モバイルルーター最新比較まとめ!人気ポケットWi-Fiおすすめ5選!

最終更新日: 2017年4月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
女性画像

モバイル通信をする場合、3大キャリアのパケット定額プランに加入し、スマホからネットに繋いでサイトの閲覧をしたり、スマホが持っているテザリング機能を使って、タブレットやノートPCをWi-Fi経由でスマホに接続して、インターネットをしたりして楽しんでいる方も多いと思います。

しかし、3大キャリアのパケット定額プランってお高いですよね。もし、機器本体の割賦支払いが完了したスマホをお持ちの場合、お得な方法があります。

キャリアのプランからデータ通信プランを外して通話のみのプランに変更し、インターネット接続はモバイルルーターで運用するという方法です。これにより、インターネットの通信を3大キャリアの高額なパケット定額から、MVNOが提供する格安のデータプランに移行することにより、データ通信料の節約ができます。

そこで、今回は、MVNOで使うモバイルルーターについてお話ししようと思います。

1.モバイルルーターとは(ポケットWi-Fiとは)

モバイルルーター画像

通常の固定回線のルーターとちがい、ポケット入れることができるほどの大きさで、3大キャリアの4GLTEや3G回線を使い、Wi-Fiで端末と接続する完全無線タイプのルーターです。入手方法は、MVNOから購入する方法の他に、AmazonなどでもSIMフリーのルーターが購入できるものもあります。

1−1.料金はいくらくらい?

ドコモ回線を使用した一般のMVNOのデータ定額料金は、月3ギガプランで月額1,000円程度、5ギガで1,500円程度、10ギガ~無制限で2,500円程度で利用できます。そして、au回線を使用して大変に高速で、通信が集中するコアタイムでも速度低下が起こらないと評判のWiMAXでは、月7ギガで3,696円、使い放題で4,380円です。

ソフトバンク回線の他に、合併前のイーモバイルやテレコムの回線を利用したYモバイルでは、月1ギガで1,980円、月7ギガで3,696円です。

1−2.対応エリアはどこまで!?

どの回線も3大キャリアの回線を使っていますので、全国ほとんどの地域でつながります。

1−3.速度制限はある?無制限も可能?

無制限の料金プランで有名なのがWiMAXの「ギガ放題」プランです。月額4,380円で使い放題です。3日間で3ギガ以上利用した場合混雑回避のための通信制限がありますが、通信制限のかかった状態でも、You Tubeが快適に視聴できる程度の通信速度は出るようですね。

これ以外でも、ぷららモバイルLTEの「ネット使い放題 定額無制限」プランが有名ですね。通信速度が最大3Mbpsですが、月額料金が2,760円とお安いですね。You Tube視聴には良いかもしれないですね。

1−4.回線の種類について

MVNOは、3大キャリアから回線を借りて使用います。ドコモの回線を使用している事業者は、大変多く、例を挙げると「OCNモバイルone」や「IIJmio」「mineo」「Freetel」などまだまだ他にもたくさんあります。

auの回線を使用している事業者は、WiMAXで有名な「UQモバイル」や「mineo」「IIJmio」「Fiimo」があります。ソフトバンクの回線を使用しているのは、ソフトバンク系の「Yモバイル」「U-Mobile」そして、飛騨高山ケーブルネットワークの「Hitスマホ」があります。

1−5.プロバイダも決めないといけないの?

3大キャリアのスマホと同様にモバイルルーターについてもプロバイダを別に契約する必要はありません。

1−6.キャッシュバックが高くお得なWi-Fiは?

キャッシュバックでは「WiMAX」がダントツですね。例えば、BIGLOBEやniftyやSo-netから申し込むと最大20,000円のキャッシュバックがあり、GMOとくとくBBから申し込むと最大29,000円のキャッシュバックがあります。

それ以外の事業者では、キャッシュバックではなく、料金割引プランに注力しています。例えば、DTI SIMの場合、3ギガのSIMが6ヶ月間無料で利用できるキャンペーンなどがあります。

この記事もよく読まれています!

インターネット料金比較!大手15社の料金プランまとめて徹底調査!

2.人気機種おすすめ5選!

2−1.Aterm MR05LN

Aterm MR05LN

 

2−1−1. Aterm MR05LNがおすすめな理由

ドコモ系のMVNOでAterm MR05LNは定番で、さらにハイスペックです。

おすすめの特徴は、

  • Amazonなどで単体購入ができる(価格は23,000円程度)
  • SIMフリー
  • デュアルSIM対応
  • LTEの最大速度が375Mbpsと高速
  • Wi-Fiが5Ghz帯のac対応で高速
  • Bluetooth接続が可能で省エネ
  • 2.4インチ LCDタッチパネルでの操作

2−2. Aterm MR04LN

Aterm MR04LN

2−2−1 .Aterm MR04LNがおすすめな理由

.Aterm MR04LNは先に紹介したAterm MR05LNの前の機種です。Aterm MR05LNよりは若干スペックは落ちますが、単体での価格がお安いです。

おすすめの特徴は、

  • Amazonなどで単体購入ができる(価格は16,200円程度)
  • SIMフリー
  • デュアルSIM対応
  • LTEの最大速度が300Mbpsと高速
  • Wi-Fiが5Ghz帯のac対応で高速
  • Bluetooth接続が可能で省エネ
  • 2.4インチ LCDタッチパネルでの操作

2−3. Speed Wi-Fi NEXT W03(WiMAX用です。)

Speed Wi-Fi NEXT W03

2−3−1.がおSpeed Wi-Fi NEXT W03すすめな理由

WiMAX2+に対応した高速モバイルルーターです。

おすすめの特徴は、

  • WiMAX 2+ & 4G LTE(2GHz)キャリアアグリゲーション対応で、最大速度370Mbpsと高速
  • au 4G LTE対応で広い通信範囲
  • NFC対応端末との接続設定がかんたんタッチ。
    スマホをルーターにかざすだけでSSID・PWを認識完了。
    SSID・PWの入力が不要です。
  • バッテリー残量に応じてかしこく省エネ
  • Wi-Fi 11ac搭載で高速通信を最大限体感できる
  • 2.4インチ LCDタッチパネルでの操作

2−4Pocket Wi-Fi 305ZT (Yモバイル用)

キャリアアグリゲーションに対応した高速モバイルルーターです。

Pocket Wi-Fi 305ZT

2−4−1. Pocket Wi-Fi 305ZTがおすすめな理由

現在、Yモバイルオンラインストアのアウトレット夜間タイムセールで端末価格一括 0円の対象機種です。一括購入ですので、解約時に機種代の残額の請求はなく、違約金(9,500円)のみで解約できます。詳細は下のURLを参照してください。

(参考URL  https://www.ymobile.jp/store/product/mbb_index.html?st=gnavi

おすすめの特徴は、

  • キャリアアグリゲーション対象で、最大速度187.5Mbpsと高速
  • Wi-Fiが5Ghz帯のac対応で高速
  • 3つの高速ネットワークでつながりやすい
    (ワイモバイルLTEネットワーク+ソフトバンク4GLTE+ソフトバンク4G)
  • タッチパネルディスプレイで操作

2−5.L-09C(ドコモ用)

2011年にドコモから発売された日本初のXi対応のモバイルルーターです。現在は販売終了となっています。

L-09C

2−5−1.L-09Cがおすすめな理由

もうだいぶ古い機種になるのですが、ドコモのXIに対応しています。スペックはそれほど高くないですが、ドコモ製品ですので、シムロック解除不要でドコモ系のMVNOの格安SIMが利用できます。

中古市場で白ロムが多数流通しています。価格がヤフオクで、2,500円程度、メルカリで3,000円程度、Amazonで4,000円程度です。格安でMVNOを利用できます。

おすすめの特徴は、

  • 中古で安価に購入できる(2,500~4,000円程度)
  • ドコモ系LTEのXIに対応で最大速度75Mbps(動画視聴なら十分な速度)
  • ドコモ系MVNOの格安SIM(大きさは標準SIM)がそのまま使用できる
  • ボタンは3つのみで簡単操作
  • Wi-Fiはb/g/nに対応(5Ghz帯は未対応です)
  • 電池パックも安価に流通(2,000円程度)
  • まだまだ現役で使えます

詳しくはこちらの記事を参考に↓

※モバイルルーターについて
モバイルルーターの知識が知りたい方は
モバイルルーターとは 5分で分かるモバイル×simフリーの使い方紹介!』を確認しよう。

3.おすすめのモバイルルーターを契約しよう!

モバイルルーター選びの決め手は、なんといっても、通信品質と月額料金ですね。通信品質で言えば、圧倒的にWiMAXですね。8時、12時、19時のコアタイムでも速度低下が起こりにくいとの評判です。

ただ、3日間で3ギガ以上使用すると通信制限がかかりますが、You Tubeが視聴できる程度の通信速度は出るようですので、動画視聴には問題ないですね。そして、BIGLOBEなどのプロバイダから申し込んだ場合のキャッシュバックも魅力です。

料金で言えば、NTT系のMVNOですね。月3ギガで1,000円程度と激安です。しかし、コアタイムで速度低下を起こす場合が多いですね。そして、事業者が数多くあるので、選択が大変ですね。参考までに、㈱イードが実施している「格安SIMアワード2016」の結果を書いておきますね。

部門 格安Simブランド
総合満足度 最優秀賞
(同率)
IIJmio
FreetelSIM
優秀 イオンモバイル
通信速度部門 最優秀 UQmobile
優秀 FreetelSIM
コストパフォーマンス部門 最優秀 FreetelSIM
優秀 0SIM(NUROモバイル)
ブランドイメージ部門 最優秀 IIJmio
優秀 BICSIM
利用サポート部門 最優秀 mineo
優秀 DMMmobile
プリペイドSIM部門 最優秀 IIJmioプリペイドパック
優秀 OCNモバイルoneプリペイドパック

Yモバイルは、WiMAXとNTT系MVNOの中間的な位置づけですね。ただ、3日間で1ギガ以上使用すると、速度制限がかかりますので、注意が必要です。

4.まとめ

以上色々なモバイルルーターについて見てきましたが、通信速度では圧倒的にWiMAXですね。高速なWiMAX2+対応エリアも結構拡大しており、また、WiMAX2+非対応のエリアでも、auの4G LTEが使えるので安心ですね。

料金面では、ドコモ系のMVNOが圧倒的にお安いですね。通信速度があまり出ないのが難点ですが、WEBサイト閲覧やYou Tube視聴程度でしたら、通信速度は3Mbpsもあれば十分です。

また、LINEやTwitter、Facebookなどを使う程度でしたら、月3ギガもあれば余裕です。So-netが提供するNUROモバイルの0SIMでは、月間通信量が500メガ未満は無料という凄いプランもあります。

Yモバイルでは、モバイルルーターよりも音声通話付きのプランを重視していて、ソフトバンク以外からのMNPや新規での申込みの場合、データ・SMS・通話込みで1年間1,980円というプランがあります。

それぞれ特徴がありますので、自分の利用状況にベストマッチしたサービスを選んで、モバイルネットライフをお得に満喫しましょうね!

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。