労働契約法

労働法の改正により、有期労働契約が通算5年を超えて更新された場合には、労働者からの申し込みにより無期労働契約へ転換されるという「5年ルール」がまもなく適用されようとしています。
労働法の改正