自宅のインターネット通信料を節約する簡単ですぐ出来る5つの方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
節約画像

インターネットは便利ですが、金額は結構かかりますよね。

毎月支払う固定費ですので、ネットの料金を節約すれば、他の楽しみのために使うお金が増えてうれしいですよね。

そこで今回は、お財布に優しくインターネットを使う方法についてお話しようと思います。

1.携帯とネットをまとめてみる方法

スマホ画像

携帯と同じキャリアが運営するインターネット回線を使用すると、携帯とのセット割が適用されて、かなりお得ですね。

キャリア別にお話すると、

1−1.ドコモユーザーの場合

ドコモ光ではドコモ携帯とのセット割があり、月額最高3,200円の割引があります。この割引金額は大きく、ネットの月額料金の相当部分が割引されてお得ですよ。

1−2.auユーザーの場合

auひかりでは、au携帯とのセット割「auスマートバリュー」があり、これは、光電話加入を条件に、1回線あたり月額最高2,000円割引で、最高10回線まで適用できますので、家族の多い方だと、auひかりの利用料をペイできてしまうほどの高額割引です。

1−3.ソフトバンクユーザーの場合

ソフトバンク光では、auとほぼ同じ割引率のセット割「おうち割」があり、これは、光BBユニットのレンタルとWi-Fiオプションと、BBフォン加入を条件に、1回線あたり月額最高2,000円割引で、最高10回線まで適用できますので、家族の多い方だと、ソフトバンク光の利用料をペイできてしまうほどの高額割引です。
上記のように携帯電話、スマホとインターネットをセットで契約することでお家の通信費をかなり節約することが可能です。

2.プロバイダを変更してみる方法

自宅でフレッツ光を利用中の場合、お安いプロバイダに変更して料金を節約する方法があります。

手順も簡単で、次のとおりです。

<基本的な手順>

  • 新規加入のプロバイダへ翌月1日開始を連絡(またはインターネット申し込み)
  • 現在加入中のプロバイダへ契約解除申請、解約は当月末日
  • 新規加入プロバイダ向けの宅内インターネットの設定変更

これだけです。

ちなみにお安いプロバイダを例示すると次のとおりです。

プロバイダ名 戸建での料金 マンションでの料金
AsahiNet 780円 700円
DTI 951円 680円
BBエキサイト 500円 500円
GMOとくとくBB 760円 530円
BIGLOBE 1,000円 650~900.円

など、特にマンションでは1,000円以下程度で利用できるプロバイダが結構ありますね。

3. 長期割で月額料金を安くする方法

長期間での割引を実施する事業者もありますので、長期間の利用を想定されている方にとってはおすすめです。

auひかりの戸建プランですと次のとおり、利用年数に応じて料金が下がってゆきます。

戸建プラン
1年目 2年目 3年目
5,100円 5,000円 4,900円

4. いらないオプションを外して安くする方法

不要なオプションも、料金を無駄にしている原因ですね。

おすすめする外すべきオプションは次のとおりです。

Wi-Fiオプション→市販のWi-Fiルーターを買ってきて接続すればOK

(Wi-Fiルーターは性能に応じて3,000~15,000円程度ですので、一度買ってしまえば利用料が月額300円程度は節約できます。)

セキュリティオプション→市販の総合セキュリティソフトを買ってきて導入すればOK(例えば、カスペルスキーでは、3年間5台利用(windows、Mac、Android対応)で、10,000円前後ですので、月額換算すると、10,000円÷36ヶ月=月額278円程度で済みますので、500円前後のネットで提供されているセキュリティオプションよりお得ですよ。)

光電話オプション→携帯電話やスマホがあるので、場合によっては不要ですね。また、通話料が比較的お高いキャリアの電話ではなく、通話料のお安いSkypeやLINE電話やViberなどのIP電話を活用すれば、電話料金も光電話の料金並みにお安くできますよね。これで、500円程度節約ができますね。

 

その他、不要な有料オプションがあるようでしたら、解約することを強くおすすめします。家電量販店などでインターネットを契約した方は不要なオプションが契約時についている可能性が高いので要注意です!

5.速度のプランを見直して安くする方法

今の光回線は1ギガが標準です。

しかし、インターネットを利用するのに1ギガはオーバースペックです。

HD画質の動画視聴でも3~5メガあれば十分ですし、ネットの閲覧やSNSの利用程度でしたら1メガで十分です。

ですので、1ギガの回線を100メガ程度の回線に落としてはどうでしょうか?

NTT東日本のフレッツ光の場合

タイプ 1ギガ 200メガ
戸建 4,600円 4,400円
マンション 2,950円~ 2,300円~

NTT東日本のフレッツ光では200~650円はお得ですね。

コミュファ光の場合

タイプ 1ギガ 300メガ 30メガ
戸建 4,600円 4,650円 4,110円
マンション 5,550円 5,050円 4,110円

コミュファ光の戸建では、1ギガの方300メガよりが安いですね。

30メガを選択すれば、戸建で490円、マンションで1,440円お得ですね。

eo光の場合

タイプ 1ギガ 100メガ
戸建 2,953円 3,667円

eo光の場合は、1ギガの方100メガよりが安いですので1ギガにしておいた方が良いですね。

BBIQ光の場合

タイプ 1ギガ 100メガ
戸建 4,700円 4,400円
マンション 4,100円 3,800円

BBIQ光の場合は100メガを選ぶと、300円お得ですね。

しかし、現在の光回線は標準仕様で1ギガになっていますので、100メガ等を選択できない事業者も多いですね。

5.まとめ

以上、ネットの節約術についてお話してきましたが、やりようによっては、結構多額の金額が節約できますね。

ネットは生活必需品ですが、だからこそ、必要最低限で十分に運用できると思います。

これを機に、一度、インターネットの料金について見直して、無駄をなくし、浮いたお金で楽しい生活を送りましょうね!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*