スマホの通信制限に引っかからないための7つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スマホ女子画像

スマホでのインターネット環境はHD動画の視聴に問題ない程度の通信速度も出るし、持ち運びもできてとても便利なのですが、これに水をさすのが通信制限ですよね。

通信制限に引っかかってしまうと、HD動画の視聴もWebの閲覧すらまともにできなくなってしまいます。そこで今回は、スマホの通信制限に引っかからない方法についてお話してみようと思います。

1.スマホの通信制限とは

スマホ女子画像

スマホの通信制限とは、キャリアが定めるデータ通信量をオーバーした利用者に対し、スマホのデータ通信速度を落とすというある種のペナルティーです。

通常スマホの通信速度は実測値でも5~30Mbps程度は出るのですが、この通信制限に引っかかると128Kbps~200Kbpsと通常の通信速度に比べ100分の1程度に遅くなってしまい、まともにネットができなくなってしまいます。

そして、この通信制限に引っかかってしまう原因は次の2つです。

  • 契約している月利用限度の通信容量を超えた場合
  • 短期間で大量のデータ通信を行った場合(いわゆる「3日間制限」などと呼ばれているもの)

2.通信制限を回避するための7つの方法

このような通信制限を回避して、快適にスマホでのインターネット環境を楽しむ方法についてお話します。

2−1. Wi-Fiでデータ通信量を節約

まずは、単純な方法です。通信制限とならないようWi-Fiを利用し、スマホのデータ通信量を節約します。

特に動画視聴など大容量のデータ通信をする場合は、スマホのデータ通信は極力避け、自宅のWi-Fi環境やWi-Fiスポットを使いスマホのデータ通信量を抑えます。

また、アプリの自動更新などはWi-Fi環境でのみ実施するように設定します。なお、Androidでのアプリの自動更新の設定方法は次のとおりです。

まずGooglePlayストアを開き、左上のメニューマークをタップします。

1

次に、「設定」をタップします。

2

次に「アプリの自動更新」をタップします。

3

最後に「Wi-Fiに接続しているときだけ自動更新する」をタップして設定完了です。

4

2−2. データ容量を追加購入する

月利用限度の通信容量を超えてしまった場合は、データ容量を追加購入することにより通信速度制限を解除することができます。ただし、追加容量の金額は、1GB当たり1,000円程度と割高ですので注意が必要です。

2−3. 予備でもう1回線契約する

今使っているスマホの他に、予備としてもう1回線契約しておきます。3日間制限などに引っかかってしまった場合に、通信速度回復までの「つなぎ」として利用するなど、予備回線を持っているといざというときに頼りになりますね。

なお、予備回線ですので、コストを抑えるため格安SIMのデータプランを契約すると3ギガプランでも月額1,000円以下で利用できますのでおすすめです。

2−4. データ通信にはモバイルWi-Fiルーターを使う

スマホ本体の契約を通話プランだけにして、データ通信にはモバイルWi-Fiルーターを使います。

特にWiMAXの「UQ Flatツープラスギガ放題」や「UQ Flatツープラス」では、通信制限がかかる直近3日間のデータ通信量が10GBとかなり余裕がありますので、通信制限にかかりにくいのでおすすめです。

2−5. 通信制限が1日限りのプランがあるキャリアに乗り換える

一般的な通信制限は、月の契約通信量を超えた場合か3日間制限の通信量を超えた場合にかかります。しかし、1日当たりの通信量に上限を設定しているプランもあります。

例えば、OCNモバイルONEでは、1日110MBを上限としているプランがあり、110MBを超えた時点で通信制限がかかってしまいますが、翌日にはまた復活します。

このような日単位のプランを利用することにより、「今月あとどれくらい通信量が残っているのか」や「3日間の通信量はどれくらいになったか」などの「残りあとどれくらい」の悩みから開放されますね。

また、1日の通信容量を超えてしまったとしても、容量を追加購入できますので、さらに安心ですね。

2−6. ノーカウントオプションのあるキャリアに乗り換える

ノーカウントオプションとは、特定のサービスを利用した場合のデータ通信が無料となるオプションサービスです。

例えば、BIGLOBE SIMのエンタメフリー・オプションでは、月額480円のオプション料をプラスすれば「YouTube Google Play Music Apple Music AbemaTV Spotify AWA radiko.jp Amazon Music」で発生したデータ通信が無料となります。

また、LINEモバイルのMUSIC+プランでは、「LINE MUSIC LINE Twitter Facebook Instagram」で発生したデータ通信が無料となります。

DTI SIMでもDTI見放題SIMというプランがあり、You TubeとTwitterで発生したデータ通信が無料となります。

これらのサービスをよく使う方にとっては、データ通信量や通信制限を気にせず利用できますのでおすすめです。

2−7. 格安SIMの大容量プラン

3大キャリアでも20GBを超える大容量プランが割安で登場し、3日間制限もなく良いのですが、それでも月額料金が10,000円程度かかってしまうというのは厳しいですよね。

そこで、格安SIMでの大容量プランがおすすめです。例えば、楽天モバイルの20GBプランでは、通話SIMが月額4,750円で利用できます。

しかも、3大キャリアで月額1,000円かかるテザリングオプションが無料で、3日間通信制限もありませんので安心です。3大キャリアにこだわらないなら、格安SIMの大容量プランはコスパ的にも通信制限の点でもおすすめですね。

3.まとめ

今回は、「通信制限の回避」という切り口で、3大キャリアも含めた様々な事業者やプランを有効に使う方法を紹介してみました。

通信量の節約、データ容量の追加購入、予備回線の用意、モバイルWi-Fiルーター、日単位プラン、ノーカウントオプション、大容量プランなど、スマホの使い方次第で、通信制限の点でも料金の点でもとても有効な方法です。

この7つの方法により、通信制限から解放され、思いっきりスマホでインターネットを楽しみましょう!

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。