ドコモ光のプロバイダを変更する際気をつけるべき3つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ドコモ光説明画像

ドコモ光は、プロバイダの選択幅がとても広い数少ない光コラボです。

通信品質に不満なプロバイダを選んでしまっても、ドコモ光では他の多くの光コラボと違い、解約せずにプロバイダだけの変更ができます。

今回は、このドコモ光でプロバイダを途中変更する場合の方法と注意点についてお話ししようと思いますので、ドコモ光のユーザーは是非ご覧下さいね。

1.ドコモ光のプロバイダ変更方法を簡単に解説

パソコンイラスト画像

光コラボのほとんどは、事業者が運営しているプロバイダのみしか選べないのが一般的です。

そして、プロバイダはインターネットに接続するための大事なサービスです。

通信速度は、自宅と契約プロバイダの設備を結ぶアクセスライン(フレッツ光の回線)と、世界中の様々なプロバイダを相互接続するため、インターネットの主要幹線と接続する契約プロバイダの設備の両方が、渋滞なくスムーズに通信することによって、高速なインターネット通信が可能となります。

ですので、いくらアクセスラインが高速でも、契約プロバイダの設備に渋滞や故障等の問題があると高速通信ができなくなってしまいますので、プロバイダ選びはインターネットの通信品質に大きく影響します。

それでは、ドコモ光でプロバイダ変更をする方法について、順を追ってお話ししますね。

1−1.変更手順ステップ1

まず、現在利用しているプロバイダへ連絡し、プロバイダの変更について告げ、変更後に「廃止扱い」になるのか「プラン変更扱い」になるのかや、違約金の有無と金額等を確認します。

プロバイダが提供しているオプションに加入している場合は、オプションの解約手続きに併せて、オプションの違約金の有無と金額等を確認しておきます。

1−2. 変更手順ステップ2

変更申込時に本人確認が必要となりますので、ドコモ光のペア回線となっている携帯電話の契約時に決めたネットワーク暗証番号(4桁の数字)を確認しておいて下さい。

なお、ドコモの携帯電話契約がない方やドコモ光とのペア回線を設定していない方は、契約ID(お客さまID)の確認ができる書類を準備します。

1−3. 変更手順ステップ3

変更手続きをします。手続き方法は次のとおりです。

◯電話での手続き(ドコモインフォメーションセンターへ電話)

受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)

電話番号:ドコモ携帯からの場合 (局番なし)151

一般電話等からの場合 0120-800-000

 ◯最寄りのドコモショップでの手続き

受付時間:各店舗の営業時間内

ドコモショップの営業時間等については、このサイトから確認できます。

(URL https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/index.html)

2. ドコモ光のプロバイダを変更する際の3つの注意点

プロバイダ変更について、「費用」「変更するプロバイダのタイプ」「必要書類」の注意点についてお話しします。

2−1.プロバイダ変更に要する費用をチェック!

プロバイダ変更については、ドコモ光に支払う変更等の事務手続料3,000円の他に、プロバイダの違約金やプロバイダが提供するオプションサービスの違約金がかかる場合がありますので、注意が必要です。

事前にプロバイダ等に連絡し、確認しておくことをおすすめします。

(参考URL https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/notice/index.html#provider)

2−2.プロバイダのタイプAorBによる注意点

変更前後のプロバイダで、タイプが違う場合は、変更後のタイプの基本料金プランに変更となりますので注意が必要です。

<参考1:タイプ別の料金>

プロバイダのタイプ 月額基本料
戸建 マンション
タイプA 5,200円 4,000円
タイプB 5,400円 4,200円
単独プラン※

(変更後のプロバイダタイプがA、B以外の場合)

5,000円※ 3,800円※

※単独プランの場合は、この料金の他に、別途プロバイダ料がかかります。

<参考2:タイプAとタイプBについて>

タイプA タイプB
ドコモnet、plala、So-net、

BIGLOBE、DTI、excite、

エディオンネット、SYNAPSE、

楽天ブロードバンド、01光コアラ、ANDLINE、Qit※、@ネスク、

hi-ho、GMOとくとくBB、

@Ic-net、Tigers-net.com、TiKiTiKi、

U-PA

AsahiNet、@nifty、@TCOM、TNC、

OCN、WAKWAK、

@ちゃんぷるねっと

※Qitは、現在受付終了で、2017年3月31日でサービス終了予定です。

(各プロバイダのスペック一覧表のPDFファイルがダウンロードできます。

参考URL https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/hikari/common/docomo_hikari_provider.pdf)

2−3.用意するべき必要書類をチェック!

変更手順のとこでお話ししたとおり、プロバイダ変更手続きの際には、ドコモ光のペア回線のネットワーク暗証番号(携帯回線契約時に決めた4桁の数字)が必要なのですが、暗証番号を忘れてしまった場合や、暗証番号が記載された書類をなくしてしまった場合は、本人確認ができる書類の原本(運転免許証や保険証等)を持参し、ドコモショップ窓口で再登録をして下さいね。

また、ドコモの携帯電話契約がない方やドコモ光とのペア回線を設定していない方の場合は、契約ID(お客さまID)が必要となるのですが、確認の方法は、ドコモ光の「開通のご案内」に記載されていますので、こちらを確認して下さい。(CAFからはじまる英数字13桁またはCOPからはじまる英数字11桁です。)

もし、ドコモ光の「開通のご案内」を紛失してしまった場合は、毎月送られてくる「請求書」または「ご利用料金の確認」により確認できます。(Lからはじまる11桁の英数字です。)

3.まとめ

プロバイダが選べる光コラボはドコモ光の他に、ドコモ光はプロバイダが選べる数少ない光コラボで、ドコモ指定のタイプAやB以外でもフレッツ光対応のプロバイダであれば、自由に選択できますので、通信品質やサービスをより良くするためにできる選択肢が大きく広がります。

そして、プロバイダ間でも日々サービス競争が行われており、お得なサービス内容も日々変わってゆきますので、状況に応じてよりお得なプロバイダに簡単に乗り換えることができるドコモ光は他社と比べて、大きなメリットがあると思います。

競合他社より利用料が少々高めな感じのあるドコモ光ですが、この大きなメリットを使って、最良の環境でインターネットを楽しんでゆきましょう!

インターネットでのお悩みを即日解答

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*