【新生活】単身赴任に超おすすめインターネット回線4選!

新生活 インターネット 単身赴任 おすすめ 

単身赴任で新生活を始める場合、手続きや準備がいろいろとあるので大変ですが、忘れてはならないのが「インターネット回線の準備」です。

どのインターネット回線サービスを使うのかを早めに決めておかないと、工事待ちで時間がかかったり、決めた後で損をしたことに気づいたりする可能性があります。

しかし、単身赴任で新生活を始める人は、インターネット回線をどのように選べばいいのでしょうか?

結論から言うと単身赴任の方におすすめのインターネット回線の選び方は、まず使い方や予算でネット回線の種類を決めたあと、月額費用や解約費用をチェックしながら、ここで紹介するおすすめのサービスから選択するとよいです。

ここでは、回線別の特徴と単身赴任の方におすすめの回線の紹介、契約時の注意点を解説します。

転勤の可能性があるビジネスパーソンにとっては必読ですよ!

1.インターネット回線はまず種類で絞る

自分に一番合ったインターネット回線を選ぶためには、初めに種類で絞ると分かりやすくて確実です。

そこで、まずは回線別の特徴とおすすめな人を見てみましょう。

1−1. 光回線

光回線は、光信号でデータを送受信する通信回線です。光ファイバーを自宅まで引き込んで使うため、回線の種類の中で最も速度が高速で、安定した通信が可能です。

そのため光回線を選んだほうがいいのは、次のような人です。

1−1−1.オンラインゲームが好きな人

オンラインゲームでは、応答速度(Ping値)や安定性が高くないと、キャラクターや攻撃がワープしたりしてストレスが溜まってしまいます。

光回線は、通信が安定していてPing値(応答速度)も最も良いため、ゲーム好きな人におすすめです。

1−1−2.高画質の動画をよく見る人

You TubeやNetflixなどで高画質の動画をよく見る人も、光回線がおすすめです。

高画質動画は、通信速度が速くないと、しょっちゅうクルクル回って全然楽しめません。

また、他の回線では通信料制限があったりしますが、光回線は通信制限がなく使い放題です。

1−1−3.サイトやSNSの更新をよくする人

光回線は、他の回線に比べてダウンロードだけでなくアップロードも高速なため、サイトやSNSの更新をよくする人にもおすすめになります。

また、クラウドにデータ量の大きいものをよく保存する、使うといった場合にも、光回線を使ったほうがいいでしょう。

1−2.据え置き型Wi-Fiルーター

据え置き型Wi-Fiルーターは、開通工事の必要なく電源を入れるだけでモバイル回線を使ってインターネットを利用できるサービスです。

持ち運びはできませんが、持ち運びができるポケットWi-Fiよりも高性能で使い放題です。

そのため据え置き型Wi-Fiルーターを選んだほうがいいのは、次のような人です。

1−2−1.初期費用・解約費用を安く収めたい人

据え置き型Wi-Fiルーターは開通工事費が不要なため、初期費用を安く抑えることができます。

また、光回線には「工事費無料」なものもありますが、実は使い始めただけで全額無料にはならず、分割払いと同額を毎月割引するので、一定期間経過前に解約すると「工事費の残債」を請求されてしまいます。

据え置き型Wi-Fiルーターは工事費自体がかからないので、いつ解約しても工事費の残債は発生しません。

ただし、サービスによっては解約違約金や本体代の残債が発生することに注意してください。

1−2−2.転勤・引っ越しが多くネットをたくさん使う人

据え置き型Wi-Fiルーターは、転勤・引っ越しが多い人にもおすすめです。

光回線は回線を自宅まで引っ張る必要があるため、都度工事費がかかってしまうのですが、転勤・据え置き型Wi-Fiルーターは工事の必要がなく、住所変更手続きをするだけでOKだからです。

また、据え置き型Wi-Fiルーターは基本的に「使い放題」なので、引っ越しは多いがネットをよく使うといった人は、向いています。

1−3.モバイルWi-Fiルーター

モバイルWi-Fiルーターは、バッテリー内蔵の小型のルーターを持ち歩くことでモバイル回線を使ってインターネットができるサービスです。

モバイルWi-Fiルーターの大きさはコンパクトで、ポケットに収まるサイズです。

そのためモバイルWi-Fiルーターを選んだほうがいいのは、次のような人です。

1−3−1.月額料金を安く収めたい人

モバイルWi-Fiルーターは、光回線などよりも月額料金が安いので、ネットにかかる料金を安く収めたい人に向いています。

また、モバイルWi-Fiルーターは開通工事費もなく、サービスによってはルーター本体代が無料なところもあります。

全体的に一番費用を抑えられるのは、モバイルWi-Fiルーターなのです。

1−3−2.外出先でよくネットを使う人

外出先でよくネットを使う人も、モバイルWi-Fiルーターを検討したほうがいいでしょう。

スマホなどで決められたデータ量を超える場合、追加費用を払うよりも最初からモバイルWi-Fiルーターを使っていたほうが安くなる場合があります。

1−3−3.引っ越しが多くネットはほどほどの人

引っ越しが多くてネットはコアには使わない、といった人もモバイルWi-Fiルーターがいいかもしれません。

モバイルルーターは引っ越しをしても追加費用が掛からず、工事費残債も発生しません。

ただし、据え置き型Wi-Fiルーターは使い放題なのに対して、モバイルルーターは通信量制限があるため、ネットはほどほどという人が向いています。

2. 【種類別】単身赴任におすすめのインターネット回線

次に、単身赴任の方におすすめのインターネット回線を紹介します。

2−1.光回線のおすすめは4社

単身赴任の方におすすめの光回線は、「ドコモ光」、「ぷらら光」、「ソフトバンク光」、「エキサイトMEC」です。

2−1−1.ドコモ光

ドコモ光

ドコモ光は、スマホで有名なNTTドコモが展開している光回線です。

ドコモ光の料金・工事費・契約期間・契約事務手数料・解約金は、次のとおりです。

<料金・工事費・契約期間・契約事務手数料・解約金>

一戸建てマンション
月額料金5,720円~4,400円~
工事費22,000円

→キャンペーンにて工事費一括0円

契約期間2年・自動更新2年・自動更新
契約事務手数料3,300円3,300円
解約金2022年7月〜契約者5,500円

〜2022年6月30日契約者 14,300円

2022年7月〜契約者5,500円

〜2022年6月30日契約者 8,800円

ドコモ光の最大の魅力は、「ドコモ光セット割」です。

ドコモスマホのユーザーなら、スマホとのセット割「ドコモ光セット割」が適用でき、1電話回線当たり毎月最大1,100円が家族も含めて割引になります。

ドコモスマホユーザーは特に、ドコモ光を検討しましょう。

2−1−2.ぷらら光

ぷらら光

ぷらら光は、「ひかりTV」を運営しているNTTぷららが展開している光回線です。

ぷらら光の料金・工事費・契約期間・契約事務手数料・解約金は、次のとおりです。

<料金・工事費・契約期間・契約事務手数料・解約金>

一戸建てマンション
月額料金5,280円3,960円
工事費19,800円16,500円
契約期間なしなし
契約事務手数料0円0円
解約金0円0円

ぷらら光の一番の魅力は、「ひかりTVがセット割で月990円から見られる」ことです。

WOWOWや映画専門チャンネルなど、たくさんの番組を視聴することができます。

また、最低利用期間も解約金もないことも、ぷらら光の魅力の一つです。他社では10,000円前後かかってしまうので、単身赴任の人におすすめです。

2−1−3.ソフトバンク光

ソフトバンク光ソフトバンク光は、スマホ大手3キャリアの一つであるソフトバンクが展開している光回線サービスです。

ソフトバンク光の料金・工事費・契約期間・契約事務手数料・解約金は、次のとおりです。

<料金・工事費・契約期間・契約事務手数料・解約金>

一戸建てマンション
月額料金5,720円4,180円
工事費31,680円26,400円
契約期間2年・自動更新2年・自動更新
契約事務手数料3,300円3,300円
解約金2022年7月〜契約者5,720円

〜2022年6月30日契約者 10,450円

2022年7月〜契約者4,180円

〜2022年6月30日契約者 10,450円

ソフトバンク光の最大の魅力は、「おうち割 光セット」です。

ソフトバンクスマホのユーザーなら、スマホとのセット割「おうち割 光セット」が適用でき、1電話回線当たり毎月最大1,100円が家族も含めて割引になります。

また、初めてソフトバンク光を利用する方は、「工事費サポートはじめて割」が適用でき、工事費26,400円が実質無料になります。

ソフトバンクスマホユーザーは特に、ソフトバンク光を検討しましょう。

2−1−4.エキサイトMEC

エキサイトMEC

エキサイトMEC光は、激安インターネットで有名なエキサイト光を運営しているエキサイト(株)が展開している光回線です。

エキサイトMEC光の料金・工事費・契約期間・契約事務手数料・解約金は、次のとおりです。

<料金・工事費・契約期間・契約事務手数料・解約金>

一戸建てマンション
月額料金4,950円3,850円
工事費19,800円16,500円
契約期間なしなし
契約事務手数料0円0円
解約金0円0円

エキサイトMEC光は、激安な料金が特徴です。

月額料金は他社よりも安く、契約期間や解約金もありません。

光回線で費用をより抑えたい方は、エキサイトMEC光を検討するとよいでしょう。

2−2.据え置き型Wi-Fiルーターのおすすめは3社

単身赴任の方におすすめの据え置き型Wi-Fiルーターは、「ソフトバンクエアー」、「ドコモhome5G」、「auホームルータ5G」です。

2−2−1.ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーは、据え置き型Wi-Fiルーターでは最も普及しているサービスで、スマホ大手3キャリアのソフトバンクが展開している据え置き型Wi-Fiルーターサービスです。

通信速度も最新の「Airターミナル5」では、下り最大2.1Gbpsと超高速です。

Airターミナル5は本体を分割払いで購入する必要があり、料金は次のとおりです。

<ソフトバンクエアーの料金(Airターミナル5の場合)>

Airターミナル5
分割払い
月額料金5,368円
端末代金1,980円×36回
端末割引-1,980円×36回
契約期間なし
契約事務手数料3,300円
解約金0円

ソフトバンクエアーの魅力の一つは、「おうち割 光セット」です。

ソフトバンクスマホのユーザーなら、スマホとのセット割「おうち割 光セット」が適用でき、1電話回線当たり毎月最大1,100円が家族も含めて割引になります。

また、解約金が無料なことも魅力の一つです。ただし、36か月経過前に解約すると「本体代の残債」が発生することに注意です。

ソフトバンクスマホユーザーは特に、ソフトバンクエアーを検討しましょう。

2−2−2.ドコモhome5G

ドコモhome5G

ドコモhome5Gは、ドコモが展開する5G対応の据え置き型Wi-Fiルーターサービスです。

こちらも通信速度は超高速で、5G対応エリア内であれば下り最大4.2Gbpsとなっています。

ドコモhome5Gも本体を分割払いで購入する必要があり、料金は次のとおりです。

<ドコモhome5Gの料金>

ドコモhome5G
分割払い
月額料金4,950円
端末代金1,100円×36回
端末割引-1,100円×36回
契約期間なし
契約事務手数料3,300円
解約金0円

ドコモhome5Gの魅力の一つは、「ドコモ光セット割」です。

ドコモスマホのユーザーなら、スマホとのセット割「ドコモ光セット割」が適用でき、1電話回線当たり毎月最大1,100円が家族も含めて割引になります。

また、こちらも解約金が無料です。ただし、36か月経過前に解約すると「本体代の残債」が発生することに注意です。

ドコモスマホユーザーは特に、ドコモhome5Gを検討しましょう。

2−2−3.auホームルータ5G

auホームルータ5G

auホームルータ5Gは、CMなどで有名な3大キャリアの一つauが提供する据え置き型Wi-Fiルーターサービスです。

こちらも超高速通信で、5G対応エリア内であれば下り最大2.7Gbpsです。

auホームルータ5Gも本体を分割払いで購入する必要があり、料金は次のとおりです。

<auホームルータ5Gの料金>

auホームルータ5G
分割払い
月額料金4,950円
端末代金1,100円×36回
端末割引-1,100円×36回
契約期間なし
契約事務手数料3,300円
解約金0円

auホームルータ5Gの魅力の一つは、「auスマートバリュー」です。

auスマホのユーザーなら、スマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用でき、1電話回線当たり毎月最大1,100円が家族も含めて割引になります。

また、こちらも解約金が無料です。ただし、36か月経過前に解約すると「本体代の残債」が発生することに注意です。

auスマホユーザーは特に、auホームルータ5Gを検討しましょう。

2-3. モバイルWi-Fiルーターのおすすめは7社

モバイルWi-F-ルーターのおすすめは、7社あります。

モバイルWi-Fiルーターの料金などは、次のとおりです。

<モバイルWi-Fiルーターの料金など>

ブランド月額料金契約期間解約金速度制限

UQ・WiMAX

UQ・WiMAX

4,950円なし0円一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合に発生

GMO とくとくBB WiMAX

GMO
とくとくBB
WiMAX

4,444円3年
自動更新
~12ヶ月目:20,900円
~24ヶ月目:15,400円
25ヶ月目以降:10,450円

ワイモバイル

ワイモバイル

4,066円なし0円
ただし機器残債一括請求
3日間で約10GB以上利用時: 128kbps

FUJI Wi-Fi

FUJI Wi-Fi

2,280円~6ヶ月4,800円プランごとの容量を超えた場合: 128kbps

どんなときもWi-Fi

どんなときもWi-Fi

330円/日~なし0円

THE Wi-Fi

THE Wi-Fi

3,828円2年自動更新なし10,780円

限界突破Wi-Fi

限界突破Wi-Fi

3,850円2年自動更新なし~24ヶ月目:19,800円
25ヶ月目以降: 5,500円
10GB/日を超えた場合: 128kbps

モバイルWi-Fiルーターはバリエーションが豊富で、どんなときもWi-Fiのように1日単位から使えるものもあれば、FUJI Wi-Fiのように契約期間の短いもの、UQ WiMAXのように解約金のないものなどがあります。

ネットの使い方や使用量などに応じて柔軟にサービスを選べるのも、モバイルWi-Fiルーターの魅力ですね。

3−4. ◇無料のインターネット相談窓口にお問い合わせ

これまでできるだけ分かりやすく、単身赴任の方におすすめのインターネット回線を解説してきました。

しかし一方で、やはり悩む方もいるでしょう。

「自分に本当にあったインターネット回線を知りたい」、「契約してから後悔したくない」といった場合には、無料のネット相談窓口に相談してみましょう。

無料の相談窓口は、次のとおりです。

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)※番号をタップするとすぐ相談出来ます
【受付時間】10:00~21:00

こちらのサービスでは、無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれますよ。

3.単身赴任向けインターネット契約時の注意点

最後に、単身赴任の方向けのインターネット契約時の注意点をまとめてみました。

3−1.まずは使い方をイメージする

選ぶインターネット回線は、仕事内容や趣味などで変わります。

例えば自宅でも仕事をする人の場合、仕事上のデータをVPNやクラウドを使ってやりとりするため、通信が高速で安定している光回線がイチオシになります。

一方、すぐに引っ越しをするかもしれない、工事を待っていられないがデータ量は気にしたくないといった場合は、据え置き型Wi-Fiルーターがいいでしょう。

そして、外出時にちょっとネット検索をする程度でしたら、モバイルWi-Fiルーターで十分です。

このように、インターネット回線は「その人の使い方」で選ぶのが賢い方法です。

3−2.解約費用もチェックする

単身赴任の方は特に、解約費用もしっかりとチェックしておきましょう。

例えば、光回線は解約違約金の他に「工事費の残債」を請求される場合があります。

「工事費の残債」は、分割で支払っている工事費を支払い終わっていないと発生する費用です。

反対に、据え置き型・モバイルWi-Fiルーターは、工事費残債は発生しませんが、「本体代の残債」が発生する場合があります。

こちらも、本体代の分割払いが終了していないと発生しますが、そもそも本体代無料のサービスもありますので、この点のチェックは重要です。

特に単身赴任の方は引っ越しの頻度が多めです。据え置き型・モバイルWi-Fiルーターは、引っ越しで解約する必要はありませんが、光回線はエリアによって解約・新規契約が必要なので、この点も踏まえて選びましょう。

3−3.月額料金とのバランスもチェック

単身赴任の場合、家族も含めて家計を気にする必要があります。

そのため、毎月の固定支出となるインターネット回線の月額料金は、家計上とても重要です。

月額料金の安さで考えると、光回線は「エキサイトMEC光」、据え置き型ルーターは「ドコモ」か「au」、モバイルルーターは「FUJI Wi-Fi」といったところがおすすめです。

利用目的も踏まえて、最適なインターネット回線を選んでみましょう。

3−4. ◇無料のインターネット相談窓口にお問い合わせ

こちらのサービスでは、無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)※番号をタップするとすぐ相談出来ます
【受付時間】10:00~21:00

使い方や必要な速度、支払える回付の上限などを使えると、一番合ったサービスを教えてくれますよ。

3.まとめ

以上、単身赴任の方におすすめのインターネット回線について解説しました。どのインターネット回線にも、一長一短があります

光回線

→ 通信品質が最高(高速+安定)
→ 引っ越し時に解約費用(解約金+工事費残債)がある

据え置き型Wi-Fiルーター

→ モバイル回線では通信品質が最高で通信速度制限が基本的にない
→ 月額料金が割高

モバイルWi-Fiルーター

→ どこにでも持ち運ぶことができる
→ 通信速度制限がかかる場合がある

これらの特徴から自分にとって最適なインターネット回線を選んで、充実したネット環境の中で単身赴任ライフを送りましょう!

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

光回線スタイルの関連記事

監修者:光回線スタイル編集部

光回線の業務に10年以上携わってきたプロが分かりやすくインターネット回線の仕組みを教えます。インターネット回線の比較やスマホ、格安SIMの選び方から勧誘情報等、インターネットに関する最新情報をまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

SNSでもご購読できます。

光回線スタイル