最安値はどこだ?光インターネットサービス12社を料金比較した結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ネット比較画像

光コラボサービスの台頭や多くの電力系の光インターネットサービスが世の中に浸透し光インターネット回線は近年本当に多くなりましたね。

「もう一体どこのインターネット回線を選べばいいの?」
「種類が多くて分からない」

そんな方も多いのではないでしょうか?

出来るだけ安く良い光インターネットを使いたいあなたのために今回は、日本全国からフレッツ光系、電力系など、それぞれ12社の最新の料金やサービスを比較して分かり易いようにまとめてみました。光インターネットサービス選択の一助となっていただければ幸いです。

1.フレッツ光

フレッツ光は、東西NTTが展開する光ファイバー回線網を提供するサービスです。

インターネットに接続するためには、フレッツ光の回線に加え、ISP(インターネットサービスプロバイダ)との契約が必要となります。

ですので、料金も、フレッツ光の料金にプロバイダ料金を加えた額が実際の支払額となります。まず、利用料については、下表のとおりです。

<フレッツ光の料金>

タイプ 戸建(ファミリー) 集合住宅(マンション)
月額基本料(通常料金) 5,700円 3,350円~4,350円
ギガ推し!割引(30ヶ月割引) -300円 -200円
にねん割(2年縛り・中途解約金あり) -700円 -100円
フレッツメンバーズクラブマンスリーポイント利用(1年目は1ヶ月100ポイント付与=100円相当分) -100円 -100円
フレッツ光回線使用料(割引適用後) 4,600円 2,950円~

3,950円

プロバイダ料 500円~

1,000円程度

500円~

1,000円程度

月額利用料 合計額 5,100円~

5,600円程度

3,450円~

4,950円程度

この「月額利用料 合計額」に東西NTTの機器レンタル料と、ひかり電話など必要に応じて、オプション料がかかります。

通信速度については、概ね最大1Gbpsです。

キャッシュバックについては、公式キャンペーンは今のところありませんね。

しかし、販売代理店独自のキャッシュバックキャンペーンはありますので、検討してみてはどうでしょうか。

2.ドコモ光

ドコモ光は、NTTドコモが提供する光コラボレーションです。

利用料は、フレッツ光回線とプロバイダのセット料金となっており、先にお話した「フレッツ光+プロバイダ」より概ねお安くなっています。

また、携帯電話キャリアのNTTドコモが提供するサービスですので、ドコモ携帯とのセット割引もあります。ドコモ携帯ユーザーにとっては、お得ですね。それでは、料金について、お話します。

<ドコモ光の料金>

タイプ 戸建(ファミリー) 集合住宅(マンション)
プロバイダ込みの月額基本料

(最安のタイプAの場合・2年縛り・中途解約金あり)

5,200円 4,000円

この金額に東西NTTの機器レンタル料と、ひかり電話など必要に応じて、オプション料がかかります。

通信速度については、フレッツ光の回線タイプにより最大100Mbps~1Gbpsです。実際の口コミでは、「フレッツ光+プロバイダ」よりも若干速度低下があるユーザーもいるようです

キャッシュバックについては、公式キャンペーンで、dポイントが10,000ポイントもらえるキャンペーンが実施されています。

また、ドコモ携帯とのセット割については、ドコモ携帯のパケットパック月額料金が500円~3,000円ほど割引になります。

※ドコモ光の評判について
ドコモ光の評判の知識が知りたい方は
ドコモ光の評判と口コミが酷すぎ!ドコモユーザー必見の5つの真実』 を確認しよう。

3.エキサイト光

エキサイト光は、伊藤忠グループのエキサイト(株)が提供する光コラボレーションです。

利用料は、フレッツ光回線とプロバイダ(BBエキサイト固定です。)のセット料金となっています。

利用料も業界最安水準とお安く、最低利用期間(縛り期間)や解約事務手数料(解約金)がありませんので、いつ解約しても違約金がかかりません。

それでは、料金についてお話しますね。

<エキサイト光の料金>

タイプ 戸建(ファミリー) 集合住宅(マンション)
プロバイダ(BBエキサイト)込みの月額基本料(縛り期間なし・解約金なし) 4,360円 3,360円

この金額に東西NTTの機器レンタル料と、光電話など必要に応じて、オプション料がかかります。

通信速度については、公式ホームページには「フレッツ光と同品質!最大1Gbpsの高速通信!」とアナウンスされていますが、実際のユーザーの口コミでは、通信速度がかなり遅いという評判が多い事業者ですね。

キャッシュバックについてのキャンペーンはないようですね。

また、この事業者は、エキサイトモバイルという格安SIMカードの事業も展開していますが、今のところ、セット割等の割引サービスはないようです。

※エキサイト光の評判について
エキサイト光の評判の知識が知りたい方は
エキサイト光の評判はどう?3つのポイントから評価した結果』を確認しよう。

4.ocn光

OCN光は、NTTコミュニケーションズが提供する光コラボレーションです。

ちなみに、OCNは日本最大のユーザー数を持つISP(インターネットサービスプロバイダー)です。

利用料は、フレッツ光回線とプロバイダ(OCN固定です。)のセット料金となっています。

OCNは、OCNモバイルONEというMVNO事業も展開しており、OCN光とのセット割もありますので、OCNモバイルONEユーザーにとっては、お得になります。

それでは、料金についてお話しますね。

<OCN光の料金>

タイプ 戸建(ファミリー) 集合住宅(マンション)
プロバイダ(OCN)込みの月額基本料

(2年縛り・違約金あり)

5,100円 3,600円

この金額に東西NTTの機器レンタル料と、光電話など必要に応じて、オプション料がかかります。

通信速度については、最大100Mbps~1Gbpsとなっています。

実際のユーザーの口コミでは、2016年6月から速度制限が行われたことによる不安の声も一部ありましたが、概ねOCN光の通信品質に満足しているとの評判が多いですね。

キャッシュバックについては、現在「OCN 光 2016夏キャンペーン(期間:2016年7月1日~2016年8月31日)」が実施されており、JCBギフトカードがプレゼントされます。

金額については、新規申込の場合、戸建てが、18,000円分、マンションが、13,000円分で、転用申込の場合、戸建てが、9,000円分、マンションが、6,000円分となっています。

また、先程もお話しましたが、この事業者は、OCNモバイルONEというMVNO事業も展開しており、「OCN光モバイル割 – OCN モバイル ONE -」というセット割があります。

割引内容は、OCNモバイルONEの月額利用料が、毎月200円割引になります。最大5契約まで合計1,000円まで割引となります。

※OCN光の評判について
OCN光の評判の知識が知りたい方は
ocn光の評判が話題!おすすめ出来る4つのメリットとは』を確認しよう。

5.auひかり

auひかりは、KDDIが展開する光ファイバーサービスで、フレッツ光回線とは別の回線ですので、利用を検討している方はサービス提供エリアを確認する必要があります。

しかし、今では290万回線を突破するほど普及しています。

そして、ユーザー満足度がフレッツ光を超えてNo1と言われています。

また、auは携帯キャリアでもありますので、au携帯とのセット割もあり、au携帯ユーザーにとってはお得ですね。

それでは、料金のお話に入りますね。

<auひかりの料金>

タイプ 戸建(ファミリー) 集合住宅(マンション)
プロバイダ(自由選択ですが、右料金は、「au ONE net」の場合)込みで、機器レンタル料も込みの月額基本料

※マンションの料金は、代表的な提供タイプ「タイプV16契約以上」の場合です。

5,100円 3,600円※

戸建ての場合、ずっとギガ得プラン適用を適用すると、この金額から2年目で100円割引、3年目で200円割引となります。(3年縛り・違約金あり)

マンションの場合は、料金プランは単一で、初期費用相当額最大30,000で、24回分割払い分が割引となりますが、24ヶ月以内に解約すると工事残金が請求されますので、実質的には2年縛りですね。

au携帯とのセット割「auスマートバリュー」の適用条件は、これに電話サービス500円を追加する必要があります。

「auスマートバリュー」は、au携帯の月額料金が最大2年間、最大2.000円割引となり、家族4人まで適用されますので、最大2,000割引☓最大家族4人=最大8,000円お得になります。

通信速度については、戸建の場合、最大1Gbpsで、マンションの場合は、設備により最大100Mbps~1Gbpsとなります。実際のユーザーの口コミでも概ね通信速度は良好なようです。

キャッシュバックについては、まず、公式でキャンペーで「auひかり(au one net)キャッシュバック」があり、auひかり(プロバイダはau one netがっ対象)+電話に新規加入で5,000円キャッシュバックとなります。

また、プロバイダをau one netではなく、別のプロバイダを選んだ場合、各プロバイダごとに数万円単位のキャッシュバックが受けられる場合があります。

※auひかりの評判について
auひかりの評判の知識が知りたい方は
auひかりの6つの注目ポイントから観る評判と口コミがすごい』を確認しよう。

6.NURO光

Nuro光は、SONYが運営するプロバイダSo-netが提供している、下り最大2Gbpsとフレッツ光より高速な光回線です。ただ、サービス提供エリアが関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、のほぼ全域)のみとなっています。

現在、キャンペーが実施されており、月額利用料がお得になっています。

また、電話機能(nuro光でんわ)オプション(500円)を追加することで、携帯キャリアのソフトバンクとのセット割「おうち割 光セット」を受けることができますので、ソフトバンク携帯のユーザーにとってはお得ですね。

それでは、料金の説明を始めますね。

<NURO 光 G2Vプランの料金>

タイプ 戸建(ファミリー) 集合住宅(マンション)
プロバイダ(So-net固定)込み

Wi-Fi付きの機器レンタルも込み

セキュリティーサービス(カスペルスキー)も込み

の月額基本料(2年縛り・違約金あり)

4,743円 1,600円
工事費割賦金

戸建ての場合、開通月翌月から30回分割払い

マンションの場合、36ヶ月の分割払い

1,333円 1,111円
Hands-up会費(マンションの利用世帯数に応じ300円~900円)(設備導入費及び設備維持費に充当するための料金です。) 300円~900円
戸建ての月額料金割引キャンペーン(開通月は全額割引で、2~12ヶ月目までの割引額)

※13~31ヶ月目については工事費割賦金相当額の1,333円の割引額となります。

-3.096円
マンションの額料金割引キャンペーン

(工事費割賦金の分割払い期間36ヶ月実施)

-1,111円
毎月の負担金額 2,980円 1,900円~

2,500円

これに、電話機能(nuro光でんわ)オプション(500円)を追加すると、ソフトバンク携帯とのセット割「おうち割 光セット」を受けることができます。

「おうち割 光セット」は、ソフトバンクの月額料金が、1回線につき最大2,000円割引になるセット割です。

通信速度については、戸建て・マンションともに、下り最大2Gbpsとなります。ユーザーの口コミでは、実測値がなんと、約900Mbpsもでるそうです。

キャッシュバックについては、公式キャンペーンで30,000円のキャッシュバックがあります。

※NURO光の評判について
NURO光の評判の知識が知りたい方は
NURO光の評判と口コミで注目したい8つのことが話題!』 を確認しよう。

7.コミュファ光(東海圏電力サービス)

「コミュファ光」は、中部電力系の中部テレコミュニケーション(CTC)が提供する光インターネットサービスです。

光回線は、フレッツ光ではなく、KDDIの光回線を使用しています。

サービス提供エリアは、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県となっています。

au携帯とのセット割「auスマートバリュー」や中部電力とのセット割で電気料金が安くなる「中部電力 for コミュファ光」があり、お得感がありますね。

それでは、料金のお話をしますね。

<コミュファ光の料金(1・2年目)>

タイプ 戸建(ファミリー) 集合住宅(マンション)
プロバイダ(コニュファ光固定)込み

Wi-Fi付きの機器レンタルも込み

セキュリティ対策(ウィルスバスター)込み、光電話も込み

の「1ギガホームプラン(戸建て)」及び「1ギガマンションF(マンション)」の月額基本料(通常料金)

(2年縛り・違約金あり)

※プロバイダ料別で自分でプロバイダを選べるプランもあります。

5,550円 5,550円
長トク割(3年目以降、利用年数に応じ5~10%割引になります。)申込が下の「ギガスタート割」の適用条件です。
ギガスタート割2016.8~9月キャンペーン

※「auスマートバリュー」との併用不可

-950円
マンション割引12(同一建物でコミュファ光マンションメニュー契約数が12契約以上見込まれる場合に適用) -500円
毎月の負担金額(1・2年目) 4,600円 5,050円

プロバイダに加え、Wi-Fi付きの機器レンタルとセキュリティ対策、そして、電話も込みでついてきますので、特に戸建の場合にお得感が強いですね。

例えば、戸建ての4,600円から一般的な機器利用料300円と一般的な光電話料500円、そして、一般的なセキュリティオプション料500円を除くと、3,100円と圧倒的な安さになりますね。

なお、「ギガスタート割(950円割引)」とau携帯の月額料金が最大2年間、最大2.000円割引で、最大家族4人まで適用され、最大2,000割引☓最大家族4人=最大8,000円割引となる「auスマートバリュー」は併用できませんので要注意です。

また、マンションでも同様に計算すると、3,550円となりますので、実質的に一般的な光コラボと同じぐらいの金額になりますね。

通信速度については、最大1Gbpsとなります。実測値で下り約400Mbps 、上り約800Mbpsという口コミもあり、かなり速いですね。

キャッシュバックについては、公式キャンペーンで「商品券もらえるキャンペーン 2016 8月・9月(期間 2016年8月1日~2016年9月30日)」が実施されており、新規申込で光電話も一緒に申し込み、開通後に指定のアンケートに回答すれば、最高30,000円の商品券がもらえます。

※コミュファ光の評判について
コミュファ光の評判の知識が知りたい方は
東海エリア必見!コミュファ光の評判がスゴすぎる6つの理由が話題!』を確認しよう。

8.eo光(関西圏電力サービス)

関西電力系のケイオプティコムが提供する光ファイバー回線を利用したプロバイダ一体型のインターネットサービスです。

回線は、フレッツ光ではなく、ケイオプティコム独自の光回線です。

サービス提供エリアは、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、福井県、滋賀県、和歌山県の7府県で利用ができます。

au携帯とのセット割「auスマートバリュー」や電気料金が安くなるeo電気とのセット割があり、お得感がありますね。

それでは、料金のお話をしますね。

<eo光の料金(1年目)>

タイプ 戸建(ファミリー) 集合住宅(マンション)
プロバイダ(eo光固定)込み

・戸建の場合、有線LANルーターの機器レンタルは無料

・マンションでVDSL方式の場合、モデムレンタル料400円を含みます。

(戸建の場合は、2年縛り・違約金あり)

4,953円 3,524円
スーパースタート割キャンペーン(期間2016年7月1日~2016年9月30日)

最大12ヶ月間割引

-2,000円 -1,000円
毎月の負担金額(1年目の場合) 2,953円 2,524円

※eo光の評判について
eo光の評判の知識が知りたい方は
eo光の評判が最悪?速度や料金など7つのポイントから評価した結果』を確認しよう。

これに、eo光電話286円を追加することにより、au携帯の月額料金が最大2年間、最大2.000円割引で、最大家族4人まで適用され、最大2,000割引☓最大家族4人=最大8,000円割引となる「auスマートバリュー」を受けることができます。

通信速度については、戸建てで最高1Gbps、マンションのVDSL方式で最大100Mbpsです。ユーザーの口コミによると、地域によっては回線の混雑状況などにより、フレッツ光回線を使ったサービスの方がやや優勢のようですね。

キャッシュバックについては、公式キャンペーンで「WEB申込キャンペーン(期間 2016年8月1日~2016年8月31日)」(必ず公式ホームページ(http://eonet.jp/から始まるURLのページ)から新規で申込むこと。)があり、商品券が戸建てで15,000円分、マンションで、5,000円分がもらえます。

9.ピカラ(四国圏電力サービス)

ピカラは、四国電力系のSTNetが提供する光回線を利用したプロバイダ一体型のインターネットサービスです。

回線は、フレッツ光ではなく、四国電力の光ファイバー網を利用しています。

サービス提供エリアは、徳島県、高知県、愛媛県、香川県の四国4県となります。

au携帯とのセット割「auスマートバリュー」や電気料金が安くなるSTあんしん電力とのセット割があります。

それでは、料金のお話をしますね。

<ピカラの料金>

タイプ 戸建(ファミリー) 集合住宅(マンション)
プロバイダ(ピカラ固定)込み

「ぴから光でんわセット」でWi-Fi付きルーターのレンタルが無料

セキュリティソフト(カスペルスキー)込み

の基本料金(通常月額基本料)

(3年縛り・違約金あり)

5,200円 4,000円
ずっトクフラットコース割引 -300円 -300円
毎月の負担金額 4,900円 3.700円

これに、ピカラ光でんわ(500円)加入で、au携帯の月額料金が最大2年間、最大2.000円割引で、最大家族4人まで適用され、最大2,000割引☓最大家族4人=最大8,000円割引となる「auスマートバリュー」を受けることができます。

通信速度については、最大1Gbpsとなっています。ユーザーの口コミは、フレッツ光より高速という評判ですね。一方、回線がたまに途切れる場合があるという口コミもありましたね。

キャッシュバックについては、「公式ホームページ限定キャンペーン」があり、ピカラ公式ホームページから光ねっと(1ギガ)を契約した方に、商品券20,000分がプレゼントされます。ただし、対象地域が次のとおり限定されていますので、申込には注意が必要です。

キャンペーン対象地域は、徳島県徳島市(国府町CATVエリア除く)、高知県高知市、同県南国市、同県吾川郡いの町の一部、愛媛県松山市、同県伊予郡松前町、香川県高松市、同県宇多津街です。

※ピカラ光の評判について
ピカラ光の評判の知識が知りたい方は
ピカラ光の評判と口コミを8つの注目点から評価【四国の方必見】』を確認しよう。

10.メガ・エッグ(中国圏電力サービス)

メガ・エッグは、中国電力グループのエネルギア・コミュニケーションズが、提供する、光ファイバー回線を利用したプロバイダ一体型のインターネットサービスです。

回線は、フレッツ光ではなく、エネルギア・コミュニケーションズが提供する光ファイバー回線を利用しています。

サービス提供エリアは、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県です。

ちらの事業者も、au携帯とのセット割「auスマートバリュー」や中国電力のポイントでメガ・エッグの料金が安くなる「メガ・エッグでんき割」というセット割があります。

それでは、料金のお話をしますね。

<メガ・エッグ光ネットの料金・2年目まで>

タイプ 戸建(ファミリー) 集合住宅(マンション)
プロバイダ(メガ・エッグ固定)込み

セキュリティソフト(マカフィー又はウイルスバスター)込み

の基本料金(通常月額基本料)

(3年縛り・違約金あり)

5,300円 4,100円
今カラ割引(2年間割引) -500円 -500円
今カラ割プラス(3年間割引) -300円 -100円
毎月の負担金額(2年目まで) 4,500円 3,500円

これに、機器レンタル料500円がかかります。

そして、光電話(500円)加入で、au携帯の月額料金が最大2年間、最大2.000円割引で、最大家族4人まで適用され、最大2,000割引☓最大家族4人=最大8,000円割引となる「auスマートバリュー」を受けることができます。

通信速度については、最大1Gbpsです。ユーザーの口コミは、概ね不満はないようですが、時間帯によっては混雑のためか速度低下が起こる地域もあるようですね。

キャッシュバックについては、「WEB申し込みキャッシュバックキャンペーン」が実施されており、メガ・エッグ公式ホームページから新規申込をした場合、15,000円の現金又は10,000円の現金+訪問セットアップサービス無料の特典があります。

※メガエッグの評判について
メガエッグ評判の知識が知りたい方は
メガエッグの評判と口コミまとめ!中国地方の光回線はこれで決まり!』を確認しよう。

11.ビビック(九州圏電力サービス)

ビビックは、九州電力系の九州通信ネットワーク株式会社(QTNet)が提供する光ファイバー回線を利用したプロバイダ一体型のインターネットサービスです。

回線は、フレッツ光ではなく、九州電力から九州通信ネットワークが譲り受けた光ファイバー回線を利用しています。

サービス提供エリアは、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県の九州7県となっています。

こちらの事業者も、au携帯とのセット割「auスマートバリュー」があります。

それでは、料金のお話をしますね。

<ビビック光インターネットの料金>

タイプ 戸建(ファミリー) 集合住宅(マンション)
プロバイダ(ビビック固定)込み

セキュリティソフト(マカフィー)込み

パソコンの訪問設定サービスが無料

の基本料金(通常月額基本料)

(戸建の場合、5年縛り・違約金あり)

(マンションの場合、住んでいるマンションの加入者戸数により基本料金が変わります。)

5,500円 3,800円~

5,500円

ギガコース(通信速度1Gbps)プラス料金 300円 300円
つづけて割ビッグ -1,100円
毎月の負担金額 4,700円 4,100円~

5,800円

これに、ビビック光電話(500円で光電話対応Wi-Fi付きルーターレンタルが無料)加入で、au携帯の月額料金が最大2年間、最大2.000円割引で、最大家族4人まで適用され、最大2,000割引☓最大家族4人=最大8,000円割引となる「auスマートバリュー」を受けることができます。

通信速度については、1Gbpsです。ユーザーからの口コミによると、実測値で400~500Mbpsほどでるようです。

キャッシュバックについては、ビビック会員限定で、「BBIQお友達紹介特典」があり、ビビックに加入していないお友達を紹介し、お友達のビビックが開通すると5,000円分の商品券がプレゼントされます。

※BBIQの評判について
BBIQ光の評判の知識が知りたい方は
九州在住ならビビック光がおすすめ?気になる評判と口コミ公開』を確認しよう。

12.地域のケーブル会社

先に見てきたとおり、現在は光回線が主流ですが、CATVなどのケーブル会社では、「光ハイブリッド」という光ファイバーとアンテナ用の同軸ケーブルを組み合わせた通信回線を使っています。

イメージ的には、下りを光回線で最大100Mbps程度、上りは同軸ケーブルで最大20Mbps程度という感じですね。

ですので、通信速度は今時の光ファイバーの1Gbpsには遥かに及ばないですね。

でもメリットは、月額利用料金にあります。

通信速度を気にせず、CATV利用者であれば、インターネットと光電話がセットになっても月額1,000円程度から利用できます。

通信速度については、遅いほど安く、4MbpsというADSLが出始めた頃のような通信速度のコースから最大300Mbps程度の速度がでるコースまで様々あり、地域のケーブル会社により通信コースも料金も様々です。

キャッシュバックについても様々ですが、例えば、大手のJ:COMでは、他社インターネットからの乗り換えで、最大35,000円キャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施していますね。

13.まとめ

それでは、光回線12社の最新料金と地域のケーブル会社のインターネットサービスについて、駆け足でお話してきましたが、各種割引を使った月額利用料は、特に戸建てプランの場合、概ね均衡した価格を示していますので、月々のトータル的な支出額を考える上で重要なポイントとなるのは携帯電話とのセット割だと感じました。

特に家族の多いユーザーに言えることなのですが、携帯の割引月額だけでインターネット月額利用料を超えてしまうケースもありますので、携帯のキャリアを主軸に光インターネットサービスをチョイスしていく方がトータルとしてお得になるように思われます。

一方、一人暮らしで、マンションプランに加入する場合、自宅マンションの配線設備の制約のため、通信速度と事業者がある程度決まってしまう場合があります。この場合は、光インターネットを主軸に考え、最安になる料金プランを選択するか、特に携帯のデータ通信量が多いユーザーでしたら、携帯キャリアを光インターネットのセット割がある携帯キャリアにMNP等により移ってしまう方がお得になるように思われます。

さらに、自宅がCATVを利用しているか、又は、CATVのサービス提供エリアに入っている場合、通信速度を気にしなければ、CATVケーブル会社が提供する格安インターネットプランに出会うかもしれませんね。

やはり、ユーザー各々のネットの利用形態や携帯電話の利用状況やキャリアなどを見据えた上で、トータルの支払額で最もお得なサービスを選んでいただけることに本記事がお役に立てたならば、筆者としては大変嬉しく思います。

最後に、長文と稚拙な文章に付き合っていただき、本当にありがとうございます。

インターネットでのお悩みを即日解答

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*