【勧誘がやばい?】manoma(マノマ)の評判と口コミや料金、サービスまとめ!

最終更新日: 2019年6月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
manoma(マノマ)画像

最近、IoTという言葉をよく耳にしますが、実際にIoTが自分の生活にどのように役に立つのかという疑問を感じた人もいるかと思います。実際、メジャーなスマートスピーカーの「AmazonEcho」や「Googlehome」を使っても、音楽再生や照明のオン・オフしか使っていないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、IoTと生活に直結する外部サービスを連携して、生活を豊かにするmanoma(マノマ)というインターネット回線についてお話しようと思います。IoTについて気になっている人にとって、本記事は必読ですよ!

インターネットの勧誘や光コラボの転用でお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

 1.manoma(マノマ)とは?

31201

manoma(マノマ)とは、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供するスマートホームを実現するためのツール・サービス群です。

具体的には、

  • スマホで外から宅内の家電を操作が出来る
  • コミュニケーションカメラとAIが「非常時」と判断した場合に警備会社を呼ぶことが出来る
  • スマホで外から玄関の鍵を開けて家事代行サービスを簡単に呼べる
  • スマホで子供が何処にいるのか位置確認が出来る

などが可能になります。

このように、スマホとアプリといくつかの機器や対応サービスをインターネットで繋いで、便利で安全なスマートライフを実現出来ます。なお、運営会社のソニーネットワークコミュニケーションズは、インターネットのSo-netやNURO光も運営しています。

1—1. manomaの料金詳細とサービスまとめ

manoma(マノマ)の料金とサービス内容については、次のとおりです。

<manoma(マノマ)の料金>

プラン 月額料金 サービス内容
エントリープラン 7,786

3,880円~

  • 家族の在宅状況がアプリでわかる
  • 使い放題の高速インターネットで快適ネット生活
シンプルプラン 8,328

3,980円~

  • カメラを通した外出先からの見守り
  • 使い放題の高速インターネットで
  • 快適ネット生活
  • 人感センサーによる侵入者検知が可能
ベーシックプラン 8,010

2,980円~

  • 窓の戸締まりをアプリで確認出来る
  • 外出中の侵入者を検知して警告音・アプリ通知
  • カメラを通した外出先からの見守り
  • スマートタグによる帰宅お知らせ
アドバンスプラン 9,079

3,980円

  • カメラを通した外出先からの見守り
  • スマートタグによる帰宅お知らせ
  • 外出先からの鍵の解施錠
  • 立会不要で家ナカサービス(家事代行など)

また、シンプルプランとエントリープランには使い放題のインターネットが標準装備になっていて月額料金4,000円弱ですので、インターネット回線としても魅力がありますね。

なお、このインターンネット回線は、自社で運営している格安SIMブランドの「nuroモバイル Home Wi-Fi (M)」というもので、NTTドコモのモバイル回線を使った据え置き型のWi-Fiルーターで、ソフトバンクの「ソフトバンクエアー」やauの「auスマートポート」と同じようなものですね。

1−2.manomaを利用して出来ること

manoma(マノマ)を利用して出来ることについて、具体的にお話していこうと思います。

1−2−1.スマートホーム

家電を自動で制御したり、スマホから遠隔操作したり出来ます。これにより、例えば「帰宅途中にスマホから遠隔操作でエアコンをオンにして、自宅に着く頃には部屋を快適な温度にしておく」など生活の質がワンランクUPするほど便利ですね。

また、manoma(マノマ)はAmazonのAlexa機能を搭載していますので、音声による家電操作も出来ますので、「アレクサ、電気をつけて」と言えば部屋の照明がオンにすることが出来ますので、室内にいても快適ですね。

1−2−2.セキュリティ

人感センサーを内蔵したコミュニケーションカメラなどにより、家族の在宅状況をスマホなどで外から確認することが出来ます。

31202

また、セコムのオプションを利用することにより、コミュニケーションカメラが「異常時」と判断した場合には、セコムの駆けつけ要請サービスを利用出来ますので、セキュアな生活をおくることが出来ます。

1−2−3.家ナカサービスを簡単に使える

manoma(マノマ)には、スマートドアロックに対応していますので、スマホを使って外から自宅のカギを開けたり閉めたりすることが出来ます。これにより、合鍵を用意することも不要で、家族の留守中にも家事代行などのサービス事業者に自宅に訪問してもらい簡単で安全にサービスを利用することが出来ます。

manoma(マノマ)では、2019年6月時点で次のサービス事業者と連携していますので、目的に応じて利用してみるのも良いですね。

 

  • ダスキンメリーメイド(家事代行)

31203

  • ベアーズ(家事代行)

31204

  • おそうじ本舗(ハウスクリーニング)

31205

  • 麻布ペット(ペットシッター)

31206

1−2−4.インターネット使い放題

自宅にインターネット環境がなくても、パケット使い放題のホームWi-Fi「nuroモバイル Home Wi-Fi (M)」が利用出来ます。この「nuroモバイル Home Wi-Fi (M)」はモバイル回線(スマホの電波)を使っていますので、有線のインターネットのような面倒な開設工事も不要で、機器をコンセントに繋ぐだけで簡単にインターネットに繋がります。

そして、エントリープラン(月額3,880円)とシンプルプラン(月額3,980円)には、この「nuroモバイル Home Wi-Fi (M)」が標準搭載になっていますのでお得ですね。また、ベーシックプラン(月額2,980円)やアドバンスプラン(月額3,980円)でも月額2,000円(通常料金4,880円)の格安料金で使い放題の「nuroモバイル Home Wi-Fi (M)」を利用することが出来ます。

1−3. 気になる!manomaの速度を検証!

先に紹介しました使い放題のインターネット「nuroモバイル Home Wi-Fi (M)」の通信速度は、下り370Mbps、上り50Mbpsと光回線ほどではありませんが、普通にインターネットを楽しむのには十分な速度です。しかし、これは規格上の最高通信速度で、実際にこの速度が出るわけではありません。実際には回線の混雑具合や電波の届きが弱いなどの原因により、速度が遅くなります。

では、実際の速度はどれくらい出るのでしょうか?

ネット上の情報を調べてみました。

31207

(URL https://twitter.com/tocktm/status/1134051224133591041

1Mbpsを下回っていますので、この速度ではWEB閲覧も厳しいかもしれませんね。

31208

(URL https://twitter.com/jintan1213/status/1132519250252328961

下りで実測7.75Mbps、上りだと22.7Mbpsも出ています。これだけ出ていればYouTubeのHD画質でも問題なく視聴出来ますね。

31209

(URL https://twitter.com/honeyflag/status/1131569577874214912

18~22時に速度低下が起きているようですね。やはり、この時間帯はインターネットの利用者も多くなり、回線の混雑で速度が落ちるのかもしれませんね。

このように、実際の速度は混雑がない時間帯ならば、下りで7Mbps程度は出るようですね。

1−4.今までのネットとどう違うの?!

今までのネットは、割引重視という傾向があります。例えば、スマホやSIMとのセット割が典型で、これ以外にも動画配信サービスが割引になったり、自社サービスと組み合わせて割引になったりする、といった割引・お得路線がメインです。もちろん、これはこれでお得になりますし、ユーザーにとっても利益が多いので、メインストリームになって当然です。しかし、manoma(マノマ)の場合、IoTを積極的に押し出している点が今までのネットと大きく違っています。

31210

通常、IoTを自宅に導入する場合、AmazonEchoやGooglehomeなどのスマートスピーカーを買い、スマートコンセントやスマートリモコン、そしてスマートドアロックなどのデバイスを単品購入する必要がありました。これには、各デバイスについての知識が必要で、実際のところ、一種のマニアしか導入することが出来ず、「IoTって何?」という人が殆どでした。

manoma(マノマ)は、インターネット環境と対応デバイス、そしてデバイスを利用するためのアプリを一括提供しています。これにより、一般の人たちにライフスタイルを一変する程便利なIoT環境を安価で簡単に手に入れることが出来るようになりました。ここが、インターネット環境のみを提供している今までのネットとmanoma(マノマ)との大きな違いです。

2. manoma(マノマ)の評判と口コミを調査

それでは、manoma(マノマ)の評判と口コミについて見ていこうと思います。

2−1. ツイッター等のSnsの評判は?

Twitterでは次のような評判が挙がっていました。

31211

(URL https://twitter.com/konyaippai/status/1091377459272941573

「生活を快適にするサービス」として絶賛していますね。実際にIoTの素晴らしさに感激しているようです。

31213

(URL https://twitter.com/jacknel/status/1093659575918579714

こちらは慎重な意見ですね。確かにハッキングされたら困りますよね。新しい技術には必ずついてくる課題かもしれませんね。

2−2. 実際の利用者の口コミ

実際にmanoma(マノマ)を体験した人の口コミが挙がっていました。

31214

(URL https://twitter.com/Huris056/status/1111801331356860416

大変驚いているようですね。「起きて呼吸するだけの生活」「家事ゼロ」!仕事などで忙しい人にとっては最適なサービスかもしれませんね。

31215

(URL https://twitter.com/gizmodojapan/status/1109002656956051456

こちらは快適すぎて「人をダメにする」とありますね。スマートホームは便利すぎて人をダメにしてしまうという警鐘を鳴らしているようですね。

31216

(URL https://twitter.com/Satoris2015/status/1109055272096399360

こちらは、「家事ゼロ生活」が最高と感じているようですね。確かに、普通に家事代行サービスを普通に申し込むには、敷居の高さというものが存在していますが、manoma(マノマ)ならば普通に家事代行サービスを利用出来て、実際に利用してみると、驚くほど便利なのかもしれませんね。

3. manoma(マノマ)から勧誘がきたら!?契約していい?!

manoma(マノマ)自体のサービスは評判の良いものでした。しかし、これは、自分の意志で使ってみた場合のものです。manoma(マノマ)には多数の販売代理店があり、説明不足の勧誘が行われているようです。

これは、「jpnumber」という電話番号についての情報サイトですが、manoma(マノマ)の代理店からかかってくる勧誘電話の生々しい感想が挙がっていました。

31217

(参考URL https://www.jpnumber.com/freedial/numberinfo_0120_924_230.html

31218

クレジットカードの情報を電話口でmanoma(マノマ)の販売代理店に言わなくてはならず、怪しく思い断っているようですね。

31219

こちらは、「NURO光の料金が安くなる」という釣り文句で勧誘しているようです。さらに、クレジットカードのパスワードを要求しているようで、怪しくて断ったみたいですね。

このように、販売代理店の勧誘電話からmanoma(マノマ)を申し込むには大きな不安があるようですので、即決で契約するのはおすすめできませんね。

検討している、本当に契約していいのか不安な方は問い合わせ窓口に電話をかけて詳しい情報を知りましょう。インターネットの相談窓口等でアドバイスをもらってから契約をしたほうがいいかもしれません。

無料の相談窓口については次のとおりです。

◇無料のインターネット相談窓口にお問い合わせ

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)※番号をタップするとすぐ相談出来ます
【受付時間】10:00~21:00

4. manoma(マノマ)がおすすめなのはこんな人!

悪い意味でも良い意味でも便利すぎて「人をダメにする」レベルのmanoma(マノマ)。

おすすめな人は、
「仕事などでとにかく忙しい人」
ですね。

人間、自分で出来ることには限界があります。そのような生活には、やはり生活支援が必要かもしれません。IoTや連携している家事代行やホームクリーニングなどの生活支援サービスがあると「自分の時間」を作ることが出来ます。

人間、このような「自分の時間」がないと厳しいライフスタイルになってしまいがちですよね。「自分の時間」のためにIoTと家ナカサービスを利用するということは、厳しい現代社会で生き抜くことにおいて「あり」な選択ですよね。

◇無料のインターネット相談窓口にお問い合わせ

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)※番号をタップするとすぐ相談出来ます
【受付時間】10:00~21:00

5.manomaのデメリットも抑えておこう!

manoma(マノマ)のデメリットについても、お話しておきますね。

まずは、インターネット環境が常に必要になります。家電をスマホで遠隔操作するためにmanoma(マノマ)はインターネット使っています。ですので、自宅もスマホもインターネット環境が必須位です。ネットがないとIoTは機能しないので注意が必要です。しかし、manoma(マノマ)では、自社が運営する格安SIMのホームWi-Fiサービス「nuroモバイル Home Wi-Fi (M)」がありますので安心です。

次に、利用するために工事の立ち会いが必要になります。機器の設置や設定のために、必要な工事で、工事は2時間ほどで終わります。

最後に、支払い方法はクレジットカードのみなので、口座振込や請求書支払いは利用出来ません。しかも、デビットカードも利用出来ませんので注意が必要ですね。

6.まとめ

生活を豊かで便利にするインターネット回線manoma(マノマ)ですが、一部問題も見えてきました。しかし、生活を一変するほどの便利なサービスですので、特に仕事などで忙しい人にとってはどんぴしゃなサービスです。

今までIoTの魅力について興味がなかった人でも、この便利さを体験したらハマってしまうかもしれませんね。今の世の中、このように大変便利なインターネット回線サービスも存在していますので、本記事により、あなたの一助になれたなら、大変嬉しく思います。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

光回線スタイル