イースネット(プロバイダ)の評判と口コミ情報!メリット・デメリットから比較

最終更新日: 2019年11月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
イースネット画像

イースネットというプロバイダを聞いたことがありませんか?

イースネットは最近インターネットプロバイダサービスを開始したばかりなので、まだあまり有名ではないかもしれません。

でも新規だとどんなサービスを打ち出しているのか気になりますよね。

ここではそんなイースネットの概要や評判と口コミ、そしてメリット・デメリットを解説します。

これでイースネットが自分に合ったプロバイダかどうかが分かりますよ。

インターネットの勧誘や光コラボの転用でお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

1.イースネット(プロバイダ)とは

始めにイースネットの概要として、運用会社や料金明細、IPv6対応の有無や初期手数料と解約金額を確認してみましょう。

1−1.運営会社

まずはイースネットの運営会社についてです。

イースネットの運営会社は大阪府大阪市にある社員数6名、パート・アルバイト30名の「株式会社イースプラント」というところで、国税庁の法人番号公表サイトで検索すると法人番号指定年月日が2019年3月26日になっていることから、新しい企業であることが分かります。

そしてイースネットも当然新しいサービスになっており、2019年からフレッツ光を始めとしたその他光回線サービスのプロバイダとしてサービスを開始しました。

この企業はホームページがまだなく、企業自体の標板や口コミもネット上にはありません。

そのため企業の信頼性は不明と言えるでしょう。

光回線スタイル編集部
光回線スタイル編集部
これから始まるサービスなので応援していきたいですね。どのような料金詳細なのかみていきましょう。

1−2.料金詳細

さて、イースネットの料金明細についてです。

まず、イースネットのプロバイダ月額利用料金(税別)は次の通りです。

戸建てタイプ マンションタイプ
プロバイダ料 1,480円

なお、イースネットとのプロバイダ契約には必ず最低利用期間が付き、その期間は24か月です。また、イースネットと契約すると無料オプションとして「メールアドレスが3つまで取得可能」、「ホームページ容量1G」が付いてきます。

そしてイースネットには有料オプションが3種類あり、各オプションの月額料金は次の通りです、

オプション名 月額料金(税別)
イースパック 1,000円
イースサポート 1,480円
WEBROOT 1,000円

イースパック」とは「補償のサービスと各種サポートがセットになったサービス」のことで、パソコンやプリンタが壊れた、ゲーム機や音楽プレーヤーが動かないなどといった時に、1年あたり1台1回まで5,000~10,000円の修理保証を受けることができ、修理や交換品を提供してくれるサービスです。

イースサポート」とは「出張サポートとリモートサポートがセットになったサービス」のことで、電話または遠隔操作によるインターネットやメール、プリンターなどを接続・設定してくれる「お助けサポート」や、困った時に自宅へ直接来てサポートしてくれる「訪問サポート」を安い金額で受けることができるサービスです。

WEBROOT」とはアメリカの企業が提供しているセキュリティソフトを利用できるサービスになっています。

1−3.IPv6は対応してるか

従来のインターネット接続方式である「IPv4」よりも高速に通信ができる「IPv6」は、多くのプロバイダが無料で提供しているサービスです。

しかしイースネットでは現在IPv6サービスは提供していません。今後追加されることに期待です。

1−4.初期手数料と解約金

続いてイースネットの初期手数料と解約金についてです。

初期手数料はイースネットと契約をする際にかかる事務手数料のことで、かかる金額は「1,500円(税別)」です。

契約時にかかる費用なので支払いは1回限りです。

次に解約金ですが、イースネットの最低利用期間は24か月となっており、この期間中に解約した場合、違約金として「15,000円(税抜)」の支払い義務が発生します。

2. イースネット(プロバイダ)の評判と口コミ

次にイースネットの標板と口コミを見てみましょう。

2−1. Sns等はどうか

まずはツイッターでイースネットの評判を見てみます。

契約したら大損する

image1

引用元:https://twitter.com/R10255265/status/1194590245833986048

→ イースネットと契約すると大損するという書き込みです。詳細は書かれていませんが、月額料金等が高いことを指しているのでしょうか?

300Kbpsしか出ない

image3

引用元:https://twitter.com/R10255265/status/1192402675398168578

→ イースネットを利用していて300Kbpsしか出ないという書き込みです。300Kbpsだと0.3Mbpsですからものすごく遅く、プロバイダが原因の可能性もあります。

イースネットに変えてから遅くなった

image2

引用元:https://twitter.com/R10255265/status/1192409433550151681

→ 同じ人の書き込みですが、イースネットにしてから露骨に遅くなったということです。やはりプロバイダの設備能力が問題なのでしょうか?

まとめ

以上イースネットの評判を抜き出してみました。

イースネットは始まったばかりなのでツイッターでの書き込みもこの3件しかありませんでした。また、投稿は全て同じ人でした。

そのため偏った意見にはなってしまいますが、イースネットはとにかく遅くて契約すると損をするとのことです。

まだまだ新しいサービスなので一概には言えませんが評判は良くないとみてよさそうですね。

ただ、何事もどんどん優れたサービスになっていくものです。期待していきましょう。

2−2. 実際の利用者様の口コミは?

続いて利用者の口コミですが、イースネットを利用している人のものを確認できませんでした。

そこでフレッツ光の回線速度について、ユーザーの声を価格ドットコムの利用者の声から見てみましょう。

およそ問題なし
不自由を感じる速度ではない。
回線速度評価:★★★★★

 

選んでよかった
問題なくスムーズです。山が近く田舎なので、安さを謳う企業のものは電波が通っておらず。大手のこちらしか選択肢が無かった。しかし選んで正解。電波の無さを感じさせないサクサクした速度です。
回線速度評価:★★★★★

 

問題なし
複数台つなげているが問題ない。
回線速度評価:★★★★☆

 

速度遅すぎ
速度が遅いだけでなく、よく切れる、長ーく切れる。回線を調査してもらったところ問題なし。プロバイダーに問題ありとの回答。乗り換えて2年になりますが、もうこりごりです。
回線速度評価:★☆☆☆☆

 

あり得ない遅さ
週末は200Kくらいしか出ない。通常でも1M出るかどうか。ベストエフォートの500分の1くらいで「努力」の欠片もない。スマホのテザリングの方が速い。
回線速度評価:★☆☆☆☆

 

まとめ

以上フレッツ光の回線速度について、価格ドットコムの利用者の声から拾い上げてみました。

よいもの悪いもの様々ありましたが、トータルでの利用者の回線速度に関する評価は「☆4.1」と良好でした。

つまりフレッツ光の速度は、エリアによって差はありますが、よいと言えるでしょう

3. イースネット(プロバイダ)メリット・デメリット比較

続いてイースネットのメリット・デメリットについて見てみましょう。

まずはイースネットのメリットとどんな人におすすめなのかからです。

イースネットのメリットは、料金面やオプション、速度や解約金の面で見た場合、「おすすめできるような良い点はあまりないような気がします」

唯一速度の面でフレッツ光の評価は良好なのですが、口コミで書かれていた「300Kbpsしか出ない」と言うのが気になります。そしてその他の項目については、他のプロバイダの方が優秀です。

ですからメリットはなくデメリットは「月額料金が高い」、「オプションも高く使わなそうなものばかり」、「解約金も高い」となります。

特にオプションの「イースパック」は月額料金の割に保証の金額が安く頻度の制限が厳しいのでほとんどの場合が損をしそうです。それにそもそもそこまで頻繁に壊れたりは普通はしません。

また、「イースサポート」もインターネットやメール、プリンターの設定は基本的に最初やればいいだけ、そして訪問サポートもその都度別途費用が掛かります。なのに毎月1,480円も取られるのは高すぎます。

これのオプションの内容と金額設定を見ても、あまり良心的ではないと判断できます。

以上のことから現段階ではプロバイダをイースネットにするのはあまりおすすめできないと言えそうです。

光回線スタイル編集部
光回線スタイル編集部
まだまだ新しいプロバイダなので新たなサービスを利用したい人にとってはおすすめかもしれませんね。

4.イースネット(プロバイダ)は他社と比べてどうか

では他社と比べた場合に具体的にどの程度違うのでしょうか?

ここではフレッツ光で人気のプロバイダ3社とイースネットの月額料金や医薬金額、プロバイダごとの加入特典を比較してみます。

4-1.月額利用料金と違約金の比較

まずは月額利用料金と違約金の比較からです。ここでは戸建てプランの場合で比較してみましょう。

プロバイダ名 月額利用料金 解約金
イースネット 1,480円 15,000円
BB.excite 500円 なし
AsahiNet 780円 2,000円
@nifty 1,000円 3,000円

表からも分かる通り、イースネットが月額利用料金、解約金ともに群を抜いて高額であることが分かります。特に解約金はとても高いですね。

4-2.加入特典の比較

次にプロバイダごとの加入特典を比較してみます。

プロバイダ名 加入特典
イースネット 契約月とその翌月無料
BB.excite なし
AsahiNet 開通月無料+翌月以降11ヶ月無料+12ヶ月500円
@nifty 16ヶ月無料

BB.exciteは加入特典がないのに対してイースネットは加入するとその月と翌月は月額利用料金が無料になります。

これは一見お得そうですが、他と比べるとAsahiNetは1年間無料のその後1年間500円@niftyは1年4か月無料と、イースネットよりも大幅にお得となっています。

やはりイースネットを選ぶメリットはないと言えます。

5.まとめ

以上フレッツ光のプロバイダであるイースネットについて、料金面等の概要と評判や口コミ、メリット・デメリットについて解説しました。

イースネットはまだ始まったばかりの新しいサービスで、オプションや特典も充実しているとは言えません

ただし今後新しい特典が出てくるかもしれませんので、その際には再度検討することをおすすめします。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

光回線スタイルの関連記事

監修者:光回線スタイル編集部

光回線の業務に10年以上携わってきたプロが分かりやすくインターネット回線の仕組みを教えます。インターネット回線の比較やスマホ、格安SIMの選び方から勧誘情報等、インターネットに関する最新情報をまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。