【プロが教える】光回線を引っ越し時上手に乗り換えるための8つのポイント

最終更新日: 2018年4月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
引っ越し画像

結婚や出産を機に、今よりも広い家に引っ越しをされる方も多いかと思います。そして、引っ越し直前になると、様々な煩雑な手続きを短時間でやらなければなりません。

まず、市役所での各種手続きに、電気・ガス・水道のライフラインの申し込み・契約、家具や家電の運び込み、などなど、引っ越しはとても忙しいものです。そして、インターネットも忘れてはいけません。このご時世、ネットがないと何も出来ませんよね。

でも、インターネットについては、引っ越しが決まった段階で、ある程度は事前に準備することが可能です。そこで今回は、光回線を引っ越し時、上手に乗り換えるためポイントについてお話しようと思います。

引っ越しを控えている方は必見ですよ!

引っ越しする人の99%が得するインターネット契約のコツが分かる相談窓口がこちら
新居や新築を建てたあなた!これから転勤等で引っ越しするあなた!こんな困り事はありませんか?
  • 「引っ越し時新たにネットを契約したほうがいいのか?今までのを継続した方がいいのか?」
  • 「色々なネット回線の種類があって訳が分からない!」
  • 「出来ればお得に引っ越ししたい!」
  • 「新築や戸建ての場合はどうすれば?」
などなど・・引っ越し時ではこのような思いをされている方も多いはずです。

もし、あなたがお得にスムーズに引っ越しを済ませたいなら下記の窓口で相談できます。

こちらのサービスではインターネットのプロが無料であなたの引越し時のインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~20:00

1. 引っ越し時上手にネット回線を乗り換えるポイント

引っ越し画像

それでは、具体的にネット回線を乗り換えるポイントについてみていきましょう。

1−1.解約費用を把握する

まずは、今契約しているインターネット回線のサポートセンターに電話して解約した時の費用を調べることが肝心です。

ちなみに、一般的な解約費用の目安は次のようになります。

  • 違約金
    更新月以外の月で解約すると違約金がかかります。
    金額は、10,000円~30,000円程度です。
  • 工事費残債
    インターネット回線を設置したときの工事費(分割払いの場合)に残金がある場合、解約時に残金分を一括請求されます。
    金額は、「支払い回数」-「使用した月数」×工事費分割払い月額です。
    このように、工事費残債額は、インターネット回線を使用した期間によって変わります。
  • 回線撤去工事費
    回線撤去工事が必要な場合、回線撤去工事費がかかります。
    金額は、10,000円程度です。

1−2.今契約している回線を使い続ける場合の引越し費用を調べる

次に、今契約中の回線のサポートセンターに連絡し、引っ越しをした場合の費用(移転工事費)を調べてみましょう。

1−3.解約費用と移転工事費を比較して回線を決める

もし、解約費用(工事費残債+違約金+撤去工事費)より移転工事費の方が安い場合は、今契約中の回線を引っ越し(移転手続き)を行うほうがお得です。

image01

次に、工事費残債が無いか少額だった場合は、次の条件で新しいインターネット回線を選んでみるのも良いかもしれません。

  • 違約金や撤去工事費を補填してくれる回線
  • 初期費用、特に工事費が実質0円の回線

具体的に例を挙げると、ソフトバンク光とauひかりが上の2つの条件に当てはまります。

<ソフトバンク光とauひかりの解約費用補填>

項目 ソフトバンク光 auひかり
割引キャペーン名 SoftBank あんしん

乗り換えキャンペーン

auひかり

スタートサポート

適用条件 特になし 電話(月額500円)

電話オプションパック

(月額500円)

に加入すること

解約費用の補填対象 違約金と撤去工事費 違約金
補填金額の上限 100,000円まで 30,000円まで

<ソフトバンク光とauひかりの初期費用>

項目 ソフトバンク光 auひかり
割引キャンペーン名 SoftBank光乗り換え

新規で

キャッシュバック

/割引キャンペーン

初期費用相当額

月額利用料から割引!

工事費 実質0円 実質0円
契約料 3,000円 3,000円

1−4.解約費用が少額な場合

今契約している回線の解約費用が気にならないくらい少額な場合は、使用目的によって最適なインターネット回線を選びましょう。

1−5.転勤で引っ越しが多い場合

有線の光回線では、引っ越しの際に必ず開通工事があります。そして、開通工事が完了するまで、インターネット回線は使えません。

また、引っ越しが多い場合、同じ回線を使い続けても「移転工事費」がかかり、別の回線に乗り換えても、今契約中の回線の「違約金」「工事費残債」「撤去工事費」と新しい回線の「契約料」「開通工事費」がかかってしまいます。

そこで、引っ越しの多い場合、解約も工事も不要なモバイルWi-Fiルーターや据置型Wi-Fiルーターがおすすめです。Wi-Fiルーターを引越し先に持っていって、すぐに使えるので、簡単です。

<モバイルWi-Fiルーターの例>

image04

image05

(画像引用URL http://www.uqwimax.jp/beginner/wimax/

<据置型Wi-Fiルーターの例>

image06

(画像引用URL https://www.softbank.jp/ybb/special/air/

1−6.通信速度で選ぶ

ネットゲームや大容量データの受け渡しが多いユーザーの場合、通信速度が大事ですね。インターネット回線を通信速度で選ぶなら、次の回線がおすすめです。

<通信速度で選ぶ光回線>

  • NURO光
    通信速度下り最大2Gbpsと国内最速
    サービス提供エリアが関東・東海・近畿の一部
  • v6プラス対応の光回線
    MAP-E対応ルーター使用で、VNE事業者の日本ネットワークイネイブラー(株)が提供する「v6プラス」が使えて高速

image07
v6プラスは、上図のように、通信速度の面でボトルネックとなっているプロバイダの設備を通さずに、高速なVNE事業者の回線に直接繋ぐので、通信速度が速くなります。

1−7.スマホとのセット割でお得に選ぶ

スマホとのセット割は割引額が大きく、大変お得な割引サービスです。

<ドコモユーザーはドコモ光>

プラン 料金
戸建て マンション
タイプA 5,200円 4,000円
タイプB 5,400円 4,200円
単独タイプ 5,000円 3,800円
セット割の概要 ドコモスマホとドコモ光をセットにすることにより、スマホの料金から、

戸建てプランで月額最大3,200円

マンションプランで月額最大3,000円

が割引となります。

<auユーザーはauひかり>

利用年数 料金
戸建て マンション
1年目 5,200円 3,800円
2年目 5,000円
3年目以降 4,900円
セット割の概要

auスマートバリュー

auスマホとauひかり(ネット+光電話(月額500円))をセットにすることにより、スマホの料金から、1回線当たり月額最大2,000円割引となり、最大10回線まで割引が適用できますので、家族が多いほど、割引額が増えていき、大変お得です。

<電力系光回線でもauスマートバリューが適用可能>

サービス提供エリア 回線名 料金
戸建て マンション
静岡県、岐阜県、

愛知県、三重県

 コミュファ光 5,550円 5,550円
滋賀県、京都府、

大阪府、兵庫県、

奈良県、和歌山県、

福井県

 eo光 1年間 2,953円

以降  4,953円

1年間 2,524円

以降  3,524円

広島県、岡山県、

鳥取県、島根県、山口県

 メガエッグ 1年目 4,000円

2年目 5,410円

以降

1年目 2,200円

2年目 4,281円

以降

徳島県、高知県、

香川県、愛媛県

 ピカラ 1年目 4,500円

3年目 4,400円

6年目 4,300円

9年目 4,200円

以降

1年目 3,400円

6年目 3,280円

以降

福岡県、佐賀県、

長崎県、熊本県、

大分県、宮崎県、

鹿児島県

 ビビック 4,700円 4,100円

 

<ソフトバンクとワイモバイルスマホのユーザーはソフトバンク光>

利用年数 料金
戸建て マンション
1年目 5,200円 3,800円
セット割の概要

おうち割光セット

おうち割光セット(A)

ソフトバンクスマホとソフトバンク光(光BBユニットレンタル+Wi-Fiマルチパック+光電話 セットで月額500円)をセットにすることにより、スマホの料金から、1回線当たり

ソフトバンクスマホで月額最大1,522円割引

ワイモバイルスマホで月額最大1,000円割引

となり、最大10回線まで割引が適用できますので、家族が多いほど、割引額が増えていき、大変お得です。

 

<NURO光でもソフトバンクスマホとのセット割できます!>

利用年数 料金
戸建て マンション
1年目 2,980円 1,900円~2,500円
2年目以降 4,743円
セット割の概要

おうち割光セット

ソフトバンクスマホとNURO光(ネット+NURO光電話(月額500円)+ホワイトコール24(無料)をセットにすることにより、スマホの料金から、1回線当たり、月額最大1,522円割引となり、最大10回線まで割引が適用できますので、家族が多いほど、割引額が増えていき、大変お得です。

1-8.安心感とコスパで選ぶ

セット割などの割引サービスではなく、月額料金が安く、通信速度やサポート体制も充実していて、安心でコストパフォーマンスが高いおすすめの回線は次のとおりです。

事業者 回線名 月額料金
戸建て マンション
NTTコミュニケーションズ(株)  ocn光 5,100円 3,600円
KDDI(株)  auひかり 1年目 5,100円

2年目 5,000円

3年目 4,900円

以降

3,800円
NTTドコモ  ドコモ光 5,200円~ 4,000円~
ビッグローブ(株)  ビッグローブ光 4,980円 3,980円
ソフトバンクグループ(株)  ソフトバンク光 5,200円 3,800円
ニフティ(株)  nifty光 5,200円 3,980円
ソニーネットワークコミュニケーションズ(株)  So-net光 1~30ヶ月

4,800円

31ヶ月以降

5,200円

1~30ヶ月

3,500円

31ヶ月以降

4,100円

ソニーネットワークコミュニケーションズ(株)(関東・東海・近畿の一部)  NURO光 1年間 2,980円

2年目 4,743円

以降

1,900円

~2,500円

中部テレコミュニケーションズ(株)

(東海地方限定)

 コミュファ光 1年目 3,930円

2年目 4,930円

以降  4,933円

5,250円
(株)ケイ・オプティコム(関西地方限定)  eo光 1年間 2,953円

以降  4,953円

1年間 2,524円

以降  3,524円

(株)エネルギア・コミュニケーションズ

(中国地方限定)

 メガエッグ 1年目 4,000円

2年目 5,410円

以降

1年目 2,200円

2年目 4,281円

以降

(株)STNet

(四国地方限定)

 ピカラ 1年目 4,500円

3年目 4,400円

6年目 4,300円

9年目 4,200円

以降

1年目 3,400円

6年目 3,280円

以降

 

(株)QTnet

(九州地方限定)

 ビビック 4,700円 4,100円

2.上記をうまく活用したモデルケース

はい。ここまで引っ越す際に上手に乗り換えるポイントを解説してきました。

ここからは次の条件でモデルケースを作成してみます。

条件 モデルケース

結婚したので、今のアパートより広い郊外の一戸建て住宅に引っ越すケース。

  • 東京都(アパート)→埼玉県(一戸建て住宅)に引っ越し
  • マンションプラン→戸建てプラン
  • 今契約しているインターネット回線→So-net光
  • 解約費用→違約金7,500円、工事費残債0円、撤去工事不要0円
  • So-net光を引っ越す場合の移転時の回線工事費9,000円
  • 現在使っているスマホ→auスマホ

解約費用が違約金の7,000円のみで、引っ越し後もSo-net光を使い続ける場合、移転時の回線工事費が9,000円もかかってしまう。このため、So-net光を解約し、別の回線に乗り換えたほうがお得になりそうだ。

新しい回線は、違約金7,000円を補填してくれて、初期費用も出来るだけ抑えたい。そして、現在使っているスマホはauスマホなので、スマホのセット割でお得になりたい。これらの理由から、新しい回線は「auひかり」に決めた。

<So-net光→auひかりに乗り換える場合の費用>

image21

項目 So-net光の費用 auひかりの費用
解約費用 違約金7,000円
違約金還元
image22
-7,000円
初期費用(登録料) 3,000円
初期費用(工事費)
image23
実質0円
スマホとのセット割
image24
<スマホ2台>

・auピタットプラン

500円割引

・データ定額5

1,410円割引

合計1,910円割引

キャンペーン適用条件となる有料オプション ・光電話

(月額500円)

・電話オプションパック

(月額500円)

費用の合計 違約金7,000円 初期費用分 -4,000円

月額費用分  1,000円

初期費用分 3,000円

 

月額費用分 1,000円

auスマートバリュー割引額 1,910円

このように、違約金は違約金還元により相殺されて0円。初期費用は、登録料3,000円のみ。と、大変お得に乗り換えることができました。

月額料金も、

「auスマートバリュー1,910円」-「有料オプション1,000円」=910円
お得になりました。

3. まとめ

インターネットの引っ越しについてお話してきましたが、お得にインターネットの引っ越しを行うための「鍵」は、

  • 今契約している回線の解約費用
  • 今契約している回線の引っ越し費用(移転時の回線工事費)

で、この①と②を比較して、今契約中の回線を引っ越し後も使い続けるか、回線を乗り換えるかを決めます。

もし、回線を乗り換える場合は、次の点が「鍵」になります。

  • 乗り換え先の回線に今契約している回線の解約費用の還元があるか。
  • 乗り換え先の回線の初期費用を抑えることは出来るか。
  • スマホとのセット割などのお得な割引サービスがあるか。

「お得さ」以外にも、インターネット回線の選び方として、

  • 引っ越し時の手続きの簡単さ
  • 通信速度優先
  • 安心でコスパの高さ

などを挙げてみました。引っ越しをするのは、煩わしい手続きや、家具や家電の持ち運びなど大変忙しくなります。ですので、引っ越しが決まった段階で、インターネット回線をどうするのかを予め決めておくと、スムーズな引っ越しが出来るようになるでしょう!

本記事の内容が、引っ越しをする予定の方にとってお役に立てたなら、大変嬉しく思います。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

光回線スタイル