インターネットの賢い引っ越し手続きが話題!得する3つのポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
引っ越し画像

インターネット回線は長く使うものですので、引っ越しなどでインターネット回線を新たに引く場合には、後悔しないようにしたいですよね。

一度インターネット回線を引いてしまうと、後悔して途中で解約する場合、違約金や工事費残債などを支払う必要がありますので、ムダな支出が出てしまい、大変もったいないです。

ですので、引っ越し時に後悔しないような賢いインターネット回線の手続きを紹介していこうと思います。

それでは、まず、引っ越しが決まったらする事について具体的にみていきましょう。

1. 引っ越しが決まったらする事とは!?

転勤などで引っ越しが決まった場合、まず、住宅と電気・ガス・水道のライフラインを準備することが大切ですよね。

しかし、もう一つのライフライン「インターネット」を忘れていませんか?

インターネットは、今や生活には欠かせない大切な通信手段です。

引っ越し1

ネットがない環境では、ホテルや飛行機などの予約サイトや各種申込みサイトが利用できず、パソコンで作成した資料などをメールで送ったり、クラウドに保存したりということも出来ず、プライベートだけではなく、仕事にも支障をきたしてしまうかもしれません。

でも、どうせ引っ越すなら、インターネットも賢くお得に引っ越ししたいものですよね。そこで今回は、インターネットの賢い引っ越し手続きについて、お話していこうと思います。引っ越しが決まった方にとっては、必読ですよ!

1−1.同じインターネット回線を引越し先でも使用する場合

引っ越し2

引っ越し先でも同じインターネット回線を引き続き使う場合は、次のようなデリットとデメリットがあります。

<メリット>

  • 解約をしないので、違約金が0円
  • 引き続き同じプロバイダのメールアドレスやオプションサービスが引き続き使える。

<デメリット>

  • 引っ越しのための移転時工事費がかかる。
  •  引っ越し先の地域によっては、通信速度が落ちる場合がある。

1−2. 違うインターネット回線を使用する場合

引っ越し3

今まで使っていたインターネット回線を解約し、違うインターネット回線に乗り換える場合は、次のようなデリットとデメリットがあります。

<メリット>

  • 引っ越し先の地域で評判の良いインターネット回線を選ぶことが出来る。
  • 今使っているインターネット回線の違約金や回線撤去費用などをキャッシュバックしてくれる事業者もあるので、この場合、実質的な解約費用を大きく抑えることが出来る。
  • 初期工事費実質0円のキャンペーンを実施している回線もあり、初期費用を大きく抑えることが出来る。
  • インターネット上の販売代理店などで申し込むと、高額なキャッシュバックが貰える場合がある。

<デメリット>

  • 更新月以外で解約する場合、違約金や場合によっては回線の撤去工事費がかかる。
  • 工事費に残債がある場合は、解約時に残債分を一括請求される。
  • 今使っている回線を完全に解約してしまうと、プロバイダのメールアドレスやオプションが使えなくなる。

1−3. モバイルWi-Fiや据置型インターネットをご利用の場合

引っ越し4

モバイルWi-Fiや据置型インターネットを引っ越し先でも引き続き使う場合のメリットとデメリットは次のとおりです。

<メリット>

  • 引っ越し先に器機を持っていくだけで、何もせず、すぐにインターネットに繋がる。(後で住所変更手続きが必要です。)
  • 解約をしていないので、違約金0円。

<デメリット>

  • 引っ越し先の電波状況や地域の基地局設備の性能によっては、通信速度が落ちる場合がある。
  • 引っ越し先住宅の建物によっては、外からの電波が入りにくく、通信速度が落ちる場合がある。

2.インターネットの賢い引っ越し手続き 得する3つのポイントとは

このように、引っ越し先で同じインターネット回線を使い続ける場合でも、インターネット回線を乗り換える場合にも、それぞれメリットとデメリットがあります。このメリット・デメリットを踏まえ、ここからは、得する3つのポイントをみていきましょう。

2−1.工事費残債がたくさんある場合

工事費残債がたくさんある場合は、今の回線を解約して他社に乗り換えてしまうと、解約時に違約金だけではなく、工事費残債も一括請求されてしまいます。そして、次の項目で紹介するソフトバンク光やauひかりであっても工事費残債については、還元対象とはなっていません。

もし、工事費残債がたくさん残っている場合は、移転時工事費を支払ってでも今のインターネット回線を使い続けたほうが良いかもしれません。

2−2.工事費残債がない場合

工事費残債がない場合は、解約しても、違約金や撤去工事費がかかるだけです。しかも、ソフトバンク光やauひかりなどでは、違約金や撤去工事費を還元してくれます。

そして、開通のための初期工事費も実質0円で、新たにインターネット回線を引くことが出来ますので、大変お得です。

<引っ越しに係るソフトバンク光とauひかりのキャンペーン>
項目 ソフトバンク光 auひかり
解約費用の対象 違約金・撤去費用 違約金
還元金額の上限 100,000円まで 30,000円
還元の方法 キャッシュバック au WALLETへの

ポイントチャージ

又は郵便為替

と月額利用料割引

初期費用 実質0円 実質0円

ソフトバンク光やauひかりだけではなく、ドコモ光でも時々「ドコモ光乗り換えサポートキャンペーン」というような違約金を負担してくれるキャンペーンを実施することがありますので、ドコモ光公式サイトをチェックしてみてくださいね。

2−3. モバイルWi-Fiや据置型インターネットをご利用の場合

この場合は、引っ越してもモバイルWi-Fiや据置型インターネットを持っていくだけでそのまま使えますので、引っ越しの後で、住所変更の手続きを行うこと以外に手続きはありません。

ただし、電波の届かない地域に引っ越す場合などがあった場合は、サポートセンターに相談してみましょう。

3.賢い引っ越し手続きを利用した場合のモデルケース

3−1.ケース1(工事費残債が大きい場合)

<条件>

  • 使用回線は「NTT西日本フレッツ光+BIGLOBEプロバイダ」
  • 引っ越しは、大阪府→福岡県(どちらもNTT西日本エリア)
  • 工事費残債は15,000円で、解約した場合の違約金は30,000円となり、解約費用は合計45,000円

<シミュレーション>
解約せずに同じ回線を使い続ける場合

NTT西日本へ支払う移転時工事費
引っ越し先の住宅/項目 戸建て マンション

(集合住宅)

移転時工事費 18,000円 15,000円
移転時工事費割引 -9,000円 -7,500円
割引適用後移転時工事費 9,000円 7,500円

 引っ越しに伴う手続き
① NTT西日本への引越手続き
② BIGLOBEプロバイダへの住所変更手続き

このケースの場合、解約すると45,000円の解約費用がかかってしまいます。

しかし、引っ越し後もそのまま回線を使い続けると戸建てで9,000円、マンションで7,500円しかかかりませんので、回線を乗り換えず、今の回線を使い続ける方が賢い選択といえます。

3−2.ケース2(工事費残債がない場合)

<条件>

  • 使用回線は、OCN光
  • 引っ越しは、東京都→大阪府
  • 工事費残債は0円で、解約した場合の違約金は11,000円となり、解約費用は違約金のみで合計11,000円

<シミュレーション>
OCN光を解約して、ソフトバンク光に乗り換える場合

○OCN光に支払う金額
違約金として11,000円

OCN光とソフトバンク光に支払う費用
引っ越し先の住宅/項目 戸建て マンション
OCN違約金 11,000円 11,000円
ソフトバンクあんしん乗り換えキャンペーン※ 違約金・撤去工事費

相当額

-15,000円

違約金・撤去工事費

相当額

-15,000円

契約事務手数料 3,000円 3,000円
初期工事費 24,000円 24,000円
乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン 工事費相当額

-24,000円

工事費相当額

-24,000円

実質総支払額 -1,000円 -1,000円

※ソフトバンクのキャッシュバック金額の設定では、違約金11,000円の場合は、15,000円がキャッシュバックされます。

キャンペーン5

(参考URL https://www.softbank.jp/ybb/campaigns/list/anshin-norikae01/

 引っ越しに伴う手続き
① OCN光の解約手続き
② ソフトバンク光の申し込み手続き

このケースの場合、解約しても、工事費残債がないため、違約金11,000円の解約費用しかかかりません。

このため、違約金を還元してくれるソフトバンク光に乗り換えると、実質的な支払額が-1,000円、つまり、実質的な支払金額がかからないだけではなく、1,000円が手元に残る計算となります。このケースの場合、回線を乗り換えた方が賢い選択と言えます。

4. まとめ

このように、インターネットの引っ越し費用は、今使っているインターネット回線の状況により大きく違ってきます。引っ越し先でも今の回線を使い続けるのか、引っ越し先で別の回線に乗り換えるのか、モデルケースを使って具体例を上げてみました。

是非、ご自宅のインターネット回線の工事費残債や違約金などの状況を調べてみて下さいね。そうすれば、賢くお得なインターネット回線の引っ越しができるでしょう!

インターネット回線も賢くお得に引っ越して、引っ越し先でも快適にインターネットを楽しみましょう!

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。