ドコモ光のスムーズな解約方法3ステップ!違約金や注意点まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ドコモ解約画像

ケータイキャリア3社とも光回線によるインターネットサービスを展開しており、3社それぞれスマホとのセット割を実施しています。

au光には、「auスマートバリュー」というセット割があり、スマホの料金が家族1人当たり最大2,000円割引(最大4人まで)となり、家族が多いほどお得になってゆきます。

ソフトバンク光には、「おうち割 光セット」があり、これもスマホの料金からスマホ1台当たり最大2,000円が割引になります。

ドコモ光にも一応「光セット割」があり、スマホの料金が、戸建で最大3,200円割引に、マンションで最大3,000円割引となるのですが、割引の仕方が家族の人数に関係なく、1人だけ最大3,000円~3,200円割引になるだけで、他2社のセット割に比べ、割引額が控えめになっています。

また、ドコモ光の料金自体も他2社に比べ100円~200円程度割高な設定となっていて、さらに、お得感が少ない気がしますね。

そこで今回は、お得感のちょっぷり少ないドコモ光のスムーズな解約方法についてお話ししようと思います。

1.ドコモ光をスムーズに解約するには

ドコモ光を解約するに当たり、トラブルが起こらないようにするため、解約手順についてお話ししようと思います。

1−1.解約手順ステップ1

まずは、解約に必要な書類・情報等を準備しましょう。

ドコモ光は、ドコモ携帯のオプションという位置づけになっているため、解約時には携帯の契約内容も確認が必要となりますので、ドコモ光のペア回線となっている携帯の「ネットワーク暗証番号(携帯の契約時に決めた4桁の数字)」を控えておきます。

ドコモの携帯を持っていないユーザーの場合は、契約ID(お客さまID)の分かる書類(例えば、ドコモ光の開通案内や契約申込書など)を準備します。

1−2.解約手順ステップ2

ドコモインフォメーションセンター※に電話するか、最寄りのドコモショップへ行き、ドコモ光の解約手続きをします。

※<ドコモインフォメーションセンターについて>

○ 受付時間 午前9時~午後8時(年中無休)

○ 電話番号

・ドコモの携帯からの場合 (局番なし)151(無料)

・一般電話、他社携帯、PHSからの場合 0120-800-000

1−3.解約手順ステップ3

これはつい忘れがちなのですが、プロバイダとのセット契約の場合、プロバイダにも解約する旨の電話をする必要があります。

これをし忘れると、ドコモ光解約後もプロバイダ料の請求がくる場合がありますので、必ずプロバイダにも電話をしてくださいね。

2.違約金が心配ドコモ光の解約金額まとめ

ドコモ光の契約には2年縛りと自動更新がありますので、契約更新月以外での解約には違約金がかかります。

金額は、戸建で13,000円マンションで8,000円です。

これ以外に、契約期間に縛りのあるオプションサービスを利用している場合、その違約金がかかる場合がありますので、要注意です。

また、「ドコモ光」の工事料を分割で支払っている場合、または、NTT東西からの転用の場合で、フレッツ光工事料の分割払いの残債がある場合は、残債の請求がありますので、これも要注意ですね。

3.解約の際の注意点

ドコモ光で「ひかり電話」のオプションを利用している場合、ドコモ光を一度解約してしまうと、「ひかり電話」も一緒に解約となってしまうため、使用中の電話番号も廃止になる場合がありますので、特に注意が必要ですね。

また、解約後に他社サービスに加入する場合、「新規」扱いになり、工事費等の初期費用が発生する可能性がありますので、こちらも要注意ですね。

4.スマホセットで割引可能な光回線まとめ

ドコモ光を解約したら次はどこの光サービスにしようか悩んでいるあなた!

ここからはドコモ光以外にもスマホとのセット割を実施している光回線がありますので、おすすめを紹介していきますね。参考にしてください。

4−1.ソフトバンク光

冒頭でも触れましたが、ソフトバンク光では、「おうち割 光セット」というスマホ料金が割引になるセット割があります。

この「おうち割 光セット」は、スマホ1台に対し、最大2,000円割引となりますので、家族が多いほど割引額が増え、お得になってゆきます。

また、この「おうち割 光セット」はソフトバンク光だけではなく、NURO光のオプション「NURO光でんわ」を利用している場合にも適用となりますので、自宅がNURO光のサービス提供エリア内の場合は、検討しても良いと思います。

4−2. auスマートバリュー適用可能な電力系サービス

au携帯を展開しているKDDIの光回線(au光)は、もともと東京電力が設置した光ファイバー網を使用し、東京電力傘下のパワードコムが「TEPCOひかり」として展開していた光回線ですので、auと電力系サービスとは相性が良いようですね。

いくつかの電力系サービスでも、光電話オプションの利用を条件に「auスマートバリュー」が適用可能となっていますので、是非検討してみてくださいね。

事業者を挙げると、次のとおりです。

<auスマートバリューが適用可能な電力系サービス>

電力会社

電力系光回線事業者

「サービス名」

サービス提供エリア
中部電力系

中部テレコミュニケーション

「コミュファ光」

愛知県、岐阜県、三重県、静岡県
関西電力系

ケイオプティコム

「eo光」

大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、福井県、滋賀県、和歌山県
四国電力系

STNet

「ピカラ」

徳島県、高知県、愛媛県、香川県
中国電力系

エネルギア・コミュニケーションズ

「メガ・エッグ」

岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県
九州電力系

九州通信ネットワーク

「ビビック」

福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

5.まとめ

以上お話ししてきたとおり、ソフトバンクやauの方がドコモよりもセット割でお得になることが分かりましたが、ドコモ光の解約には注意点も多いので、別サービスへの乗り換えについては、しっかりとしたメリットとデメリットの検討が必要ですね。

そして、フレッツ光回線網を使い日本全国でスマホとのセット割が適用できるのは、ドコモ光の「光セット割」やソフトバンク光の「おうち割 光セット」だけではなく、独自の光回線を使い提供エリアも制約のあるauひかりの「auスマートバリュー」でも、電力系光回線事業者とのコラボで「auスマートバリュー」の適用が可能であることも分かりました。

これ以外にも、北海道や東北では、ケーブルテレビ系のサービスで「auスマートバリュー」が適用可能になっていて、auスマホでもほぼ全国でセット割の恩恵を受けることができます。

また、この3社以外にも、スマホとネットでお得になる方法として、最近勢いがついてきたMVNOの格安SIM+スマホとネットでのセット割というお得な選択肢も増えてきましたね。

これからも、ますます様々なお得で楽しいサービスが出現してくると思いますので、楽しくて本当に目が離せないですね。

光回線スタイルの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*