光コラボとフレッツ光どちらが速度出るか徹底比較した結果!

最終更新日: 2017年6月9日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
女性画像

光コラボとフレッツ光は通信速度が違うのでしょうか?

2015年2月にNTT東西がフレッツ光の卸売を開始しました。これを受け、プロバイダや携帯電話キャリアなどの事業者がこのフレッツ光の回線を購入し、自社ブランドでインターネット接続事業を行うビジネスモデルのことを光コラボレーションモデル、略して光コラボと呼ばれています。

光コラボとは光回線とプロバイダの販売を一体化しているだけで、通信回線はフレッツ光をそのまま使っています。普通に考えれば、同じフレッツ光の回線を使っているので、通信速度は同じはずですが、ネット上では「光コラボはフレッツ光より遅い」という口コミが数多く存在しています。

実際はどうなのでしょう?

今回は、光コラボとフレッツ光どちらが速度出るか徹底比較してみようと思います。

1. 光コラボとフレッツ光・・結局どっちが速いの?

女性画像

フレッツ光という同じ回線を使用しているフレッツ光と光コラボですが、どちらが速いのか考えていこうと思います。

1−1.そもそもインターネットの速度とは

インターネットの通信速度とは1秒間に転送するデータ量のことで、単位は「bps(ビット・パー・セコンド)」という単位を使います。そして、通信速度には次の2種類のものが存在しています。

  • 理論値
    →通信規格上の最高速度
  • 実測値
    →実際に自宅から速度測定サイトなどで測定した通信速度

当然ユーザーにとっては実際に出ている通信速度である実測値が重要です。この実測値こそがインターネットを使う際の快適度を左右します。

1−2.ベストエフォート方式って!?

ベストエフォートとは、直訳すると「最大限の努力」という意味です。よく光コラボやフレッツ光の広告でみられる、「通信速度最大1Gbps」という場合の通信速度は、事業者が「最大限の努力」をして得られる通信規格上の最高速度のことを指します。

つまり、この「通信速度最大1Gbps」とは先にお話した理論値です。実際の通信速度である実測値とは違います。このように、理論値と実測値が違うことが前提となっている契約方式のことをベストエフォート方式といいます。

1−3.光コラボが遅い口コミが多い原因とは?

光コラボが遅いという口コミが多い原因は、まず、ベストエフォート方式という中で、最大通信速度の「1Gbps」の通信速度が出ないことにより、理論値と実測値とのギャップ感を強く感じた場合、「遅い」という口コミが出てくる原因となります。

次に、事業者の通信設備のキャパシティに対して利用者数が多く、快適とはいえない通信速度になってしまっている場合も「遅い」という口コミの原因となります。

このように「遅い」という口コミの原因は、「最高速度が出ない」という相対的な原因と「快適に使えない」という絶対的な原因があります。

2. 実際検証!光コラボとフレッツ光どっちが速い!?

それでは、実測値でフレッツ光と光コラボの通信速度を検証してみようと思います。検証の方法は、通信速度測定サイト「Radish Network Speed Testing」で実際の測定結果を使います。

(URL http://netspeed.studio-radish.com/index.html

2−1. フレッツ光の速度検証

フレッツ光は、プロバイダを自由に選ぶことができますので、通信速度の検証には、プロバイダを指定せずに直近30件分の実測値を使いました。これにより、プロバイダによる通信速度の影響を平均化することができますので、フレッツ光の一般的な通信速度が検証できます。

検証結果は次のとおりです。

フレッツ光1

フレッツ光2

20:00~24:00の時間帯に極端な速度低下が起こっているグループと、同じ時間帯でも100Mbpsを超える快適な通信速度が出ているグループが存在しています。このことにより、フレッツ光は「夜に遅くなる回線」とは単純にはいえないことが分かります。

フレッツ光は、プロバイダなどを上手に選ぶことにより、夜でも快適に利用できる環境をつくることができそうですね。

2−2.光コラボの速度検証

光コラボは、事業者ごとに個性がありますので、複数の光コラボの測定結果をみていこうと思います。まずは、月額料金が戸建て4,800円、マンション3,600円と安い「ぷらら光」をみてみましょう。

ぷらら光1

ぷらら光2

ほぼ全ての測定値が100Mbpsに達しません。料金は割安ですが通信速度はイマイチかもしれません。もう1つ「エキサイト光」という料金が安い光コラボをみてみましょう。エキサイト光の料金は、戸建て4,360円、マンション3,360円と格安な光コラボです。

エキサイト光1

エキサイト光2

こちらも料金は割安ですが通信速度はイマイチかもしれません。100Mbpsを超えるものは30件中4件のみです。

次に、戸建て5,200円、マンション3,800円と少し高めな料金設定の「ソフトバンク光」をみてみましょう。

ソフトバンク光1

ソフトバンク光2

あきらかに前の2社とは違います。20Mbps未満のものが3件、そして、半数以上が100Mbpsを超えています。この回線だと夜でも快適にインターネットを楽しめそうですね。

次は、NTTコミュニケーションズが展開する日本最大の光コラボ「OCN光」をみてみましょう。

OCN光1

OCN光2

「OCN光」も格安な光コラボとは違い、通信速度は悪くありません。100Mbps超えのものが多数ありますね。

最後に、インターネット界の老舗ビッグローブの光コラボ「ビッグローブ光」をみてみましょう。

ビッグローブ光1

ビッグローブ光2

「ビッグローブ光」も格安な光コラボとは違いますね。特に21:00~24:00の時間帯でも速いですね。これらの結果から光コラボの場合、格安な料金の事業者だと通信速度が出ない傾向があるようです。

多くの光コラボは、プロバイダが固定されているため、速度が遅くてもフレッツ光のように自由にプロバイダを変更することができませんので、注意が必要ですね。

3. 光コラボからフレッツ光に度戻したい!

フレッツ光から光コラボに乗り換える場合は「転用」というとても簡単な手続きで、手数料も3,000円程度で乗り換えることができます。

しかし、光コラボからフレッツ光に戻す場合は少々面倒です。

3−1. 光コラボからフレッツ光に戻す方法

光コラボからフレッツ光に戻す方法は次のとおりです。

  • 加入している光コラボを解約する
  • 解約後に新規でフレッツ光に申し込む
  • プロバイダも新規で申し込む

このように、光コラボからフレッツ光に戻すためには、解約+新規申込が必要となり、手続きが複雑になります。

3−2.光コラボからフレッツ光に戻す際の注意点

光コラボからフレッツ光に戻す場合は、光コラボを解約しますので、注意が必要です。まず、光コラボを解約する際に発生する違約金がかかる場合があります。

ほとんどの光コラボには、最低利用期間があり、期間満了時には契約が自動更新されます。このため、更新月という違約金がかからない月以外での解約には違約金が発生してしまいます。

次に、光コラボ申込以降に発行した光電話の電話番後の場合は、光コラボ解約時に消滅しますので要注意です。光コラボに転用する前から使っている電話番号の場合、引き続き使う方法もあるのですが手続きが複雑です。

具体的には、

  • 光コラボ解約の連絡を入れる際に「番号ポータビリティにより同じ番号でNTTへ戻りたい」旨を伝える
  • 同時にNTTへ連絡し、光コラボから番号ポータビリティでNTTに移行することを伝え、アナログ電話(加入電話)に新規で申し込む
  • NTTのアナログ電話が開通後に新規でフレッツ光に申し込む

という面倒な手続きが必要となりますので注意が必要です。

詳しくは下記の記事を参考にしてください。↓

フレッツ光に戻したい!コラボ光から無料で戻す方法はある?

4.まとめ

一言で光コラボといっても通信速度は光コラボごとに違います。光コラボの回線はどの事業者もフレッツ光を使っていますので、通信速度の差はプロバイダの差ということになります。

多くの光コラボはプロバイダが固定されており、他のプロバイダへ変更することはできませんので、開通時点で通信速度が決まってしまいます。このため、光コラボを申し込む場合は、慎重な事業者選びが必要になります。

一方、フレッツ光は、回線とプロバイダが別契約になっているため、通信速度が出ない場合でもプロバイダを変更することによる、通信速度の改善が期待できます。

通信速度優先ならば、プロバイダを自由に選択できるフレッツ光の方が光コラボより安心感がありますね。光コラボの登場とともに影が薄くなってきているフレッツ光ですが、まだまだユーザーにとって大きなメリットがある光回線ですね。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。