ファーストクラス光の評判と口コミが気になる!解約金や料金詳細まとめ

最終更新日: 2019年11月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ファーストクラス光画像

勧誘電話や訪問販売の営業マンによる巧みなで少し強引な営業トークでうっかりインターネット回線を申し込んでしまった場合、あとになって「大丈夫かな?」と不安になってしまうことってありますよね。 そんなときは、ネットで申し込んだインターネット回線のホームページなどで料金やサービス内容などを調べ、これからキャンセルするか契約するかの判断をするかと思います。

しかし、今回紹介する「ファーストクラス光」には、ホームページ(公式サイト)が存在しない大変珍しい光回線です。(2019年5月時点)ホームページがないと調べることが難しくなります。そこで今回はホームページのないインターネット回線「ファーストクラス光」についてお話しようと思います。

ファーストクラス光について情報が必要な人にとっては必見ですよ。

 1.ファーストクラス光とは?

30701

ファーストクラス光とは、(株)ライフナビが運営するインターネット回線です。回線は、(株)ホワイトサポートのクラウドラインという光コラボの回線を使っていて、実質的には、このクラウドラインを再販している形になります。 回線速度は、光コラボ名のためフレッツ光を使っていますので、最大1Gbpsです。

運営会社の(株)ライフナビは、2015年10月に(株)ゴールドハイという名称で設立され、(株)ハイビットの代理店をしていました。そして、2016年5月に(株)ライフナビに名称変更しました。 本社は東京都豊島区池袋で、通信サービスや情報通信機器などを取り扱っています。

(参考URL http://cloud-line.jp/companylist/)

このファーストクラス光は、インターネット回線を販売する会社には珍しく、自社のホームページがありません。(2019年5月時点)ですので、これからお話する料金などについての情報は、(株)ホワイトサポートの公式サイト内に記載されているファーストクラス光の「広告チラシ」から引用しようと思います。

(参考URL http://cloud-line.jp/wp-content/uploads/2017/02/firstclasshikari.pdf)

1—1. ファーストクラスの料金詳細と解約金

ファーストクラス光の料金などは、次のとおりです。

<ファーストクラス光の料金(プロバイダがセットのプラン)>

長トクプラン 戸建て マンション
~12ヶ月目 4,980円 3,980円
13~24ヶ月目 5,300円 4,200円
25~36ヶ月目 5,250円 4,150円
37~48ヶ月目 5,200円 4,100円
49~60ヶ月目 5,150円 4,050円
それ以降 4,500円 3,400円

このように、60ヶ月(5年)を超えると急に格安料金になりますね。

<他社との料金比較>

回線名 戸建て マンション
ドコモ光 5,200円 4,000円
auひかり 5,100円 3,800円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
OCN光 5,100円 3,600円(最安)
ビッグローブ光 4,980円(最安) 3,980円

ファーストクラス光の料金は、戸建てプランもマンションプランも13ヶ月目~60ヶ月の間は、大手事業者の料金より高額ですね。

<ファーストクラス光の料金(回線のみのプラン)>

戸建て マンション
料金 4,400円 3,400円

このように、回線のみのプランが用意されているのは良いかもしれませんね。なお、回線のみのプランでの料金比較の参考として、NTT東西のフレッツ光の料金を記載しておきますね。

<フレッツ光と料金比較>

項目 戸建て マンション
ミニ※ プラン1※ プラン2※
ファーストクラス光 4,400円 3,400円
NTT東日本 4,400円 3,650円 3,050円 2,650円
NTT西日本 4,300円 3,950円 3,250円 2,850円

※東日本ではミニ=4~7戸、プラン1=8~15戸、プラン2=16戸以上
西日本ではミニ=6~7戸、プラン1=8~15戸プラン2=16戸以上

ファーストクラス光の料金は、戸建てプランでは、NTT東日本と同額でNTT西日本よりも100円高いですね。マンションプランでは、プラン1とプラン2がファーストクラス光よりお得に利用できますね。

<ファーストクラス光の初期費用・解約費用>

項目 金額
契約事務手数料 3,000円
初期工事費 チラシに記載なし

<参考>

クラウドラインの場合

  • 戸建て24,000円
  • マンション24,000円
契約期間 2年・自動更新あり
契約解除料 通常:9,975円
長トクプラン:15,000円

このように、初期工事費が不明です。主に転用での契約を想定しているのかもしれませんね。なお、参考として、親回線のクラウドラインの初期工事費を記載しておきました。

1−2. ファーストクラス光は携帯割引あり?

ファーストクラス光の広告チラシには携帯電話とのセット割などの記載はありませんでしたので、実施してないようですね。

携帯とのセット割を利用するなら、携帯キャリアのインターネット回線

  • NTTドコモ→ドコモ光
  • au→auひかり
  • ソフトバンク→ソフトバンク光

などと契約した方が安心ですね。

30702

1−3.ファーストクラス光の速度は速い!?

ファーストクラス光は、クラウドラインの回線をそのまま使っていますので、クラウドラインの速度について検証してみました。

30703

(URL https://twitter.com/K_E_N_S_H_O/status/910532832312795136)

平均速度が1Mbpsに届きません。これではWEB閲覧でも厳しい速度ですね。

30704

(URL https://twitter.com/rockin_horse/status/943362878391930885)

22時以降に速度低下が起こるようですね。ADSL以下とありますので、1Mbps前後の速度でしょうか。このように、速度が遅いという評判が挙がっていますが、クラウドライン=ファーストクラス光は、月額650円で高速接続サービスv6プラス対応のWi-Fiルーターのレンタルサービスを利用することが出来ますので、これにより通信速度が改善できる可能性があります。

30705

(参考URL http://cloud-line.jp/option/wifirouter/)

 2. ファーストクラス光の評判と口コミを調査

ファーストクラス光のネット上の評判、口コミ、実際の利用者様の声については次のとおりです。

2−1. Snsでのみんなの評価はどう?

Twitterでは、次のような情報が挙がっていました。

30706

(URL https://twitter.com/umizno/status/974452173265252352)

勧誘電話についての情報で、担当オペレーターの応対と説明の仕方がイマイチで相手を不快にしてしまったようですね。

2−2. 実際の利用者様は?

ファーストクラス光は、サポートセンターも含めクラウドラインのサービスを利用していますので、クラウドラインのユーザーからの情報を見ていこうと思います。

30707

(URL https://twitter.com/32you32/status/782500641331515393)

サポートセンターの電話が繋がりにくいようですね。故障などトラブル時に不安ですね。また、解約案内の電話には一瞬で繋がったとありますが、違約金を収入源としたビジネスモデル「違約金ビジネス」の可能性があるかもしれませんね。

30708

(URL https://twitter.com/begonia_ysd/status/796947578021478402)

この記事でもOCN光との料金比較をしてみましたが、OCN光の方が安いですね。「安くなります!」という巧みな営業トークにより申し込んでしまったため、後になって料金が説明と違っていたというトラブルは多いようですね。

30709

(URL https://twitter.com/yuichanman_cas/status/974125344381845505)

通信速度の項目でも検証しましたが、通信速度が遅いと困りますよね。1Mbpsを切ってしまうと動画視聴もWEB閲覧も厳しいです。クラウドラインは高速接続サービスのv6プラスで速度が改善できる可能性がありますが、追加で月額650円のオプション料金を支払うのは勿体ない気もします。

 3.ファーストクラス光に向いている人、向いてない人

ファーストクラス光に向いている人は、

 「珍しいインターネット回線を使いたい人!」

にオススメできそうです。

ファーストクラス光は、インターネット回線を販売しているのにホームページを持たないレアな事業者です。(2019年5月現在)ただし、販売方法が訪問販売や勧誘電話だった場合は、サービスの説明不足などによるトラブルになる可能性が高く、注意が必要です。それ以外に人にとっては、検証した内容(料金、解約金、通信速度、サポート体制、評判、口コミ)からオススメすることは難しそうですね。

 4.まとめ

今回紹介したファーストクラス光の回線自体の品質やサービスの良し悪しにかかわらず、訪問販売や勧誘電話で申し込むことはトラブルが多く大変危険ですので、注意が必要です。それでは、本記事の内容があなたにとって少しでもお役に立てたなら大変嬉しく思います。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

光回線スタイルの関連記事

監修者:光回線スタイル編集部

光回線の業務に10年以上携わってきたプロが分かりやすくインターネット回線の仕組みを教えます。インターネット回線の比較やスマホ、格安SIMの選び方から勧誘情報等、インターネットに関する最新情報をまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。