VEGA光の評判と口コミは?違約金やメリットデメリット詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
vega光評判画像

「会社のインターネットはどのサービスにすればいいんだろう?」って迷っていませんか?

VEGA光はコストパフォーマンスと高速・高品質、管理の簡素化をセールスポイントにしている法人向けの光回線サービスです

しかし正直なところ、VEGA光って聞いたことがないっていう人は結構いると思います。

評判や口コミはどうなんだろう…。料金は?解約金は??

結論から言うと、VEGA光は電力会社を変更する事によって電気代が安くなるサービスもありますが、名前が知れてる会社ではない為、今後利用する光回線を探している場合には慎重に検討する必要があるサービスです。

ここではそんなVEGA光の、他社と比較した料金詳細や通信速度、評判・口コミとメリット・デメリットなどについて詳しく解説します。

これでVEGA光があなたの会社に合ったサービスかが分かるようになりますよ。

1.VEGA光とは

VEGA光とは、東京都渋谷区に本社を構える株式会社ジェイシーエス(JCS)が運営する、光回線サービスのことです。

回線はNTTのフレッツ光を利用し、これに独自のサービスを付加して提供している、いわゆる光コラボレーションのうちの一つです。

VEGA光

VEGA光は公式サイトでも書かれている通り、法人向けのサービスとなっていますが、そんなVEGA光の、まずは料金体系や通信速度などの基本情報から確認しましょう。

1−1. VEGA光の料金サービスと他社比較

VEGA光は、使い放題のオフィス向けとマンション向け、そして従量制プランの大きく3つに分かれており、月額料金はそれぞれ次の通りです。

サービス名称月額料金単位
VEGA光オフィス¥5,200
(税込5,720円)
1契約者回線ごと
VEGA光オフィスハイスピード
VEGA光オフィスギガ¥5,400
(税込5,940円)
VEGA光マンション¥4,000
(税込4,400円)
VEGA光マンションハイスピード
VEGA光マンションギガ¥4,300
(税込4,730円)
VEGA光従量課金¥2,800
(税込3,080円)

まずオフィスタイプ・マンションタイプごとに3種類に分かれていて料金も異なりますが、これは周囲の環境によって決まるもので、契約者は選ぶことができません。

ちなみに3つの違いは「配線方式」で、結果通信速度が異なり、この中で一番速いのは「ギガ」プランになります

対してインターネットはほとんど使わない、ひかり電話だけ使いたい、といった場合には、従量制プランを選ぶとお得になります。

従量制プランとは、基本料金が安い代わりに使った分だけ使用料を請求されるプランのことで、一定の通信量を超えて利用してしまうと、使い放題よりも高くなってしまいます。

VEGA光の従量制プランは、100MB当たり30円で上限3,000円となっていますので、最大5,800円となります。

ちなみにVEGA光の工事費はオフィスタイプで20,000円、マンションタイプで17,000円となっています。次に、VEGA光の月額料金を大手他社と比較してみた結果は次の通りです。

サービス名オフィスタイプ(ファミリータイプ)マンションタイプ
VEGA光ギガ5,400円
(税込5,940円)
4,300円
(税込4,730円)
フレッツ光4,700円
(税込5,170円)

プロバイダ料
3,050円
(税込3,355円)

プロバイダ料
ドコモ光(タイプA)5,200円
(税込5,720円)
4,000円
(税込4,400円)
NURO光4,743円
(税込5,217円)

※他社はVEGA光のサービス内容に近い「個人向け」プランの料金を掲載

他社にも法人向けプランはあり、例えば優先帯域が確保でき速度が安定するものがあったり、固定IPを貰えたり、社内でクラウドが使えたりといったサービスがありますが、その分月額料金は高くなり、またVEGA光のサービス内容とも大きく異なるので、他社のプランは個人向けで比較しています。

結果VEGA光の月額料金は、大手他社と大きくは変わらないことが分かります。

例えばオフィス(ホーム)プランでは、フレッツ光よりも安くドコモ光やNURO光よりは高くなっています。

マンションプランではNURO光よりも安いですが、フレッツ光やドコモ光よりは高くなっています。

つまりVEGA光の月額料金は安くも無く、どちらかと言うと少し高いということです。

1−2.気になる速度評価

次にVEGA光の通信速度についてみてみましょう。

VEGA光の通信速度で評価等が掲載されてないか確認しましたが、残念ながらVEGA光の実測値は掲載されていませんでした。

NTTのサイトによると、VEGA光は「IPv6サービス」に他の大手ネット回線会社同様に対応していることが分かりました。

VEGA光はIPv6サービスに対応

参考:「光コラボレーション事業者さま」及び「お取り扱いサービス」一覧|フレッツ光公式

IPv6サービスとは簡単に説明すると、混雑している従来の通信方式「PPPoE接続」ではなく空いている新しい通信方式「IPoE接続」を利用するサービスのことで、通信速度の向上が見込めます。

例えばフレッツ光ネクスト利用時の夜の時間帯の速度の差をグラフ化した場合、次の通りです。

フレッツ光ネクスト 速度

参考:https://minsoku.net/speeds/optical/services/flets-next

このように速度が明らかに違うのが分かります。

このIPv6サービスはVEGA光でも利用できますが、プロバイダーによって快適だったりそうじゃなかったりするので参考程度にして下さい

1−3. 違約金や事業者変更番号取得時の手数料

次にVEGA光の違約金や事業者変更番号取得時の手数料についても確認しましょう。

1-3-1.VEGA光の違約金

違約金は、契約時に定められた契約期間内に解約した場合に発生するもので、契約期間と違約金額は、サービスによって大きく違います。

VEGA光の場合、契約期間は「2年間の最低利用期間、経過以降1年ごとの自動更新」となっており、各期間を過ぎた後は1ヶ月間の解約月があります。そして違約金額は20,000円です。

これを他社と比較すると、まず契約期間は多くが2年または3年の自動更新なのでVEGA光の方が優しいのですが、違約金額は他社が1~1.5万円程度なので、他社よりも高いと言えます。

1-3-2.VEGA光の事業者変更時の手数料

続いてVEGA光の事業者変更時の手数料についてです。

一般的に他社であれば事業者変更時の承諾番号発行手数料は3,000円(税込3,300円)ですが、VEGA光の場合は1契約回線ごとに5,000円(税込5,500円)掛かります

他の回線会社と比較して2,000円高いのは少し気になりますね。

1−4. 公式キャンペーンや特徴

最後にVEGA光の公式キャンペーンと特徴を見てみます。

1-4-1.VEGA光の公式キャンペーン

VEGA光では「ソレイユでんきと合わせて利用することでお得なる」キャンペーンを行っています。

VEGA光キャンペーン

参考:http://soleil-denki.jp/

ソレイユでんきとは、VEGA光と同じ運営元である株式会社ジェイシーエスが提供している、電力を提供するサービスです。

昨今の電力自由化に伴い始まったサービスで、従来の契約によっては電力使用料を削減することができます。

このソレイユでんきとVEGA光を合わせて利用すると、さらにお得になるキャンペーンが行われているのですが実際にはインターネットの値引きに繋がるような文言が見当たらないので無理してまとめる必要はないかもしれません。他の大手会社だと電気とまとめるとインターネットの月額料金から〇〇円の値引き等分かりやすく書いてあるので電気とインターネットをまとめるのは様子を見てからで良いと言えます。

現在VEGA光を検討している方や電力会社もまとめてお得にしたいと考えてる方は、一度専門の窓口に相談するのが良いかもしません。

専門知識を豊富に持った相談員が無料で対応してくれるので気軽に電話出来ますし、インターネットの事だけでなく、電力の事も聞く事が出来るので自分に合ったプランが見つかるかもしれません。

 

無料の相談窓口については次のとおりです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)※番号をタップするとすぐ相談出来ます
【受付時間】10:00~21:00

 

2.気になる評判と口コミ

次に気になるVEGA光の評判と口コミを見てみましょう。

ツイッターにあげられているVEGA光関連の書き込みを、良いものと悪いものに分けて確認します。

2−1.良い評判

まずはVEGA光関連の良い評判からです。

良い評判については見つける事が出来ませんでした。

これから先も良い評判が出てくれば更新していきたいと思います。

2−2. 悪い評判

次にVEGA光関連の悪い評判についてです。

悪い評判では、勧誘に関するものがとても目立ちました

ひどい勧誘、しつこい、迷惑といったものです。

運営元であるジェイシーエスは、勧誘方法がよくないのでしょうか?

2−3. 評判まとめ

VEGA光関連の評判・口コミについて調査結果をまとめてみます。

良い評判はまだ見られなかったのに対し、悪い評判では「勧誘がひどい、しつこい、迷惑」といった、勧誘に関するとても悪い書き込みがとても多くみられました。

光回線の勧誘からの申し込みは一般的に、トラブルのもとになることが多く、おすすめできません

もしVEGA光を検討するのであれば、まず自分でしっかりと調べてメリットがあると判断してから問い合わせてみましょう。

3.デメリットはないの?VEGA光のメリット・デメリット

これまでの調査結果を踏まえて、VEGA光のメリット・デメリットをまとめてみました。

3-1.VEGA光のメリット

VEGA光のメリットは「合わせて利用すると窓口が一つになること」です。

これは光回線サービスと電力サービスのどちらも行っている運営元だからこそで、割引額等の詳細は分かりませんが電気とインターネットをどこでも良いのでひとまとめにしたいという方には良さそうですね。

3-2.VEGA光のデメリット

対してVEGA光のデメリットの一つ目は「割引等キャンペーンが少ないこと」です。

他社では工事費実質無料や月額料金割引など、多彩なキャンペーンがありますが、VEGA光には同じようなキャンペーンが見受けられません。

そしてデメリットの二つ目は「評判が悪いこと」です。勧誘に関して悪い書き込みが多く、その数もちょっと多かったです。

4.VEGA光をおすすめできる人はこんな人

以上を踏まえてVEGA光をおすすめできるのは「光回線と電力の利用元を合わせて窓口を一つにしたい」場合です。

窓口も一つになれば管理も楽になるのはいいですよね。

ただし、大手の回線会社の場合は光回線と電力をまとめつつ値段が下げれたり、更に携帯電話の割引もあったりするケースが多いので一度冷静に考えてみるのも良いかもしれません。

5.契約時のよくある質問

最後にVEGA光の契約時のよくある質問も見てみましょう。

5-1.契約単位の「1契約者回線ごと」ってどういうこと?

契約者回線とは、「NTT東日本・西日本の事業所等に設置される交換設備と契約の申込者が指定する場所との間に設置される電気通信回線」のことです

例えば同じ社内であってもセキュリティ等の関係で物理的に回線を分けたい場合、同じVEGA光を利用していても2回線、3回線と契約する場合があります。

このような時には月額料金が回線分掛かります。

5-2.転用と事業者変更の違いは?

転用とは「NTT東日本・西日本からVEGA光に乗り換えること」を、事業者変更とは「別の光コラボからVEGA光に、またはVEGA光から別の光コラボに乗り換えること」を言います

転用の場合にはNTTから転用承諾番号を取得する必要が、事業者変更の場合は利用先から事業者変更承諾番号を取得する必要があり、数千円の手数料はかかりますが、開通工事は必要ないので安価で乗り換えることができるのが特徴です。

6.まとめ

以上VEGA光について、料金詳細や速度、キャンペーンと、評判・口コミ、メリット・デメリットなどを解説しました。

VEGA光は法人向けのサービスで、電力サービスと合わせて利用する事が出来るのが特徴になります

検討されているあなた!是非参考にしてください。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

光回線スタイルの関連記事

監修者:光回線スタイル編集部

光回線の業務に10年以上携わってきたプロが分かりやすくインターネット回線の仕組みを教えます。インターネット回線の比較やスマホ、格安SIMの選び方から勧誘情報等、インターネットに関する最新情報をまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*