在宅勤務でWiFi環境ない場合どうする?すぐ出来るネット環境の整え方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
在宅勤務画像

「明日から在宅勤務で!」と言われても、自宅にWiFi環境がないとテレワークは難しいですよね。急いで準備したいけど、セキュリティが甘いものや通信速度が遅いものも嫌。当然です。

結論から言うとWiFi環境を整えたい場合には、「WiMAX」が早く準備できて通信も高速なのでおすすめです。WiMAXは申し込みから利用開始までが最短当日とすぐに使い始められて、通信速度も最新機種であれば最大1.2Gbpsと高速だからです。

ここでは在宅勤務に使うWiFiの選び方やWiFi環境のと整え方、契約時の注意点を詳しく解説します。

これで在宅勤務でWiFi環境を整えるのに、なぜWiMAXが一番おすすめなのか分かるようになり、準備もすぐにできるようになりますよ。

1.注意すべき在宅勤務(テレワーク)時WiFi(ネット)の選び方

自宅にWiFi環境を整える」といっても、どんな方法があるのか、どの方法が一番いいのかは、一番始めに押さえておきたいところです。

そこでまずはWiFi環境を作れる3つの方法と、方法別の「利用開始までに必要な時間」や「セキュリティ」、「通信速度」を確認・比較してみます。

1−1. 自宅にWiFi環境を整える3つの方法

自宅にWiFi環境を整える方法は3つあり、次の通りです。

  1. 光回線を契約しWiFi環境を構築する
  2. WiMAXやポケットWiFiなどのモバイルルーターを利用する
  3. ソフトバンクエアーを始めとしたホームルーターを利用する

それぞれにメリット・デメリットがあり、特に「準備するまでに必要な時間」や「セキュリティ」、「通信速度」は気になるところなので比較してみましょう。

1−2. WiFi環境が整うスピード(工事にかかる期間等)

まずは「申し込みから利用開始までにどのくらい掛かるのか?」からです。それぞれ利用開始までにかかる時間を比較した結果は次の通りです。

方法 利用開始までにかかる時間
①光回線 3週間~1ヶ月程度
②モバイルルーター 最短当日
③ホームルーター 最短当日

光回線は利用開始のために開通工事が必要で、予約を入れて工事を受けるまでには一般的に3週間から1ヶ月程度と、とても時間が掛かってしまいます。

これに対してモバイルルーターやホームルーターは、店舗で契約すれば完了後その場で機器を受け取ることができ、工事は不要なのでその日から使い始めることができます。

ですから利用開始を急ぎたい場合には、モバイルルーターかホームルーターがおすすめとなります。

1−3. セキュリティ

次にセキュリティの面です。「自宅でWiFiを利用する」という場面においてセキュリティは、光回線でもモバイルルーターでもホームルーターでも違いはありません。

なぜなら「どの方法でも同じ無線規格で利用できる」ためで、セキュリティは「どんな機器を使うか?」よりも「どの無線規格で使うか?」が重要だからです。

例えば光回線の場合、WiFiを飛ばすためには無線ルーターという機器が必要になり、途中までは有線LANを使うので無線通信よりもセキュリティが高いですが、結局最後に無線ルーターで電波を飛ばすため、モバイルルーターやホームルーターとセキュリティ強度は変わらなくなります

そしてどの方法でも利用する無線の規格は同じ「WPA2+AES」です。ですからどの方法でWiFiを利用する場合でも、セキュリティは変わらないのです。

1−4. 通信速度

続いて通信速度の面です。ここでは現時点でそれぞれ最も速い機器を利用した場合の最大通信速度を比較してみましょう。

速度を比較した結果は次の通りです。

方法 最大通信速度 備考
①光回線 1Gbps 1Gbps以上の機器利用の場合
②モバイルルーター 1.2Gbps WiMAX W06利用の場合
③ホームルーター 897Mbps WiMAX L02利用の場合

まず光回線の場合には、市販で1Gbps以上出る無線ルーターが売られていますが、光回線の環境が1Gbpsであれば結局最大1Gbpsとなります。

次にモバイルルーターの場合には使う機種によって通信速度は変わりますが、WiMAXの機種である「W06」が現時点で最速で、最大1.2Gbps出ます。そしてモバイルルーターも機種が複数ありますが、WiMAXの「L02」が現時点で最速で、最大897Mbps出ます。

このように通信速度で観た場合には、モバイルルーターのWiMAXが一番おすすめになります。

1−5. おすすめのWiFi(ネット回線)とは

以上のことから利用開始までに必要な時間、セキュリティ、通信速度の3つの面で比べた時、一番のおすすめは「モバイルルーターのWiMAX」になります。

モバイルルーターは工事が不要なので最短申し込み当日から利用することができ、セキュリティも他と変わりなく、そしてWiMAXの最新機種「W06」だと通信速度は最大1.2Gbps出ます。

さらにモバイルルーターは、光回線に比べて外出先でも利用でき、月額料金も安いのがメリットです。

屋内など利用場所によっては通信速度が落ちてしまったり、通信が不安定になったりすることはありますが、置き場所を調整することで快適に利用できるなど、対処方法はあります。

ですから在宅勤務になるなど急遽WiFi環境が必要になった時には、まずモバイルルーターのWiMAXを検討するのがおすすめです。

2.明日にもWiFi環境を整えたい! 3ステップで解説

ここでは急いでWiFi環境を整えるのにおすすめのWiMAXについて、利用開始までの手順を確認します。

WiMAXは利用開始までの手順がとても簡単で、全部で3ステップになっています。

2−1. 対応エリアを確認する

自分が普段よく使う場所がWiMAXのエリアに入っていないと、せっかく契約しても利用することができません。

そこでまずはよく使う場所がWiMAXの対応エリアに入っているかを、UQWiMAXサービスエリア確認ページ(https://www.uqwimax.jp/signup/area/)から確認します。

確認ページでの確認の仕方は2通りあり、「エリアをマップで確認する方法」と「エリアをピンポイントで確認する方法」です。

まずマップで確認する方法は、対応エリアかどうかをマップ上から確認でき、「おおまかに範囲に入っているか?」を見ることができます。

サービスエリア

対してピンポイントで確認する方法は、住所で検索することでその付近の戸建て住宅がエリア内かどうかをチェックすることができます。

ピンポイント

ですから住所まで分かっている場合には、ピンポイント確認の方でチェックしましょう。

2−2. WEB、電話、または店舗で申し込む

エリアに入っていることを確認したら、次に利用申し込みをします。

WiMAXの申し込み方法は「WEB」と「電話」、「店舗」の3つがありますが、急いで使い始めたい場合には店舗、2~3日待てる場合にはWEBで申し込みをしましょう。

なぜならWEBでの申し込みだけに適用されるWEB限定の割引やキャンペーンがよくあるからです。また、WEBでの申し込みは店舗にわざわざ出向く手間も省け、端末は数日待てば配送されてくるのでとても楽でおすすめです。

ただし申し込み当日からは利用できないため、特別急ぐ場合には店舗での申し込みが一番速いでしょう。

2−3. 機器が届き接続設定をすれば利用開始できる

最後に機器が届いたら、接続設定をすればすぐに使い始めることができます

パソコンもスマホも、WiFi設定から書類に記載されているSSIDとセキュリティキーを入力するだけで完了ですので、簡単ですよ。

3.WiFi(ネット回線)を契約する際の注意点

最後にWiFi契約時の注意点を3つ確認します。

3−1. 初期費用や解約金を事前に確認する

初期費用はサービスによって大きく異なり、光回線の場合には「契約事務手数料+開通工事費」が、モバイルルーターやホームルーターは「契約事務手数料+端末代+端末送料」がこれにあたります。

ただし光回線の場合に「工事費無料」のキャンペーンを、モバイルルーターやホームルーターは「端末代+端末送料」のキャンペーンを多くのサービスで行っているため、ほとんどのサービスの初期費用は契約事務手数料のみになります。

また解約金もサービスによって金額が全然違い、無料というところから数万円掛かってしまうところまでありますが、平均は1~2万円といった感じです。

ですから申し込み前には初期費用や解約金額について、工事費や端末代が発生しないか解約金は平均よりも高くないかをしっかりと確認するようにしましょう。

3−2. 評判の悪い回線

光回線、モバイルルーター、ホームルーターの3つのどれでも、評判の悪い回線サービスは存在します。

評判が悪い理由として代表的なのは「通信速度が遅い」、「サポートセンターの質が悪い」といったものですが、その他勧誘がひどいなどといったものもあり、評判が悪いと利用者が減ってサービスの質がさらに悪くなる恐れがあります。

そこで利用前には必ずサービスの評判を確認したほうがよく、ツイッターや価格.comの評価などをみて、使っている人の生の声をチェックするようにしましょう。

3−3. 契約期間

契約時には「契約期間」にも注意しましょう。契約期間は以前では「契約期間なし」と「2または3年契約」のどちらかを選べるといったように選択式が多かったのですが、現在では「契約期間なし」のプランがなくなりつつあります。

そしてサービス毎に契約期間は「2年」だったり「3年」だったりと異なります。契約期間が長いと、その分解約金なしで他社に乗り換えられるチャンスが減ってしまい、乗り換えにくくなります。

しかしWiMAXなどのインターネット回線接続サービスは、定期的に乗り換えたほうが金額的にとてもお得になっているため、お得に乗り換えられる頻度が減るということは、潜在的な損に繋がります。

ですから契約前には「契約期間」もチェックし、できるだけ契約期間の短いものを選ぶようにしましょう。

「インターネットがたくさんありすぎてわからない」そんな時は無料の相談窓口でアドバイスをもらってもいいでしょう。

無料の相談窓口については次のとおりです。

◇無料のインターネット相談窓口にお問い合わせ

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)※番号をタップするとすぐ相談出来ます
【受付時間】10:00~21:00

4.まとめ

以上在宅勤務時にWiFi環境がない場合の対処法と利用開始までの手順、契約時の注意点をまとめました。

おすすめは「WiMAX」になるのですが、そもそもWiFi環境を整備するために必要なインターネット回線接続サービスは、契約する時に高い費用が掛かってしまう場合があるため、契約は慎重に行わなければなりません。

「明日から在宅で!」などと言われると焦ってしまいがちですが、そんな時こそ落ち着いて、しっかりと調べて納得してから契約するべきです。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

光回線スタイルの関連記事

監修者:光回線スタイル編集部

光回線の業務に10年以上携わってきたプロが分かりやすくインターネット回線の仕組みを教えます。インターネット回線の比較やスマホ、格安SIMの選び方から勧誘情報等、インターネットに関する最新情報をまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*