ひかり速トクの解約金はいくら?3ステップで簡単手続き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
パソコン画像

ひかり速トクは主に法人向けプロバイダのメインに展開している株式会社アイエフネットが展開する光コラボです。特徴は光コラボの相場に比べ料金が割高な設定になっていることです。

そこで今回は、ひかり速トクの違約金を考慮しながら、解約時期について考えていこうと思います。

1.ひかり速トクの解約金まとめ

ひかり速トク画像

ひかり速トクの解約金は案外高額です。

具体的には次のとおりです。

<ひかり速トクの解約金>
項目 NTT東日本エリア NTT西日本エリア
プラン 戸建て マンション 戸建て マンション
契約期間 3年
自動更新
2年
自動更新
3年
自動更新
3年
自動更新
解約金
1年以内 29,800円 19,800円 29,800円 29,800円
2年以内 19,800円 9,800円 19,800円 19,800円
3年以内 9,800円 19,800円 9,800円 9,800円

違約金はこのようになりますので、おすすめの解約時期は次のとおりです。

    • 東日本エリアの戸建てプランの場合
      →3年契約ですので、3年後の更新月に解約(解約金0円)
      →1年目経過時点での解約(解約金19,800円だが、今後一年間続けると一般的な光回線の料金差額を考えると12,960円✕2年間=25,920円の料金差額が出るので、19,800円の解約金を払った方がお得)
    • 東日本エリアのマンションプランの場合
      →2年契約ですので、2年後の更新月に解約(解約金0円)
      →1年目経過時点での解約(解約金19,800円だが、今後一年間続けると一般的な光回線の料金差額を考えると17,760円✕2年=25,520円の料金差額が出るので、19,800円の解約金を払った方がお得)
    • NTT西日本エリアの戸建てプランの場合
      →3年契約ですので、3年後の更新月に解約(解約金0円)
      →2年目経過時点での解約(解約金9,800円だが、今後一年続けると5,880円✕3年=17,640円となるので、9,800円の解約金を支払った方がお得)
    • NTT西日本エリアのマンションプランの場合
      →3年契約ですので、3年後の更新月に解約(解約金0円)
      →1年目経過時点で解約(解約金19,800円だが、今後一年続けると20,400円✕2年=40,800円となるので、19,800円の解約金を支払った方がお得)

ということになります。

更新月を待って解約するのも無難ですが、解約金と高額な月額料金と一般的な月額料金との差額を考えて、解約時期を決めるのも良いかもしれませんね。

ちなみに月額の料金についても載せておきますね。料金は次のとおりです。

<ひかり速トク料金>
項目 NTT東日本エリア NTT西日本エリア
プラン 戸建て マンション 戸建て マンション
ひかり速トク 6,280円 5,280円 5,490円 5,300円
光回線相場 5,200円 3,800円 5,000円 3,600円
差額 1,080円 1,480円 490円 1,700円
差額年額 12,960円 17,760円 5,880円 20,400円

このとおり、光回線の相場より割高です。その差額を年額に換算するとNTT西日本の戸建プラン以外は10,000円を超えますね。

2. ひかり速トクの解約の流れ3ステップ

それでは、ひかり速トクの具体的な解約手続きについてお話してみようと思います。

2−1.解約の申し出

まず、アイエフネットひかり速トクサポートセンターへ電話し解約をする旨申し出ます。

<連絡先・受付時間>

0120-286-283 ガイダンス4番 (年末年始を除く9:00~18:00)

2−2.返送

アイエフネットから郵送で「ひかり速トク解約届」が送付されます。(申し出から2営業日後の発送とのことです)「ひかり速トク解約届」が届いたら必要事項を記入して返送します。

なお、返送の方法については、普通郵便ではなく、郵便物を差し出した記録を残せる配達記録郵便や、配達した事実を証明してくれる配達証明郵便で送付することを強くおすすめします。

2−3.解約物の到着

アイエフネットへの解約届の到着をもって解約受付となります。アイエフネットで“当月25日までの消印”の解約届を受領した場合は、「当月末日」での解約となります。

アイエフネットで“当月26日以降の消印”の解約届を受領した場合は、「翌月末日」での解約となります。

(参考URL http://faq.if-n.ne.jp/?p=1425

3. ちょっと待って!解約前の注意点!

さて、解約前の注意点についてお話します。

  • 電話番号について
    →ひかり速トクを辞めると解約扱いになります。このため、現在使っている電話番号が解約と同時に消滅してしまいますので、番号ポータビリティーの手続きを必ず行ってください。
    なお番号ポータビリティーで電話番号を残す場合は、一旦NTTのアナログ回線へ新規申し込みすることになります。その後、フレッツ光や光コラボなどへ新規で申し込みすることになりますので、注意が必要です。
  • メールアドレスについて
    →ひかり速トクでは、無料で3個のメールアドレスが付与されますが、解約と同時にこれらのメールアドレスは消滅します。
    もし、ひかり速トクのメールアドレスを使っている場合は、メール住所録に記載されている方たちにメールアドレス変更の連絡をする必要があるかもしれません。
  • オプションについて
    →ひかり速トクが提供しているオプションに加入している場合、ひかり速トクの解約と同時にオプションサービスが利用できなくなります。
    また、有料オプションの場合、料金関係でのトラブルを避けるため、ひかり速トクの解約前に有料オプションの窓口に解約する旨の連絡を入れる必要があります。

4.次に乗り換えるべき光回線とは

やはり、ひかり速トクは月額料金が割高ですので、フレッツ光はもちろん、普通の光コラボやKDDIのauひかりやNURO光、西日本エリアでは電力系光回線(eo光、コミュファ光、メガ・エッグ、ピカラ、ビビック光)がおすすめです。

特に、スマホとのセット割を利用する場合は、ドコモユーザーならドコモ光、auユーザーならauひかりや電力系光回線、ソフトバンクユーザーならソフトバンク光やNURO光がお得でおすすめです。

安定感と料金のバランスを考えるなら、戸建て5,100円、マンション3,600円とリーズナブルな料金設定でありながら信頼性の高いOCN光がおすすめです。

また、インターネット業界老舗のBIGLOBE光やnifty光もサポート体制が充実していておすすめです。

これらの光回線の料金は次のとおりです。

<各光回線の料金>
項目 戸建て マンション
東日本フレッツ光
+プロバイダ
5,600円程度 4,000円程度
西日本フレッツ光
+プロバイダ
4,800円程度 4,000円程度
auひかり 5,100円 3,800円
NURO光 4,743円 1,900円~2,500円
eo光 4,953円 3,524円
コミュファ光 5,550円 5,550円
メガ・エッグ 5,300円 4,100円
ピカラ 4,500円 3,400円
ビビック光 4,700円 4,100円
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
OCN光 5,100円 3,600円
BIGLOBE光 4,980円 3,980円
nifty光 5,200円 3,980円

5.まとめ

光コラボは、NTT東日本エリアで約440社、NTT西日本エリアで約290社もあります。サービスも料金も各社様々です。今回のテーマとなっているアイエフネットのひかり速トクもこれらのうちの1社です。

本当に光コラボは珠玉混合です。でも、大手で信頼できて実績もある事業者は限られています。今回、「次に乗り換えるべき光回線」で紹介した光回線は、日本有数の良質な光回線です。

無事にひかり速トクという割高な光コラボを今回に記事によりスマートに解約できたならば、「次に乗り換えるべき光回線」で紹介した安心安全な光回線に乗り換え、快適でリーズナブルな料金でインターネットを楽しみましょう!

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。