eo光とフレッツ光を徹底比較!8つのポイントから比べた結果が話題!

最終更新日: 2017年3月4日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
vs画像

eo光は関西電力系のケイ・オプティコムが展開している光回線です。回線はNTTのものではなく、関西電力の光ファイバーを使っています。

サービス提供エリアは狭く「大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県、福井県」のみです。そして、この地域には、KDDIのauひかりのエリア外ですので、1ギガの高速回線はeo光とフレッツ光とフレッツ光系の光コラボのみとなります。

そこで今回は、このうちの2社を徹底的に比較してみようと思います。

1.eo光とフレッツ光徹底比較!

それでは、早速8つのポイントから徹底比較をしてみようと思います。

1−1.eo光とフレッツ光料金を比較

料金について比較してみようと思います。

<戸建て・月額料金>
 項目  eo光  フレッツ光
 基本料  4,953円  5,400円
 新スパースタート割  -2,000円  なし
 Web光もっと2割  なし  -1,590円
 プロバイダ料  プロバイダ込み  500~1,000円
 ネットだけの合計  2,953円  4,310~4,810円
 光電話  286円  500円
光電話込み 3,239円 4,810~5,310円

 

<マンション・月額料金>
  eo光    フレッツ光
 項目  ミニ  プラン1  プラン2
 基本料  3,524円  4,500円  3,700円  3,200円
新スーパー
スタート割
 1,000円    なし
 Web光もっと2割  なし  -1,080円  -770円  670円
 プロバイダ料  プロバイダ込み    500~1,000円
 ネットだけの合計  2,524円 3,920~
4,420円
3,430~
3,930円
3,030~
3,530円
 光電話  286円 500円
光電話込み 2,810円 4,420円 3,930~
4,430円
3,530~
4,030円

初期費用料金eo光の方がお安いですね。

1−2.評判はどう!?

eo光の評判は高く、2015年のプロードバンドアワードのベストキャリアとサポートの部で最優秀賞を受賞しています。地域密着型で地元の人達に愛されている事業者ですね。

eo光

(参考URL http://www.rbbtoday.com/feature/award2015/

フレッツ光は、全国規模の光回線ですので、評判も良く、日本のインターネットのデファクトスタンダードになっています。

1−3.セキュリティ

eo光には、月額420円「ウイルスバスター マルチデバイス 月額版 for eo」が用意されています。この「ウイルスバスター マルチデバイス 月額版 for eo」は、Windows、Mac、androidに対応しており、1ライセンスで3台まで利用できます。

フレッツ光には、プロバイダが用意したセキュリティサービスの他、NTT西日本でも月額190円で「セキュリティ機能見張り番」が用意されています。「セキュリティ機能見張り番」はWindowsにのみ対応しています。

1−4.窓口対応

eo光のサポートも評判が高く、先ほどお話しした2015年のプロードバンドアワードでは、サポートの部で最優秀賞を受賞しています。また、電話サポートは年中無休で24時間対応ですので、安心ですね。フレッツ光は、年中無休で、9:00~21:00まで受け付けています。窓口対応では24時間対応のeo光の方が充実していますね。

1−5.速度は重要!

eo光の通信速度については、遅いという評判も多数ありました。しかし、YouTubeの情報によると「地域別メンテナンス」の実施後は通信速度が劇的に速くなるようです。

(参考URL https://www.youtube.com/watch?v=OoTvVVDnrdQ&t=333s

フレッツ光の設備増強もしっかりやっており、回線自体の通信速度は速いのですが、プロバイダにより通信速度が落ちる場合があります。

ですので、フレッツ光ではプロバイダ選びが重要ですね。

1−6.スマホ割は!?

eo光には、光電話加入(月額286円)を条件に、auスマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用できます。この「auスマートバリュー」とは、スマホの料金が月額最大2,000円割引となり、本人だけではなく家族も割引対象(最大10回線まで割引可能)となっていますので、大家族なほどお得になっていきます。auスマホのユーザーにとっては大変お得ですね。

フレッツ光には、スマホとのセット割はありません。

1−7.キャンペーンやキャッシュバック!

eo光では、公式キャンペーンとして、戸建で最大15,000円、マンションで5,000円、さらに「auスマートバリュー」も併せて申し込むと、戸建で最大20,000円、マンションで最大10,000円のキャッシュバックを貰えます。

(参考URL http://eonet.jp/go/home/campaign_net.html

また、価格.comでは、戸建、マンションともに16,000円のキャッシュバックを実施しています。

(参考URL http://kakaku.com/bb/providerview/providerview.asp?bb_pagetype=2&bb_provider=84&bb_pref=27&bb_linetypeCD=1&bb_ftthipphone=13001

フレッツ光では、公式キャンペーンは実施されていませんが、プロバイダ独自のキャッシュバックを受けられる場合があります。

また、販売代理店では、法人、SOHO、個人事業主で利用している場合68,000円と高額なキャッシュバックが貰えるのですが、個人契約の場合、9,000円とキャッシュバック金額が大幅に下がってしまいます。

(参考URL http://www.bb-navi.jp/west_campaign/flets_yahoo.html

1−8.違約金比較

eo光の違約金については次のとおりです。

<eo光の解約金>
1年未満での解約 28,704円
1年以上2年未満での解約 14,064円

フレッツ光の違約金は、次のとおりです。

<フレッツ光・戸建プランでの違約金>

 フレッツ光・戸建プランでの違約金

これ以外にもプロバイダの違約金が発生する場合があります。

※eo光の記事について
eo光の評判の知識が知りたい方は
eo光の評判が最悪?速度や料金など7つのポイントから評価した結果』 を確認しよう。

2. 8つのポイントから検証

以上8つのポイントからeo光とフレッツ光を比較してみましたが、どちらも魅力的な光回線ですね。特に、eo光の地元での評価はとても高く、プロードバンドアワードの受賞歴も多く、地域に根ざした人気のある事業者です。サポートも年中無休24時間対応は嬉しいですね。

フレッツ光は、初期費用や料金は少々お高いですが、プロバイダが自由に選べることと、セキュリティの料金が190円と激安なところが魅力ですね。しかも、日本全国どこにでもサービスを提供しており、転勤や引越の多い方には大きな魅力ですね。また、NTTは日本を代表する通信会社ですので、通信品質も折り紙つきで安心です。

2−1. eo光がおすすめな人は

eo光の場合、初期費用がかからないことと、利用料がお安いことが魅力ですね。それと、auスマホのユーザーにとっては、スマホとのセット割「auスマートバリュー」が大変お得でおすすめです。

一方、サービス提供エリアが狭いため、東京など全国規模で転勤をする方には、解約が必要となり違約金もかかってしまいますので、あまりおすすめできないですね。

2−2. フレッツ光がおすすめな人は

フレッツ光の場合は、初期費用も料金も少々お高いですが、プロバイダが自由に選べますので、このメリットは大きいですね。そして、転勤族の方でも、日本全国どこにでもフレッツ光はありますので、解約せずに転勤・引越ができるところも大きな魅力です。

↓こちらの記事もおすすめです!

PC初心者でも簡単!eo光の3つの障害対策と回避方法!

3.まとめ

eo光もフレッツ光も人気、評判ともに高い事業者ですので、どちらを選んでも安心なのですが、今回は、この2社を徹底比較してみました。結果として、サービス内容や料金など多くの違いがありましたね。光回線選びの参考になれば嬉しいです。

なお、フレッツ光には、フレッツ光回線とプロバイダが一体となった、光コラボもありますが、NTT西日本のフレッツ光とほぼ同じ価格帯で、ほとんどの事業者がプロバイダ固定型ですので、同じ価格帯ならば、プロバイダ選択の自由度があるフレッツ光がおすすめですね。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。