一人暮らしにおすすめ!安く自宅のネット環境を整えるコツを公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ネット環境画像

これから一人暮らしを始めるにあたり、心配なのはネット環境でしょう。ネットゲームやネットサーフィンなどをするためにネット環境は必須ですが、あまり費用が高いと毎月の出費が大変です。

そこでこの記事では、一人暮らしの人におすすめのインターネット回線や安くネット環境を整えるためにチェックしたいポイントを解説します。インターネットの契約先をどこにするか、そして自分に合った回線が何かわからず困っている方は、参考にしてください。

1. 一人暮らし向きのインターネット回線とは

一人暮らしにおすすめのインターネット回線は、主に3種類あります。たくさんのバリエーションがあるインターネット回線ですが、一人暮らしで安く使いたい場合はある程度選択肢が絞られてくるのです。

まずはどんなインターネット回線がおすすめになるのか解説するので、ぜひ参考にしてください。

1−1.WiMAXやソフトバンクAir、携帯電話のモバイル回線

大学への進学や就職を機にこれから一人暮らしをする場合、そもそも導入に時間をかけている余裕はないでしょう。また今後進級に伴うキャンパスの場所の変更や転勤によってすぐに引っ越しをする可能性がある場合、固定回線を導入すると引っ越しと合わせて高額な違約金がかかってしまうこともあります。

手軽にインターネット回線を導入し、すぐに使い始めたい場合におすすめなのがWiMAXやソフトバンクAirなどのモバイル回線です。月額3,000~5,000円程度と安価(UQ WiMAXは月額4,380円)で、契約してルーターを入手すればすぐに通信できるようになるため時間もかかりません。

またあまり通信量が多くないなら、携帯電話で20GB~50GBの大容量プランを契約するのも良いでしょう。

ただしモバイル回線は通信速度が不安定で、ネットゲームをする場合は快適に遊べなくなってしまうケースもあります。安定性を重視する場合、モバイル回線はおすすめできません。

1−2.導入コストや月額料金を下げられる光コラボレーション

日本全国に対応する光回線サービスのフレッツ光では最大18,000円(税抜)の工事費が満額発生します。上下最大1Gbpsの高速回線でネットゲームなども快適に行なえますが、導入コストが高いのでイマイチに感じるかもしれません。

しかしフレッツ光の回線と特定のプロバイダがセットになった光コラボレーションなら、キャッシュバックや月額割引で工事費を割引にできます。

例えばSo-net光コラボレーションならキャンペーンで30ヶ月間1,500円(税抜)の割引を受けられるので、毎月800円かかる工事費が割引になります。So-net光コラボレーションなら工事費の支払いも含めて30ヶ月間は月額3,400円(税抜)になるなど、月額料金自体も安価です。

2~3年以上は今のマンション等に住む予定で、回線の安定を重視するなら、光コラボレーションの契約を検討しましょう。

1−3. 導入コストを下げられて高速なNURO光(関東・東海・関西限定)

自宅が関東地方か東海地方、または関西地方にあるなら、下り最大2Gbpsに対応する高速回線のNURO光を契約しましょう。NURO光は入会キャンペーンを利用すれば工事費が実質無料、さらに1年間は通常月額4,743円(税抜)の月額料金が2,980円(税抜)になります。

加えて設定サポートが初回無料なので、インターネットの接続設定が苦手な人も安心です。導入コストを下げられてさらに速度まで速いので、対応エリアに住んでいる人にはNURO光が断然おすすめです。

2. なるべく安く楽しみたい!安く自宅のネット環境を整えるコツとは

続いて、自宅のネット環境を安く整えるためのコツを紹介します。様々な方法を駆使して、月々のインターネット費用を削減できます。自分に合った方法を活用しましょう。

2−1. キャッシュバックや月額割引が充実した光回線を選ぶ

インターネット代を削減するには、割引サービスやキャンペーンが充実した光回線の契約がおすすめです。例えばNURO光では、通常月額4,743円(税抜)の料金がキャンペーンで1年間2,980円(税抜)に抑えられます。

割引サービスを使って、お得な金額で利用できる光回線を選びましょう。

2−2.ポケットWi-Fiを一括で購入し、月々の支払い額を下げる

ワイモバイルのポケットWi-Fiは、ルーターの一括で購入すれば本体代金に対応する月額割引によって通信量を割引にできます。

通常月額4,380円(税抜)の月額料金が月々1,000円程度割引になるので、初めにまとまった金額を支払っておいて月々の負担を減らしたい人におすすめです。

2−3.スマホのセット割に対応する光回線を選ぶ

自宅のインターネット回線と合わせて使うスマホの回線料金を割引にすれば、結果的に出費が減ってお得になります。

  • ドコモ光:ドコモ
  • auひかり、So-net光などのauスマートバリュー対応回線:au
  • ソフトバンク光、ソフトバンクAir、NURO光:ソフトバンク

それぞれのスマホ回線に対応する光回線があるので、セット契約で出費を抑えましょう。

2−4.インターネット導入済み出やすく使える物件に引っ越す

マンションの中では、「インターネット無料」や割引を受けられるものもあります。速度が遅いなど注意点がある場合もあるので事前に確認しつつ、お得にインターネットを使える物件に引っ越すのもおすすめです。

2−5. 速度にこだわらないなら、格安SIMとモバイルルーターを組み合わせるのもおすすめ!

格安SIMなら、例えばIIJmioは月々900円(税抜)で3GBを使えるなど通信料金がとても安価です。

格安SIMはモバイル回線で速度が不安定ですが、徹底的に料金を抑えたい場合は格安SIMをSIMフリーのモバイルルーターに入れて使うのも良いでしょう。

3. まとめ

一人暮らしを始めるにあたりネット環境を整えたい場合は、月額割引やキャンペーンを適用して費用を抑えられる回線を選びましょう。

速度重視ならNURO光やフレッツ光回線を使った光回線サービス、導入の手間を省きたいならWiMAXやソフトバンクAirなどのモバイル回線がおすすめです。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

光回線スタイル