hi-hoひかりの評判はどう?おすすめ出来る3つのメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
hi^hoひかりの評判画像

hi-hoは、元々松下電器産業(今のパナソニック)傘下のインターネット関連事業会社だったのですが、2007年に、MVNOのiijmioで有名な(株)インターネットイニシアティブの傘下となりました。

このようにメーカー系からIT系に親会社が変わったhi-hoですが、今回は、その光コラボであるhi-hoひかりについて、今現在の評価などについてお話ししようと思います。ぜひ参考にしてみてください。

1.hi-hoひかりの詳細

まず、hi-hoひかりの料金についてですが、次のとおりです。

タイプ 戸建 マンション
プロバイダ(hi-ho)込みの月額基本料

(2年縛り・解約金あり)

5,100円 3,900円

となっており、一般的な光コラボの料金設定となっていますね。

マンションの料金が、OCN光(3,600円)などと比べると高めですかね。

ocn光の評判と口コミが話題!おすすめ出来る4つのメリットとは

しかし、hi-hoは、「hi-ho LTE typeD」というMVNO事業も展開していますので、この格安SIMとのセット割(hi-hoスマート割)もありますので、「hi-ho LTE typeD」ユーザーにとってはお得ですね。

1−1.フレッツ光(プロバイダhi-ho)との料金比較

次にフレッツ光と光コラボのhi-hoひかりとの料金を比べてみます。

タイプ 戸建 マンション
フレッツ光回線月額利用料 5,700円 3,350円~

4,350円

ギガ推し!割引(30ヶ月割引) -300円 -200円
にねん割

(2年縛り・違約金あり)

-700円 -100円
hi-ho 光 with フレッツプラス 1,200円 890円
合計月額支払料金 5,900円 3,940円~

4,940円

Hi-ho光との差額 800円お得 40円~

1,040円お得

比較してみると、フレッツ光よりお得になっていますね。

やはり料金面では、光コラボのhi-hoひかりの方がお得ですね。

2.hi-hoひかりの評判と口コミまとめ!

hi-hoひかりについては、全体的に情報量の少ない事業者だと感じました。

でも、これは決して悪いことではないと思います。これは、同時にネガティブな評判も少ないということですので、アクシデント等なく運営できているということの裏返しでもありますからね。

口コミについては、サポートが評価されていましたね。

それでは、具体的にネット上の評判と口コミについてお話ししようと思います。

2−1.評判はどう?ネット上の評判は?

はっきり言ってhi-hoひかりは評判自体の数が少なくて参考になるのか分かりません。

ちなみにTwitterでは

やはり速度に関する批評がありましたね。

またドコモ光のプロバイダをhi-hoにして良くなったという声も目立ちました。

続いて実際の利用者の口コミをみていきましょ。

2−2.実際の利用者の口コミや評価はどう?

通信速度については、実測値で90Mbps出ているという一方1Mbpsも出ていないという開きのある口コミでした。これは、どの事業者にもある口コミですね。

サポートについては、電話窓口が繋がりづらいけど、対応は良いようです。

また、サポートしてくれる担当者によって当たり外れがあるという口コミもありました。

口コミについては、絶賛というほどでもないですが、悪くはないですね。

3.hi-hoひかりのおすすめがこれ!

hi-hoひかりのおすすめのポイントについて3点ほどお話ししますね。

3−1.おすすめメリット1

hi-hoは、「hi-ho LTE typeD」という格安SIMの事業も展開していますので、この格安SIMとのセット割り(hi-hoスマート割)があり、hi-hoひかりの月額利用料が200円割引になります。

「hi-ho LTE typeD」ユーザーにとってはお得ですので、是非、hi-hoひかりをおすすめしたいと思います。

3−2.おすすめメリット2

フレッツ光から光コラボに乗り換えることを「転用」といいますが、この「転用」には、次のメリットがあります。

・月額料金が下がる

・工事がない

・プロバイダを変えなくていい

・支払と対応窓口もひとつにまとまる

ですので、今、フレッツ光でプロバイダがhi-hoのユーザーの場合、工事もなく、プロバイダも変わらずに利用料だけが下がりますので、プロバイダのhi-hoに特に不満がないのでしたら、hi-hoひかりはおすすめだと思います。

3−3. おすすめメリット3

hi-hoひかりは、無料のメールサービスが充実しています。

他の事業者では有料オプションになっている場合も多い、迷惑メールを自動的に判別するサービス(かんたん迷惑メールフィルター)や特定のメールだけを削除するサービス(メールフィルタリング)がメールの基本サービスの中に標準で組み込まれていますので、プロバイダメールを中心に使うユーザーにとっては、おすすめですね。

4.hi-hoひかりのデメリットを教えて

hi-hoひかりのデメリットは、知名度があまりないというところでしょうか。

ドコモやソフトバンクのように大規模なセット割を前面に押し出してくるような華やかさや、BIGLOBEやniftyのような「老舗」という看板を大きく掲げているわけでもないですので、とても地味な事業者だと思います。

ですので、hi-hoひかりは、その魅力が伝わりづらいということが、強いて挙げればデメリットなのだと思います。

5.まとめ

hi-hoひかりは地味ではありますが、決して悪い事業者ではないと思います。特にネット上で「炎上」も見当たらないですよね。

これって、結構スゴいことです。

ネットではネガティブな評判や口コミは一気に広まりますので、今現在、hi-hoが地味な存在でいられること自体、とても良い実績だといえます。

悪評の少ないというか、ほぼ見かけないhi-hoは、確かに地味ですが、それこそがhi-hoの価値だと思います。

そんなhi-hoが展開する光コラボ、hi-hoひかりも、派手さは無くとても地味ですが、その地味さの中に地に足のついた堅実さを感じます。

インターネットでのお悩みを即日解答

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*