プレミアモバイルの評判や料金詳細!Wi-Fi遅いのは本当か検証!

最終更新日: 2017年8月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
プレモバ画像

今ではモバイルインターネット環境も3大キャリアの寡占状態ではありません。

3大キャリアからモバイル回線を借りて事業を展開する格安SIMや外国人旅行者や民泊事業者向けのモバイル通信サービスを一般ユーザーでも利用できるようにしたレンタルモバイルWi-Fiルーターなど様々な事業者がモバイルインターネット環境を提供していますので、どの事業者が良いのか迷ってしまいます。

今回は、モバイルインターネット環境を提供している事業者のプレミアモバイルについてお話ししようと思います。

1.プレミアモバイルとは

スマホ女性画像

プレミアモバイルは、(株)プレミアムモバイルが展開する大容量・高速データ通信に対応した端末及び通信回線を提供している事業者です。使用している回線は、NTTドコモとWiMAXから回線を借りています。

そして、格安SIMとは違い基本的にSIM単体での提供ではなく、モバイルWi-Fiルーター(割賦販売)と回線をセットで提供しています。

1−1.料金の詳細(simとWiMAX)を分かりやすく!

料金プランは次のとおりです。

<ドコモ回線>
料金プラン 料金 データ
容量
最低利用期間 自動更新契約
プラン1 4,880円 7GB 2年
プラン1ライト 4,380円
1~24ヶ月
7GB 3年
4,880円
25ヶ月目以降
プラン2ライト 4,880円
1~6ヶ月
10GB 2年
5,380円
7ヶ月目以降
メガ放題 4,380円
1~24ヶ月
無制限※1 3年
5,380円
25ヶ月目以降
プレミアAir 4,380円
1~3ヶ月
無制限※1 3年
5,380円
3ヶ月目以降
メガモンスターモバイル 4,380円
1~24ヶ月
25GB 3年
5,380円
25ヶ月目以降
メガモンスターホーム 4,380円
1~3ヶ月
25GB 3年
5,380円
4ヶ月目以降

※1 データ通信量が直近3日間で3GB以上の場合、通信速度制限がかかります。

<WiMAX回線>
料金プラン 料金 データ
容量
最低利用期間 自動更新契約
サクサクプラン
端末HUAWEI 社製
4G Mobile WIFIW04
4,380円
1~24ヶ月
無制限※2 3年
5,380円
25ヶ月目以降

※2 データ通信量が直近3日間で10GB以上の場合、通信速度制限がかかります。

また、ハイスピードエリアモードでの通信容量の上限は7GBとなり、これ使う場合は月額1,005円が加算されます。

1−2.速度

ドコモ回線を使用しているプランでは、理論値でドコモ回線の最高速度となっている下り最高300Mbpsとなっていますが、購入するモバイルWi-Fiルーターの仕様により、300Mbps以下になる場合があります。

なお、容量無制限プランには、いわゆる「直近3日間制限」があります。これは、直近3日間で通信容量が3GB以上にった場合、3GBを超えた時点から翌日の24時までの間低速モード(128kbps)なるという制限です。

しかし、プレミアモバイルには、月額850円(利用13ヶ月目以降は月額1,500円)で利用できる「スペアSIM」というサービスがあります。これにより、直近3日間制限がかかった場合、今使っているSIMを抜いて、「スペアSIM」に差し替えることにより、実質的に直近3日間制限を回避することができます。

WiMAX回線を使用しているプランでは、モバイルWi-Fiルーターがキャリアアグリゲーションに対応しているため、理論値でWiMAX2+の最高速度となっている下り最高220Mbps×2回線分=440Mbpsとなっています。

WiMAXにも直近3日間制限はありますが、直近3日間で10GB以上となっていますので、ドコモ回線よりも制限データ上限が大きいですので、この制限にかかることは少ないかもしれません。なお、WiMAX回線では、ドコモ回線のように「スペアSIM」は利用できません。

1−3.評判や口コミはどう!?

ドコモ回線を利用しているユーザーの口コミが良くないですね。ランチタイムと夜~深夜の時間帯で速度低下が起きているようです。実測値で1~2Mbps程度となってしまうようですね。

これは、プレミアモバイルだけではなく、ドコモ系の格安SIMでも問題となっていることです。ドコモ回線を使ったMVNOは事業者もユーザーも多く、みんなが一斉にネットに繋ぐランチタイムなどでは、混雑のため通信速度が出ないようですね。
ちなみに速度や通信回線に悩みがある方は無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」こちらの窓口で解決できるみたいです。

また、WiMAX回線を使ったサクサクプランについては、あまり口コミがないようです。WiMAXでは、時間帯に関係なく常時30Mbps以上は出るようですので、ドコモ回線よりははるかに安定していますね。

ただし、料金面では、本家UQコミュニケーションのプランの方がお得です。料金を比較してみると次のとおりです。

料金プラン 料金 データ
容量
最低利用期間 自動更新契約
【プレミアモバイル】
サクサクプラン
端末HUAWEI 社製
4G Mobile WIFIW04
4,380円
1~24ヶ月
無制限※2 3年
5,380円
25ヶ月目以降
【UQモバイル】
UQFlatツープラス
ギガ放題
端末HUAWEI 社製
Speed Wi-Fi NEXT W04
(端末代金2,800円)
3,696円
1~3ヶ月
無制限※2 2年
4,380円
4ヶ月目以降

本家UQモバイルのプランの方が、最低利用期間も短く、料金も安いですね。

2.プレミアモバイルの最大メリットとは・・

通信速度はあまり速いとはいえませんが、ドコモ回線を使ったプランで購入するモバイルWi-FiルーターのHUAWEI社製のE5383という端末はSIMフリーです。これが、実質無料で手に入ります。

プレミアモバイル解約後でも、余ったルーターがSIMフリーですので、使い道が豊富ですね。

3.通信制限は無制限?

プレミアムモバイルでは、次の無制限プランについて、直近3日間制限がかかります。

具体的には次のとおりです。

プラン 回線 直近3日間
通信制限容量
制限回避法
メガ放題 ドコモ 3GB以上 スペアSIM
プレミアAir
サクサクプラン WiMAX 10GB

ドコモプランでは、データ容量無制限プランで、直近3日間制限にかかっても「スペアSIM」により事実上この制限を回避できます。方法は、通信制限がかかっているSIMと制限のかかっていないスペアSIMを差し替えることにより、制限期間中であっても高速通信ができます。

なお、「スペアSIM」は月額850円(利用13ヶ月目以降は月額1,500円)で利用できます。

4.結局プレモバはあり!?なし!?

まず、WiMAX回線を使った「サクサクプラン」は本家UQWiMAXより割高ですので、「なし」と思われます。しかし、ドコモ回線を使ったプランは、プレモバ解約後に残るSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターは役に立ちます。

色々な格安SIMを装着して使えますので便利でムダがなくて良いですね。こういう点では、プレモバは「あり」と思います。しかし、プレモバより安く安定している高速なモバイルWi-Fiルーターもありますので、そちらを選択するというのも良いかもしれません。

5.まとめ

プレミアムモバイルについては、決して悪いサービスだとは思いません。無制限プランも良いと思いますし、直近3日間制限を避けることができる「スペアSIM」も画期的なアイデアだと思います。

しかし、最低利用期間なしで違約金もないレンタルモバイルルーターもあります。例えば、(株)レグルスが展開しているfujiWi-Fiでは、容量無制限で月額4,480円、月間100GBプランがキャンペーンで月額3,100円です。当然、最低利用期間なしで違約金もありません。

そして、iVideoでは、最低利用期間なし、違約金なし、速度制限なし、容量制限なしのプランを月額3,500円で利用できます。

また、ドコモ回線を使った格安SIMでも、

  • DTI SIM ネット使い放題プラン(データプラン) 月額2,200円
  • U-mobile データ専用 LTE 使い放題 月額2,480円

があります。

プレミアモバイルも良いサービスですが、モバイルについては、他社でも面白いサービスを展開しており、日進月歩のこの業界は楽しくて目が離せませんね。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。