USEN AIRの評判と口コミ!速度や解約金、飲食店開業におすすめか検証

usen画像

回線工事やモデム、ルーター不要で、端末をコンセントに挿すだけで使える店舗向けインターネットの「USEN AIR」

本記事を読んでいる人の中には、店舗を開業しようとしているが、通信費をあまりかけたくないため、安くネット環境を導入できないか検討しているも少なくないのではないでしょうか?

本記事ではUSEN AIRのサービス詳細や光回線との比較、評判などからメリット・デメリットをまとめ、お勧め出来る人の特徴を解説します。

結論から言うと、USEN AIRの月額料金は安く、工事が不要で手軽というメリットがありますが、初期費用と解約金が高く、通信容量に制限があります。

USEN AIRを検討していて、自分にとってメリットがある内容か悩む場合は、下記の相談窓口で無料相談を受けてみるのもよいでしょう。

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

インターネットの勧誘や光コラボの転用でお困りではありませんか?
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」

などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。

もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、契約をしてしまい解約金に困っているなどのお悩みがあれば下記の相談窓口がおすすめです。

無料でインターネットに関する電話相談が受けられます。
下記のフリーダイヤルまでお電話してみてください。

【電話番号】
0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

1. USEN AIR(ユーセンエアー)とは

usen画像

引用:USEN AIR

USEN AIRは、音楽配信事業などでも有名な株式会社USENが提供する店舗向けのインターネットサービスです。

usen画像

引用:USEN AIR

USEN AIRは光回線と違い、回線工事やモデム、ルーターは不要で、届いた専用端末をコンセントに挿すだけですぐインターネットが利用できます。

業務用機器への接続はもちろん、POSレジや電子決済など、店舗のインターネット回線を幅広くカバーします。

ただし、光回線のように完全にインターネットが使い放題というわけではなく、契約プランに応じて利用できる通信量が異なり、超過した場合は通信制限がかかります。

usen画像

 

引用:USEN AIR

ただし、POSレジや決済端末など、株式会社USENが指定するサービスに限り、通信容量超過後も通常の通信速度で利用できます。

1−1. USEN AIRの料金詳細

では早速USEN AIRのプランや料金などについて解説します。

まずUSEN AIRは使用用途に合わせて、インターネットのみのプラン電話とFAXがセットになったプランその他多機能オプションがついたプランハイエンドの5Gプランがあります。

それぞれについて解説します。

1−1−1. USEN AIRサービス詳細|インターネットのみのプラン

まずはインターネットのみのプランから解説します。

プランプレミアム通信プランベーシック通信プラン
月額料金3,500円2,500円
初期費用23,000円
月間通信容量25GB10GB

2つのプランの違いは1ヶ月あたりに使える通信容量の違いです。

簡易的に、POSレジや業務機器のネット接続程度にしかインターネットを使わないということであればベーシック通信プランで良いかと思います。

IPカメラや、テーブルでタッチパネルを使ってオーダーを取るシステムや、モバイルオーダーシステムを導入する場合はプレミアム通信プランが好ましいとされています。

ただどちらも動画視聴やゲーム、来店客向けのフリーWi-Fiには容量が適さないため、そのような用途がある場合は使い放題の光回線の方が好ましいでしょう。

また、どちらのプランも初期費用が23,000円かかることを知っておきましょう。

また、アクセスポイントを増設したい場合は、月額1,000円でオプション加入ができます。

契約期間と解約金については下記のように定められています。

契約期間2年自動更新
解約事務手数料法人10,000円
個人0円
違約金法人契約期間の残期間分の基本利用料に相当する額
個人1ヶ月分の基本利用料に相当する額

(初回更新後は不要)

USEN AIRの解約には、「解約事務手数料」「違約金」の合計がかかります。

また、それぞれの金額は個人契約か法人契約かによって異なります。

尚、上記の表は、利用契約の申込日が2022年7月1日以降である場合の金額です。

利用契約の申込日が2022年6月30日以前である場合は下記の通りです。

契約期間2年自動更新
解約事務手数料法人・個人共に10,000円
違約金契約期間の残期間分の基本利用料に相当する額

法人契約の場合、契約した時期によって解約金は特に変わりませんが、個人契約の場合は利用契約の申込日が2022年6月30日以前である場合、高くなっています。

いずれにしても注視したいことが、違約金の「契約期間の残期間分の基本利用料に相当する額」という点です。

USEN AIRは24ヶ月の自動更新契約となるので、例えばプレミアム通信プランを2ヶ月で解約すると、「3,500円×(24ヶ月-2ヶ月=22ヶ月)=77,000円」の違約金がかかり、さらに解約事務手数料の10,000円までかかるので非常に高額となります。

もし実際にUSEN AIRを契約していて、高額な解約金の対処に悩む場合は、下記の相談窓口で無料相談を受けてみるのもよいでしょう。

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

1−1−2. USEN AIRサービス詳細|インターネットと電話のセットプラン

次にインターネットと電話がセットになったプランを解説します。

プランプレミアムプランベーシックプラン
月額料金4,680円3,680円
初期費用実質20,000円
月間通信容量25GB10GB

インターネットのみのプランと同様に、2つのプランの違いは1ヶ月あたりに使える通信容量の違いです。

本来の初期費用はインターネットのみのプランと同様に23,000円ですが、店舗用品の通販サイト「USEN CART」で使えるポイントを3,000円分還元することによって実質20,000円となっています。

usenフォン画像

引用:USEN PHONE

こちらのサービスを加入すると、上記の画像のような端末がレンタルでき、1台の端末で電話とFAXが使えます。

市外局番が手軽に取得でき、FAXの送受信もメール感覚で行うことができます。

契約期間と解約金はインターネットプランのみのプランと同じで、高額となるケースがあります。

・利用契約の申込日が2022年7月1日以降である場合

契約期間2年自動更新
解約事務手数料法人10,000円
個人0円
違約金法人契約期間の残期間分の基本利用料に相当する額
個人1ヶ月分の基本利用料に相当する額

(初回更新後は不要)

・利用契約の申込日が2022年6月30日以前である場合

契約期間2年自動更新
解約事務手数料法人・個人共に10,000円
違約金契約期間の残期間分の基本利用料に相当する額

1−1−3. USEN AIRサービス詳細|その他多機能オプションがついたプラン

次に多機能オプションがついたプランについて紹介します。

サービス内容月額料金
店舗BGM+オリジナル音声CM+インターネット+電話・FAX7,180円〜
インターネット+防犯カメラ/来店客分析5,980円〜

・店舗BGM+オリジナル音声CM+インターネット+電話・FAX

usen画像

引用:USEN AIR

こちらのサービスは、インターネットと電話・FAXに合わせ、店内BGMに加え、オリジナル音声CM(店内アナウンス)の作成がセットになったプランです。

・インターネット+防犯カメラ/来店客分析

usen画像

引用:USEN AIR

こちらのサービスはインターネットに合わせ、来店客分析もできる防犯カメラがセットになったプランです。

どちらも、契約期間や解約金について、公式サイトや契約約款に記載がありませんでした。

ただ、これらのサービスは付加サービスのため、通常の解約金と同等、もしくはそれ以上の価格に設定されていても不思議ではありません。

1−1−4. USEN AIR5Gについて

usenair5画像

引用:USEN AIR 5G

次に通常のUSEN AIRよりもハイグレードプランである「USEN AIR 5G」について紹介します。

プランインターネットのみインターネットと電話・FAXセット
月額料金5,980円7,160円
初期費用23,000円
月間通信容量無制限

USEN AIR 5Gの特徴はなんと言ってもインターネットが使い放題である点です。

通常のUSEN AIRより月額料金は上がるものの、インターネットをしっかり使いたい店舗や、来店客用のフリーWi-Fiとして使いたい店舗に推奨しているサービスです。

契約期間や解約金の設定は、通常のUSEN AIRと同じです。

契約期間2年自動更新
解約事務手数料法人10,000円
個人0円
違約金法人契約期間の残期間分の基本利用料に相当する額
個人1ヶ月分の基本利用料に相当する額

(初回更新後は不要)

1−2. USEN AIRと光回線のサービス比較

次に一般的な光回線とサービスの比較をしてみます。

店舗で利用すると考えると、インターネットのみよりも、電話とセットで利用する店舗の方が多いと予測できます。

そのため、固定電話ありきでサービスを比較します。

 

USEN AIR一般的な光回線
ベーシックプレミアム5G戸建てマンション
月額料金2,500円3,500円5,980円約5,000円〜6,000円約4,000円〜4,500円
電話基本料1,180円550円
合計3,680円4,680円7,160円約5,550円〜6550円約4,550円〜5,050円
初期費用実質20,000円実質23,000円約3,300円
工事費不要約15,000円〜19,800円

※工事費実質無料のサービスが多数

月間通信容量10GB25GB無制限無制限

比較した結果、まずUSEN AIRは初期費用が際立って高いことがわかります。

月額料金についても、通信制限のない5Gプランと光回線を比較すると、光回線の方が安いです。

また、契約期間と解約金についてはサービスによってまちまちなので上記の表には入れませんでしたが、光回線の違約金は基本的に月額料金相当です。

USEN AIRの違約金設定である「契約期間の残期間分の基本利用料に相当する額」というのは光回線では滅多に聞かないので、解約金もUSEN AIRは高くつくケースがあることを認識しましょう。

USEN AIRは工事不要というメリットがあるものの、光回線の導入とどっちがいいのか判断しかねる場合は、下記の相談窓口で無料相談を受けてみるのもよいでしょう。

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

1−2−1. USEN AIRと他社光回線の料金比較

では実際に店舗でも利用者が多い光回線と比較してみましょう。

USEN AIRにスマホセット割がありませんが、月額料金を抑えるために光回線は各社スマホのセット割を設けているサービスもあるため、そこも検討材料に入れるべきでしょう。

尚、下記の比較表はインターネットと固定電話の基本料金の合計です。

サービス名月額料金初期費用スマホセット割
戸建てマンション
USEN AIRベーシック3,680円実質20,000円なし
プレミアム4,680円
5G7,160円実質23,000円
ドコモ光6,270円4,950円3,300円

工事費無料

ドコモ
ソフトバンク光6,270円4,730円3,300円

工事費実質無料

ソフトバンク

ワイモバイル

auひかり1年目:6,160円

2年目:6,050円

3年目以降:5,940円

4,730円3,300円

工事費実質無料

au

UQモバイル

ビッグローブ光6,028円4,928円3,300円

工事費実質無料

au

UQモバイル

USEN AIRのベーシックプランとプレミアムプランは他社の光回線よりも安いことがわかります。

これは、インターネットが使い放題ではないということが理由でしょう。

インターネットが使い放題という条件下であればUSEN AIR 5Gは高いということが分かります。

尚、マンションなど集合住宅で光回線を利用する場合、USEN AIRのプレミアムプランとほとんど料金差がありません

この場合光回線の方が、初期費用が安く、インターネットも使い放題、スマホセット割が受けられるなどメリットが多いでしょう。

スマホセット割の割引額は携帯電話のプランによって異なりますが、1台あたり最大1,100円割引を受けられるところが多いです。

1−2−2. USEN AIRと他社光回線の解約金比較

USEN AIRと他社を比較する上で、解約金は欠かせない要素です。

特に法人のユーザーと、利用契約の申込日が2022年6月30日以前の個人は注意が必要です。

上記のユーザーはUSEN AIRの解約時に、「解約事務手数料」「契約期間の残期間分の基本利用料に相当する額」がかかります。

「契約期間の残期間分の基本利用料に相当する額」というものがあまり他社のサービスでは見られないものなので、解約のタイミングを調整できるユーザーじゃないと高額の費用が発生する可能性があります。

2年契約なので、2年使えばその後違約金がかからなくなるというわけではなく、自動更新の契約なので、更新後また1ヶ月目として換算されることが注意点です。

一方で、光回線の解約には工事費の残債に気をつけましょう。

例えば、ソフトバンク光の工事費は26,400円ですが、1,100円を24ヶ月間分割を組み、同期間同額の割引を適用することで工事費が実質無料になります。

ただし工事費分割の完済前に解約すると、残債が一括請求されます。

他の光回線も同様のケースが多いです。

ただしUSEN AIRと違い、工事費分割が終われば、当然残債が発生しません。

こちらも大手光回線の違約金と工事費の仕組みを以下の表にまとめます。

サービス名違約金工事費
戸建てマンション戸建てマンション
ドコモ光5,500円4,180円0円
ソフトバンク光5,720円4,180円26,400円

1,100円×24ヶ月の割引で実質無料

auひかり4,730円2,290円41,250円

35回分割と割引により実質無料

33,000円

23回分割と割引により実質無料

ビッグローブ光4,230円3,360円19,800円

36回分割と割引により実質無料

16,500円

36回分割と割引により実質無料

 

1−3. USEN AIRの速度検証

次にUSEN AIRの通信速度について調査した結果を解説します。

まず、USEN AIRはベーシックプラン、プレミアムプランと、USEN AIR 5Gで貸出される端末が異なります。

・USEN AIR

usenエアー画像

引用:USEN AIR

まず通常のUSEN AIRですが、Wi-Fi同時接続台数は20台までを推奨しており、最大速度は433Mbpsです。

ただし各プランの通信容量を超過した場合は500Kbpsになります。

・USEN AIR 5G

usen画像

引用:USEN AIR 5G

項目の多さからも伺えますが、USEN AIR 5Gはハイスペックです。

最大速度は光回線と同じ1Gbpsで、Wi-Fi最大同時接続数は200台と、来店客向けのフリーWi-Fiにも適していると言えるでしょう。

では、実際に利用している人はどの程度快適にインターネットが使えているのでしょうか?

数多のインターネット回線の速度統計を測っている「みんなのネット回線速度」にて調査しましたが、USEN AIRの情報は1件も見当たりませんでした。

ただし、回線種別ごとの平均値を公開していたので、そちらを紹介します。

以下の値は、2023年8月15日時点の3ヶ月平均です。

回線Ping下り上り
光回線27.2ms379.6Mbps349.7Mbps
CATV41.9ms221.3Mbps38.9Mbps
ホームルーター81.4ms156.6Mbps19.0Mbps
モバイルルーター86.0ms54.5Mbps13.3Mbps
携帯キャリア58.4ms89.1Mbps19.1Mbps

比較した結果、やはり光回線が最も通信速度が速いと言えます。

USEN AIRはこの中では「ホームルーター」に当てはまります。

ホームルーターはPing値が高く、上りの速度が遅いということが分かります。

Ping値というのはインターネットの反応速度のことで、数値が低ければ低いほど優秀な数値です。

上りの速度も遅いことから、テレワークやオンラインゲームには不向きと言えるので、コアワーキングスペースなどの店舗形態には不向きでしょう。

1−3−1. USEN AIR導入までの流れ

では次にUSEN AIRの導入までの流れについて解説します。

①お問い合わせ

まずはフォームから名前や連絡先を記載し、問い合わせます。

②お申し込み〜商品発送

フォームに記載した連絡先に、USEN AIRのオペレーターから連絡が来るので対応しましょう。

オペレーターの説明内容に問題がなければそのまま申し込みとなり、商品が発送されます。

③ご利用開始

申し込みから最短3営業日で端末が届き、利用開始となります。

usen画像

引用:USEN AIR

初期設定に不安な場合は、USEN作業員に依頼することができます。

2. USEN AIRの評判と口コミ

次に気になるUSEN AIRの評判についてX(旧Twitter)にて調査した口コミを紹介します。

こちらの口コミは「USEN AIR」が繋がらなくなったという口コミです。

営業の方やサポート窓口への問い合わせもつながらないそうです。

個人と違い、店舗での不調は損害になりかねないので、迅速な対応を期待したいです。

こちらは「USEN AIR 5G」について関心の口コミです。

投稿者が仰る通り、5Gの電波はWiMAXのものを使用しています。

こちらは「USEN AIR 5G」の発売開始に関心の口コミです。

まだ新しいサービスのため、利用者の口コミは最初に紹介したもののみで、あとは関心を寄せるものばかりでした。

3. USEN AIRメリット・デメリットとは

ここまで、店舗向けの通信サービスである「USEN AIR」について解説しました。

最後にメリットとデメリットを整理し、おすすめできる人の特徴を解説します。

3−1. USEN AIRのメリット

まずはメリットからです。

  • インターネット使い放題でなければ月額料金が安い
  • 工事不要で導入可能
  • 通信制限下でも、レジや決済端末などは通信速度を確保している

やはりメリットとしては、ベーシックプランとプレミアムプランの月額料金の安さと、工事不要で導入ができる点でしょう。

また、通信制限がかかっている状態でも、レジや決済端末の機器は制限対象外であることもメリットと言えます。

3−2. USEN AIRのデメリット

次にデメリットです。

  • ベーシックプラン、プレミアムプランには通信容量制限がある
  • インターネット使い放題の5Gプランは月額料金が高い
  • 通信速度は光回線に劣る
  • 初期費用が高い
  • 解約金が高額になる可能性がある

USEN AIRは工事不要というメリットがあるものの、初期費用が高いというデメリットがあります。

また、解約金が高くなる場合があるというのも重要なデメリットでしょう。

3−3. USEN AIRがおすすめできる人の特徴

最後に、USEN AIRがおすすめできる人の特徴をまとめます。

  • 必要最低限しかインターネットを使わない店舗
  • 初期費用を他社との月額料金差で補完できる程長く利用する店舗
  • 解約の時期を調整できる店舗

特に重要な要素は、「解約の時期を調整できる店舗」であることでしょう。

法人契約の場合、違約金設定が「契約期間の残期間分の基本利用料に相当する額」という特殊な内容になっているので、2年毎の更新月に解約できるよう調整できる場合は、解約金が解約事務手数料の10,000円のみとなりますが、どれだけ使うかわからない、いつ解約するかわからないという状況ではリスクが大きいでしょう。

今一度、これから店舗を開業する上で導入する回線はUSEN AIRがベストなのか、セカンドオピニオンについて検討したい場合は、下記の相談窓口で無料相談を受けてみるのもよいでしょう。

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

4.まとめ

以上、USEN AIRについて解説しました。

USEN AIRは工事不要で、インターネット使い放題のプランでなければ月額料金が安いというメリットがあるものの、初期費用が高く、解約金が高額になる場合があるというデメリットもあります。

店舗開業の回線導入には、メリットとデメリットを理解した上で、適正な回線を契約するようにしましょう。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

光回線スタイルの関連記事

監修者:光回線スタイル編集部

光回線の業務に10年以上携わってきたプロが分かりやすくインターネット回線の仕組みを教えます。インターネット回線の比較やスマホ、格安SIMの選び方から勧誘情報等、インターネットに関する最新情報をまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA