オフィス光119の評判と口コミ!サービスや料金詳細も詳しく紹介!

最終更新日: 2017年11月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
フォト画像

インターネットを使うのが当たり前になった現代ですが、便利さや楽しさを追求する個人ユースとは違い、ビジネスシーンでは安定性やサポート体制がとても重要になってきます。

このようなビジネスに特化した法人向けインターネットサービスも業界最大手NTTのフレッツ光をはじめ、様々な事業者が存在しています。今回は、そんな法人向けインターネットサービスの一つオフィス光119についてお話しようと思います。

1. オフィス光119とは

オフィス光119

オフィス119とは、(株)東名が展開する法人に特化した光コラボです。

この(株)東名は、中小企業、事務所、店舗、SOHOなどをメインにインターネット回線だけではなく、ビジネスフォンなどOA機器の導入やメンテナンス、そして、集客アップのためのWEB制作なども行っており、オフィスの総合的なソリューションサービスを提供している会社です。

1−1. オフィス光119の料金

オフィス119は自社プロバイダである「あっとBB」だけではなく、自由にプロバイダを選択することがでる光コラボです。

料金プランは、一般的なインターネット定額使い放題プランの「オフィス119光ベーシック」とインターネット2段階定額(戸建てのみ)の「オフィス光119アドバンス」、そして、電話専用プラン(戸建てのみ)の「オフィス119光スマート」の3プランが用意されています。

ここでは、フレッツ光と「オフィス119光ベーシック」の料金を比較してみようと思います。

<料金比較・戸建てプラン>
項目 オフィス光119 フレッツ光

NTT東日本

フレッツ光

NTT西日本

月額基本料金 4,300円 5,700円 5,400円
にねん割 -700
マンスリーポイント適用 -100円
Web光もっと2割 -1,590円
回線のみの料金 4,300円 4,900円 3,810円
<料金比較・マンションプラン(光配線方式プラン2の場合)>
項目 オフィス119

NTT東日本エリア

フレッツ光

NTT

東日本

オフィス119

NTT西日本エリア

フレッツ光

NTT

西日本

月額基本料金 2,750円 3,350円 3,000円 3,200円
にねん割 -100円
マンスリーポイント適用 -100円
Web光もっと2割 -670円
回線のみの料金 2,750円 3,150円 3,000円 2,530円

この料金比較からは、NTT東日本エリアならばフレッツ光よりもオフィス光119の方がお得ですが、NTT西日本エリアでは、オフィス光119よりもフレッツ光の方がお得という結果になりました。

次に、オフィス光119光回線に自社プロバイダ「あっとBB(月額800円)」に加入した場合と他社光コラボとの料金を比較してみます。

<料金比較・オフィス光119+あっとBBと光コラボ>
光コラボ 戸建て マンション
プラン2※ プラン1※ ミニ※
オフィス光119

+あっとBB

5,100円 東 3,550円 3,950円 4,550円
西 3,800円 4,000円 4,400円
OCN光 5,100円 3,600円
BIGLOBE光 4,980円 3,980円
nifty光 5,200円 3,980円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
auひかり 5,100円 3,800円

※オフィス光119でのマンションプランのプラン2、プラン1、ミニとは、下表の世帯数の集合住宅のことです。

プラン2 プラン1 ミニ
NTT東日本エリア 16世帯

以上

8~15

世帯

4~7世帯
NTT西日本エリア 6~7世帯

光コラボとの比較でオフィス光119は、戸建てプランだと割安感があり、マンションプランだと、ミニ以外のプラン1とプラン2が光コラボより割安または同等という結果になりました。

1−2.オフィス光119のサービス内容

オフィス光119のサービス内容の特徴は次のとおりです。

  • 「24時間出張修理オプション(戸建て月額3,000円、マンション月額2,000円)」があり、光回線をより安心して利用できる
  • 「データ復旧サービスオプション(月額500円)」があり、パソコン・携帯・タブレットのあらゆるデータ障害に対応している
  • 「ドメインメール119オプション(980円~3,980円)」があり、会社名や商品名を「独自ドメイン」として取得することができビジネスシーンでの信頼性が向上する
  • 光回線だけではなく、OA機器の導入・メンテナンスに加え、集客アップのためのWEB制作などビジネスを支える様々なサービスがあること
  • NTTでは開通できなかったようなテナント・雑居ビルなど、難易度の高い案件でも開通できる可能性があること

このように、オフィス光119では、ビジネスユースに特化したオプションやサービスが用意されています。また、NTTでは開通できなかったような場所でも開通の可能性があるというのは大きな魅力ですね。

2. オフィス光119の評判と口コミ

オフィス光119について、ネット上での評判と口コミをみていこうと思います。

2−1.sns上での評判

勧誘電話が煩わしいという評判が多数ありました。オフィス光119に限らず、どの光コラボ事業者も勧誘電話について多くの方が不満を持っているようです。

一方、回線速度やサービス内容についての情報はありませんでした。

2−2.実際の利用者の評価

利用者サイドからの口コミなどの情報は特にありませんでした。これは、悪いことではありません。

ネット上で広がりやすいのはネガティブな評判や噂ですので、ネガティブな口コミがないということは、利用者が概ねオフィス光119に満足しているということかもしれません。

もし契約に関して不安な場合などは、決して1人で悩まず、相談窓口を利用しましょう。

◇無料のインターネット相談窓口にお問い合わせ

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715 (通話料無料)
【受付時間】10:00~20:00

3. オフィス光119をおすすめ出来る人出来ない人

オフィス光119のメリットデメリットを含め、どのような人におすすめとなる光コラボなのかみていこうと思います。

3−1. オフィス光119がおすすめ出来るのはこんな人

次のような方にオフィス光119おすすめです。

  • 24時間出張修理などサポート体制を重視する人
  • ビジネスシーンでネット以外にも色々相談したい人
  • 料金面でフレッツ光より割安なNTT東日本エリアで光回線を利用する人
  • NTTでは開通できなかったような所に光回線を引きたい人
  • プロバイダを自由に選びたい人

3−2. オフィス光119をおすすめ出来ない人

  • 料金面でフレッツ光より割高になるNTT西日本エリアで光回線を利用する人
  • 割引額が高いスマホとのセット割などを利用し、格安料金でネットを使いたい人
  • 安心感のある業界大手の光回線を使いたい人

4.まとめ

オフィス光119は、「オフィスのお困りごと解決」が本業の(株)東名が展開している光コラボですので、ビジネスでネットを使いたい方にとっては、ネット以外のことも安心して相談できるビジネスパートナーとなり得るかもしれません。

一方、個人利用でもNTT東日本エリアにお住まいの方にとっては、フレッツ光よりも割安で、プロバイダも自由に選択できますので、良い選択肢になるかもしれません。

NTTでは開通できなかったような所に光回線を引きたい方にとっては、希望の光になるかもしれません。ただ、電話勧誘による契約には注意が必要です。

これは、オフィス光119だけに限ったことではないのですが、電話勧誘による光回線契約でのトラブルは数多くあり、国民生活センターでも注意喚起が行われています。

しかし、オフィス光119は料金もサービス内容も評判も悪くはありません。

電話勧誘などではなく、公式Webサイトなどでしっかり契約内容を確認した上で申し込むならオフィス光119という光回線は、ビジネスユースでも個人ユースでも、目的次第で大変魅力的な光回線になりそうですね。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。