auひかりの解約手順3ステップと違約金の金額まとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
auひかり解約方法画像

インターネットもケータイ電話と同様に契約に縛りや自動更新があり、更新月以外での解約には解約金や工事費の分割残金など、結構お金がかかってしまいますよね。

そして、どのサービスも解約については積極的に情報を公開していないのが実情で、解約したらいったいいくらかかるのか不安になり、解約を躊躇しているユーザーも多いのではないでしょうか。

今回は、auひかりについて、解約の手順や違約金などについて情報公開しようと思います。

1.auひかりの解約手順

それではまず、解約の手順について順を追ってお話ししようと思います。

1−1.ステップ1

まず、違約金と工事費分割残金の有無など、解約にかる費用について確認しておきます。

金額についての詳細は別項目でお話ししますね。

1−2.ステップ2

ユーザーIDや会員情報を確認できる書類を準備してから、プロバイダに電話し、解約する旨を伝え、解約手続きをします。(auひかりの解約窓口は、各プロバイダの窓口になります。)

各プロバイダの電話番号は次のとおりです。

<プロバイダの解約窓口電話番号>

プロバイダ 電話番号 受付時間
au one net 0077-777(無料) 9:00~20:00
@nifty 0120-32-2210(無料)

03-5860-7600(携帯などから・有料)

10:00~19:00

年中無休

@tcom 0120-805633(無料) 9:00~20:00

年中無休

AsahiNet 0120-577-108(無料)

03-6631-0856(携帯などから)

10:00~17:00

平日

BIGLOBE 0120-86-0962(無料)

03-6385-0962(携帯などから・有料)

10:00~19:00

年中無休

DTI 0120-830-501(無料)

03-5749-8091(携帯などから・有料)

10:00~19:00

平日

So-net 0120-80-7761(携帯可・無料)

0503-383-1414(IP電話から・有料)

9:00~18:00

(1月1~2日及びメンテナンス日を除く)

1−3.ステップ3

光回線の撤去工事が必要な場合は、解約手続き後に講じ日程を調整し、工事日にKDDIがレンタル機器を回収します。

光回線の撤去工事が不要な場合は、解約手続き後、設置場所住所にKDDIから「レンタル機器の返却のお願い」が郵送で届きますので、同封の「着払いゆうパック伝票」によりレンタル機器の返却をします。

なお、機器の返却先は「着払いゆうパック伝票」に記載されています。

2.違約金の総額まとめ

戸建の場合、違約金は更新月以外で解約した場合にかかります。

工事費については、「ネット」+「電話」で申し込んだ場合は、「初期費用相当額割引」が適用され、実質無料となるのですが、30ヶ月以内に解約すると、工事費分割残金については、この割引が適用がされず、一括請求されます。

金額については次のとおりです。

<戸建の場合の金額>

 契約コース  違約金  工事費分割残金
ずっとギガ得プラン

(3年縛り・自動更新)

 15,000円 工事費総額37,500円

30ヶ月分割で、月額1,250円

工事費分割残金

=(30-利用月数)×1,250円

ギガ得プラン

(2年縛り・自動更新)

 9,500円
 標準プラン  なし

マンションの場合は、違約金はかかりません。

工事費については、「初期費用相当額割引」が適用され、実質無料となるのですが、24ヶ月以内に解約すると、工事費分割残金分については、この割引が適用がされず、一括請求されます。

金額については次のとおりです。

<マンションの場合の金額>

契約コース 違約金 工事費分割残金
auひかりマンション なし 工事費総額30,000円

24ヶ月分割で、月額1,250円

工事費分割残金

=(24-利用月数)×1,250円

3.解約後のおすすめ光回線

auひかり解約後に加入する光回線について、スマホとのセット割も考えながらお得なおすすめのサービスを紹介しますね。

3−1.ソフトバンクユーザーなら

ソフトバンクスマホのユーザーならお得なスマホとのセット割「おうち割 光セット」が適用となる次の光回線をおすすめします。

なお、「おうち割 光セット」とは、対象回線とセットで スマホ等を利用すると、スマホ等の利用料金から1台につき、毎月最大2,000円割引となるお得なセット割です。

3−1−1.ソフトバンク光

ソフトバンク光では、現在「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」を実施しており、新規でソフトバンク光に申し込んだ方に、インターネット乗り換え時の他社への違約金・撤去工事費が10万円を上限に満額還元されますので、お得です。

さらに、20016年9月25日まで「SoftBank 光 新規限定 どーんと2.4万円キャンペーン」が実施されており、キャンペーン実施期間中に、新たに「ソフトバンク光」に申し込み、指定期間内に「おうち割 光セット」または「光おトク割」にお申し込んだ方に、24,000円分の商品券のプレゼント、または月額基本料1,000円×24ヵ月割引になります。

なお、ソフトバンク光の月額利用料は、戸建が5,200円、マンションが3,800円です。

※ソフトバンク光の評判について
ソフトバンク光の知識が知りたい方は
ソフトバンク光の評判と口コミ最新(2016年)まとめ!』を確認しよう。

3−1−2.NURO光

NURO光でも「NURO光でんわ(500円)」オプション加入で、ソフトバンクの「おうち割 光セット」適用となりお得でおすすめです。

また、戸建の場合「NURO 光 1年間月額料金割引・工事費実質無料・サポート無料キャンペーン」が実施されており、

  • 月額料金が1年間4,743円→2,980円
  • 工事費相当分が実質無料
  • So-net設定サポートが1回無料

となり、大変お得です。

(参考URL http://www.nuro.jp/hikari/campaign/)

月額料金については、戸建が4,743円(上記割引適用で1年間2,980円)で、マンションが1,900円~2,500円となっており、料金自体もauひかりよりかなりお安くなっていますね。

しかし、NURO光はサービス提供エリアが狭く「東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県」の一部のみです。

※NURO光の評判について
NURO光の評判の知識が知りたい方は
NURO光の評判と口コミで注目したい8つのことが話題!』 を確認しよう。

3−2.auユーザーなら

auスマホのユーザーならお得なスマホとのセット割「auスマートバリュー」や「auセット割光コラボ」が適用となる次の光回線をおすすめします。

なお、「auスマートバリュー」とは、対象回線(ネット+電話)とセットでスマホ等を利用すると、スマホ等の利用料金から1台につき、毎月最大2,000円割引となるお得なセット割です。

「auセット割光コラボ」は、光コラボとセットでスマホ等を利用すると、光コラボの月額料金から毎月最大1,200円が割引となるセット割です。(対象となるスマホは1台です。)

3−2−1.電力系光インターネットサービス

次の電力系光インターネットサービスは、光電話サービスオプション加入を条件に「auスマートバリュー」が適用となり、お得ですのでおすすめします。

<auスマートバリュー適用の電力系光回線>

事業者 月額利用料 サービス提供エリア
戸建 マンション

中部電力系

コミュファ光

5,550円 5,550円

愛知県、岐阜県、三重県、静岡県

(なお、上記4県はauひかり対象外地域です。)

関西電力系

eo光

1年目

2,953円+

光電話286円

=3,239円

2年目以降

5,239円

1年目

2,524円+

光電話286円

=2,810円

2年目以降

3,810円

大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、福井県、滋賀県、和歌山県

(なお、福井県以外は、auひかりの対象外地域です。)

(プロバイダ込み)
四国電力系

ピカラ

4,900円+

光電話500円

=5,400円

3,700円+

光電話500円

=4,200円

徳島県、高知県、愛媛県、香川県
(プロバイダ、機器レンタル、セキュリティサービス込み)
中国電力系

メガエッグ

4,500円+

光電話500円

=5,000円

3,700円+

光電話500円

=4,200円

岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県
(プロバイダ、セキュリティサービス込み)
九州電力系

ビビック

4,700円+

光電話500円

=5,200円

4,100円+

光電話500円

=4,600円

福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
(プロバイダ、機器レンタル、セキュリティサービス込み)

3−2−2.auセット割光コラボ

光コラボ事業者の中には、月額料金から毎月最大1,200円が割引となる「auセット割光コラボ」が適用できる事業者もありますので、auスマホユーザーにとっては、お得ですのでおすすめします。

「auセット割光コラボ」が適用できる事業者を例示すると次のとおりです。

<auセット割光コラボ適用可能な光コラボ>

  光コラボ名   月額利用料
 戸建  マンション
 So-net光 5,200円

(30ヶ月間4,500円)

4,100円

(30ヶ月間4,100円)

 nifty光 5,200円

(2年間4,500円

3,980円

(2年間3,400円)

 BIGLOBE光 5,180円

(2年間4,500円)

4,080円

(2年間3,400円)

 AsahiNet光 5,180円

(1年間4,680円)

4,080円

(1年間3,780円)

 DTI光  4,800円  3,600円
 ひかりJ  5,200円  4,000円
 エディオン光  4,400円  3,200円

ひかりゆいまーる

(対象エリアが、宮古島、石垣島、久米島、限定です。)

 5,200円  3,800円

この金額から、「auセット割光コラボ」最大1,200円が割引となります。

※コラボ光について
コラボ光事業者比較の知識が知りたい方は
光コラボ13事業者を比較して分かった!選ぶコツはアレで決める』 を確認しよう。

4.まとめ

以上、auひかりの解約手続きや違約金等の解約費用、解約後におすすめの光回線についてお話ししてきましたが、auひかり電話サービスを利用している場合は特に注意が必要です。

NTTの加入電話で発番された番号をauひかりでそのまま使っている場合は、NTTに戻すことで番号そのまま使うことが可能ですが、auひかりで発番した番号の場合は、解約と同時に電話番号も消滅してしまいます。

また、マンション等でauひかりの設備のみが導入されていている建物では、基本的にauひかりしか利用できませんので、解約後に乗り換える光回線がありません。

どうしても乗り換えたい場合は、マンション等の大家さんや管理会社の了解を得た上で、「戸建」として別の光回線を引き込むことができる場合もありますが、マンションプランに比べ戸建プランは、料金的に割高なってしまいますので、あまりおすすめはできないです。

ですので、解約には違約金等の問題以外にもマイナス面がありますので、スムーズに解約・乗り換えができるように、メリットとデメリットをしっかり確認することを強くおすすめします。

最後に・・・ブログで解決出来ないこともあるかと思います。

そんな時インターネットに関して手伝ってくれる窓口もあったりするので利用するのもいいですね。

ちなみにここなんかおすすめです。↓

無料インターネット相談窓口「ネット回線コンシェルジュ」はこちら

筆者も利用したことがある窓口ですのでぜひご利用ください!

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*