光コラボのしつこい勧誘で契約してしまったら?解約方法とは

最終更新日: 2020年1月8日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

勧誘電話から光コラボを契約した場合のトラブル件数は、年間8,000件以上となります。

実際に国民生活センターによると、光コラボの勧誘電話についての相談件数は、年々増加しており、2016年2月に公式サイト上で注意喚起が行われています。

<光コラボ勧誘トラブルによる相談件数>

image1

(参考URL  http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20160212_2.html

そして、悪質な勧誘電話を行った光コラボ事業者に対しては、総務省が行政指導を行っているのですが、光コラボの事業者は400社以上もあり、現状の行政による取締体制では、とても追いつかない状況です。

こうなると、トラブルに遭わないようにするためには、こちら側からの自己防衛も必要になってきます。

そこで今回は、光コラボの勧誘電話が来た際の対処方法についてお話しようと思います。

勧誘電話が頻繁にかかってくる状況にある人にとっては必見ですよ!

インターネットの勧誘や光コラボの転用でお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

目次

1.光コラボのしつこい勧誘をする「NTT光コラボ代理店」とは

光コラボのしつこい勧誘をしてくるのは、そのほとんどが「NTT光コラボ代理店」と呼ばれるところです。

そもそもNTTの光コラボとは、NTTの光回線であるフレッツ光を利用して、これに独自の特典を付けて提供するインターネットサービスのことで、ドコモ光やソフトバンク光などをはじめとしてたくさんあります。

そしてこれらの光コラボ事業者は、サービスの販売を自社の他に代理店にも委託する方式をとっていて、光コラボ事業者と販売委託契約を結んでいるのが「光コラボ代理店」になります。

ここでは光コラボ代理店の勧誘の仕方やトラブルの内容、手口やツイッターなどに書き込まれている勧誘への口コミを見てみます。

1―1.NTT光コラボ代理店はどのように勧誘してくるのか?

まずは光コラボ代理店がどのように勧誘してくるのかから見てみましょう。

代理店の勧誘の仕方は、他の勧誘販売と同じように「訪問勧誘」「電話勧誘」のどちらかで行われます。

訪問勧誘

「訪問勧誘」は基本的にアポなしで訪問してきて、マンションにオートロックがあってもすり抜けてくることもあります。

そして訪問勧誘は顔を合わせて話をするため断りづらかったり、営業トークに乗せられてしまったり、威圧感を感じてしまったりして、つい契約してしまうケースが多いようです。

電話勧誘

対して「電話勧誘」は在宅の可能性が高い夕方や休日に電話をしてきます

昔はフリーダイヤルからの電話がほとんどでしたが、ナンバーディスプレイが普及している現在では、より相手が出やすい携帯電話から掛けてくることも多くなっています。

電話勧誘は訪問勧誘に比べて断りやすくはありますが、その手軽さから何度も掛かってくる傾向があり、親や子供が対応してしまう可能性が高いものになっています。

1―2.どのような営業トークで勧誘されるのか?

光コラボの勧誘は巧妙化していて、聞いているとついつい騙されてしまったり、納得させられてしまったりするようなことを言ってきます。

勧誘に乗って契約してしまわないように、ここでは勧誘の手口を見てみましょう。

NTTや関係者を装う

まず代表的なのが「NTT関係の人」と思われるような形で自己紹介をするケースです。

「NTTのコールセンターのものです」

「NTTから来ました」

「NTTから委託されたものです」

といった感じですが、知らない人が聞くとNTTの人か関係会社の人なんだなと思ってしまいますよね。

そう思うと人は安心してしまうようで、その後の営業トークにも騙されやすくなってしまいます。

プラン変更だと思わせる

例えば自分の使っている光コラボだと名乗る人から電話が来て、

「金額が安くなりますので手続きしてください」

と言われたら信用しませんか?

一度信用してしまうと言われたとおりにしてしまいがちで、自分が使っているところからの電話なのでプラン変更の手続きをしているのかなと思っても、実は転用の手続きをさせられていたというケースが報告されています。

「近所迷惑」と言われる

「おたくだけ光コラボにしていないから近所に迷惑をかけている」

と言われると、申し訳なくて乗り換えてしまいそうですよね。

光コラボであってもそうでなくても近所に迷惑をかけることは全くないのですが、高齢者などよく知らないことをいいことに嘘を言って乗り換えさせようとするケースもあります。

情報を聞き出そうとする

「今よりもどれだけ安くなるか確認しますね」

と言って、転用に必要な情報を聞き出すというケースも見られます。

契約するって言ったわけじゃないから大丈夫と思ってしまいますが、勧誘には何を聞かれても教えないほうがいいでしょう。

2.悪質な光コラボの勧誘で契約するとどうなるのか

悪質な光コラボの勧誘では、以下のような危険性があります。

  • 勝手にオプションをつけられる
  • 事前に聞いた金額より高額な利用料を請求される

2―1.勝手にオプションをつけられる

「今よりも安くなりますと何度も言われるので根負けして乗り換えたのに、いざ請求書を見てみると申し込んでいないオプションが付けられていた。」

…という事例も報告されています。

光コラボの勧誘ではこのような「勝手にオプションを付けられる」ということが多く起こっていて、これはオプション契約1件当たりいくらという利益が発生するためのようです。

2ー2.事前に聞いた金額より高額な利用料を請求される

勧誘時には税別の料金で話していることも多いのと、オプションをつけられているため事前に聞いた金額よりも高額な請求が来ることがあります。

そして勧誘の中には「本当は貰えないのにキャッシュバックが貰えるといって騙す」ものもあるようです。

キャッシュバックと同様に、割引キャンペーンも受けられないものがあります。

キャンペーンはサービスによってそれぞれ違う適用条件を設定しているためひとくくりにはできません。

しかし、期間割引や乗り換え違約金負担などにはインターネットからの申し込み限定のものがあるので、その場合には割引などが受けられなくなります。

3.光コラボの勧誘電話が来た際の4つの対処方法

勧誘電話が来た際の4つの対処方法は以下の通りです。

  • NTT関係者になりすましていないか確認!
  • 勧誘電話で即決しない!
  • 「転用承諾番号」は絶対に教えない!
  • 勧誘停止登録する!

それぞれみていきましょう。

3―1. NTT関係者になりすましていないか確認!

光コラボの勧誘手口の鉄板は、NTT関係者になりすますところです。

もし、「もしもしNTTですが」という電話があっても、本当にNTTなのか疑い、電話をしている相手の名前やNTTの部署名、そして電話番号などを確認してみましょう。

そして、実際にNTTへ電話して、確認してみましょう。

なお、NTTへの電話は、相手から聞いた電話番号ではなく、フレッツ光のサポートに電話をしてみましょう。

<フレッツ光のサポート窓口>

NTT東西とも:0120-116116

(受付時間:午前9時~午後5時/土日祝日も営業)

3―2.勧誘電話で即決しない!

勧誘電話では、自社光コラボに契約させることを隠します。

あたかも、フレッツ光の新プランへの変更かのように思わせようとしますが、実際はNTTを解約して、光コラボと契約をさせるつもりです。

このため、勧誘電話でうっかり即決してしまうと、回線事業者が変わってしまうため、月額料金や通信速度などに不満があったとしても、サポート窓口はもうNTTではなく、聞いたことがない光コラボ事業者になってしまいます。

それだけではなく、「解約したい」と申し出ても、解約するためには高額な違約金を請求される場合がありますので注意が必要です。

このことから勧誘電話での即決は絶対NGです!

3―3.「転用承諾番号」は絶対に教えない!

まず、転用承諾番号とは、フレッツ光から光コラボに転用する時に本人確認のために使用される番号で、NTTの公式サイトや電話により取得することが出来ます。

そして、光コラボ事業者は、この転用承諾番号により契約者の情報を取得し、自社光コラボに転用させることが出来ます。

このため、勧誘電話の相手に転用承認番号を教えてしまうと、勝手に自社光コラボに転用・契約させてしまうという悪質な事業者もありますので転用承諾番号は絶対に教えてはいけません。

3ー4.勧誘停止登録する!

勧誘の電話が何度もあって困っている場合には、勧誘電話を停止する手続きをとるとよいです。

勧誘停止登録とはNTTやau、NUROなど、光回線を持つ事業者が電話勧誘を行っている代理店に対して勧誘をしてはいけないリストを渡し、それに違反するとサービスの販売をできなくしてしまうサービスで、手順は次の通りです。

1:電話番号をメモして相手の会社を調べる

まずは掛かってきた電話番号を控えて電話番号検索サイト(https://www.jpnumber.com/)から相手先を調べます。

image3

2:電話勧誘を行ってくる業者の光回線事業者に電話する

次に電話勧誘を行ってくる業者の光回線事業者に電話をします。

各社の電話番号と受付時間は次の通りです。

① NTT

東日本:0120-849-994

西日本:0120-019-390

(受付時間:平日9:00~17:00/土日・祝日・年末年始は除く)

② au

KDDIお客様センター:

0077-777
0120-22-0077

(受付時間:9:00~20:00/土・日・祝日も受付可)

③ NURO

NUROサポートデスク:0120-65-3810

(受付時間:9:00~18:00/1月1日、2日および弊社指定のメンテナンス日は除く)

3:勧誘停止登録の手続きをする

そして勧誘停止登録の手続きを次の流れで行います。

  1. 勧誘停止登録を希望する旨を伝える
  2. 勧誘先の電話番号を市外局番から伝える
  3. 業者名を伝える
  4. 勧誘全てを停止してほしい旨を伝える

これで勧誘停止登録の手続きは終了です。

なお、勧誘停止登録に関しては以下の2点について留意が必要です。

  • 勧誘の停止までには1週間から10日くらいかかる
  • 自分の電話番号が変わると再度停止の手続きをする必要がある

4.光コラボの契約を無料解約する方法

例えば実家の親が騙されて別の光コラボに乗り換えてしまった場合には、どうにかして解約したくなるでしょう。

当然違約金なんか支払いたくないはず。

ここでは違約金の支払いなく解約できる方法を紹介します。

4―1.転用承諾番号を取得してしまった場合

まずは転用承諾番号を取得したが、まだ乗り換え先の契約書が届いていない場合からです。

勧誘されてから経過した日にちで対処法が変わります。

勧誘されてから1〜2日の場合

勧誘されてから1~2日しか経っていない場合には、まずは転用承諾番号の再取得を行いましょう。

転用承諾番号は再取得するとその前の番号が無効になります。

つまり乗り換え手続き完了前であれば、勧誘先に番号を伝えていたとしても手続きをできなくさせられるのです。

転用承諾番号の再取得後には、NTTに電話をして転用の手続きがキャンセルできたかを確認することができますので聞いてみましょう。

転用手続きにはだいたい1週間かかるので、勧誘されてから1~2日くらいしか経っていないのであれば、転用承諾番号の再取得でほとんどの場合には対応できます。

勧誘されてから3日以上経っている場合

次に勧誘されてから数日経っているが、まだ契約書が届いていない場合です。

やはりまず行うことは、転用承諾番号の再取得とNTTへの確認です。

これでキャンセルができていればいいのですが、もし間に合わなかった場合には勧誘をしてきた代理店に電話をします。

そして代理店がダメなら光コラボ事業者に電話をし、それでもだめなら全国にある「消費生活センター」に掛けましょう。

消費生活センターは地方公共団体が設置する行政機関で、事業者への苦情の相談に乗ってくれます。

消費生活センターに相談をしたら、解約を拒み続けていた代理店が違約金なしで解約に応じてくれたというケースもありますのでぜひ活用してみましょう。

4―2.光コラボがすでに開通している場合

すでに光コラボが開通して契約書が届いている場合には、もう転用承諾番号の再取得は意味がありません。

このような場合には先ほど挙げた消費生活センターインターネットの相談窓口に相談をするべきです。

また、もう一つの手段として

「初期契約解除制度の利用」

もあります。

POINT

初期契約解除制度とは…

契約書の受領日から8日間以内であれば利用者側の一方的な都合で違約金の支払いなく契約をキャンセルできる制度です。

クーリングオフ制度に似ていますね。

 

この制度は利用者が事業者に書面を送ることで成立し、相手先は勧誘を受けた販売代理店ではなく契約書に記載されている光コラボ事業者となります。

契約書には初期契約解除に関する条項があるのでそこを確認し、書面に何を記載すべきか把握し記載します。

なおNTT東西のホームページでは「初期契約解除通知書の記入例」がありますので、そちらも参考にしましょう。

参考URL:https://flets-w.com/kaijo/pdf/kaijo.pdf

そして書面の郵送はできるだけ「内容証明郵便」で送ることをお勧めします。

「内容証明郵便」は、

  • 手紙を出したこと
  • 手紙を出した日付
  • 手紙の内容

について郵便局が証明してくれるものになっているので、送ったことの確実な証拠になります。

初期契約解除制度の利用には期限があるので、このような証明はできるだけ残しておくようにしましょう。

ただし初期契約解除制度を利用した場合でも、「日割りのサービス利用料」、「工事費」、「契約事務手数料」は支払わなければならず、決してすべてが無料になるわけではありませんので注意しましょう。

4−3. 自分の親が被害にあわないように対策を!

親が被害に遭うということは、自分が被害に遭うこと以上に心配ですよね。

大多数のお年寄りの方は、光コラボなどのインターネットには詳しくありません。

このため、親など家族が被害に合わないための対策として一番初めにやっておくべきことは、家族間での勧誘電話についての情報の共有です。

実際にあった勧誘電話や迷惑電話についての情報を家族間で共有し、勧誘電話などがあった場合のルールを決めておくと被害に遭いづらくなります。

例えば、

「〇〇が居ないので分かりません」と言い、電話をガチャ切りする

…などのルールを事前に決めておくと被害に遭わずにすみます。

しかし、この方法は同居している場合ならば行いやすい対策なのですが、別居している親などの場合はなかなか難しいところがありそうです。

そこで、少々お金と手間がかかりますが、「迷惑電話防止対策機能」を搭載した電話機を利用するという方法があります。

POINT

「迷惑電話防止対策機能」とは…

データベース化された迷惑電話番号データと一致した相手から電話がかかってくると、自動的に着信を拒否する機能です。

 

この機能により、迷惑電話番号の相手からの電話を受けないことが出来ますので安心です。

迷惑電話の電話番号は、購入時点では警察や自治体などの公的機関から収集された迷惑電話番号のデータがあらかじめ登録されています。

そして、この迷惑電話番号のデータベースも日々更新されますので、安心です。

電話機本体の価格も5,000円~20,000円程度で購入できます。

<迷惑電話防止対策機能を搭載した電話機>

image2

(参考URL http://panasonic.jp/phone/products/gd66/meiwaku.html

5.光コラボに変えてしまうのも効果的

光コラボに変えてしまうのもひとつの手となります。

勧誘の業者は、NTTのフレッツ光からまだ光コラボレーションに転用していない家に勧誘をしてきます。

なんだかよくわからないような光コラボ業者に変わってしまうなら、予め大手のコラボ業者に転用してしまうことが効果的です。

5―1.ソフトバンク光

ソフトバンク光は、スマホ大手3キャリアのソフトバンクが展開している光コラボです。

特徴としては「おうち割」の適用でお得に利用出来ること、キャンペーンが豊富なところです。

ソフトバンク、ワイモバイルユーザーは「おうち割」が適用出来るので大変お得に利用出来ます。

逆にドコモやauユーザーの場合は他社を比較してから検討するといいでしょう。

ソフトバンク光の料金詳細

戸建てプラン マンションプラン
5,200円 3,800円
メリット
  • ソフトバンク、ワイモバイルユーザーの場合おうち割適用により料金が割安になる
  • あんしん乗り換えキャンペーンで他社違約金がほぼ全額返ってくる
  • 工事費無料や引っ越しキャンペーン等キャンペーンが豊富

 

デメリット
  • ドコモやauユーザーの場合、光電話料金にレンタル代が付帯されて割高になる
  • bbユニットやWi-Fiマルチパック等オプションが多く分かりづらい

5―2.ドコモ光

ドコモ光はケータイキャリアのNTTドコモとフレッツ光のコラボです。

ドコモユーザーはセット割が適用出来るので大変お得に利用出来ます。

ドコモ光は指定のプロバイダの中から自由にプロバイダを選択出来る所がメリットです。

逆に他社と比べてCBやキャンペーンが物足りないので他社コラボと比較して検討するといいでしょう。

ドコモ光の料金詳細

タイプ 戸建プラン マンションプラン
タイプA 5,200円 4,000円
タイプB 5,400円 4,200円
単独プラン 5,000円 3,800円
メリット
  • ドコモユーザーの場合セット割適用により料金が割安になる
  • NTTブランドやドコモショップでも対応出来るので安心感がある
  • プロバイダ変更の自由度が高い

 

デメリット
  • キャンペーンやキャッシュバックが他社に比べると少ない
  • タイプBの場合料金が割高

5―3.So-net光

So-net光はソニーネットワークコミュニケーションズが運営しているプロバイダのSo-netとフレッツの光コラボです。

auのスマートバリューが適用出来るのが魅力です。

キャッシュバックが豊富に出ることとauユーザーにはメリットがあります。

ただし、基本料金が若干高めなのが気になる所です。他社と比べて検討するのがいいでしょう。

So-net光の料金詳細

戸建プラン マンションプラン
5,200円 4,100円
メリット
  • auユーザーの場合auスマートバリュー適用により携帯料金が割安になる
  • キャッシュバックが豊富
  • オンラインゲームでの速度に定評がある

 

デメリット
  • 他社と比べると料金が割高
  • NURO光やau光からの乗り換えの場合新規工事費用がかかる

5―4. ビッグローブ光

ビッグローブ光はビッグローブのプロバイダにNTTの光回線を利用した光コラボです。

So-net光同様にauユーザーがお得になるauスマートバリューが適用出来ます。

キャッシュバックやサポートも充実しておりauユーザーにはメリットが多いです。

ただし、3年プランの場合違約金が20,000円と高いのが気になるところ。

しっかりと他社比較してから選んだほうがいいですね。

ビッグローブの光料金詳細

契約期間 戸建プラン マンションプラン
3年契約 4,980円 3,980円
2年契約 5,180円 4,080円
メリット
  • auユーザーの場合auスマートバリュー適用により携帯料金が割安になる
  • auセット割が適用可能で回線料金が割安になる
  • 基本料金が他社と比べて安い

 

デメリット
  • 3年契約の場合違約金が20,000円と高い
  • 他社と比べてキャンペーンが少ない

5―5.OCN光

OCN光はNTTコミュニケーションズが運営しているプロバイダOCNとNTTフレッツ光との光コラボです。

マンションプランの場合、他社と比べて料金が安いのが魅力です。NTTでまとめたい方にはおすすめ光コラボです。

ただし、大手キャリアとの携帯割引がないのが気になるところです。

スマホではなくガラケーでマンション住まいの方は良いのではないでしょうか

OCN光の料金詳細

戸建プラン マンションプラン
5,100円 3,600円
メリット
  • マンションプランが安い
  • NTTグループなので安心感がある

 

デメリット
  • 大手キャリアとの携帯割引がない
  • 他社と比べてキャンペーンが少ない

6.まとめ

以上光コラボの勧誘について、光コラボの勧誘での契約を無料解約する方法や勧誘を阻止、停止する方法について解説しました。

勧誘での乗り換えはデメリットが多く、トラブルも多発しているのでお得ではありません。

そしてやっぱり契約を止めようとしても素直に応じてくれなかったりします。

また、勧誘電話自体を止めたいと思うこともあるでしょう。そんな時にはここで解説した

「インターネットの専門窓口に相談する」

「勧誘停止登録を行う」

といった対策をとるようにしましょう。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

光回線スタイルの関連記事

監修者:光回線スタイル編集部

光回線の業務に10年以上携わってきたプロが分かりやすくインターネット回線の仕組みを教えます。インターネット回線の比較やスマホ、格安SIMの選び方から勧誘情報等、インターネットに関する最新情報をまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。