用)は、図にすると次のようになります。

32105

このように、事業者変更(再転用)のおかげで、2019年6月30日以前の複雑で面倒な手続き方法を大きく短縮し、回線をそのまま使い続けるので、工事不要で電話番号もそのままです。

2019年6月30日以前の方法と事業者変更(再転用)を比べると次のとおりです。

<手順・手続きの比較>

項目 2019年6月30日以前 平成31年7月1日以降

事業者変更

利用中の光コラボ 解約 事業社変更承諾番号の取得
回線撤去工事 必要な場合がある 不要
フレッツ光 新規申し込み 事業者変更で申込み
初期工事 必要 不要
いままでの電話番号 基本的に消滅

 

フレッツ光で

新しい番号を発番

そのまま

このように、事業者変更(再転用)により、スムーズにフレッツ光に戻したり、他の光コラボに乗り換えたりすることが、とても簡単になりました。

ただ、事業者変更(再転用)でも電話番号が変わる可能性もあるみたいです。

【事業者変更】光コラボから光コラボの乗り換えで電話番号の引き継ぎ出来ないパターンがあるって本当?

ちなみに、事業者変更(再転用)で不安な方は問い合わせ窓口に電話をかけて詳しい情報を知りましょう。インターネットの相談窓口等でアドバイスをもらってから契約をしたほうがいいかもしれません。

無料の相談窓口については次のとおりです。

◇無料のインターネット相談窓口にお問い合わせ

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)※番号をタップするとすぐ相談出来ます
【受付時間】10:00~21:00

4. まとめ

2019年7月1日からスタートした「事業者変更(再転用)」により、それ以前と比較して驚くほど簡単にフレッツ光に戻したり、他社光コラボへの乗り換えができるようになりました。これで、乗り換えコストや手続きが大きく改善され、さらに、回線をそのまま使うことにより電話番号もそのまま利用できるなど、そのメリットは絶大ですね。

しかし、「事業者変更(再転用)」は始まったばかりの制度ですので、取扱が事業者ごとに違っている状況で、利用中の光コラボに工事費残債がある場合は一括請求されるなどの注意点もあります。事業者変更(再転用)は画期的な制度です。フレッツ光に戻したい人や別の光コラボに乗り換えたい人にとっては、知っていて損はありません。

工事費の残債がない状態で、契約更新月に事業社変更承諾番号を取得して乗り換えれば、解約費用0円+事業社変更手数料3,000円で乗り換えができ、大きく乗り換えコストを抑えることができます。せっかくの「事業者変更(再転用)」制度です。検討してみるのも良いかもしれませんね。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

光回線スタイルの関連記事

監修者:光回線スタイル編集部

光回線の業務に10年以上携わってきたプロが分かりやすくインターネット回線の仕組みを教えます。インターネット回線の比較やスマホ、格安SIMの選び方から勧誘情報等、インターネットに関する最新情報をまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。