フレッツ光の法人料金を分かりやすく解説!個人との違いはなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
フレッツ光法人画像

会社や店舗、個人事業者などでインターネットを引く場合、個人ユースのように好みや料金だけで簡単に回線を選ぶわけにはいきませんよね。ビジネスで使うのであれば信頼性やサポートの面をおろそかにはできません。

かといって、月額数万円もする本格的なビジネスプランではコストがかかり過ぎます。今回はそんな方にとって「ちょうど良いバランス」のフレッツ光法人向けサービスについてお話ししようと思います。

1.フレッツ光 法人向けサービスとは

女性画像

それでは、フレッツ光の法人向けサービスについて詳しくお話ししていこうと思います。

1−1.料金

NTT東日本の場合

<戸建プラン>
フレッツ光
ネクスト
ファミリー
タイプ
フレッツ 光
ネクスト
ギガファミリー
スマートタイプ
フレッツ 光
ライト
ファミリー
タイプ
プラン体系 使い放題 使い放題 2段階定額
通信速度 最大200Mbps 最大1Gbps 最大100Mbps
月額基本料 4,400円 4,600円 2,200円

プラン体系

<マンションプラン>
フレッツ光
ネクスト
マンション
タイプ
フレッツ 光
ネクスト
マンション
スマートタイプ
フレッツ 光
ライト
マンション
タイプ
使い放題 使い放題 2段階定額
通信速度 最大200Mbps 最大1Gbps 最大100Mbps
月額基本料 2,300円 2,650円 1,900円

NTT西日本の場合

<戸建プラン>
ファミリー・スーパー
ハイスピードタイプ 隼
フレッツ 光ライト
ファミリータイプ
プラン体系 使い放題 2段階定額
通信速度 最大1Gbps 最大100Mbps
月額基本料 4,300円 2,300円
<マンションプラン>
マンション・スーパー
ハイスピードタイプ 隼
フレッツ 光ライト
マンションタイプ
プラン体系 使い放題 2段階定額
通信速度 最大1Gbps 最大100Mbps
月額基本料 2,250円 2,200円

これらの料金は割引適用後の料金です。今ではフレッツ光も割引によりこのような安価な料金で利用できますので、コスト面で大変優れています。

なお、初期費用は個人用と同額で、戸建が18,800円、マンションが15,800円です。

1−2.プロバイダ

プロバイダについては、法人契約ができないプロバイダもいくつかありますが、料金も個人用のものとあまり変わりません。代表的なプロバイダの料金を挙げておきますね。

<プロバイダ料金>
プロバイダ 戸建 マンション
Yahoo!BB
光フレッツコース
1,200円 950円
OCN 1,100円 900円
SANNET 1,200円 900円
So-net 1,200円 900円
BIGLOBE 1,200円 1,200円
楽天ブロードバンド 1,200円 950円
plala 1,200円 950円

このようにプロバイダの料金も戸建で1,200円程度、マンションで900円程度と個人用とあまり変わらない料金です。

そして、プロバイダによって特徴などに違いがありますが、フレッツ光では相談窓口で多くのプロバイダのなかから、利用目的に合ったおすすめのプロバイダについてアドバイスや提案をしてくれますので、プロバイダ選びも安心です。

<フレッツ光法人向けサービス相談受付窓口>

  • 電話番号:0120-850-501
  • 受付時間:10:00~20:00 年中無休
    (NTT東日本・NTT西日本ともに同じ番号です。)

1−3.ひかり電話

ひかり電話オプションも個人向けと同様に月額500円から利用できます。通話料も全国一律3分8円とお安く利用できます。

当然、加入電話と同様に緊急通報(110番・118番・119番)やフリーダ.イヤル・フリーアクセス・ひかりワイド(1200・0800)への発信も可能で、この他にも、時報や天気予報、国際電話なども利用できます。

さらに、今使っている電話番号や電話機・FAXもそのまま使用できますので、「電話番号は変えたくない」方や「電話機を新たに用意したくない」方でも安心ですね。

そして、月額500円の基本プランだけではなく、ナンバーディスプレイやボイスワープなど便利な6つの付加サービスがセットになっているお得な「ひかり電話A(エース)」も月額1,500円選択できますので、ビジネスユースにはおすすめですね。

1−4.オプション

フレッツ光法人向けサービスでは、サポートオプションが充実しています。例えば、「オフィスまるごとサポート(NTT東日本)」「オフィスネットおまかせサポートサービス(NTT西日本)」では、

  • セキュリティ事故予防

本サービスで提供されるIT管理サポートツールをインストールするだけでセキュリティ事故予防を簡単に実現でき、情報漏洩などの事故につながるPCやネットワークの危険な利用を防止し、セキュリティホールの避やウイルス対策など社内のPCやネットワークにセキュリティの弱点がないチェックしてくれるサービス。

  • トラブル対応&ヘルプデスク

いざという時のトラブルやPC、Wi-Fi、各種ソフトウェアの使い方などの困りごとを専門スタフによる電話サポートや遠隔サポートを月5回まで利用できるサービス。

が、月々1,000円から利用ができます。

また、専門技術者の派遣による訪問サポートや定額料金だけでヘルプデスクを何回でも無制限で利用できるサービスや定期的にPCのセキュリティ状況やHDDの利用状況についてレポートを届けてくれるセキュリティ状況報告などのさらに手厚いサポートも用意されています。

そして、プロバイダのオプションで「固定IPアドレス」も利用できますので、会社のサーバでドメインを使ってホームページなど運用することもできます。

また、離れた場所でも社内のネットワークにいるかのようにファイルの共有や社内の独自システムなどにアクセスできるVPN(Virtual Private Network=仮想プライベートネットワーク)の利用もできますので、離れた場所で営業をする場合に大変便利ですね。

フレッツ光の人気記事はこちら↓

フレッツ光に戻したい!コラボ光から無料で戻す方法はある?

2. フレッツ光 個人との違いはなに?

フレッツ光法人向けサービスは小規模事業者に向いているサービスで、個人向けサービスよりもサポート体制がとても充実しています。使っている回線は個人用の回線と同じです。

このため、料金も個人用とほとんど同じ料金で利用できますので、オフィスからNTTの収容所まで専用回線で直結した高速で高額な大企業向けのサービスよりも、コスト面ではるかに有利です。

そして見逃しがちですが、法人向けと個人向けでは、ネット代理店で申し込んだ場合のキャッシュバック金額が大きく違います。個人向けでは、5,000円~10,000円程度のキャッシュバック金額です。

しかし、法人向けではひかり電話A(エース)の加入や指定プロバイダなどのキャッシュバック条件はありますが、50,000円程度のキャッシュバックをもらうことができますので、初期費用などはこれで賄えてしまいますね。

3. 個人と違って時間がかかる?開通手順と期間

個人用と同じ回線使っていますので、開通手順や期間は個人用とあまり変わりません。

3−1.開通手順

ステップ1:事前準備

まず、法人向けサービスの申込みに必要な書類を準備します。

株式会社など法人の場合は「法人登記簿謄本」、SOHOや商店などの個人事業者の場合は税務署へ提出する「個人事業の開業・廃業届出書」のコピーが必要となりますので、事前に準備をしておきます。

さらに、スムーズな申込みを行えるようにするため、申込前の準備として、プロバイダやオプションサービスを予め決めておきます。フレッツ光の法人向けサービスでは、電話相談によるアドバイスを受けることができますので、これを利用すると便利ですね。

<フレッツ光法人向けサービス相談受付窓口>

  • 電話番号:0120-850-501
  • 受付時間:10:00~20:00 年中無休
    (NTT東日本・NTT西日本ともに同じ番号です。)

ステップ2:申込み

準備が終わりましたら、NTTに申し込みます。申込みには24時間対応しているWeb受付が便利ですね。

  • NTT東日本のWeb受付窓口

(URL https://flets.com/application/

  • NTT西日本のWeb受付窓口

(URL https://hikari-n.jp/business/form-entry/

申込後にNTTからメールや電話で連絡がありますので、ここで工事日などを決めます。

ステップ3:開通工事と機器の設定

工事予定日に開通工事が実施されます。これでフレッツ光が開通します。開通工事後は、NTTやプロバイダから事前に届いた書類をみて、機器の設定をします。これでインターネットやひかり電話などが利用できます。

なお、設定が不安な方には「セットアップサービス」というサポートサービスが用意されていますので、これに申し込んでおけば開通工事と同時に初期設定をしてくれますので安心ですね。

(参考URL https://flets.com/osa/setup/s_outline.html

3−2.期間の目安

NTTの公式サイトでのアナウンスによると、一般的な開通までの期間は3週間程度です。ただし、利用場所、NTTの設備状況、工事内容などにより、利用開始までの期間は異なります。

また、セットアップサービスを申し込んだ場合は、別途時間がかかります。

フレッツ光のおすすめ記事はこちら↓

結局違いは何?フレッツ光とドコモ光の料金比較をまとめた結果

4.モデルケース

実際にモデルケースを使ってシミュレーションをしてみようと思います。

4−1.会社を設立し事務所にフレッツを利用した場合

モデルケールでの設定は次のとおりです。

  • 事務所の場所:東京都(NTT東日本エリア)
  • オフィスの建物:集合住宅(マンションプラン)
  • 通信速度:200Mbpsプラン
  • プラン体系:使い放題
  • プロバイダ:OCN
  • オプション:「ひかり電話A(エース)」、「オフィスまるごとサポート」
  • 会社のWebサイト:ドメインは取得、レンタルサーバで運用

以上の内容でシミュレーションをしてみます。

<開通時>
項目 料金 備考
契約料 800円
工事費割賦金 15,000円 工事費15,000円を30回分割払
(初回のみ3,000円で以降は月額400円)
合計 15,800円
<毎月の料金>
項目 月額料金 備考
フレッツ光ネクスト
マンションタイプ
2,300円 ・マンションプラン
・通信速度
最大200Mbps
ひかり電話Aエース 1,500円 ナンバーディスプレイ
キャッチホン
ナンバーリクエスト
迷惑電話お断りサービス
ボイスワープ
着信お知らせメール
480円分の無料通話
がセット
オフィスまるごと
サポート
1,600円 ITサポート&セキュリティ
プラン1ライト
(5台までサポート)
工事費割賦金 400円 工事費15,000円を30回分割払
(初回のみ3,000円で以降は月額400円)
プロバイダ・OCN 900円 一ヶ月無料
合計 6,700円
<参考:Webサイト運営費用の例>
項目 料金 備考
レンタルサーバ 初期費用
3,000円
XSARVERをレンタルの場合
・X10プラン
・容量200GB
・PHP、MySQL対応
(WORDPRESSでの運営可)
・独自SSL標準装備
・メールアカウント無制限
12ヶ月間で
15,000円
ドメイン 年額
1,500円
・ XSARVERで取得の場合
・「.biz」のドメインを使用
1年目の年間費用 19,500円
<初回1年分の費用>
フレッツ光初期費用 15,800円
フレッツ光+プロバイダ料 6,700円×12ヶ月
80,400円
Webサイト
運営費
初期費用 3,000円
サーバと
ドメイン
16,500円
合計 115,700円

このシミュレーションでは、初回1年分の料金は、115,700円となります。月額で割り戻すと、115,700円÷12ヶ月=平均月額9,642円となります。

5.まとめ

フレッツ光法人向けサービスは個人向けサービスとほぼ同じ料金で、サポート体制が充実したオプションを付けることができます。また、このフレッツ光法人向けサービスの回線は個人向けと同じ回線を使っていますので、高速専用回線までのパフォーマンスは望めないですね。

フレッツ光法人向けサービスは、ちょうど、個人向けサービスと高速専用回線を使ったサービスとの中間的な立ち位置にあるサービスですので、コストパフォーマンスとサポート体制を重視する小規模な会社や個人事業者の事務所や店舗などに向いていますね。

ビジネスで使う目的で個人向けサービスではサポートが不安な方にとってはイチオシのサービスですね。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。