転用前に必見!光コラボの転用のメリットとデメリットとは?

最終更新日: 2020年1月9日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
転用デメリット画像

光コラボレーションに転用したほうがいいのか迷っていませんか?

光コラボはキャッシュバックやセット割など、メリットが多くお得になっています。

しかしその一方で、光コラボへの転用にはデメリットもあります。

乗り換えてからデメリットに気づくと、前よりも基本料金が高くなったり、再転用に時間やお金が掛かったりするケースも…。

転用の前には光コラボのデメリットもきちんと押さえて検討したいものです。

そこで今回は、こんな疑問を解決するのに役立つ光コラボレーションモデルのメリット・デメリットについて詳細にまとめてみました。

筆者が個人的に光コラボに転用して気づいた点も公開しますのでぜひ参考にしてみてください。

インターネットの勧誘や光コラボの転用でお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。

【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

1.転用前に必見!光コラボの転用のメリットとデメリットとは?

光コラボのメリットとして、一番大きいのはやはり料金です。

光回線利用の料金やスマホの月々の支払いが安くなるケースが多いので、転用を考える方が増えています。

反対にデメリットとして、回線の速度が遅くなる場合があることは知っておきましょう。

また、契約に複数年の縛りがあることや、勧誘電話におけるトラブルが多いことにも注意が必要です。

メリット・デメリットについて詳しく解説する前に、どんな人が光コラボに乗り換えるべきなのか、乗り換えでお得になる条件を見ていきましょう。

2.光コラボに乗り換えるべき人とは?

光コラボはフレッツ光という同じ光回線を利用していますが、サービスの内容は全然違います。そしてケースによっては、ぜひ別の光コラボに乗り換えたほうがいい人がいます。

ここではそんなおすすめのケースを見てみましょう。

2−1.家族が全員大手キャリアのスマホを使っている

家族全員が同じ大手キャリアのスマホを使っている場合には、光コラボに乗り換えたほうが絶対にお得です。

ドコモやソフトバンク、auといった大手キャリアでは、光回線と合わせて利用することでスマホの料金が毎月安くなる「セット割」を行っています。

セット割はスマホの毎月の料金が500~1,000円程度安くなるというものですが、対象はどのキャリアも、一部例外はありますが「家族」なので人数分安くなるのです。

つまり「割引一人当たりの金額×人数分」が毎月割引されるということで、セット割をまだ利用していない人は、ぜひセット割が適用できる光コラボに転用することをおすすめします。

2―2.フレッツ光を利用している人

フレッツ光を利用している人は光コラボに乗り換えたほうがお得です。

なぜなら光コラボはプロバイダと一体化されたサービスなので、基本料金の比較をすると光コラボの方が安いことが多いからです。

また、光コラボによってはフレッツ光にはないオプションを提供していたり、転用することでキャッシュバックを貰えたりします。

ですからフレッツ光を利用している場合にも光コラボへの転用をおすすめします。

3.光コラボを転用するメリット

まず光コラボ転用のメリットからです。

転用のメリットには以下の4つがあります。

  1. 光回線利用の月々の基本料金が安くなる
  2. スマホの料金が安くなる
  3. 手続きの窓口が一つになる
  4. 解約金や工事費用はかからない

光コラボにするメリットについて一つずつ見てみましょう。

3―1.月々の基本料金が安くなる

フレッツ光と光コラボは基本料金がどのくらい違うのでしょうか?

フレッツ光と光コラボ大手10社の基本料金は次の通りです。

戸建て マンション 備 考
フレッツ光 4,730円
+プロバイダ料550円~
3,575円(※2)
+プロバイダ料550円~
「光はじめ割」
適用の場合
ドコモ光 5,200円 4,000円 2年契約・タイプAの場合
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
@nifty光 5,200円 3,980円 2年契約の場合
OCN光 5,100円 3,600円
So-net光 5,200円 4,100円
IIJmioひかり 4,960円 3,960円
BBexcite光 4,360円 3,360円
ぷらら光 4,800円 3,600円
DMM光 4,820円 3,780円

フレッツ光は光回線の回線使用料の他にプロバイダ料が掛かり、プロバイダ料は安くて550円、平均1,000円くらいです。

もしプロバイダ料が1,000円だとすると、基本料金は戸建てで5,730円、マンションで4,575円になるので、光コラボとはおおよそ500円くらい違ってきます。

そしてこの差が毎月発生するので、長く使えば使うほど差額は大きくなっていきます。

仮に5年使った場合の差でみると、

500円×60ヶ月=30,000円。

同じ光回線を利用しているのにその差は結構大きいですね。

2―2.スマホの料金が安くなる

光回線とスマホをセットで利用すると割引になる「セット割」はかなりお得ということは書きましたが、どのくらいお得かドコモ光を例にして計算してみましょう。

Docomoのスマホが「ギガホ・ギガライト」プランなら、ドコモ光もセットで利用すれば、家族全員のスマホ料金が永年最大毎月1,000円割引になり、最大20回線、離れた家族も全員が対象になります。

例えば家族5人全員がDocomoのスマホでギガホプランだったとすると、光回線とのセットの利用で、毎月5,000円がスマホの料金から割引されるのです。しかも永年です。

大手キャリアのセット割は多少の違いはありますがおおよそ同じで、ソフトバンクも条件が同じであればソフトバンク光の利用で同じくらいの金額の割引を受けることができますし、auであればビッグローブ光の利用でやはり同じくらいの金額の割引を受けることができます。

毎月5,000円だと5年で300,000円です。これは絶対にセット割を利用するべきですね。

3―3.手続きの窓口が一つになる

光コラボは回線事業者とプロバイダが一体化されたサービスなので、窓口も一本化されます。

そして手続きの窓口が一つになるといろいろな面で煩わしさがなくなります。

例えば請求書。

フレッツ光だと、光回線事業者であるNTTとプロバイダのそれぞれから合計2枚来ていたのが、光コラボ事業者からの1枚にまとまります。見やすくなっていいですね。

また、引越しの手続きや回線の解約の手続きなどはフレッツ光の場合、回線事業者であるNTTの他にプロバイダに対しても別途必要ですが、これが光コラボだと光コラボ事業者一つで済みます。

手続きをしたい時はバタバタしている時が多いと思います。

そんな中窓口が一つで済むのは意外と助かるものですよ。

3―4.解約金や工事費用はかからない

フレッツ光から光コラボに乗り換える場合、契約期間中であっても解約金は発生しません。

具体的に言うと、フレッツ光の「にねん割」は、基本料金が安くなる代わりに契約期間中に解約すると解約金が発生する仕組みになっているのですが、光コラボへの転用の時にはこれが免除されるのです。

つまり、解約金なしでフレッツ光から光コラボに転用ができるということです。

ただし利用しているプロバイダによってはプロバイダへの解約金が発生する可能性がありますので、詳細は契約しているプロバイダに確認しましょう。

そして転用では工事費用も掛かりません。

なぜなら光コラボへ転用しても、利用する光回線は一緒でフレッツ光のままだからです。

同じ光回線だから工事が不要なのです。

そしてこれは、光コラボから別の光コラボへの転用でも当てはまります。

解約金や工事費用の心配なく転用ができるのはうれしいですね。

4.光コラボを転用するデメリット

光コラボ転用のデメリットは以下の6つです。

  1. NTTフレッツ光が自動解約になる
  2. 窓口になかなか繋がらない
  3. 速度が遅くなることがある
  4. 複数年縛りの契約が多い
  5. フレッツ光のメンバーズポイントが消滅する
  6. 悪質な光コラボ事業者に騙されてしまう可能性がある

光コラボ転用のデメリットは、サポートや通信速度、ポイントといったところが主になります。

使ってみないと分からない部分もありますので、安心感を一番重視する人は転用には向いていないのかもしれません。

光コラボ転用の6つのデメリットについてみていきましょう。

4−1.NTTフレッツ光が自動解約になる

フレッツ光+プロバイダから光コラボレーションに転用すると、光回線はNTTフレッツ光の回線を使用しますが、管轄は光コラボ事業者となります。

つまりフレッツ光は自動的に解約となり、光コラボ事業者との契約に変わります。

そうするとあなたはNTTフレッツ光の契約者ではなくなるため、今までフレッツ光では当たり前にできたことが通用しなくなるケースがでてきます。

例えば支払方法

フレッツ光の場合、クレジットカード払いだけではなく、口座振込やコンビニ払い(手数料150円)も利用出来ました。

ところが、光コラボ事業者のBIGLOBE光の場合だと、クレジットカード払い(手数料0円)と口座振込(手数料200円)しか選択出来ません。

また、支払方法がクレジットカードだけしか対応していない光コラボ事業者もあります。

現金でコンビニ払いを利用したい人にとっては不便かもしれませんね。

このように大手だからこその細やかなサービスが、光コラボに転用することで受けられなくなることがあり、これがデメリットの一つです。

※光コラボレーションとは?

光コラボについての知識が知りたい方は

『光コラボとは?パソコン初心者が5分で納得する知識まとめ!』を確認しよう。

4−2.窓口になかなか繋がらない

光コラボでは請求先、問い合わせ窓口が事業者側で一括されます。

これは一見すると窓口が一箇所になり分かりやすくて良いという面もあるのですが、サポートセンター体制がしっかりしていない光コラボだと、窓口に電話をしてもなかなか繋がらないことがあります。

特にマイナーで小規模な光コラボ事業者によく見られることなのですが、サポートセンターへの電話が繋がりにくいという口コミをツイッターで見かけたりします。

28901

(URL https://twitter.com/keropi25/status/1083679221602381824)

28902

(URL https://twitter.com/nogusaibou/status/1081186743162888192)

28903

(URL https://twitter.com/ryz02MARU/status/1080852396119515136)

サポートセンターに電話をするのは基本的に「困った時」

例えばインターネットのトラブルなど、緊急を要する時にサポートセンターに繋がらないのは、大きなデメリットでしょう。

4−3.速度が遅くなることがある

コラボに変えてから速度が全く出なくなったという声がネット上で多数挙がっています。

特に「朝や昼間は速いけど、夜になると遅くなる」という声が多いようです。

28904-535x640

(URL https://twitter.com/YUZU_MIKIRO/status/1084432076982505472)

28905

(URL https://twitter.com/hitac_deguchi/status/1084114384203345920)

一般的に光回線が遅くなる原因は、回線設備のキャパシティを超える通信量と言われています。

そうすると、大規模な光回線用の設備を備えている光コラボ事業者ほど速度低下は起こりにくいということになりますが、必ずしもそうとは限りません。

ここ数年でインターネットを取り巻く状況は大きく変わったのです。

まずは光コラボの出現で光回線の基本料金が安くなったり、ネットとスマホとの高額なセット割が始まったりしたことで、光回線の利用者数が急激に増えました。

28906-640x451

(参考URL https://www.m2ri.jp/news/detail.html?id=210

また、YouTubeはどんどん高画質化され、Hulu、Netflixなど通信量が大きい動画配信サービスも以前より増えています。

これらにより日々利用されているインターネットの通信量は、以前よりずっと増加しました。

そうすると大規模な光回線用の設備を備えている光コラボ事業者でも、対応しきれない場面が出てきます。

特に仕事や学校から帰宅してインターネットを楽しむ夜の時間帯などでは、インターネットが混雑し速度低下が起こっているようです。

しかも光回線の通信速度が速く安定しているかは、実際に使ってみないと分かりません。

光回線の速度が遅くなる可能性があり、「使ってみないと分からない」というのはデメリットと言えますね。

しかし、大手の光コラボ事業者では、高速接続オプションサービスを提供しており、速度低下の対策が行われつつあります。

<各社の高速接続オプション>

回線 オプション名 オプション
月額料金
28907-300x131
OCN光
v6アルファパッケージ 500円
28908-300x79
ドコモ光
プロバイダによる
28909-300x81
ソフトバンク光
IPv6高速ハイブリッド
IPv6 IPoE + IPv4
500円
28910-300x95
ビッグローブ光
高速接続
サービス
(IPv6接続)※2
光電話利用中 無料
光電話未利用 500円
28911-300x88
@nifty光
v6プラス※2 無料

※ 別に「IPoE」対応のルーター(6,000円~15,000円程度)が必要

無料もしくは安い追加料金で速度の向上が見込めるので、遅いと感じた時には利用してみるのも手と言えます。

4―4.複数年縛りの契約が多い

光コラボは基本料金が安い代わりに契約期間を複数年縛りにしているところがほとんどです。

中には縛りのないプランもありますが、それだと基本料金が1,000円前後あがってしまいます。

複数年縛りをする目的は「ユーザー離れの防止」です。

つまり、基本料金を多少安くしても長く使ってもらおうという意図があり、これに反して契約期間中に解約しようとすると、解約金が発生します。

これが四つ目のデメリットです。

解約金の額は光コラボ事業者によって違い、次の通りです。

事業者 戸建て マンション
ドコモ光 13,000円 8,000円
ソフトバンク光 (5年契約)15,000円
(2年契約) 9,500円
ビッグローブ光 (3年契約)20,000円
(2年契約) 9,000円
@nifty光 (3年契約)20,000円
(2年契約) 9,500円
OCN光 11,000円 11,000円
So-net光 7,500円 7,500円

解約金は事業者変更であっても、契約期間中の解約であれば掛かってしまいます。

ただし対処法もあります。それは乗り換え先のキャッシュバックキャンペーンや違約金還元キャンペーンを利用することです。

これらを利用することで、違約金の支払い分をカバーすることができ、「解約金の発生」というデメリットを消すことができます。

転用の際にはこの点にも注目しましょう。

4―5.フレッツ光のメンバーズポイントが消滅する

フレッツ光には、NTT東日本だと「フレッツ光メンバーズクラブ」、NTT西日本だと「CLUB-NTT-West」という名前で運営されている会員向けサービスがあります。

フレッツ光を利用することでポイントが貯まっていき、貯めたポイントをインターネットサービスやカタログギフトに交換することができるお得なサービスです。

例えばカタログギフトだと、ご当地ビールがもらえたり、お肉や図書券と交換できたりします。

しかしフレッツ光を解約すると、このポイントは解約日に失効してなくなってしまいます。

これはとてももったいないことで、やはりデメリットの一つになります。

ですから転用の際には乗り換えの日の前日までにできる限りポイントを使うようにしましょう。

4―6.悪質な光コラボ事業者に騙されてしまう可能性がある

光コラボの中には営業成績を上げるためにうそを言って、詐欺まがいに転用を勧誘してくるところがあります。

その多くは光コラボ事業者の販売代理店で、訪問勧誘や電話勧誘で強引に乗り換えを促してきます。

実際にあった話が国民生活センターのホームページで紹介されています。

  • 契約先のプラン変更だと思ったら、別業者との契約になっていた
  • 契約先事業者だと思ったが別業者だったので解約したいが、連絡先がわからない
  • 光回線の変更が必要であるかのような勧誘により契約してしまった
  • 料金が安くなると言われて契約したら、説明されていないオプションが契約になっており、高額な請求を受けた
  • スマートフォンの説明を聞きに行ったのに、光回線の転用手続きが行われていた

こんな面倒に巻き込まれる可能性があるのなら、転用したくないって思ってしまいますよね。やはりこの点もデメリットと言えます。

ただしもちろん対処法はあります。

それは「光コラボの勧誘には絶対にのらない」ことです。

騙されてしまうケースのほとんどは勧誘がきっかけです。

つまり勧誘にのらずに自分で探して契約すれば、基本的に回避することができるのです。

転用の際には勧誘で言われる甘い言葉には乗らないようにしましょう。

5.大手キャリア別のオススメの光コラボとは?

光コラボの転用先を決めるのに、絶対に押さえておきたいのがセット割です。

ここでは大手キャリアのセット割が利用できるおすすめの光コラボを3つ紹介します。

自分や家族がどこのキャリアを使っているか、デメリットがあっても乗り換えるだけのメリットがあるのか、確認しながら見てくださいね。

5―1.ソフトバンク光

ソフトバンク光はその名の通り、ソフトバンクのスマホとセットで利用すると「おうち割 光セット」というセット割を適用することができるので、ソフトバンクスマホユーザーは押さえておきたい光コラボです。

まずソフトバンク光の基本料金を見てみましょう。

月額料金
戸建て 5,200円
マンション 3,800円

フレッツ光で基本料金の一番安いプロバイダ(月額550円)を利用していたとしても、ソフトバンク光の方が戸建てで80円、マンションで315円安くなっています。

そしてもしプロバイダ料がもっと高ければ、もちろんその分お得になりますね。

次に「おうち割 光セット」についても見てみましょう。

image3

おうち割 光セットはソフトバンクのスマートフォン、ケータイなどを利用していれば、1回線当たり永年最大月額1,000円の割引を受けることができるサービスです。

対象になるのは「本人」と「家族」で最大10回線まで可能。

ただし「光BBユニットレンタル」、「Wi-Fiマルチパック」、および「ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォン」のいずれかのオプションへの加入(500円~/月)が必要です。

POINT
おうち割 光セット適用手続きは、ソフトバンク光申し込み後、ソフトバンク取扱店でおうち割 光セットに申し込む必要があります。

 

ソフトバンクスマホユーザーが光コラボへ転用するのであれば、このソフトバンク光が一番のおすすめですよ。

→参考のURL(https://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/ouchiwari-hikari/

5―2ビッグローブ光

auスマホユーザーにはビッグローブ光がおすすめです。

ビッグローブ光とセットで利用すると「auスマートバリュー」が利用できてスマホ料金のセット割がきくからです。

まずビッグローブ光の基本料金を見てみましょう。

月額料金
戸建て 4,980円
マンション 3,980円

フレッツ光で基本料金の一番安いプロバイダ(月額550円)を利用していたとしても、ビッグローブ光の方が戸建てで300円、マンションで135円安くなっています。

そしてもしプロバイダ料がもっと高ければ、もちろんその分お得になりますね。

次に「auスマートバリュー」についても見てみましょう。

image2

auスマートバリューはauのスマートフォン、ケータイなどを利用していれば、1回線当たり永年最大月額1,000円の割引を受けることができるサービスです。

対象になるのは「本人」と「家族」で最大10回線まで可能。ただし「ネット+電話」または「auスマートポート(ホームルーターのこと)」のどちらかとセットで利用することが必要です。

POINT
auスマートバリュー適用手続きは、ビッグローブ光申し込み後、パソコンやスマホからのMy auまたはauショップ電話で行うことができます。

 

※KDDIお客さまセンター電話番号・営業時間

電話番号:0077-7-111
(auの携帯電話からは「157」)

営業時間:9:00~20:00 年中無休

ただし申し込みをするauスマホの回線数が5回線以上の場合には、auショップのみでの受付になります。

また、auショップでの手続きには以下のものが必要になりますので、事前に準備しましょう。

  • 印鑑
  • 本人確認書類
  • auスマホ本体
  • 家族関係の証書書類

auスマホユーザーが光コラボへ転用するのであれば、このビッグローブ光が一番のおすすめですよ。

→参考のURL(https://www.au.com/mobile/charge/charge-discount/smartvalue/)

5―3.ドコモ光

Docomoユーザーにはなんといっても「ドコモ光」です。

ドコモのスマホまたはケータイとセットで利用すると「ドコモ光セット割」を利用することができるからです。

まずドコモ光の基本料金を見てみましょう。

タイプ別月額料金
タイプA タイプB 単独タイプ
戸建て 2年契約 5,200円 5,400円 5,000円
期間なし 6,700円 6,900円 6,500円
マンション 2年契約 4,000円 4,200円 3,800円
期間なし 5,000円 5,200円 4,800円

ドコモ光は選ぶプロバイダによって基本料金が変わります。

正直分かりづらいですね。ただ違うのは料金だけで、サービス内容は変わりません。

なお、単独タイプは一見安そうに見えますが、プロバイダ料は別のタイプになっていますので注意してください。

例えばドコモ光で一番安いタイプA・2年契約と比較してみると、フレッツ光で基本料金の一番安いプロバイダ(月額550円)を利用していたとしても、ドコモ光の方が戸建てで80円、マンションで125円安くなっています。

そしてもしプロバイダ料がもっと高ければ、もちろんその分お得になりますね。

次に「ドコモ光セット割」についても見てみましょう。

image4

ドコモ光セット割はDocomoのスマートフォン、ケータイなどを利用していれば、1回線当たり永年最大月額1,000円の割引を受けることができるサービスです。

対象になるのは「本人」と「家族」で最大20回線まで可能。

そして適用条件にオプションへの加入はありません。

POINT
ドコモ光セット割は基本的に自動で適用されますが、ドコモ光を先に契約してその後に家電量販店でDocomoスマホを契約した場合に限り、自分でドコモショップドコモインフォメーションセンターに電話をして手続きをする必要があります。

 

※ドコモインフォメーションセンター電話番号・営業時間

電話番号:0120-800-000
(ドコモの携帯電話からは「151」)

営業時間:9:00~20:00 年中無休

ドコモインフォメーションセンターでの申し込みにはドコモ光の契約ID(お客様ID)が必要になりますので、あらかじめ請求書などで確認しておきましょう。

また、ドコモショップで手続きをする場合には免許証などの本人確認書類が必要です。

ドコモスマホユーザーが光コラボへ転用するのであれば、このドコモ光が一番のおすすめですよ。

→参考のURL(https://www.nttdocomo.co.jp/charge/discount/hikari_set/

6.まとめ

以上光コラボのメリット・デメリットをまとめてみました。

光コラボへの転用はデメリットもあり不安になるところです。

しかしどのようなデメリットがあるのか事前に確認をし、しっかりと対処していれば怖いものではありません。

基本料金やスマホの月額料金が安くなるメリットはかなり大きいです。

転用に掛かる時間や費用は事業者変更ができるようになったことでずっと抑えられるようになったので、乗り換えを検討してみることをおすすめします。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

インターネットの勧誘や光コラボの転用、速度に関してお困りではありませんか?
2015年から始まった光コラボレーションの普及により多くの事業者が顧客の集客に力を入れています。
  • 「NTTかと思って契約したら違う会社だった」
  • 「絶対に変えないといけないような勧誘だった」
  • 「フレッツ光からコラボに移行して速度が遅くなった」
などなど・・実際に光コラボへの乗り換えによりこのような思いをされている方も多いはずです。
もし、あなたがフレッツ光に戻す方法を知りたい、電話番号を変えずに元へ戻したいなどのお悩みがあれば
下記の相談窓口がおすすめです。

こちらのサービスでは無料であなたのインターネットの悩み事を解決してくれます。
【電話番号】0120-716-715(通話料無料)
【受付時間】10:00~21:00

光回線スタイルの関連記事

監修者:光回線スタイル編集部

光回線の業務に10年以上携わってきたプロが分かりやすくインターネット回線の仕組みを教えます。インターネット回線の比較やスマホ、格安SIMの選び方から勧誘情報等、インターネットに関する最新情報をまとめます。ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. むしゃくしゃ子 より:

    こんばんは。今日、正にハイビット社に解約のTELしたところです。契約前にこちらにアクセスしていたら、考え直していました。
    Twelve社はご存じですか?
    こちらもかなりのやり手だと思います。今、冷静に考えるとからくりが解けてきました。 とりあえず、ハイビット社と違約金を払ったとしてもおさらばできればいいと思っています。 まだ疑問はありますが、今日はこのへんで。ありがとうございました。

コメントを残す

*