新築戸建てにおすすめのインターネット回線は?条件別に紹介

インターネット回線 比較、光回線 引っ越し

待ちに待った新築戸建て。

せっかくなので利用するインターネット回線もしっかりと選びたいところですが、たくさんあってどこにしたらいいのか迷いますよね。

インターネット回線選びは優先したいことによっておすすめが変わるため、申し込む前の下調べがとても重要です。

ここでは新築戸建てでインターネット回線をどこにしたらいいか悩んでいる方向けに、条件別のおすすめを紹介します。

これで自分に一番合ったお得な回線が分かりますよ。
尚、インターネット回線は数多く存在します。色々比較したかったり、選択に迷う場合はインターネットの総合窓口で無料相談を受けてみるのもよいでしょう。

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

1.新築戸建てでインターネット回線を選ぶ時の基準

まずは新築戸建てでインターネット回線を選ぶ際に重視されやすい5つの条件を、それぞれ確認してみましょう。

1-1.テレビの視聴条件

テレビをインターネット回線で見るかどうかは大事なポイントです。

そもそも新築戸建て物件でテレビを見るには、アンテナを立てる光回線のオプションを利用するケーブルテレビに加入するのいずれかをしなければなりません。

このうちインターネット回線を利用しながらテレビも視聴する場合には、光回線のオプションを利用するケーブルテレビに加入するかのどちらかとなりますが、地上波やBSが見たいかどうかで選ぶべきインターネット回線は変わります。

なぜなら選ぶサービスによっては、地上波やBSが見られないものもあるからです。

インターネット回線ごとに地デジやBS、CS視聴が可能かどうかは次の通りです。

回線名BS、CS視聴
フレッツ光
auひかり×
ケーブルテレビ
NURO光

つまり地デジやBSを見たい場合にはauひかり以外を選ばなければならないということで、auひかりを利用しながら地デジ等を見たい場合には、別途アンテナを立てる必要があるので注意が必要です。

NURO光を「△」にした理由は、NURO光のテレビサービスが少し特殊だからです。

フレッツ光のテレビサービスは「フレッツテレビ」と「ひかりTV」を選択ができます。

「フレッツテレビ」を簡単に説明すると、TVアンテナの代用として利用ができます。その為配線を施しているすべてのテレビが同様に地上波やBSが視聴できます。

また、「ひかりTV」は光回線のルーターとテレビの間にチューナーを接続し、テレビの入力切替を行うことで視聴できるサービスです。

一方NURO光のテレビサービスは、「ひかりTV for NURO」というサービスのみです。

「ひかりTV for NURO」は「ひかりTV」と中身は同じサービスです。また、「ひかりTV」の最大接続台数は2台までですし、ひとつのルーターに対して2台チューナーを繋ぐことになると配線も目立ちます。

その為、新築戸建てでTVを光回線で視聴したい場合、NURO光はおすすめとは言えませんね。

1-2.キャンペーンの適用条件

次に適用したいキャンペーンによっても選ぶべきインターネット回線は変わってきます。

その代表的なキャンペーンは「スマホ割」で、スマホ割とはインターネットとスマホの両方で同じ企業のサービスを利用することで毎月のスマホ代が割引になるキャンペーンのことです。

スマホ割の適用条件は各社違います。割引額もスマホの契約内容に応じて変動しますが、概ね「1電話回線当たり毎月最大1,000円」、割引期間は「永年」となっています。また、家族も割引を受けることができるため、とてもお得でぜひ利用したいキャンペーンとなっています。

インターネット回線ごとのキャンペーン名と料金が安くなるキャリアは次の通りです。

回線別スマホ割適用のキャリア

インターネット回線名キャンペーン名スマホ割適用のキャリア
ドコモ光スマホ割NTTドコモ
ソフトバンク光おうち割ソフトバンク

ワイモバイル

ソフトバンクエアー
※NURO光
auひかりauスマートバリューau

UQモバイル

ビッグローブ光
So-net光
ケーブルテレビ

(※ NURO光の場合ソフトバンクの割引は適用になりますが、ワイモバイルの割引は適用できません)

例えばスマホ割を適用したい場合、ドコモユーザーであれば「ドコモ光」一択となり、ソフトバンクユーザーであれば「ソフトバンク光」と「ソフトバンクエアー」、「NURO光」の3つの中から選ぶ形になります。

このようにスマホ割を重視し適用したいと考えた場合には、スマホ割が適用できるインターネット回線を選ぶことになります。

また、この他にもサービス毎に独自のキャンペーンを行っており、代表的なのは「キャッシュバック」と「開通工事費無料」、「乗り換え違約金負担」です。

公式サイトや代理店のホームページでは適用条件等の詳細を見ることができるので、スマホ割と合わせて確認しましょう。

1-3.工事の有無

インターネット回線を選ぶ上では工事の有無も重要です。

なぜならフレッツ光やauひかりなどを始めとした光回線は、利用するのにどうしても配線工事が必要で、壁に穴を開ける必要があるからです。

せっかくの新築にできれば穴を開けたくないという思いはだれでも同じですよね。

そんな時にはモバイル回線の利用も視野に入れましょう。

モバイル回線はWiMAXソフトバンクエアーのような、無線でインターネットが利用できるサービスのことで、配線が必要ないので工事も必要ありません。

また工事が必要ないので、申し込んでから利用開始までが早いというメリットもあり、工事費もかかりません。

工事をしたくない場合には、モバイル回線も検討してみましょう。

1-4.固定電話の有無

光回線ではどこも基本的に「光電話」のオプションがあり、インターネット回線を利用したIP電話を利用することができますが、中には光電話のオプションがない光回線もあります。

光回線では当たり前のようになっているサービスですが、意外な落とし穴としてこちらも気を付けましょう。

1-5.インターネット利用時の通信速度

オンラインゲームなどではインターネットの通信速度はとても重要で、遅いとキャラの動きがカクカクしたり、ワープしたり、攻撃が当たったのに当たっていない判定になってしまったりしてとても楽しめません。

通信速度を重視する場合には、断然光回線になります。無線通信は障害物や距離によって減衰し不安定になってしまうからです。

これに比べて光回線は有線通信なので減衰も少なく、通信の安定性も高くなっています。

高画質動画を多く視聴する、ユーチューブに動画をよくアップロードする、ディトレーディングをするといったように通信速度を重視する使い方をする場合には、光回線を検討するべきでしょう。
もし自分に合った光回線がどこか分からない、沢山ある光回線を一つ一つ調べるのが面倒くさいなどありましたら、
こちらのサービスでは無料でインターネットの悩み事を解決してくれたり、最適な回線プランを教えてくれます。

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)※番号をタップするとすぐ相談出来ます
【受付時間】10:00~21:00

私も以前利用しましたが、通信速度と価格のバランスが取れた光回線を紹介してもらいました。

2.光回線で地上波放送も見たい方

光回線で地上波放送も見たい方におすすめなのが、ソフトバンク光ドコモ光です。

尚、光回線で地上波放送を見たい場合は、少し内容が複雑です。
すでに申込している場合や、光回線で地上波放送を受信しようと検討している場合は、一度選んだ方法が正しいのか下記の相談窓口で無料相談にて確認してみるとよいでしょう。

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)※番号をタップするとすぐ相談出来ます
【受付時間】10:00~21:00

2-1.ソフトバンク光

ソフトバンク光では「ソフトバンク光テレビ」か「ひかりTV」というどちらかのオプションを利用することで、アンテナ不要で地デジもBSも視聴することができます。

この2つの違いは料金視聴できるコンテンツで、地デジとBSのみの視聴でいい、もしくはスカパーも見たいのであれば「ソフトバンク光テレビ」、ひかりTV独自のチャンネルや映画やドラマなどを視聴したいのであれば「ひかりTV」となります。

また、ソフトバンク光では他社からの乗り換えの際に発生する違約金を負担してくれるキャンペーンを行っており、さらにスマホがソフトバンクであれば毎月の料金が安くなる「おうち割」も適用できます。

まずソフトバンク光の各種料金は次の通りです。

ソフトバンク光各種料金

タイプ月額利用料金契約事務手数料工事費
戸建て5,720円3,300円26,400円
マンション4,180円

※全て税込価格です。

ただし工事費は、乗り換え新規や引っ越しの場合実質無料になります。

次にソフトバンク光テレビの各種料金は次の通りです。

ソフトバンク光テレビ各種料金

料金種別金額
月額利用料金テレビ伝送サービス利用料495円
テレビ視聴サービス利用料320円
初期費用契約料(1契約ごと)3,080円
工事費光回線同時工事13,200円
テレビ伝送サービス単独工事18,150円

※全て税込価格です。

月額利用料金は2つに分かれていますが、利用する場合にはどちらも掛かるためソフトバンク光テレビの月額利用料金は825円/月(税込)となります。

これは、フレッツ光回線の「フレッツテレビ」を利用しているため、月額料金もフレッツテレビと同じです。しかし、ソフトバンク光は本来2年契約ですが、「ソフトバンク光テレビ」を契約する場合は5年契約を選択でき、その場合毎月550円の割引が受けられます。

また工事費は光回線敷設と一緒に行うか別に行うかで変わってきて、別に行うと4,500円高くなってしまいます。

そしてスカパーも利用したい場合には、別途月額利用料がプランに応じて掛かります。

続いてひかりTVの各種料金は次の通りです。

ひかりTV各種料金

プラン月額利用料金チューナーレンタル料金月額
基本放送プラン(地デジ・BSのみ)1,100円550円
ビデオざんまいプラン2,740円
テレビオススメプラン
お値打ちプラン3,850円

※全て税込価格です。

プランは4つに分かれていて、それぞれ視聴できるコンテンツが変わります。またチューナーレンタルはどのプランでも必須になっています。

そしてひかりTVでは登録料や工事費が掛からないため、初期費用が安く抑えられます。

ソフトバンク光のメリット
  • 工事費が実質0円なので初期費用が安い。
  • 以前使っていたインターネット回線の違約金もキャッシュバック
  • ソフトバンクスマホとのセット割「おうち割」だけではなく、ワイモバイルスマホとのセット割「光セット割」も適用できてお得

 

ソフトバンク光のデメリット
  • 初期工事により新築住宅を傷つけてしまう。
  • 光BBユニットをレンタルしないと通信速度が最大100Mbpsまでしか出ない

 

2-2.ドコモ光

ドコモ光では「ドコモ光テレビオプション」か「ひかりTV 」というどちらかのオプションを利用することで、アンテナ不要で地デジもBSも視聴することができます。

この2つの違いは料金視聴できるコンテンツで、地デジとBSのみの視聴でいい、もしくはスカパーも見たいのであれば「ドコモ光テレビオプション」、ひかりTV独自のチャンネルや映画やドラマなどを視聴したいのであれば「ひかりTV 」となります。

また、ドコモ光ではスマホとセットの利用で毎月の料金が安くなる「スマホ割」もあり、ドコモユーザーにはとてもお得です。

まずドコモ光の初期費用は次の通りです。

ドコモ光初期費用

タイプ工事費契約事務手数料
戸建て現在無料3,300円
マンション

※全て税込価格です。

そしてドコモ光の月額料金は次の通りです。

ドコモ光月額料金

タイプ別月額料金
タイプAタイプB単独タイプ
戸建て2年契約5,720円5,940円5,500円
期間なし7,370円7,590円7,150円
マンション2年契約4,400円4,620円4,180円
期間なし5,500円5,720円5,280円

※全て税込価格です。

ドコモ光は選ぶプロバイダと2年契約にするかどうかで月額料金が変わります。

次にドコモ光テレビオプションの各種料金は次の通りです。

ドコモ光テレビオプション各種料金

料金種別金額
月額利用料金テレビオプション伝送サービス495円
スカパーJSTA施設利用サービス323円
初期費用契約事務契約料 ※12,200円
スカパーJSAT施設利用登録料 ※23,080円
工事費基本工事料 ※23,300円
テレビ接続工事料 ※21台:7,150円
2~3台:21,780円

※全て税込価格です。

※1ドコモ光との同時申し込みの場合には無料
※2スカパーとの同時申し込みの場合には無料

月額利用料金は2つに分かれていますが、利用する場合にはどちらも掛かるためドコモ光テレビオプションの月額利用料金は750円/月となります。

またテレビ接続工事料は利用するテレビの台数で変わってきます。

そしてスカパーも利用したい場合には、別途月額利用料がプランに応じて掛かります。

続いてひかりTV for docomoの各種料金は次の通りです。

ひかりTV各種料金

プラン月額利用料金チューナーレンタル料金月額
基本放送プラン(地デジ・BSのみ)1,100円550円
ビデオざんまいプラン2,750円
テレビオススメプラン
お値打ちプラン3,850円

※全て税込価格です。

プランは4つに分かれていて、それぞれ視聴できるコンテンツが変わります。またチューナーレンタルはどのプランでも必須になっています。

そしてひかりTVでは登録料や工事費が掛からないため、初期費用が安く抑えられます。

ドコモ光のメリット
  • 2024年2月 現在、工事費費無料キャンペーンが実施されているので、初期費用が安い。
  • ドコモスマホとのセット割が適用できてお得。
  • 対応プロバイダの中から自由にプロバイダを選択できる。
  • ドコモ光dポイントプレゼントキャンペーン中だと、最大20,000ptもらえる

 

ドコモ光のデメリット
  • 初期工事により新築住宅を傷つけてしまう。
  • タイプA以外の料金プランだと割高になる。

 

3.工事なしでインターネットを使いたい方

新築なので工事で穴を開けられたくないという場合には、工事不要でインターネットが利用できるサービスを検討しましょう。

3-1.ソフトバンクエアー

工事なしでのインターネットの利用を重視する場合にはソフトバンクエアーがおすすめです。

ソフトバンクエアーは置き型無線ルーターである「Airターミナル」をコンセントに差すだけでインターネットが利用でき、工事が不要なので申し込みから利用開始までが1~7日程度と光回線よりもとても早く、さらに工事費も掛からないのが特徴です。

ソフトバンクエアーの各種料金は次の通りです。

ソフトバンクエアー各種料金

料金種別金額
初期費用機器代実質無料
契約事務手数料3,300円
月額料金1~12ヵ月目3,080円
13ヶ月目以降5,368円

※全て税込価格です。

ソフトバンクエアーのメリット
  • モバイル回線を使っているため、新居に傷をつける開通工事が不要。
  • 工事がないので工事費もかからず、初期費用が安い。
  • 月額料金も5,000円を切っており割安。
  • エアーターミナルが自宅に届き、電源を入れるだけで簡単にインターネットに繋がる。
  • 通信速度は、下り最大261Mbps(主要都市の一部エリアでは下り最大350Mbpsを提供中)と高速。実測値でも20Mbps~90Mbpsは出るので、You Tubeの視聴やWeb閲覧などネットを普通に使うには問題なし。
  • 電波状況などにより通信速度が出ない場合でも「8日間キャンセル」があるので、「お試し利用」ができる。
  • プラス500円で、光回線の光電話に相当する固定電話「おうちのでんわ」が使えるので、固定電話の通話料も格安。
  • ソフトバンクスマホとのセット割「おうち割」だけではなく、ワイモバイルスマホとのセット割「光セット割」が適用できお得。
  • モバイル回線を使っていても、容量無制限の使い放題で、WiMAXように3日間10GB制限もなし。

 

ソフトバンクエアーのデメリット
  • 光回線より通信速度が遅く、特に上り回線では最大10Mbps。
  • 電波状況が建物の構造やエアーターミナルの置き場所によって影響される。

 

4.インターネットの通信速度を重視したい方

そしてインターネットの通信速度を重視したい場合には、NURO光auひかりがおすすめです。

4-1.NURO光

NURO光の特徴は通信速度の速さで、フレッツ光を始めとした光回線サービスのほとんどで最大通信速度が1Gbppsなのに比べて、NURO光は2Gbpsと倍の速度を誇っています。

これは他と通信方式が異なるからで、NURO光のそれはデータを効率的に集約できるものとなっているため速くなっています。

また、ソフトバンクスマホユーザーであれば毎月のスマホ代が安くなる「おうち割」も適用できてお得です。

NURO光の各種料金は次の通りです。

NURO光各種料金

タイプ月額利用料金契約事務手数料工事費
戸建て5,200円
3,300円
実質無料
マンション

※全て税込価格です。

NURO光の工事費は、現在キャンペーンで実質無料となっています。

NURO光のメリット
  • 料金が5,000円を切っており他社より割安。
  • 工事費が実質0円なので、初期費用が安い。
  • 通信速度が下り最大2Gbpsと日本最高速。
  • NURO光でんわ(東日本月額550円、西日本月額330円)、ホワイトコール24(無料)に加入するとソフトバンクスマホとのセット割「おうち割」が適用できてお得。

 

NURO光のデメリット
  • 初期工事により新築住宅を傷つけてしまう。
  • サービス提供エリアが狭い(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県 の一部地域のみ)
  • 現在最も普及している有線LANの通信速度は最大1Gbpsまでなので、2Gbpsの性能を最大限に引き出せない。

 

4-2.auひかり

auひかりはNURO光と違って最大通信速度は1Gbpsですが、フレッツ光や光コラボが利用する回線とは別のものを利用しているため、他に比べて通信速度が速いのが特徴です。

さらにauひかりでは、他社からの乗り換え時に発生する違約金を負担してくれるキャンペーンを行っており、さらにauスマホユーザーであれば毎月のスマホ代が安くなる「auスマートバリュー」も適用できるのでお得です。

auひかりの各種料金は次の通りです。

auひかり各種料金

タイプ月額利用料金契約事務手数料工事費
戸建て5,610円
3,300円
41,250円
マンション4,180円
33,000円

※全て税込価格です。

auひかりの工事費は、ネット+電話のプランで申し込むと実質無料になります。

auひかりのメリット
  • 工事費が実質0円なので初期費用が安い。
  • 以前使っていたインターネット回線の解約金も還元。
  • auスマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用できてお得。
  • 対応プロバイダの中から自由にプロバイダを選択できる。

 

auひかりのデメリット
  • 初期工事により新築住宅を傷つけてしまう。
  • auひかりはKDDI独自の回線のため、フレッツ光や光コラボに乗り換えると、さらに工事が必要になり、より一層住宅を傷つけてしまう。
  • 東海地方(愛知県、三重県、岐阜県、静岡県)と近畿地方(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県)がエリア外

 

5.新築・新居でネット工事をする場合の注意点

新築の住宅で光回線に申込んだ場合、光ファイバーの引き込み工事が100%必要になります。

この工事には、本人や家族の立ち会いが必要なのでしっかりとしたスケジュール調整が必要です。

また、工事が集中する時期に申込んだ場合は、工事日が月単位で遅くずれ込む場合もあり、インターネットができない期間が出てしまう可能性がありますので、注意が必要です。

ただし、今回紹介したソフトバンクエアーでは、モバイル回線を使っているため、工事がありませんので安心です。

ネットでの情報によると、申し込みから一週間程度でエアーターミナルが届くようですので、インターネットができない期間はほとんどなさそうですね。

ちなみに新築のインターネット回線選びに迷ったら下記の相談窓口に相談してみてもいいですね。
無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)※番号をタップするとすぐ相談出来ます
【受付時間】10:00~21:00

一人で悩むよりもずっと気が楽にもなりますよ。

6.まとめ

光回線の通信速度は最大1Gbps程度と高速なのですが、普通に動画を観たりWebサイトの閲覧やSNSを楽しんだりするために必要な通信速度は10Mbps程度あれば十分です。

1Gbps=1,000Mbpsですので、普通にネットを楽しむために必要な10Mbpsは、この1/100ということになります。

新築の住宅を傷つけて、しかも月額5,000円を超える料金を支払ってまでムダに高速な光回線を使うことに疑問を感じる人にとっては、ソフトバンクエアーがおすすめです。

また、ソフトバンクエアーでは、高額な割引額なソフトバンクやワイモバイルスマホとのセット割が適用できることも大きな魅力ですね。

一方、大きなデータをDropboxなどのクラウドストレージで扱う場合や、ユーチューバーのように動画ファイルのアップロードを頻繁に使う人にとっては、光回線のほうが有利です。

特に、NURO光はとても高速で、料金もお安いので、NURO光のサービス提供エリア内に住んでいる人にはイチオシです。また、3大キャリアが展開している光回線も高額な割引額のスマホとのセット割があるため、料金面での魅力は大きいですね。

今回紹介したインターネット回線5選は、どの回線も信頼性も実績もある大手事業者が運営する回線ですので安心です。

インターネットを使う目的に応じてこの5回線から、自分にとってベストなインターネット回線を選び、新築のマイホームでストレスなく快適にインターネットを楽しみましょう!

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

光回線スタイルの関連記事

監修者:光回線スタイル編集部

光回線の業務に10年以上携わってきたプロが分かりやすくインターネット回線の仕組みを教えます。インターネット回線の比較やスマホ、格安SIMの選び方から勧誘情報等、インターネットに関する最新情報をまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

SNSでもご購読できます。