やっぱりフレッツ光が良い!光コラボとの違いや5つのメリット公開

最終更新日: 2017年10月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
フレッツが良い理由画像

プロバイダが変わらず、工事もしないので工事費もかからず、料金だけが安くなるという光コラボ、確かに魅力を感じますが本当のところどうなのでしょうか?

ネット上では、光コラボについて、悪い噂も流れていますよね。

本当に光コラボにしてしまって大丈夫なのか?

今回のテーマは、そんな疑問を持ったフレッツ光ユーザーにとって判断材料となるようなフレッツ光のメリットについてお話ししようと思います。

1.フレッツ光概要(料金など)

今、フレッツ光のまま継続してインターネットを利用している方が支払っている料金について、お話ししますね。

タイプ 戸建て マンション
月額基本料(通常料金) 5,700円 3,350円~

4,350円

にねん割(2年縛り・中途解約金あり) -700円 -100円
機器レンタル料

(ひかり電話ルーターのレンタル料金、プラス300円で無線LANカード追加)

0円~

300円

450円~

750円

フレッツ光回線使用料

(割引適用後、機器レンタル料込み)

5,000円~

5,300円程度

3,700円~

5,000円程度

プロバイダ月額利用料 500円~

1,000円程度

500円~

1,000円程度

月額利用料 合計額 5,500円~

6,300円程度

4,200円~

6,000円程度

この料金に、ひかり電話の通話料ユニバーサルサービス利用料消費税を加算した金額を毎月お支払いしていることと思いますが、光コラボに転用すると、大体、この金額からプロバイダ料金分程度がお安くなります。これに加え、各光コラボ事業者が実施している独自の割引がある場合、更にお安くなります。

料金面を主軸に考えれば、確かに光コラボは魅力的ですね。

1−2.フレッツ光の評判

料金面でやや不利なフレッツ光ですが、評判は悪くないです。

実際、光コラボに転用したユーザーからは、「光コラボに転用した瞬間から通信速度が遅くなった。」という口コミや、「フレッツ光に戻りたいけどできるのか?」という声が数多く聞こえてきます。

しかし、フレッツ光から光コラボに一旦転用してしまうと、元のようにフレッツ光に戻ることはできず、光コラボを解約し、もう一度新規でフレッツ光と契約するしか方法がないのが現状です。

ですので、光コラボで転用し、通信品質が低下したユーザーからあきらめを伴う悲鳴がネット上多く挙がっているのでしょうね。

フレッツ光のおすすめ記事がこちら↓

フレッツ光の法人料金を分かりやすく解説!個人との違いはなに?

2.やっぱりフレッツ光が良い!フレッツ光のメリット

テレビCM等では、光コラボをおすすめする情報ばかりが流れているというのが現状ですが、これから、フレッツ光のメリットについてお話ししていこうと思います。

テレビ等では、あまり聞けない内容ですので、是非、参考にしてみてくださいね。

2−1.対応が全然違う!

テレビCM等でお得な情報が一気に流れ、多くのユーザーが光コラボに転用しました。

その結果、光コラボの申込センターやサポートセンターの電話が混雑し、なかなか繋がらず、不安やイライラを感じたユーザーがたくさんいます。

しかし、フレッツ光でしたら、サポート体制も整っており、対応するオペレーターもNTTソルコというNTT系列のコールセンター専門会社が担当しているので、オペレーターの質がとても高いです。

更に、フレッツ光はトラブルの状況等に応じて、窓口がしっかりと決まっているのというのも、とても安心ですね。

(参考URL https://flets.com/customer/contact_tel.html)

2−2.プロバイダが変更できる!

フレッツ光は自由度がとても高いですね。

プロバイダを自由に変更できますので、様々なプロバイダのサービスを自由自在に体験することができます。

例えば、通信速度が遅くなってしまうようなプロバイダに加入してしまっても、いつでも、自由にプロバイダ変更ができますので、通信品質を確保することが容易にできます。このメリットはとても大きいですよ。

2−3.速度が安定

今まで使い続けているフレッツ光ですので、そう簡単に速度等の通信品質が変わるとは思えません。

今の通信品質は、これからも設備増強によって良くなることはあっても、悪くなることはないでしょうね。

この安心感もフレッツ光の大きなメリットです。

2−4.NTTブランド

NTTは電電公社時代から、すっと通信事業を牽引してきた巨大企業です。

信頼性、品質ともに日本のデファクトスタンダードですので、これ以上安心な事業者はないですよね。

そして、1999年の組織再編成以降、NTTの分社化が進み、NTTグループ傘下の各会社は、ますます、専門性を強めた企業へと進化し続け、日本の通信事業の牽引者として、これからもその地位に君臨し続けるのでしょうね。

そんなNTTブランドがイチオシで提供しているフレッツ光だからこそ安心感が半端ではないですよね。

2−5.料金もプロバイダ次第でお安く!

フレッツ光に対応したプロバイダは、数多くあり、料金設定も様々ですので、お安いプロバイダを選べば、料金節約になります。

例えば、「BBエキサイト」で戸建マンションともに月額500円、「WAKWAK」のマンションが600円、「DTI」のマンションが680円、「ASAHIネット」の戸建が780円、マンションが700円など、1,000円を切るプロバイダも結構あります。

そして、料金が安くても通信品質がイマイチだった場合でも、プロバイダ変更ができるというのが、フレッツ光の利点ですよね。

3.光コラボとの違いまとめ

フレッツ光と光コラボの違いについてまとめると次のとおりです。

項目 フレッツ光 光コラボ
料金

プロバイダ次第でお安くなる場合もあります。

 

基本料金の安さや、割引サービスがメリットです。

プロバイダ変更

 

いつでも自由に変更できます。

 

ドコモ光などは、指定のプロバイダであれば変更ができます。

しかし、ほとんどの事業者がプロバイダ固定です。

安定性  

今までの安定性がずっと続きます。

 

不安定な事業者も実際にあるようです。

転用

 

光コラボに簡単に転用できます。

 

フレッツ光に戻すことも、別の光コラボに再転用することも不可。

解約しかありません。

電話番号

 

プロバイダが変わっても電話番号は変わりません。

 

光コラボで乗り換えの場合は解約になりますので、電話番号が変わってしまう可能性が大きいです。

サポート体制

 

サポート体制が整っています。

 

2015年に始まったばかりのサービスですので、まだサポート体制がイマイチな事業者もあります。

4.こんな人はフレッツ光がいいかも!

フレッツ光は、速度が安定していますので、通信品質を落としたくないユーザーにおすすめですね。

そして、プロバイダ変更が自由ですので、プロバイダが実施する新しいインターネットサービスやオプションサービスをいち早く体験したいという「新しい物好き」なユーザーにも自信を持っておすすめできますね。

そして、いざという時のサポートも充実していますので、インターネットについてあまり詳しくないユーザーにもおすすめですよね。

こちらの記事もおすすめです!

インターネット料金比較!大手15社の料金プランまとめて徹底調査!

5.まとめ

こうしてみてきたとおり、フレッツ光にはかなり多くのメリットがあります。

テレビCM等では、光コラボのお得さばかりが強調されていますが、簡単に料金だけをみて転用してしまうと、後々、通信速度やサービス面で不満が出てきた場合でも、そう簡単にフレッツ光に戻したり、別の事業者に乗り換えたりできなくなります。

こういう光コラボのデメリットについての情報はあまり積極的に公表されていませんので、注意が必要だと思います。

ですので、今、フレッツ光を利用しているユーザーは、光コラボにはないフレッツ光の多くのメリットもしっかり踏まえたうえで、光コラボに転用した方が良いか、フレッツ光を使い続ける方が良いのか決めていくのが最善の方法だと思います。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*