どんなときもWi-Fiが繋がらない!通信障害の原因と3つの対処法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
どんなときもWiFi画像

どんなときもWi-Fiで起きている大規模通信障害がネットで大炎上していますね。You Tubeの動画などを見てみると、かなり辛口な厳しい意見も出ているようです。

そして、どんなときもWi-Fiの通信障害には、クラウドSIMというシステムが関係しているようです。

そこで今回は、クラウドSIMを使っているどんなときもWi-Fiでの通信障害の原因と対処法についてお話しようと思います。

どんなときもWi-Fiのユーザーや、他社クラウドPocketWi-Fi(クラウドSIM)に興味がある人にとっては必読ですよ!

1.どんなときもWiFiが繋がらない!対処法とは

どんなときもWi-Fi

どんなときもWi-Fiが繋がらない場合の対処方について見ていこうと思います。

1−1.ビジネスで利用しているなら、サブブランドに乗り換え

モバイルWi-Fiをビジネスで使っている人も多いのではないでしょうか。ビジネスユースで最も重要なことは通信の安定性ですよね。

今回、通信障害が起こってしまった「どんなときもWi-Fi」は、「クラウドSIM」というシステムに由来する通信障害ですので、「クラウドSIM」を使っていないモバイルWi-Fiと契約することがおすすめです。

信頼性の高さから言うと、大手3キャリアのモバイルWi-Fiサービスが最良なのですが、月額料金が割高です。

そこで、速度、安定性に定評があり、料金も値ごろ感のあるサブブランド

  • ワイモバイル(4,380円)
  •  WiMAX(3,880円~4,263円)

などに乗り換えると良いかもしれません。

どんなときもWi-Fiでは、月額3,480円ですので、500円~1,000円程度割高になりますが、回線もサポート体制も充実していますので、ビジネスユースならサブブランドが最善の選択かもしれません。

なお現在、どんなときもWi-Fiでは、次のようなアナウンスをしております。

どんなときもWi-Fi アナウンス

(参考URL https://support.donnatokimo-wifi.jp/news/news-detail.php?news_id=20200330_2

アナウンスの内容を要約すると、次のとおりです。

  • 現在、休止をしているユーザーについて、休止措置は3月31日までで終了とし、4月1日より再開とする
    なお、3月の基本料金は日割で返金する
  •  3月分の基本料金を返金する予定
    返金する対象ユーザーは、
    → 2020年3月31日までに契約したユーザー
    → 返金時にサービスを継続しているユーザー
  •  2020年4月1日午前0時以降も障害が継続しているユーザーを対象に、
    → 3月と4月の基本料金2ヶ月分を返金
    → 上記に加え、解約手数料(違約金)が無料で解約可能

このように、4月も通信障害が続いているユーザーは、解約手数料(違約金)が無料で解約出来ますので、乗り換えコストを低く抑えて別のモバイルWi-Fiサービスに乗り換えることが可能です。

1−2.光回線を導入する

光回線は、モバイルWi-Fiに比べ、圧倒的に速度と安定性が優れています

また、光回線には無線LANルーターを導入することにより、宅内で光回線を使ったWi-Fiネットワークを利用することが出来ます。

外でたまにインターネットをするライトユーザーならば、あえてモバイルWi-Fiは使わずに、自宅では光回線での宅内Wi-Fiをメインに使い、外出時にはスマホのテザリング機能を使うのもおすすめですね。

また、どんなときもWi-Fiでは、2020年4月1日午前0時以降も障害が継続しているユーザーを対象に、解約手数料(違約金)が無料で解約出来ます。

1−3.同じような通信環境で利用する

4月以降も通信障害が続いているユーザーは、どんなときもWi-Fiの解約手数料を無料で解約し、通信障害に強くて、縛りがないWi-Fiサービスと契約すると良いかもしれません。

具体的には、最低利用期間や違約金がない事業者で、「クラウドSIM」ではなく「ソフトバンク」などキャリア回線の物理SIMを提供しているところへ乗り換えると良いでしょう。

例えば、モバイルWi-Fiでは老舗のFUJI Wi-Fiでは、無制限ではありませんが、次のような大容量プランがあります。

<ルーター100ギガプラン>

ルーター100ギガプラン

(参考URL https://fuji-wifi.jp/router/router-100

このプランでは、月額3,280円で、100GB/月と大容量のギガを使うことが出来ます。

また、最低利用期間も違約金もありませんので、安心ですよ。

<SIM 200ギガプラン>

SIM 200ギガプラン

(参考URL https://fuji-wifi.jp/sim/sim-200

これは、SIMのみをレンタルするプランで、200GB/月と大容量のギガを使うことが出来ます。また、最低利用期間も違約金もありませんので、安心ですよ。

ただし、このプランは、SIMだけですので、別途モバイルWi-Fiルーターを自前で用意する必要があります。

例えば、NECのSIMロックフリーLTEモバイルルーター「Aterm MR04LN」ならば、対応バンド数も多く、どこのキャリアのSIMを使っても利用出来ます。

<Aterm MR04LN>

Aterm MR04LN

この、「Aterm MR04LN」ならば、メルカリなどで中古品が6,000円~10,000円程度で購入出来ます。このように対処法はあるのですが、最適でお得な乗り換え先を自分だけで選ぶことは結構大変ですよね。

そこで、インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら
筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

2. どんなときもWiFiの通信障害の原因と対策

ここでは、どんなときもWi-Fiの通信障害の原因と対策についてお話しようと思います。

2−1.障害原因とは

最近登場してきた「クラウドSIM」が原因です。

どんなときもWi-Fiの「クラウドSIM」は、中国にある「uCloudLink社」と大手3キャリアが法人契約を結び、「uCloudLink社」で大手3キャリアのモバイル通信網を使えるようにします。

これにより「クラウドSIM」は、クラウド内のデーターベースを参照して「この場所で最も電波状態が良い回線」を3キャリアの中から選んで通信をします。

「uCloudLink社」はこのようなシステムを開発・運用しており、日本のどんなときもWi-Fiなどに販売します。

そして、どんなときもWi-Fiは「uCloudLink社」からデータを購入して、自社サービスを運営しています。

どんなときもWi-Fiで起きてしまった通信障害の原因は、どんなときもWi-Fiが「uCloudLink社」から購入したデータが少なすぎたことが原因と言われています。

つまり、どんなときもWi-Fiは、ギガの需要予測を誤ったため、ギガ不足で通信障害になったようですね。

<【参考】どんなときもWi-Fiの仕組み>

どんなときもWi-Fiの仕組み

このように、3キャリアからの法人用SIMの調達とクラウドWi-Fiの運営を「uCloudLink社」が行います。

そして、「uCloudLink社」と、どんなときでもWi-Fiなど「○○Wi-Fi」との間でサービスの販売・データの購入を行っています。

そして、消費者向けモバイルWi-Fiサービスとして「どんなときでもWi-Fi」などのブランディングを施して、一般消費者に販売しています。

2−2.今後の見通し

今後の見通しについては、どんなときもWi-Fi公式サイトからのアナウンスがありました。

Wi-Fi公式サイトからのアナウンス

(参考URL  https://support.donnatokimo-wifi.jp/news/news-detail.php?news_id=20200403

アナウンスの内容を要約すると、次のとおりです。

  • 現時点(2020年4月3日時点)で通信障害が継続している一部のユーザーについては、補償等個別に案内する
  • 今後、通信障害などのトラブルが二度と発生しないように、サービスの提供体制含め根本的な解決策を進めている
  • 今後については、4月中に経緯の詳細、全てのユーザーに対しての更なる補償対応の内容など順次発表する

このように、どんなときもWi-Fiでは、通信障害の調査とユーザーに対する保証について順次対応していくようですね。

2−3.障害に対する補償

現時点(2020年4月9日時点)での補償対応については、次のとおりです。

<3月分の料金を返金する>

次の条件を満たしている人については、3月分の料金を返金するようです。

  1. 2020年3月31日までに契約を開始していること
  2. 2020年4月1日時点で契約状態が継続されていたこと
  3. 2020年3月度の基本料金について既にご入金が確認できていること

なお、返金のタイミングについては下記の対応になります。

4/30までに申請 → 5/29に指定口座へ振込み
5/31までに申請 → 6/30に指定口座へ振込み
6/30までに申請 → 7/31に指定口座へ振込み

(参考URL https://support.donnatokimo-wifi.jp/news/news-detail.php?news_id=20200408

次に、4月以降も障害が継続してしまった人の補償内容は、以下の通り。

  • 3月と4月の基本料金2ヶ月分を返金
  • 上記に加え、解約手数料(違約金)を免除にて解約

なお、障害対象となる条件は、以下の通りとなっています。

  • 4月1日午前0時以降に1週間で2回以上、30分以上連続で低速(384kbps以下)になった場合
  • 4月1日午前0時以降に3時間以上の低速(384kbps以下)が一度でも発生した場合

(参考URL https://support.donnatokimo-wifi.jp/news/news-detail.php?news_id=20200330_2

3.現状の障害状況

どんなときもWi-Fiの現状(2020年4月9日時点)の障害状況について見ていこうと思います。

3−1.snsなどの口コミ

Twitterでは、次のような情報がアップされていました。

snsなどの口コミ1

(URL https://twitter.com/COTOBATAKUMI/status/1247941311455363072

この情報によると、4月から復旧した人もいるようですね。

snsなどの口コミ2

(URL https://twitter.com/328tkc/status/1247937989751140352

この人の場合、4月になっても通信障害が出ている可能性が高そうですね。

snsなどの口コミ3

(URL https://twitter.com/ir0ha_nihohet0/status/1247938110538665984

この人の場合、通信障害から復帰はしたけれど、解約したいようですね。やはり、大規模で長期間の通信障害があると不安ですよね。

このように、現時点(2020年4月9日時点)では、通信障害から復旧している人も、まだ通信障害中の人も両方いるようですね。

4.クラウドPocketWiFi(クラウドSIM)の注意点

クラウドPocketWi-Fi(クラウドSIM)は、自社で回線も設備も持っておらず、このため、今回のような通信障害が起きたとしても、自社だけで解決することが困難なビジネスモデルによりサービスを提供しています。

そして、クラウドPocketWi-Fi(クラウドSIM)事業者は、実質的にuCloudLink社の販売代理店のような立ち位置でサービスを提供しています。

このため、クラウドPocketWi-Fi(クラウドSIM)を利用する場合、次の点に注意する必要があります。

<クラウドPocketWiFi(クラウドSIM)の注意点>

  • 災害など突発的な事態で通信障害が起こりやすい
    → クラウドPocketWiFi(クラウドSIM)事業者は、通信量の需要予測によりuCloudLink社からデータ量を購入しており、突発的な災害などで需要予測を超えた通信量になると通信障害が起こってしまう
  • 通信障害が起きた場合、復旧に時間がかかる場合がある
    → 通信障害が起きても、クラウドSIMの設備を持っているuCloudLink社が対応しないと解決出来ないため、復旧時期についてもuCloudLink社クラウドPocketWi-Fi(クラウドSIM)事業者がコントロールすることが出来ず、復旧まで時間がかかってしまう場合がある
  • サポート体制が弱い
    → クラウドPocketWi-Fi(クラウドSIM)は、比較的小規模な事業者が運営しているため、大規模な大手キャリアのサブブランド(ワイモバイル、WiMAX)に比べ、サポート体制が弱い

5.まとめ

今回は、クラウドSIMを利用したどんなときもWi-Fiの大規模通信障害についての原因や対処法についてお話してきました。

このような大規模通信障害は、クラウドSIMの特徴でもあり、どんなときもWi-Fiだけではなく、クラウドPocketWi-Fi(クラウドSIM)の事業者なら、どの事業者でも起こしてしまう可能性があります。

クラウドSIMのサービス自体は決して悪くはないのですが、今回の大規模通信障害により意外な弱点が見つかってしまったようですね。

このようにクラウドSIMの弱点を踏まえながら、自分の利用目的に最適なインターネット環境を選んで快適なインターネットライフを送りましょう!

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

光回線スタイルの関連記事

監修者:光回線スタイル編集部

光回線の業務に10年以上携わってきたプロが分かりやすくインターネット回線の仕組みを教えます。インターネット回線の比較やスマホ、格安SIMの選び方から勧誘情報等、インターネットに関する最新情報をまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。