光コラボ

「光コラボって何?」「一体どんなサービスなの?」2015年から新しく展開してきた光コラボレーションモデルの詳細をまとめています。NTT回線を使って光回線サービスが提供出来るようになった新たなサービスを分かりやすく解説しています

光コラボの「分からない」を光回線スタイルで解消してください。

ドコモ光のスムーズな解約方法3ステップ!違約金や注意点まとめ

ドコモ解約画像

ケータイキャリア3社とも光回線によるインターネットサービスを展開しており、3社それぞれスマホとのセット割を実施しています。

au光には、「auスマートバリュー」というセット割があり、スマホの料金が家族1人当たり最大2,000円割引(最大4人まで)となり、家族が多いほどお得になってゆきます。

ソフトバンク光には、「おうち割 光セット」があり、これもスマホの料金からスマホ1台当たり最大2,000円が割引になります。

ドコモ光にも一応「光セット割」があり、スマホの料金が、戸建で最大3,200円割引に、マンションで最大3,000円割引となるのですが、割引の仕方が家族の人数に関係なく、1人だけ最大3,000円~3,200円割引になるだけで、他2社のセット割に比べ、割引額が控えめになっています。

また、ドコモ光の料金自体も他2社に比べ100円~200円程度割高な設定となっていて、さらに、お得感が少ない気がしますね。

そこで今回は、お得感のちょっぷり少ないドコモ光のスムーズな解約方法についてお話ししようと思います。

続きを読む

やっぱりフレッツ光が良い!光コラボとの違いや5つのメリット公開

フレッツが良い理由画像

プロバイダが変わらず、工事もしないので工事費もかからず、料金だけが安くなるという光コラボ、確かに魅力を感じますが本当のところどうなのでしょうか?

ネット上では、光コラボについて、悪い噂も流れていますよね。

本当に光コラボにしてしまって大丈夫なのか?

今回のテーマは、そんな疑問を持ったフレッツ光ユーザーにとって判断材料となるようなフレッツ光のメリットについてお話ししようと思います。

続きを読む

hi-hoひかりの評判はどう?おすすめ出来る3つのメリットとは?

hi^hoひかりの評判画像

hi-hoは、元々松下電器産業(今のパナソニック)傘下のインターネット関連事業会社だったのですが、2007年に、MVNOのiijmioで有名な(株)インターネットイニシアティブの傘下となりました。

このようにメーカー系からIT系に親会社が変わったhi-hoですが、今回は、その光コラボであるhi-hoひかりについて、今現在の評価などについてお話ししようと思います。ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

アイスマート光のヤバイ評判とスムーズな解約方法を分かりやすく解説

アイスマート光の評判画像

光コラボレーションモデルも随分世の中に浸透してきましたね。多くの方が携帯やスマホとのセット割りでお安く利用されているのではないでしょうか。

そんな中、批評が多い光コラボ事業者も目立ちます。

「騙された」「NTTと偽って」など光コラボの被害に遭われている方も多いようです。

今回は特に批評が多いアイスマート光の評判やお役立ち情報を公開致します。

続きを読む

結局違いは何?フレッツ光とドコモ光の料金比較をまとめた結果

フレッツとドコモの違い画像

光コラボレーションが普及し始めて多くのフレッツユーザーがコラボに転用を検討していますね。

携帯と併せて割引が適用出来るのでドコモユーザーはドコモ光に注目しているのではないでしょうか。

「フレッツ光とドコモ光って一体何が違うの?」

「ドコモ光ってなんだかわかんない」こんな声も耳にすることも多いのが実情です。

そこで今回は、そんな様々な通信サービス事業を展開しているNTTグループの重鎮、NTTドコモが展開している光コラボレーション「ドコモ光」と「フレッツ光」の違いについて公開します。

続きを読む