【戸建限定】インターネットが安いのはどの回線? 14回線を比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
一軒家比較画像

念願の一軒家を建てた場合、忙しい中インターネット回線を慌てて探しすことにより「ネット選びに失敗した」なんて経験がある方も多いことでしょう。

そこで今回は、戸建てプラン限定での価格面でインターネット回線の比較をしてみようと思いますので、インターネット回線探しの参考としてくださいね。

1.戸建(一軒家)のインターネット14回線から最安決定

一軒家画像

それでは、評判の良いインターネット光回線14回線を紹介しますので、利用料金の比較・参考にしてくださいね。

なお、新築戸建住宅を想定して、新規申込で光電話サービスも同時申込時の金額で算出させて頂きますね。

また、長期利用を前提として、解約費用(違約金・工事費残債一括請求分)は省いてお話しますね。

1−1.フレッツ光

まずは、王道、フレッツ光です。

フレッツ光はNTT東西が提供する全国規模の光回線です。

最近では、新規申込の場合、以前に比べ、利用料も大変リーズナブルになってきましたね。

それでは、フレッツ光の料金詳細です。以下をチェックしてみてくださいね。

<戸建の初期費用・新規申込>

 項目 フレッツ光

NTT東日本

フレッツ光・隼

NTT西日本

 契約事務手数料  800円  800円
 工事費  18,000円  18,000円
 工事費割賦金計算 初月3,000円

2回目以降500円/月

3,000円+

(500円☓30回)=

18,000円

初月3,000円

2回目以降500円/月

3,000円+

(500円☓30回)=

18,000円

 光電話工事費  1,000円  1,000円
 初期費用合計  19,800円  19,800円

<戸建の月額料金・新規申込>

項目 フレッツ光NTT東日本 フレッツ光・隼NTT西日本
月額基本料 5,700円 5,400円
にねん割 -700円
ギガ推し割引 -300円
マンスリーポイント適用 -100円
WEB光もっと2割 -500円
光もっと2割 -1,100円
工事費割賦金 500円 500円
光電話 500円 500円
合計 4,600円 4,800円
プロバイダ料 500円~1,000円程度 500円~1,000円程度
プロバイダ込み 5,100円~5,600円 5,300円~5,800円

プロバイダ料込で6,000円前後はしてしまうフレッツ光。

数年前と違いかなり料金は下がったとはいえやはり他回線と比べて高額な印象を個人的には受けますね。

1−2.ソフトバンク光

ソフトバンクのスマホユーザーには、スマホとのセット割「おうち割」があり、大変お得ですね。

「おうち割」とは、ソフトバンクスマホの利用料が最大10回線まで、月額最大2,000円割引となるセット割です。家族が多く、パケット定額の容量が大きいほどお得になってゆきます。

ソフトバンク光のサービス提供エリアはフレッツ光の光コラボのため、全国です。

<戸建の初期費用・新規申込>

項目 ソフトバンク光
契約事務手数料 3,000円
工事費 24,000円
工事費割賦金計算 分割の場合、24回、36回、48回、60回から選択可能

60回払いの場合

400円☓60回=24,000円

光電話工事費
初期費用合計 27,000円

<戸建の月額料金・新規申込>

項目 ソフトバンク光
月額基本料 5,200円
工事費割賦金 400円
光電話 500円
合計 6,100円

上記の料金を見ると高額なイメージがありますがソフトバンクスマホの割引があるのが強み。

ケータイ料金も含めるとお得なイメージでしょうか。

1−3. auひかり

auスマホのユーザーには、スマホとのセット割「auスマートバリュー」があり、大変オトクですね。

「auスマートバリュー」とは、光電話加入を条件にauスマホの利用料が最大10回線まで、月額最大2,000円割引となるセット割です。家族が多く、パケット定額の容量が大きいほどお得になってゆきます。

サービス提供エリアは全国36県で、「大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、三重県、愛知県、静岡県、岐阜県、沖縄県」はエリア外となります。

プロバイダは7社(au one net、@nifty、@TCOM、AsahiNet、BIGLOBE、DTI、So-net)から選択できます。

<戸建の初期費用・新規申込>

項目 auひかり
登録料 3,000円
工事費 37,500円
工事費割賦金計算 月額1,250円

 

30回払い

1,250円☓30回=37,500円

なお、「初期費用相当額割引」により

実質0円

光電話工事費
初期費用合計 3,000円

<戸建の月額料金・新規申込>

項目 auひかり
月額基本料 5,100円
工事費割賦金 1,250円
初期費用相当額割引 -1,250円
光電話 500円
合計 5,600円

ここにスマートバリューが絡んでくればauユーザーはかなり割安で回線を利用出来ますね。

安くインターネットを使うならおすすめではないでしょうか。

1−4. NUROひかり

So-netが運営する高速通信光回線(最大2Gbps)です。

NURO光でんわ加入を条件にソフトバンクスマホとのセット割「おうち割」が適用できますので、ソフトバンクスマホユーザーには大変お得ですね。

「おうち割」とは、ソフトバンクスマホの利用料が最大10回線まで、月額最大2,000円割引となるセット割です。家族が多く、パケット定額の容量が大きいほどお得になってゆきます。

ただし、サービス提供エリアが狭く「東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県」の一部と限定的です。

<戸建の初期費用・新規申込>

項目 NURO光
契約事務手数料 3,000円
工事費 40,000円
工事費割賦金計算 月額1,334円

 

30回払い

1,334円☓30回=40,000円

なお「工事費相当分実質無料キャンペーン」により

実質0円

光電話工事費
初期費用合計 3,000円

<戸建の月額料金・新規申込>

項目 NURO光
月額基本料 2,980円(1年間)
工事費割賦金 1,334円
初期費用相当額割引 -1,334円
光電話 500円
合計 3,480円

1−5. コミュファ光

コミュファ光は中部電力系の中部テレコミュニケーションが運営する光回線です。

サービス提供が限定されていますので「静岡県、愛知県、三重県、岐阜県」にお住まいの方のみ利用ができます。

また、光電話加入を条件にauスマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用でき、auスマホユーザーにとっては大変お得ですね。

「auスマートバリュー」とは、光電話加入を条件にauスマホの利用料が最大10回線まで、月額最大2,000円割引となるセット割です。家族が多く、パケット定額の容量が大きいほどお得になってゆきます。

なお、「ギガスタート割(950円割引)」と「auスマートバリュー」は併用できませんので、下表では、「ギガスタート割(950円割引)」は割愛します

<戸建の初期費用・新規申込>

項目 コミュファ光
契約事務手数料 700円
工事費 25,000円

なお「安心サポート(700円)」の

同時申込により工事費0円

工事費割賦金計算 記載なし
光電話工事費 3,000円
初期費用合計 3,700円

<戸建の月額料金・新規申込>

項目 コミュファ光
月額基本料 5,550円
長トク割 -950円
工事費割賦金 0円
安心サポート 700円
光電話 光電話込み0円
合計 5,300円

東海圏の一軒家ではまず最安間違いなしでしょう!

愛知、岐阜、三重、静岡にお住まいの方はまずエリア確認をおすすめします!

1−6. ドコモ光

ドコモスマホユーザーにとっては、スマホとの「セット割」があり、大変お得ですね。

「セット割」とは、パケット定額の容量に応じ、スマホの料金が月額最大3,200円割引になる割引です。

また、他の多くの事業者とは異なり、フレッツ光対応プロバイダが自由に選択できます。

<戸建の初期費用・新規申込>

項目 ドコモ光
契約事務手数料 3,000円
工事費 18,000円

「新規工事費無料キャンペーン」

により、工事費0円

工事費割賦金計算 記載なし
光電話工事費 1,000円
初期費用合計 4,000円

<戸建の月額料金・新規申込>

項目 タイプA タイプB 単独タイプ
月額基本料 5,200円 5,400円 5,000円
工事費割賦金 0円 0円 0円
初期費用相当額割引
光電話 500円 500円 500円
合計 5,700円 5,900円 5,500円
プロバイダ料 プロバイダ込み0円 500~1,000円
プロバイダ込み 5,700円 5,900円 6,000~6,500円
対応プロバイダ ドコモnet、plala、

So-net、BIGLOBE、DTI、excite、

エディオンネット、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、01光コアラ、ANDLINE、@ネスク、hi-ho、

GMOとくとくBB、

Ic-net、Tigers-net.com、TiKiTiKi、U-PA

AsahiNet、@nifty、@TCOM、TNC、OCN、WAKWAK、@ちゃんぷるねっと タイプA・B以外のフレッツ光対応プロバイダ全部

1−7. nifty光

auスマホユーザーにとっては、ネットの料金が月額最大1,200円割引となる「@nifty光 × auセット割」がありますので、お得ですね。

また、格安SIM「NifMo」加入でネット料金が200円引きになりますので、お得ですね。

サービス提供エリアはフレッツ光回線を使用していますので全国です。

<戸建の初期費用・新規申込>

項目 @nifty光
回線契約料 2,000円
工事費 18,000円
工事費割賦金計算 600円✕30回=18,000円
光電話工事費 2,000円
初期費用合計 22,000円

 

<戸建の月額料金・新規申込>

項目 @nifty光
月額基本料 4,500円(2年間)
工事費割賦金 600円
光電話 500円
合計 5,600円

1−8. So-net光

auスマホユーザーにとっては、ネットの料金が月額最大1,200円割引となる「So-net光コラボレーション × auセット割」がありますので、お得ですね。

<戸建の初期費用・新規申込>

項目 So-net光
事務手数料 800円
工事費 24,000円→割引適用で3,000円
工事費割賦金計算 800円✕30回=24,000円

 

ただし、So-net限定

キャンペーン割引額適用で

月額700円割引となり

100円✕30回=3,000円

となります。

光電話工事費 2,000円
初期費用合計 5,800円

 

<戸建の月額料金・新規申込>

項目 So-net光
月額基本料 4,500円(30ヶ月)
工事費割賦金 100円
光電話 500円
合計 5,100円

1−9. BIGLOBE光

auスマホユーザーにとっては、ネットの料金が月額最大1,200円割引となる「ビッグローブ光 × auセット割」がありますので、お得ですね。

また、BIGLOBEの格安SIMとのセット割もあり、月額最大300円割引となりますのでお得です。

 

<戸建の初期費用・新規申込>

項目 BIGLOBE光
申込手数料 1,000円
工事費 18,000円
工事費割賦金計算 初回3,000円+(500円✕30回)=18,000円
光電話工事費 2,000円
初期費用合計 21,000円

 

<戸建の月額料金・新規申込>

項目 BIGLOBE光
月額基本料 4,500円(2年間)
工事費割賦金 500円
光電話 500円
合計 5,500円

1−10. ピカラ光

ピカラ光は、四国電力系のSTNetが提供する光回線です。

サービス提供が限定されていますので「愛媛県、香川県、徳島県、高知県」にお住まいの方のみ利用ができます。

また、光電話加入を条件にauスマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用でき、auスマホユーザーにとっては大変お得ですね。

「auスマートバリュー」とは、光電話加入を条件にauスマホの利用料が最大10回線まで、月額最大2,000円割引となるセット割です。家族が多く、パケット定額の容量が大きいほどお得になってゆきます。

 

<戸建の初期費用・新規申込>

項目 ピカラ光
契約料 25,000円

地域限定で光電話の同時申込を条件に

初期費用無料キャンペーンが行われており、

対象地域の場合は0円※

工事費
工事費割賦金計算 記載なし
光電話工事費 電話工事費込み0円
初期費用合計 0円又は25,000円

 

<初期費用無料キャンペーン対象地域>

県名 対象となる市町村
徳島 徳島市、吉野川市、小松島市、石井町、北島町、松茂町、上板町、藍住町、板野町
高知 高知市、南国市の一部、いの町の一部、土佐市、須崎市、宿毛市、四万十市、大月町、中土佐町、日高村、奈半利町、安田町、北川村、 馬路村、梼原町
愛媛 松山市、松前町、宇和島市、鬼北町、松野町、東温市
香川 高松市、さぬき市、東かがわ市、丸亀市、多度津町、宇多津町、琴平町、まんのう町、三豊市、塩江町、三木町

 

<戸建の月額料金・新規申込>

項目 ピカラ光
月額基本料 5,200円
ずっトク割フラットコース -300円
工事費割賦金 記載なし
光電話 500円
合計 5,400円+工事費割賦金

1−11. ビビック

ビビック光は、九州電力系のQTNetが提供する光回線です。

サービス提供が限定されていますので「福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県」にお住まいの方のみ利用ができます。

また、光電話加入を条件にauスマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用でき、auスマホユーザーにとっては大変お得ですね。

「auスマートバリュー」とは、光電話加入を条件にauスマホの利用料が最大10回線まで、月額最大2,000円割引となるセット割です。家族が多く、パケット定額の容量が大きいほどお得になってゆきます。

 

<戸建の初期費用・新規申込>

項目 ビビック
契約事務手数料 800円→0円※
工事費 3,000円→0円※
工事費割賦金計算
光電話工事費 2,000円→0円※
初期費用合計 5,800円→0円※

※Web・お客さまセンター限定キャンペーンにより初期費用0円

(BBIQ公式サイト(http://www.bbiq.jp/で始まるURLのページ)または、QTNetお客さまセンター経由で申込みの方を対象)

<戸建の月額料金・新規申込>

項目 ビビック
月額基本料 5,500円
ギガプラン 300円
5年契約プラン

ずーっとおトク!

-1,100円
工事費割賦金 0円
光電話 500円
合計 5,200円

1-12. eo光

eo光は、関西電力系のケイ・オプティコムが提供する光回線です。

サービス提供が限定されていますので「滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県」にお住まいの方のみ利用ができます。

また、光電話加入を条件にauスマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用でき、auスマホユーザーにとっては大変お得ですね。

「auスマートバリュー」とは、光電話加入を条件にauスマホの利用料が最大10回線まで、月額最大2,000円割引となるセット割です。家族が多く、パケット定額の容量が大きいほどお得になってゆきます。

<戸建の初期費用・新規申込>

項目 eo光
契約事務手数料 3,000円
工事費 27,000円→0円※
工事費割賦金計算
光電話工事費 2,000円
初期費用合計 32,000円→5,000円※

※スーパースタート割キャンペーンにより工事費が0円

<戸建の月額料金・新規申込>

項目 eo光
月額基本料 4,953円
スーパースタート割 -2,000円(1年間)
工事費割賦金 0円
光電話 286円
合計 3,239円

1-13. メガエッグ

メガ・エッグは、中国電力系のエネコムが提供する光回線です。

サービス提供が限定されていますので「鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県」にお住まいの方のみ利用ができます。

また、光電話加入を条件にauスマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用でき、auスマホユーザーにとっては大変お得ですね。

「auスマートバリュー」とは、光電話加入を条件にauスマホの利用料が最大10回線まで、月額最大2,000円割引となるセット割です。家族が多く、パケット定額の容量が大きいほどお得になってゆきます。

<戸建の初期費用・新規申込>

項目 メガ・エッグ
契約事務手数料 3,000円
工事費 35,000円
工事費割賦金計算 月額1,000円

 

1,000円✕35回=35,000円

光電話工事費 3,000円
初期費用合計 32,000円→5,000円※

※スーパースタート割キャンペーンにより工事費が0円

<戸建の月額料金・新規申込>

項目 メガ・エッグ
月額基本料 5,300円
ハピ割 -1,000円(1年間)
ハピ割プラス -300円
工事費割賦金 1,000円
光電話 400円
合計 5,400円

1−14.ケーブルテレビ

ケーブルテレビ会社でも、インターネットや電話サービスを行っている事業者が数多くあります。

また、auスマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用可能な事業者(J:COMなど多数)や、ソフトバンクスマホとのセット割「おうち割」が適用可能な事業者(TOKAIケーブルネットワーク)もあります。

通信速度は様々で、ADSL並の1Mbps~auひかりと提携した1Gbpsの高速回線まであります。

料金も各事業者で様々で、テレビとの割引を利用するとお得になる仕組みになっています。

もし、お住いになる地域がケーブルテレビのサービス提供エリア内でしたら、選択しに加えてもいいと思います。

2.まとめ

評価の高いおすすめの14の光回線について見てきましたが、料金面では、やはりスマホとのセット割が一番大きいですね。

ドコモスマホのユーザーでしたら、ドコモ光。

ソフトバンクスマホのユーザーでしたらソフトバンク光かNURO光、または、TOKAIケーブルネットワークも選択肢に入りますね。

auスマホユーザーは選択肢が多く、auひかりの他、各地域の電力系事業者やSo-net光などの光コラボ、さらに、J:COMなど全国各地にあるケーブルテレビ系事業者もありますね。

スマホとのセット割を考慮しなければ、どの事業者も多くのユーザーから高評価を得ている光回線ですので、どれを選んでもいいと思います。

特に、電力系の事業者では、セキュリティサービスが標準搭載されていますので、お得感が強いですね。さらに、初期費用も割引がありお得ですね。

光コラボでもSo-net光やNURO光が工事費の割引を行っていてお得ですね。

そして、意外にフレッツ光を新規で導入する場合、割引を適用することにより、光コラボ並みに低料金になっていますね。

プロバイダの選択の自由度で選択する場合は、このフレッツ光かドコモ光がイチオシで、auひかりでも7社の範囲でプロバイダの選択ができますので良いですよね。

インターネットの使用目的は一人一人様々ですので、自分にピッタリ合った光回線を探すにあたり、本記事がお役に立てたならば嬉しく思います。

インターネットでのお悩みを即日解答

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*