ソフトバンク光とソフトバンクエアーどちらが良いのか徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ネット画像

ソフトバンクスマホのユーザーならソフトバンク光でスマホとのセット割「おうち割」を適用させると、割引額も大きく大変お得ですね。

この「おうち割」はソフトバンク光だけではなく、スマホの電波を利用したインターネット接続サービスのソフトバンクエアーでも適用させることができます。

ソフトバンクエアーは電波を使用していますので、光回線のように開通工事に時間がかかったり、本人の立ち会いが必要となったりと面倒な開通工事や煩わしい配線設備もなく、専用の据え置き型ルーター「エアーターミナル」の電源を入れるだけで簡単に利用できるソフトバンクエアー。

しかも、ソフトバンクの電波を使っているのに、データ通信が使い放題です。 今回は、このソフトバンクエアーとソフトバンク光について徹底比較してみようと思います。

 1. ソフトバンク光とソフトバンクエアー比較

比較画像

それでは、5つの側面からソフトバンク光とソフトバンクエアーを比較してみようと思います。

1−1.料金比較

まずは料金比較です。

<料金比較>
項目 ソフトバンク光 ソフトバンクエアー
戸建て マンション エアーターミナル割賦購入 エアーターミナルレンタル
基本料金 5,200円 3,800円 4,880円 4,880円
おうち割適用のためのオプションパック 500円 500円
エアーターミナル割賦金 実質0円
エアーターミナルレンタル 490円
合計 5,700円 4,300円 4,880円 5,370円

このように、ソフトバンク光もソフトバンクエアーもほぼ同じ価格帯になります。

具体的には、高額順に

「光戸建て→エアーレンタル→エアー購入→光マンション」

の順番になります。

1−2.初期費用に関して

初期費用については次のとおりです。

<初期費用>
項目 ソフトバンク光 ソフトバンクエアー
戸建て マンション エアーターミナル割賦購入 エアーターミナルレンタル
事務手数料 3,000円 3,000円
開通工事費 最大24,000円
(60回分割・月額400円)
工事なし
合計 最大27,000円 3,000円

初期費用については、工事のないソフトバンクエアーの方がお得にみえます。

しかし、ソフトバンク光も、次の場合は工事費が無料または実質0円になりますので、初期費用に関しては同じ条件と言って良いですね。

 <ソフトバンク光開通工事費が無料または実質0円の場合>

  • フレッツ光からの転用(開通工事なし)
  • 新規申込の場合※
  • 他回線からの乗り換えの場合※

※「SoftBank光乗り換え新規限定2.4万円キャンペーン(2017)」により24,000円がキャッシュバックされますので、工事費が実質0円になります。

1−3.違約金はどう!?

違約金などについては次のとおりです。

<違約金など>
項目 ソフトバンク光 ソフトバンクエアー
戸建て マンション エアーターミナル割賦購入 エアーターミナルレンタル
契約期間 2年・自動更新 2年・自動更新
違約金 9,500円
その他
解約費用
工事費残債
60ヶ月以内に解約の場合は工事費残債分の一括請求があります。
残債額は、
(60ヶ月―利用月数)☓月額400円
エアーターミナル残債
36ヶ月以内に解約の場合はエアーターミナル残債の一括請求があります。
残債額は、
(36ヶ月―利用月数)☓
月額1,620円
なし

違約金については、ソフトバンク光もソフトバンクエアーも9,500円と同額ですが、ソフトバンク光では工事費の残債、ソフトバンクエアーではエアーターミナルの残債に注意が必要です。

なお、短期間で解約する場合、解約費用総額では、ソフトバンクエアーでエアーターミナルをレンタルした場合が一番有利ですね。

1−4.速度チェック

通信速度については、次のとおりです。

<通信速度>
項目 ソフトバンク光 ソフトバンクエアー
戸建て マンション エアーターミナル割賦購入 エアーターミナルレンタル
通信方式 光回線(フレッツ光) モバイル通信
(ソフトバンク4G)
最大通信速度 最大1Gbps 下り最大350Mbps
実測通信速度 50Mbps~500Mbps程度
(通信速度測定サイト「Radish Network Speed Testing」による測定結果)
(参考URL http://netspeed.studio-radish.com
55Mbps~95Mbps程度
(「総務省実効速度調査」による測定結果)
(参考URL https://www.softbank.jp/mobile/network/explanation/speed-survey/

このように通信速度については、光回線を使っているソフトバンク光の方が有利です。

しかし、普通にインターネットでYouTubeなどの動画視聴やWeb閲覧をして楽しむにためには、実測値で5Mbps以上あれば大丈夫ですので、どちらもインターネットを普通に楽しむには充分な通信速度は出ていますね。

1−5.エリアが気になる

エリアについては次のとおりです。

まず、ソフトバンク光のサービス提供エリアはNTT東西のフレッツ光が利用可能なエリアとなります。ですので、NTT東西のフレッツ光公式Webサイトから確認してみることができます。

(NTT東日本フレッツ光公式サイトURL https://flets.com
(NTT西日本フレッツ光公式サイトURL https://flets-w.com/cart/index.php

次に、ソフトバンクエアーの場合は無線ですので、電波が届くエリアを確認する必要があります。

しかし、ソフトバンクエアーが使っている電波は、SoftBank4Gという電波です。名前が似ているのですがSoftBank4GLTEとは別の電波ですので注意が必要です。

このSoftBank4Gは、ソフトバンクのグループ会社のWireless City Planning株式会社のAXGPという通信規格の電波を利用していますので、この会社の公式Webサイトのエリアマップから確認すると分かりやすいですね。

(Wireless City PlanningのエリアマップURL http://www.wirelesscity.jp/area/

なお、このエリア内であったとしても、必ず通信可能とは限りません。

ソフトバンクエアーが使うSoftbank4Gの電波は2.5GHzと3.5GHz(3.5GHzはエアーターミナル3のみ対応しています。)の高い周波数の電波を使用しているため、建物内に入りづらいという特徴があります。

ですので、例えば、鉄筋コンクリート造の窓から離れた奥まった場所では電波が届かない場合がありますので注意が必要です。

しかし、もし電波状況が不十分な場合でもソフトバンクエアーでは、店舗またはオンラインで申込んだ場合、サービス提供開始日または契約書面受領日のいずれか遅い方から当該日を含む8日間、契約のキャンセルが可能です。

ソフトバンクエアーを検討している方は、一度試しに申込んでみても良いかもしれません。

2.メリットとデメリット

以上、ソフトバンク光とソフトバンクエアーについて比較してみましたが、その結果を踏まえ、それぞれのメリットとデメリットについてお話しようと思います。

2−1.ソフトバンク光

ソフトバンク光のメリットとデメリットは次のとおりです。

<メリット>

  • 光回線なので通信速度が速い
  • マンションプランの料金はソフトバンクエアーより割安
  • 開通工事費が実質無料

<デメリット>

  • 開通工事があるため開通まで時間がかかる
  • 60ヶ月以内に解約する場合、工事費残債が一括請求される
  • 通信機器が多く配線がやや複雑

2−2.ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーのメリットとデメリットは次のとおりです。

<メリット>

  • 開通工事がなく、エアーターミナルが届いたら電源を入れるだけでインターネット接続が開始できる
  • 開通工事がないので、部屋に係員が立ち入ることもないので安心
  • エアーターミナルのレンタルで解約する場合の解約費用は違約金(9,500円)のみ
    (キャンペーン割引などを受けている場合はキャンペーンについての違約金が発生する場合があります)
  • 通信機器はエアーターミナルだけで、端末とはWi-Fiでつなぐことができ、配線が不要

<デメリット>

  • 電波での接続なので光回線での通信速度より遅い
  • マンションプランの料金より割高
  • 建物の種類やエアーターミナルの設置場所により電波が十分に届かない場合がある
    (この場合8日間以内であればキャンセル可能)
  • エアーターミナルの割賦購入で36ヶ月以内に解約する場合、エアーターミナルの残債分が一括請求される

3.結局どっちが良いの!?

ソフトバンク光とソフトバンクエアーを比較し、それぞれのメリットとデメリットをみてきましたが、その結果、どういう人がどっちのプランが良いのかまとめてみましょう。

<ソフトバンク光が良い人>

  • 通信速度を重視する人
  • お住いの住宅が集合住宅(マンションプラン)の人
  • ひかりTVなどフレッツ光系の映像サービスを利用したい方

<ソフトバンクエアーが良い人>

  • 開通工事を待たず、できるだけ早く利用したい人
  • 配線をシンプルにしたい人
  • 通信速度をあまり重視しない人で、お住いの住宅が戸建住宅(ソフトバンク光で戸建プラン)の方
  • エアーターミナルをレンタルして解約費用を最小限にしたい人
  • 自宅内に工事などの係員に入ってもらいたくない人

4.まとめ

ソフトバンク光もソフトバンクエアーも一長一短がありますが、利用目的によりどちらが良いか決めることができます。

そして、本文には書きませんでしたが、ソフトバンク光で利用できる「光電話(月額500円)」という固定電話サービスについても、ソフトバンクエアーでもソフトバンクの電波を利用した「おうちのでんわ(月額500円)」が利用できます。

この「おうちのでんわ」は光電話と同様にMNPに対応していますので、今までの電話番号がそのまま使え、電話機もそのまま使うことができます。

このように、ソフトバンク光とソフトバンクエアーは光回線か電波かという違いはありますが、ほぼ同じサービスが利用できます。 利用目的の状況に応じ、本記事を参考にどちらが良いのかしっかり選んで、楽しいインターネットライフを満喫してください!

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。